100均キャンプ道具

おすすめのスマホ防水ケース【100均はどう?】ダイソー&セリア徹底レビュー!

スマホ 防水ケース おすすめ

アウトドアで欠かせないスマホの防水ケース。水遊びはもちろん急な雨の時でも一つ持っておくと安心ですよね。
キャンプの時だと料理を作っている時のタイマー替わりなどでスマホを触る機会も多いです。しかしいちいち調理で濡れた手を気にするのは面倒くさいですよね。そんなときにも防水スマホケースがあると安心です。
今回は100均で見つけた防水スマホケースがどの程度の性能のものなのか徹底的に検証していきたいと思います。

防水スマホケース売り場はどこ?何コーナー?

防水スマホケースはダイソーやセリアなど大手100均で手に入れることができます。

ダイソー売り場 スマホ防水ケース

ダイソーは「スマホ関連」の売り場にありました。

スマホ防水ケース セリア売り場

セリアは「モバイル」などスマホアクセサリーなどが置いてある売り場で確認することができました。

ダイソーは吊り下げられていることが多かったので見つけやすいですが、セリアは棚に置いてあることが多いので少し見つけづらいです。

防水スマホケースの値段

ダイソーとセリアで販売されている防水スマホケースはどれも税込み110円で販売していました。防水スマホケースがこの値段で買えるのはびっくりですね。
中身はどんな感じなのでしょうか?
今回はダイソーで2つ、セリアで1つずつ購入して詳細をご紹介していきます。

スマホ防水ケース ダイソー一つ目パッケージ

まずはダイソーで購入した一つ目をご紹介します。
パッケージから取り出してみます。
中身はとてもシンプルです。ナイロンとポリエチレンで出来ていて触った感じはとても薄く固い印象です。

スマホ防水ケース ダイソー一つ目チャック部分

スマホを入れる部分はこちらです。袋を閉じる部分はチャック式となっていて、手でぴっちりと抑える必要があります。

スマホ防水ケース ダイソー一つ目ハトメ部分

ストラップはついていませんが、ハトメがついているのでそこにストラップを通すことが可能です。

次にダイソー二つ目のこちらをご紹介します。

スマホ防水ケース ダイソー二つ目パッケージ

こちらも中身はとてもシンプルで、手触りも先ほどのものと同じくナイロンとポリエチレンで出来ていて触った感じはとても薄く固い印象です。

スマホ防水ケース ダイソー二つ目チャック部分

スマホを入れる部分はこちらです。袋を閉じる部分は先ほどと同じくチャック式となっていて、手でぴっちりと抑える必要があります。

スマホ防水ケース ダイソー二つ目ハトメ部分

こちらもハトメはついていますがストラップは自分でつける必要があります。

スマホ防水ケース セリアパッケージ

次にセリアの製品です。セリアの製品はビニール部分がダイソーの製品に比べると、ぶ厚く柔らかい印象をうけました。

スマホ防水ケース セリア留め具部分

袋を閉じる部分は留め具でロックする仕様となっています。ファスナーのようにぴったり閉まっているかどうかの実感がないので少し心配です。

スマホ防水ケース セリアストラップ

こちらの商品は、持ち運びに便利なストラップが最初からついているので便利です。紐が結ばれているだけなので外して、自分の持っているものに付け替えることもできます。サイズはセリアのほうがだいぶ大きいです。中に入れるスマホのサイズをそこまで気にしなくてもよさそうです。

100均の防水スマホケースの操作は問題ない?

では実際に中にスマホを入れて操作してみます。
実際に入れたスマホはiPhoneSEの第2世代です。

スマホ防水ケース ダイソー一つ目スマホを入れたところ

ダイソー製品はホームボタンもサイドボタンも押すことができ、画面もスムーズにタッチして操作することができました。

スマホ防水ケース ダイソー二つ目スマホを入れたところ

ただ指紋認証だけは使えないのであらかじめ解除しておくか使うたびパスコードを入力する必要があります。
顔認証のできる他のスマホを入れたところケースにスマホを入れたまま、顔認証はできましたがスマホの大きさによっては袋を閉じることができませんでした。

スマホ防水ケース セリアスマホをれたところ

セリアの製品はサイドボタンを押しての操作はできましたがホームボタンを押すことができませんでした。
ぎゅっと押し込んでみたのですがビニールの分厚さのせいかボタンを押すことができません。
ロック解除は、こちらもダイソー製品と同じく指紋認証はできませんが顔認証はOKです。
こちらはダイソー製品と比べて入るサイズも大きいので中に入れるスマホを選ばないのはいいですね。

スマホ防水ケース セリアスマホを入れたところカメラ部分

裏表があるのでカメラの位置を確認して入れましょう。

ダイソーピンク ダイソー水色 セリア
ホームボタン ×
サイドボタン
指紋認証 × × ×
顔認証
スクリーンタッチ

本当に水が入らない?

一番気になる、防水機能について試していきます。
こちらは濡れたらすぐにわかるようにティッシュに水彩ペンで模様を描いたものを入れておきます。
まずは雨などを想定してシャワーをかけてみたいと思います。
こちらはダイソー一つ目のもの。

スマホ防水ケース ダイソー一つ目シャワー

続いてダイソー二つ目のもの。

スマホ防水ケース ダイソー二つ目シャワー

さらにセリアの製品にもシャワーをかけていきます。

スマホ防水ケース セリアシャワー

1分ほどいろんな角度からシャワーをかけてみました。結果はどのケースも中のティッシュは濡れていませんでした。

水に浸しても大丈夫?

今度は水に洗面器に水を張って、その中に防水スマホケースを沈めてみました。それぞれ1分ほど浸してみます。
こちらはダイソー一つ目のもの。

スマホ防水ケース ダイソー一つ目水中

続いてダイソー二つ目のもの。

スマホ防水ケース ダイソー二つ目水中

さらにセリアの製品も水に沈めていきます。

スマホ防水ケース セリア水中

結果は、どれも中身が濡れることはありませんでした。
しかし、ダイソー一つ目のものがチャックの部分や留め具のところが濡れていたため、中身を取り出す際にその水分がついてしまい、濡れてしまいました。

スマホ防水ケース ダイソー一つ目結果

ダイソー二つ目のものはチャック部分もよく拭いたので無事でした。

スマホ防水ケース ダイソー二つ目結果

セリアの商品についてもチャック内側もよく拭いたため無事でした。

スマホ防水ケース セリア結果

実際に使う場合は取り出す際にも、よく拭いてからスマホを取り出すなどして注意が必要です。
周りはよく拭いていたのですが、チャック内側の水分は盲点でした。

今回は水に浸す時間が短かったからか、中身が濡れることはありませんでした。
しかし、留め具のところギリギリまで浸水していることを考えると防水には頼りない感じもします。

よくよくパッケージを見てみると防水・防滴ケースとは書いてありますがどれも完全防水ではないので水中に沈めないでくださいとのことでした。
お風呂やプールなどで使用する場合に少し水がかかるくらいは大丈夫なようですが沈めて水中撮影などはできないようです。
本格的に水中でのアクティビティを楽しみたい場合は、Amazonなどで売っている本格的なものを使用した方がよさそうです。

高い防水機能!IPX8のスマホケースをレビュー

スマホ防水ケース レビュー

アマゾンで1つ1000円以下で購入できる防水スマホケースを2つレビューします。
どちらも6.1インチのiPhone12がスッポリと収まり出し入れがしやすくておすすめです。

スマホ防水ケース 

どちらも薄めの普段使用しているスマホケースを装着した状態でも入るくらいサイズにゆとりがあります。

JOTO 防水ケース IPX8認定

スマホ防水ケース レビュー

1つ目は一般的な防水スマホケースでコンパクトなサイズ感で気軽に使用できます。

スマホ防水ケース レビュー

開閉部分は水の侵入を防ぐためにしっかりとロックできる仕組みになっています。

スマホ防水ケース 開閉部分

開閉は簡単でフック部分を通して折り曲げるだけなので開け閉めに煩わしさはありません。

スマホ防水ケース サイドボタン

ケースを入れた状態でサイドのボタンを押してみましたがケースがゆがみますが押せなくはないといった感じです。

スマホ防水ケース 操作性

ケースに入れた状態でもフリック・スワイプ・ピンチ等の操作はスムーズに行えます。
顔認証も問題なくロック解除ができました。

スマホ防水ケース 水中テスト

水中につけて水が浸入しないか10分ほどテストしてみましたが全く水の侵入はありませんでした。

スマホ防水ケース 口コミ

ただ、口コミをチェックしてみると水が入ったとの口コミを見かけましたので使用の前にはテストをした方がよさそうです。

スマホ防水ケース 水中の操作性

また、水中での操作性を確認しましたが、タップはある程度可能なもののフリックやスワイプ・ピンチの反応が悪いので水中での操作性を期待される方にはおすすめはできません!水中撮影などには厳しそうです。

ProCase 水に浮くスマホ防水ケース

ProCase スマホ防水ケース レビュー

こちらはケースの側面にエアーが入っているので誤って落としてしまっても沈まないので海や川のアクティビティでの使用ではとても安心感があります。

防水スマホケース

ロックの形状は先ほどのモノと同じで開閉は簡単でしっかりとロックされます。

ProCase スマホ防水ケース 操作性

操作性も問題なくフリック・スワイプ・ピンチ・顔認証が問題なく行えます。

ProCase スマホ防水ケース 水中テスト

こちらも水につけてみましたが浮力があるのでiPhone12(162g)では問題なく使用できました。

ProCase スマホ防水ケース レビュー

10分間ほど水の侵入テストもしてみましたが全く水が染みこむことはありませんでした。

どちらも防水性能は問題ないので使用用途に合わせて選ぶと良いと思います!

Amazonで買える本格防水スマホケース3選

ここからは、口コミ評価が高いその他のAmazonで買える防水スマホケースを3つピックアップしたのでご紹介していきますね。

CASEKOO スマホ 防水ケース IPX8認定 完全防水 水に浮く

高い透明性のあるTPU素材を使用しているので埃などが付きづらく、きれいに写真や動画を撮ることができます。このTPU素材は柔軟性があるため表面の画面操作だけでなくサイドボタンなども操作しやすいですよ。

ユニバーサル 防水 携帯電話ポーチ ランヤード付き IP8x 耐衝撃 ダイビング

取り外し可能なストラップがついています。お風呂などで使う場合はストラップを外して使ったり、海など外で使う場合はストラップを付けて首から下げたりと用途に合わせてストラップの着脱が可能です。

Seawisp 防水ケース スマホ用【フローティング機能・ストラップ付き】IPX8 完全防水

フローティング機能がついているので万が一手元から離れてしまっても水面に浮くことで紛失防止になります。透明度の高いTPU素材を使用しているため顔認証にも対応しています。カメラ撮影もスムーズに行えますよ。

まとめ

防水スマホケースは100均でも手軽に手に入るので子供の水遊びの付き添いだったりキャンプなどでの急な雨対策だったりと簡易的に使えて便利ですね。
本格的に海や川でのアクティビティを楽しみたい方は後半でご紹介したようなしっかりした作りのものを使うと安心です。
浮いて、紛失防止になるものやロックのしやすさなど色々あるので自分に合ったものを選ぶといいですね。
用途によって使い分けてスマホの水濡れを気にせずに思いっきり外でのアクティビティを楽しみましょう。

ABOUT ME
nomad-camp
自然が大好きなアウトドア愛好家。 ライターさんの記事の管理やアウトドア関連の情報を発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。