キャンプ便利道具

【おすすめ10選】おしゃれで保冷効果が高いウォータージャグ

あると便利な「ウォータージャグ」

キャンプでサッと手を洗いたい時や、食器の汚れを落としたい時に、わざわざ炊事場まで行くのは面倒ですよね。
せっかく友人・家族と団らんしていたのに、会話を中断してその場を離れるのはもったいない…。
そんな時にあると便利なのが「ウォータージャグ」です。

ウォータージャグに水を汲んでおけば、面倒な炊事場との往復や、友人・家族との会話を中断せずに済みます。

最近はおしゃれなウォータージャグもあり、キャンプサイトをコーディネートする上でも、重要な役割を果たします。
今回はウォータージャグの選び方と、おすすめの商品10選をご紹介します。

ウォータージャグの種類

ハードタイプ

断熱材が使用されている保冷効果の高いものや、断熱材は使われていないが自立するものなど、様々あります。
カラーや装飾に各メーカーの特徴が表れており、比較的オシャレなものが多いという点が、ハードタイプの特徴です。

ただし収納性は悪く、運搬時に荷物がかさばるので、ソロキャンプのような「荷物をいかに少なくするか」を目的とした
キャンプには向きません。少々荷物が増えても良いという方、車を使うオートキャンプがメインという方におすすめです。

ソフトタイプ

本体が柔らかい素材で作られており、収納時に小さくなるのが特徴のソフトタイプ。
バックパックなどに収納できるものもあるため、災害時にも役立ちます。

軽量で持ち運びに優れていますが、保冷効果が弱いという点がウィークポイント。
しかし水温にこだわらない食器洗いや、手を洗う等の使い道であれば、充分活躍します。

キャンプ道具は収納スペースをとられがちですが、ソフトタイプのウォータージャグであれば、
収納が省スペースで済むため、自宅に仕舞う際にもコンパクトに収まります。

ウォータージャグの容量と使用人数について

1泊2日のキャンプで、1人なら4L、2人なら6Lが、水の使用量の目安です。
下記の計算式で出た数字が、一般的なキャンプで必要な水量の目安です。
(使用人数×2L+基本使用水量2L)×宿泊数
例)使用人数4人で2泊3日の場合→(4人×2L+2L)×2泊=20L

なお、上記の計算式はあくまで目安です。「炊事場・お手洗いは近いか」、「食器洗いが発生するか」、
「夏季・冬季どちらのキャンプか」等の諸条件によって、水の使用量は変わります。

更に個人によって消費する水の量も異なります。自分がどれだけの水を消費しているかを
普段のキャンプから考慮し、ウォータージャグの容量を選ぶことをおすすめします。

キャンプ場の水場が近ければ、ウォータージャグの水が無くなっても、汲んでくれば良い話です。
水を汲むのが面倒でなければ、少し小さいサイズを選んでも良いでしょう。

ウォータージャグの材質ついて

ウォータージャグと一口に言っても、材質によって「収納力」「保冷効果」「見た目重視」「スポーツドリンクを入れれるか」等、
そのウォータージャグの「強み」が異なります。それぞれの材質の「強み」と「弱点」を紹介します。

プラスチック系素材

ハードタイプもソフトタイプも、どちらの材料としても使われている素材です。

PP(ポリプロピレン)、PE(ポリエチレン)等は柔らかく、ソフトタイプのウォータージャグにも採用される素材。
柔らかいながらも傷が付きにくい為、衛生的で、ウォータージャグの内側の素材によく使われます。
頑丈なものが多く、アウトドアシーンに向いています。

金属素材

ステンレスやアルミといった金属素材は、軽量で傷が付きにくく、ハードタイプのウォータージャグによく採用されます。
ウォータージャグの内側が金属素材でフッ素加工がされたものであれば、スポーツドリンクのような酸性(塩が使用されている)の
飲み物を入れることが出来ます。

しかし、ウォータージャグ内側の金属に傷やサビがあると、スポーツドリンクに金属が溶け出して、
中毒を起こす可能性があります。使用後はすぐに洗ってサビが発生しないようにし、柔らかいスポンジで
傷が付かないように洗わなければいけないので、少々注意が必要です。

ガラス素材

見た目重視の素材で、「キャンプサイトをオシャレにしたい」「自宅でも使うのでオシャレなジャグを使いたい」という方にはおすすめです。

重量は重く、耐久性が低いので、持ち運びにはあまり向きません。保冷効果も低いので、屋外で冷たい飲み物を入れておくには不向きです。

おすすめのウォータージャグ【10選】

【ハードタイプ編】

IGLOO/ウォータージャグ3ガロン

アメリカ発のアウトドアギアメーカー「IGLOO(イグルー)」が製造しているウォータージャグ。
頑丈な作りと特徴的なカラーで、多くのキャンパーから支持を得ている。
11Lと大容量で、ファミリーキャンプ向きの商品。

タイプ ハード
容量 11L
重量 2.27kg
サイズ W345×D350×H360

snow peak/ステンジャグ

ステンレス製で清潔に使えて、見た目に高級感がある商品。
上部の大口径の注ぎ口は、内部を洗う際に手を入れやすいので、清掃が楽。

蓋のエアキャップを開けることで内部に空気が入る構造で、
蛇口から出る水量が少なくならないよう工夫されている。

タイプ ハード
容量 15L
重量 2.89kg
サイズ W285×D285×H315

STANLEY/ウォータージャグ7.5L

「STANLEY(スタンレー)」は魔法瓶などを作るアメリカのメーカで、
その技術力を用いて作られたこのウォータージャグは、保冷効果がとても高いのが特徴。
こちらの商品は10度以下の水温を、13時間も保つことができます。
容量は7.5Lで、2人~4人の1泊2日のキャンプにおすすめ。

タイプ ハード
容量 7.5L
重量 1.60kg
サイズ W343×D343×H297

CAPTAIN STAG/抗菌ボルディーウォータータンク10L

見た目はオシャレとは言えないが、ハードタイプながら重量が1kgを切り、
10Lの水を入れても片手で持ち運べる程軽量なのが特徴。
ただし断熱材は入っていないので、保冷効果は低い。

注ぎ口が広いため、使用後は手を入れて清掃でき、清潔に保てる。

価格が手頃なので、「とりあえずウォータージャグを手に入れたい」という方におすすめ。

タイプ ハード
容量 10L
重量 0.72kg
サイズ W355×D145×H295

【ソフトタイプ編】

MSR/ドロムライトバッグ6L

畳むことができるため、収納時のサイズは「手の平に乗る」ほどコンパクトになるのが特徴。
重量も162gとかなり軽量で、バックパックやポケットに入れてキャンプに行ける。

使用時は上部の紐を、木の枝等に掛けてぶら下げて使用。
ソフトタイプなので保冷効果は低いが、手や顔を洗うような使い方であれば、充分活躍する。

タイプ ソフト
容量 6L
重量 0.162kg
サイズ W287×H523

MSR/ドロメダリーバッグ10L

ドロムライトバッグよりも頑丈な生地で作られており、よりアウトドアユースに適した商品。
ただしドロムライトバッグのように、小さく折り畳むことはできない。
しかしながら水を入れなければかなり薄くなるため、収納時は充分コンパクトになる。

キャンプシーンだけでなく、登山のような「荷物を厳選する」アウトドアシーンでも活躍しそう。
別売りの浄水器がバッグの注ぎ口に連結できるので、非常時の水確保にも役立つ。

タイプ ハード
容量 10L
重量 0.196kg
サイズ W254×H465

BUNDOK/ジャバラウォータージャグ7.5L

ソフトタイプながら自立するのが特徴のウォータージャグ。
ジャバラ式に畳むことができるので、収納時は小さくなり、持ち運びが便利。

スタンドが付属しないものは、専用の台を準備する必要があったり、テーブルの一角を
占領することになるが、こちらはスタンドが付属するので安心。

タイプ ハード
容量 7.5L
重量 0.54kg
サイズ W210×D210×H385

【オシャレ編】

BUNDOK/クラシックジャグ8L

ガラス製のような見た目だが、プラスチック系の素材。
オシャレで重量も軽く、耐久性も高いので、キャンプに持ち歩くのに適している。

保冷効果は低いので、手洗いなどの用途に向いている商品。
価格が手頃なので、「オシャレなウォータージャグが欲しいけど、お金はかけたくない」
という方におすすめ。

タイプ ハード
容量 8L
重量 0.60kg
サイズ W250×D190×H320

MINTAGE/Tea Container Hot&Cold Desire 5Liters

インド発のメーカーで、チャイ(インドの紅茶)を入れておくためのジャグ。
温かいチャイを入れる目的で作られているので、冷たい水だけでなく温かいものも
入れておけるすぐれもの。

可愛らしいステッカーがチャームポイントで、キャンプサイトに置けば映える。
蛇口のハンドルがブラウン色で、ビンテージなルックスが魅力的。

タイプ ハード
容量 5L
重量 2.83kg
サイズ W230×D230×H280

KILNER/DISPENSER 5L

イギリス生まれの「KILNER(キルナー)」は、180年近い歴史を持つジャーメーカー。
機能的な蓋の構造は、KILNERの伝統的な特徴で、独特の可愛らしさを持っている。

ガラス製品のため、取り扱いには注意が必要だが、ガラスの持つ柔らかい雰囲気がキャンプサイトによく似合う。

タイプ ハード
容量 5L
重量 0.90kg
サイズ W180×D180×H310

使用目的に合ったウォータージャグを選ぼう

ご紹介したウォータージャグは、ほんの一握りです。
大量の荷物を持ち運ぶオートキャンプで使うのか、登山のように持ち物を厳選するのか、使用シーンによって適したウォータージャグのタイプは変わります。

まずは自分がどのような目的で、ウォータージャグを使用するのかを確認しましょう。
ハードタイプかソフトタイプかが、これで決まります。
次に使用人数を想定することで、必要容量が分かります。

飲用水を入れるのか、それとも手洗いなど「飲用以外」の用途なのかを想定することで、
保冷効果が高いものを選ぶべきかがはっきりします。
保冷効果の高いウォータージャグは、価格も高くなります。
買った後で後悔することの無いよう、購入前によく検討しましょう。

お気に入りのジャグは愛着が湧くものです。
キャンプの良い相棒になるウォータージャグを見付けましょう。

ダイソーウォータージャグ
ダイソーウォータージャグ3種類【2020】スタンドも100均!我が家には24Lのウォータージャグがありますが、大きくて場所をとること、また家族だけだと24L使うことはあまりなく、もう少し小さいのがほ...
スチールベルトジャグ
【コールマン】スチールベルトジャグってどう?蛇口改造で使いやすい!スチールベルトのクーラーボックスを購入した後に某アウトドアショップをうろうろしていたところ、同じくスチールベルトのジャグが安くなっている...
関連記事