テーブル・チェア

【スノーピーク】ローチェア30徹底レビュー!人気のキャンプチェア比較

スノーピークローチェア

スノーピークのキャンプギアは、多くのキャンパーが使ってみたいと憧れる対象ですよね。
魅力的なギアの数々は、どれもみんな性能・デザインの両方で洗練されており、キャンプに楽しみを与えてくれます。

今回はそんなスノーピークの大人気チェア、ローチェア30を徹底解説します。
無駄な装飾のない見た目と堅牢な造りが、多くのキャンパーから人気を博しており、愛用している人も多いです。
これからキャンプ用のチェアを購入しようと考えている方や、新調しようと検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

スノーピーク/ローチェア30 スペック

サイズ58×65×86cm(シート高30cm)
重量3.6kg
収納サイズ16×18×101cm
セット内容本体、収納ケース
材質フレーム/アルミニウム合金、肘掛け/竹集成材、金具/ステンレス、シート/ポリエステル
スノーピーク ローチェア30 レビュー

スノーピークが公式HPで公開している情報によると、本体の幅は大人1人が余裕で座れる58cmで、細身の方から大柄な方まで幅広く対応できるサイズになっています。

シート高は30cmで、同社製品のワンアクションローテーブルや、一般的な焚火台などと相性が良い高さに設定されています。
背もたれの長さは50cm強で、大人の肩甲骨~肩辺りまでを支えます。

スノーピーク ローチェア30 折りたたみ サイズ

収納サイズは長さが約1m、高さと奥行きは20cm弱で、車への積載や収納時に邪魔になりにくいです。

気になる耐荷重ですが、公式HPでは公表されておりません。
体重75kgの筆者が座ったところ、問題なく座ることができ、耐久性への不安は感じませんでした。

ローチェア30はハイグレードの質感で、気分もアガる!

ローチェア30 肘掛け

スノーピークのキャンプギアは、高品質な分お値段も張る印象。
しかし実際に使ってみると、値段以上の価値すら感じるほどの材質やデザインであることが分かります。

ローチェア30のアームレストの材質は竹集成材。竹特有のしなやかな質感と温かみが、座る人をリラックスさせます。
なにより竹という素材がもたらす高級感が、気分を上げてくれます。

ローチェア30 シート 

シートはポリエステル。厚みのある生地が体重をしっかりと支えます。
縫製が甘い箇所などは見当たらず、永く使用しても壊れにくいであろうことが予想できます。

しかし長期間使用すると、シートにヨレや破けができてしまうのがアウトドアチェアの宿命。
スノーピークのチェアはそういったヨレや破けを、有償で張り替えしてくれるため、ギアを永く大事に使うことができます。

ローチェア30 フレーム

本体のフレームはアルミニウム合金で、軽量で頑丈なのが特徴です。
アルミニウムは腐食しにくい性質を持っているため、屋外での使用が想定されるアウトドアチェアのフレームとして最適です。
接合部分の造りもしっかりしており、耐久性の高さが伺えます。

しかし頑丈がゆえに、設営・撤収時の折り畳み動作が固く使いづらいという口コミが、AmazonなどのECサイトで散見されました。
実際折り畳む動作や開く動作が固く、設営のしづらさを感じます。

前脚2本にはプラスチック製のパーツが装着され、地面にめり込まないように工夫されています。
後脚2本もフレームが地面と平行に接地するようになっており、様々な環境で地面へのめり込みを防ぎます。

ローチェア30 ロゴ

個人的にとても気に入っているのが、背もたれの背面に縫い付けられた「snow peak」のロゴ入りタグ。
高級・高品質で、誰が見ても「お、かっこいいチェアだな」と感じる見た目ながら、社名やブランドをゴテゴテと前面に押し出さない姿勢に、スノーピークが自社製品に対する自信とプライドを感じます。

ローチェア30の座り心地は折り紙付き!長時間座っても疲れない設計!

ローチェア30 座り心地

シート高の30cmは、一般成人が座った時に足を投げ出してリラックスできる高さ。
シートの適度な張りは体重を支え、過度な体の沈み込みを防ぎ、長時間使用しても疲労を感じにくいです。

アルミニウム合金のフレームが体に触れず、シートのみで体を支えるため、ホールド感が強く座り心地が良いです。

ローチェア30 ブログ

安価なアウトドアチェアは、座面が地面と平行に設計されている商品も多い中、ローチェア30のシートは座面が後傾しており、自然と深く座った姿勢に導きます。

しかし膝から下が当たる部分は前傾しているため、足を投げ出した際に自然な角度で足を伸ばせます。
キャンプは立つ・座るという動作が多いものですが、この前傾部分は立ち上がる動作もサポートするため、とてもキャンプに向いています。

ローチェア30 フレーム構造

フレームをクロスさせた構造も、座る人の体重をしっかり支えることができる特徴。
単純に垂直な4本脚のチェアの場合、足が垂直なため座った際の荷重は真下方向に働きます。
しかしローチェア30のように足がクロスしていると、荷重は真下ではなく斜め下方向に向かうため荷重が分散し、チェアにかかる負担を軽減します。

ローチェア30とTake!チェア ロングを比較してみた!

ローチェア30 take!チェアロング

同じくスノーピークが製造・販売しているアウトドアチェア、take!チェアロングとローチェア30を比較します。

まず注目すべきは、take!チェアロングのフレームは竹集成材とアルミニウム合金の混合。
ローチェア30と比べて竹集成材を利用している部分が多く、全体的にすっきりとしたシルエットに仕上がっています。

しかし強度の面では、すべてのフレームをアルミニウム合金で構成しているローチェア30の方が、安心感があります。

ローチェア30 比較

アームレストの素材も、二つのチェアの相違点のひとつ。
ローチェア30は竹でできているため、腕に当たる感触が少なからず「固い」と感じます。
Take!チェアロングはアームレストが布で構成されており、柔らかい感触がします。

ただし柔らかい布と固い竹、どちらが良いかはユーザーの好みになりそうです。

Take!チェアロング 比較

脚の接地面も、二つのチェアに相違点があります。
Take!チェアロングは脚が竹集成材むき出しの状態で、地面にめり込みやすく、また使用するごとに
竹が削れて傷が付き、汚れが落ちにくくなります。

ローチェア30はその点、脚の先に工夫がされており、設置面積を広くすることで地面へのめり込みを軽減しています。
また竹のような傷つきやすい素材がむき出しの状態ではないので、アウトドアユースでも気兼ねなく使用できます。

キャンプで使うチェアを室内でも使いたいという人は、ローチェア30は床に傷が付きにくいのでおすすめです。
脚先のパーツが接地面を広く取るため、座る人の体重が床の1点に集中せず、傷や凹みが付きにくいです。

Take!チェアロング ブログ

Take!チェアロングは、アルミニウム合金のフレームが太ももに当たりやすい設計になっています。
座面のシートの張りを敢えて無くし、ゆったりと包まれるような形状をしているため、座面ごと太ももがフレームに届いてしまいます。

ローチェア30はフレームが足に当たることがないため、このようなストレスとは無縁です。

背もたれ 比較 スノーピーク

背もたれの大きさは、take!チェアロングに軍配が上がります。
大人が腰かけた場合でも、頭の後ろまで背もたれが伸びているため、リラックスした姿勢を保持できます。

ただし一度腰かけると、体が包み込まれるようにシートに体重を預けるため、立ち上がるのが少々大変です。
その点で言えばローチェア30は前述の通り、座面の先が前傾しているため立ち上がり動作がしやすいでしょう。

take!チェアロング 収納

収納時のサイズは、ローチェア30は約1mなのに対し、take!チェアロングは約130cmとかなり大きいです。
そのうえ収納ケースは付属していないため、持ち運びの際に少々苦労します。

キャンプへ向かう際の車中など、積載する車を選ぶアウトドアチェアなので、大型の車を所有していないという方はローチェア30を選んだ方が安心です。

スノーピークTakeチェアロング
スノーピークのTake!チェアロングのレビュー【評判】深めの座面で座り心地抜群!修理にも対応!本日は私がいつもリビングやキャンプで使っているスノーピークのTake!チェアロングのレビューしたいと思います! キャンプ用品は値段が高...

ちなみにスノーピークが販売しているローチェアショートは、シート高はローチェア30と同じ30cmですが、相違点は以下のようになります。

  • アームレストがチーク材
  • 背もたれが17cm短い
  • 重量が0.2kg軽い
  • 収納時のサイズが16.1cm短い
  • 背もたれの背面に収納ポケットがある

ローチェアショートならではのメリットも多数あるため、アウトドアチェアを検討する際にはこちらの商品も比較候補に挙げたいところです。

永く使えるアウトドアチェアを選ぶなら、ローチェア30がおすすめ!

スノーピーク ローチェア30

昨今のキャンプブームの影響もあり、世の中にはキャンプギアが溢れるほど存在します。
そして新たな製品が、続々と生み出されている時代です。
しかしそんな製品の中には、一過性の流行りのみをおさえたデザインのものや、ほぼ使い捨てのような耐久性しか
持ち合わせていないものも、多々あります。

スノーピークのローチェア30は、流行り廃りのないシンプルながら洗練されたデザイン、ハイグレードの素材で作られた堅牢性、
これらを兼ね備えているため、永く使えるアウトドアチェアとなっています。

ギアはキャンプを盛り上げる重要な要素。永く使い続けられるローチェア30を相棒に、キャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ハイランダーウッドロールトップテーブル レビュー
ハイランダー ウッドロールトップテーブル2をレビュー!おしゃれでカッコいい!皆さんはアウトドア用にどのようなテーブルを用いておりますでしょうか。テーブルは安価なものから高価なものまで幅広く、素材に至ってもいくつか...