ブッシュクラフト

コンパニオンヘビーデューティーの特徴!カーボンとステンレスどっちも使える!

モーラナイフヘビーデューティ

焚き火用の薪割りや野菜の皮むきなど、アウトドアのシーンでは様々な用途で活躍するナイフですが、皆さんはどのようなナイフを使っていますか。お店のショーケースに並んでいるナイフを見てみるとそれなりに良いお値段のするナイフが多く、アウトドアライフを楽しんでいる方の中にもまだ1本もナイフを持っていないという方もいるのではないでしょうか。
ナイフでかっこよくフェザースティックを作りたい!バトニングをして見たい!けどなかなか高価なナイフに抵抗がある、どれを買ったら良いかわからない、という方も多いと思います。
そんな方のためにも、スウェーデンの有名ナイフブランド「モーラナイフ」から初めてのナイフとして扱いやすい、2,000円代で購入できるコンパニオン ヘビーデューティーの魅力についてご紹介します。

コンパニオンヘビーデューティーの特徴

ヘビーデューティ

コンパニオン ヘビーデューティーは名前の通り激しい使用にも耐える事ができるタフなナイフです。その見た目からも男らしいカラーリングで厚みもあり、タフな印象がにじみ出ています。しかし値段が安いのに本当にタフなの?と疑ってしまう部分もありますよね。そんな方のためにもここではヘビーデューティーがコスパ抜群と言われているその特徴についてご紹介していきます。

特徴①厚めの刃厚

モーラナイフ暑さ

モーラナイフ上位クラスのガーバーグ(左)と同じ刃厚が3.2mmあるのでバトニングも問題なくできる。

ヘビーデューティーの刃圧は3.2mmと低価格ながらかなり安定した厚みとなっております。刃圧がある程度あることで木材など硬いものを安定して切ることができます。
大胆な使い方に力を発揮しやすいことに対して、調理のシーンなどで繊細な動きが必要となる場合は、その厚みがかえって仇となり、やや切りづらさを感じる場合もあります。

特徴②刃はカーボンとステンレスの2種類を展開

ヘビーデューティカーボンとステンレス

ナイフを選ぶ上で好みが大きく分かれるブレードの素材ですが、ヘビーデューティーはそんな方にもご安心な2種類のブレード素材を展開しております。価格設定としてはステンレスナイフの方がややお高くなっておりますが、いずれにせよ他のナイフと比べると安価と言えるでしょう。
カーボン素材はステンレスと比べると非常に錆びやすいので、購入後自分で黒錆加工などして錆び対策をしてから使用される方も多いようです。

特徴③コスパ

値段が安いと性能もそれなりのものを想像するのが一般的ですが、このヘビーデューティーはコストに対するパフォーマンスにとても定評のあるナイフです。見た目からは他のナイフと比べて引けを取りません。最も重要であるその切れ味に関しても、様々なショップで評価を比較してみてもかなり高い満足度であることが伺えます。いきなり高価なナイフを手にすることに抵抗がある方も気軽に手にしやすいことも魅力の一つです。

コンパニオン ヘビーデューティーの付属ケースの特徴

ヘビーデューティーは低価格ながらなんとケースまで付属します。ナイフは基本的にむき出しの状態では保管できないので、ケースがついてくるのは大変ありがたいですね。付属品のケースはプラスチック製でややチープな印象ですが、もちろんサイズ感もぴったりで日常使いに支障のないケースです。

特徴①ベルトに固定できる

ナイフを使うシーンは必ずしもテントサイトとは限りませんよね。野山を散策しながらの使用シーンも多々あります。そんな時にナイフをベルトに固定できると両手が空き、使うときも簡単に取り出すことができ非常に助かります。ナイフの収納部はカチッとナイフを収納することができ、収納してしまえば野山を激しく歩いたり走ったりしても安定して収納され、飛び出てしまう心配はありません。またプラスチック製のため非常に軽く、ベルトにつけていてもほとんど苦になりません。

特徴②通気性◎

モーラナイフシース

収納部のケースの先には丸い穴が空いており通気性に優れています。日常的に使用している際にも、収納時に水がたまらないような工夫となっております。細かな工夫ですが、カーボン素材は非常に錆びやすいのでこれはありがたいですね。ただし、アウトドアで使用中のシーンでは有効に使えますが、普段使用しない際にもケースに収納しているのはかえって湿気がこもってしまい錆び発生の原因にもなりかねませんので、普段保管される際にはケースにはなるべく入れず、風通しの良い状態で保管されることが望ましいでしょう。

コンパニオンヘビーデューティーのカラーラインナップ

モーラナイフのヘビーデューティーはカーボン・ステンレスともに2色づつ展開されています。

コンパニオンヘビーデューティーステンレス

コンパニオンヘビーデューティーカーボン

まとめ

いかがでしたでしょうか。まだナイフを持っていいないという駆け出しのキャンパーにはもちろんお勧めしたい1本ですし、低価格のためとりあえず試して見たいという方、サブ的な使い方でもう1本ナイフが欲しいと考えている方にも気軽に手にしていただきたいナイフです。調理用とバトニング用などで分けて使われる方もけっこう多いですよね。
アウトドアライフにヘビーデューティーを取り入れてより楽しく快適に過ごして見てはいかがでしょうか。

関連記事