テント・タープ

スクエアタープは初心者でも張れる【設営方法】オススメのタープ FIELDOOR

スクエアタープ設営方法

キャンプをするために必要なギアのひとつ、『タープ』。タープには日よけや雨よけの役割があり、キャンプを快適に楽しむためには必要不可欠なギアです。皆さんはどのようなタープを愛用していますか?タープは大きいので目立ち、自分のサイトの目印にもなりますよね。きっとこだわり抜いて選んだのではないでしょうか?

しかし、なかにはまだタープを持っていないという方もいらっしゃるのでは?また、タープを買ったはいいけれど難しくて扱えない…なんていう方もいらっしゃるかもしれませんね。初心者にとって、タープは少しハードルが高いと思ってしまいがち。

ですが安心して下さい!『ある形』のタープを選ぶととても簡単に設営することができてしまうのです!今回はオススメタープの紹介と、設営方法を解説したいと思います。

初心者にオススメのタープの形って?

タープには何種類か形があります。代表的な形は3つ。6つの角がある『ヘキサタープ』と長方形の『レクタタープ』、そして正方形の『スクエアタープ』です。キャンプ場などでよく見かけるのはヘキサタープだと思います。種類も豊富で、各メーカーからも多く販売されています。

ですが初心者にオススメしたいのは、ヘキサタープではなく『スクエアタープ』です。ヘキサタープはロープやペグを多く使用します。初心者にとって、何か所もペグダウンするのは結構な手間になります。また、ヘキサタープは長方形や正方形とは違う形なので、収納する際の畳み方に手間取ってしまう可能性も考えられます。帰り際にバタバタするのは嫌ですよね。以上の点から、初心者にヘキサタープはあまりオススメできません。もっと簡単に設営・撤収できるのがスクエアタープです!

それでは何故私がスクエアタープをオススメするのか、魅力とともにご紹介していきたいと思います。

スクエアタープの魅力

スクエアタープには、初心者にとって魅力的なポイントがいくつかあります。一つずつ紹介していきます。

①ロープ・ペグは4本でOK!

スクエアタープの魅力はなんといってもロープとペグが4本あれば設営できてしまうというところです!ヘキサタープの場合は8本のロープとペグが必要になってきます。その半分で設営できてしまうなんて魅力的だと思いませんか?

②正方形なので畳みやすい!

スクエアタープは名前の通り「正方形」の一枚布です。ですから、撤収時に簡単に畳むことができてしまいます。四隅を合わせて綺麗に畳めるので、収納もスムーズにできストレスフリーです。せっかく楽しんだキャンプの最後に、畳みづらくてストレスを感じたくはないですよね。ですがスクエアタープは一人でも綺麗に畳んで収納できてしまうのでオススメですよ。

③設営方法が簡単!

スクエアタープをオススメする最大の理由は、設営方法が簡単ということです。ロープを4か所ペグダウンし、2本のポールで布を持ちあげるだけ。たったそれだけでタープが設営できてしまいます!その簡単な手順は後ほどご紹介したいと思います。

④アレンジが自由自在!

これは慣れてきてからになりますが、スクエアタープは多くのアレンジが楽しめます!ポールを増やしてみたり、減らしてみたり。ロープを張る場所を変えてみたり。アレンジを楽しむことができるのもスクエアタープの大きな魅力の一つです。定番の張り方に慣れてきたら、是非いろいろな張り方に挑戦してみてくださいね!

それでは具体的にどのようなスクエアタープが初心者にオススメか見ていきましょう。

FIELDOOR スクエアタープ

FIELDOOR スクエアタープ

私がオススメしたいのが、【FIELDOOR(フィールドア)】から販売されているスクエアタープです。

商品詳細

【サイズ】

本体:280cm×280cm
収納時:Φ14cm×25cm

【重量】

約1.3kg

【材質】

ポリエステル

【耐水圧】

1500mm以上

【付属品】

本体、ペグ(8)、ロープ(8)、専用キャリーバッグ、取扱説明書(日本語)
※ポールは付属していません。写真は同じくFIELDOORのポールです※

【カラー】

ライトグレー、ボルドー、ダークブラウン、カーキ

スクエアタープがオススメの理由

私がFIELDOORのスクエアタープをオススメする理由は

  1. 格安で購入できる
  2. 片手で軽々持てるほどのコンパクトサイズ
  3. 丈夫なループベルトが16か所
  4. 付属品がしっかりしている
  5. 日差しをカットしてくれる
  6. 耐水圧が優れている

などが挙げられます。

それではこのスクエアタープを使って、実際に設営してみたいと思います。とても簡単に設営できてしまうので、参考にしてみてくださいね。

スクエアタープの張り方

まず初めに、タープの張り方には人それぞれこだわりなどがあり十人十色です。ですがこれからご紹介する張り方は、実際に初心者でも一発で張ることができた方法です。簡単ですので是非参考にしてみてくださいね。勿論、慣れてきたら自分のやりやすい張り方を見つけていってください!

準備するもの

まずはタープを張るために必要なものの確認です。

スクエアタープ レビュー
  • スクエアタープ本体
  • ペグ、ロープ(付属品のものを4本ずつ)
  • ハンマー
  • ポール(25mm×2本)

ペグやロープは付属のものを使用します。地面がよほど固くない限り、付属品のもので対応できます。ロープには自在金具もついているのでそのまま使用することができます。
ポールは同じくFIELDOORのものを使用します。25mmなのでとても丈夫で、突風が吹いても倒れることはありません。

①タープを広げる

FIELDOOR スクエアタープ

設営する場所を決めたら、まずはタープを広げます。

FIELDOOR スクエアタープ

綺麗な正方形にならなくても大丈夫です。ひとまず広げます。

②ポールを対角に2本置く

FIELDOOR スクエアタープ設営

写真のように、ポールを置きます。これは、ペグを刺す場所を決めるためです。

FIELDOOR スクエアタープ

対角側も同様にポールを置きます。

③ポールの先端にペグを刺す

スクエアタープペグダウン

ペグダウンする場所です。まずは手の力で刺せるところまで刺しておきます。この時の角度は45~60度を目安に刺します。

ペグダウン

2か所刺せたらポールを移動させて、全部で4か所ペグを刺します。

④ペグダウンする

タープペグ

4か所にペグを刺せたら、ハンマーを使って打ち込んでおきます。

⑤ロープを取り付ける

スクエアタープ ロープ

4隅のループベルトにそれぞれロープを取り付けます。このとき、カラビナを使用すると簡単に取り付けることができます。その都度ロープを縛るのは初心者にとっては大変なので、カラビナで簡単に取り付ける方法をオススメします。

⑥ロープをペグに引っ掛ける

スクエアタープロープ

カラビナでロープをループベルトに取り付けたら、自在金具でロープを伸ばしてペグに引っ掛けます。これで準備は完了です!いよいよ立ち上げます!

⑦ポールを立てる

スクエアタープ 張り方

ポールを1本ずつ地面と垂直に立てていきます。「一人でも大丈夫なの?」と思うかもしれませんが、大丈夫です。1本立てたら落ち着いて2本目を立てていきます。

⑧ロープの調整をする

スクエアタープロープ調節

ポールが2本垂直に立ったら、あとはタープがピンと張るように自在金具を調節するだけです!たるみがなくなり、きちんとテンションがかかれば完成です!

スクエアタープソロ

いかがでしたか?意外と簡単だと思いませんか?実際は写真で見るよりずっと簡単に設営することができますよ!

スクエアタープをソロ用にアレンジ

スクエアタープソロ

初心者でも簡単にできるアレンジ方法を一つご紹介します。これは居住スペースが狭くなってしまうので、ソロキャンプ向きです。とても簡単なので、こちらも参考にしてみてください。

  1. 基本の張り方から1本ポールを抜く
  2. スクエアタープ張り方
  3. ロープの調節をする
  4. スクエアタープ張り方
スクエアタープアレンジ

完成です!
ポールを1本抜くだけで、まったく雰囲気の違うタープに変身してしまうのです。これなら初心者でも簡単にアレンジを楽しむことができます。見た目もスタイリッシュでかっこいいですよね。

スクエアタープのまとめ

今回は初心者でも簡単に設営できる『スクエアタープ』のご紹介をしました。タープを張るのが苦手な方、一人で張ったことがない方の参考になれば幸いです。
タープがあると、サイトの充実度が上がります!見た目も一気にかっこよくなりますよね。タープデビューには『スクエアタープ』を検討してみてはいかがですか?

ABOUT ME
くまたろ53
くまたろ53
アウトドアが趣味のアラサー女。愛用するキャンプギアは、背伸びはせずにコスパ重視!安くて使えるキャンプギアを日々探しています。