キャンプ便利道具

キャンプに斧は必要?焚火で必要な斧・鉈・ナイフの役割は?

キャンプで斧は必要?

キャンプの醍醐味と言えば、焚火は欠かせません。
最近キャンプを始めた方も、焚火をするキャンパーさんを見て、「自分も焚火をしてみたい!」と思ったことがあるのではないでしょうか。

しかし焚火をするには、必ず「薪割り」が必要になります。
薪割には斧や鉈(なた)、ナイフを使った方法があるのですが、キャンプの薪割に、斧はいらないのでは?と思っている方も多いようです。

そこで今回は斧や鉈、ナイフの役割と、「果たして斧は必要なのか」を解説します。
斧の購入を迷っている方は、ぜひチェックしてみてください。

キャンプの薪割に斧は必要ない?

薪割はナイフでも出来る

薪割り バトニング

じつは薪割は、ナイフでも出来るのをご存知でしょうか。
「バトニング」と呼ばれる方法で、薪にナイフの刃を当て、背を叩いて薪を割る、というやり方。

ただしナイフでの薪割には、限界があります。
太い薪や硬い薪は、ナイフの刃が入りません。
節(ふし)がある薪も同様に硬く、ナイフで割るのは難しいです。

薪割り 小割

「小割」に近い薪なら、バトニングで割ることができます。
この「小割」という薪は、あらかじめ小さく割られた薪のこと。
火付きが良く、焚火の火起こしに用いられます。

これに対して「中割」~「大割」は、太い薪を指します。
キャンプ場やホームセンターで手に入る薪は、大抵この中割~大割の太い薪が中心です。

樹種によって薪の特徴が異なる

広葉樹 薪割

ところで薪には種類があり、樹種によって特徴が異なるのをご存知でしょうか。
樹種は広葉樹と針葉樹の、2種類に大別されます。

広葉樹は非常に硬く、薪を割るのに苦労します。
そのうえ火付きが悪く、焚付けには向きません。
ただし一度火が付いてしまえば、火持ちが良く、長時間燃焼し続けます。

針葉樹は比較的軟らかく、割ることが容易です。
火付きも良い為、焚付けに向いています。
ただし広葉樹と逆で、火持ちが悪く、比較的短時間で燃焼します。

薪 種類

このように樹種によって、薪割が容易・難しい、火持ちが良い・悪いなど、特徴が異なります。

硬い広葉樹や中割~大割の太い薪は、ナイフのバトニングでは割るのは難しいです。斧で割るようにしましょう。
軟らかい針葉樹や小割の細い薪は、バトニングで容易に割ることが出来ます。ナイフで割るようにしましょう。

ちなみに前述した、キャンプ場やホームセンターで手に入る薪の樹種は、硬い広葉樹の場合が多いです。

キャンプで焚火をするなら、斧はあった方が良い

ご紹介したとおり、キャンプ場やホームセンター等、比較的簡単に薪を手に入れられる場所では、
太い薪や硬い樹種を扱っている可能性が高いです。

そういった薪はナイフでバトニングをするには不向きで、パワーのある斧の方が有効です。
キャンプで焚火をするなら、太い薪や硬い樹種でも割れる、斧を用意した方が良いと言えるでしょう。

次に斧・鉈・ナイフのそれぞれの役割と、メリット・デメリットを紹介します。
どのような場面で、どの道具を使うべきか、覚えておきましょう。

キャンプの薪割で斧の役割は?使う場面 メリット・デメリット

薪割り 斧 必要

斧のヘッド部分は鉄や鋼で出来ており、重量がある分、薪を割る際に大きな力が生まれます。
さらに振り下ろすことで遠心力が加わり、硬い樹種の薪や太い薪でも、容易に割ることが出来ます。
これが斧の最大の特徴であり、斧を使うメリットです。

斧 薪割 練習

しかし振り下ろす動作というのは、的に狙いを定めるのが難しいもの。
初心者が薪を綺麗に割るのは、少々難しいかもしれません。
何度も斧を振って、狙い通りに薪を割る練習が必要になりそうです。

そして斧は重量があるので、持ち運びの面で重荷になってしまいがち。
オートキャンプのように、サイトに車を横付け出来るなら問題ありませんが、
徒歩移動が必要なキャンプ場の場合、この重さはデメリットになります。

斧の役割

  • 大割の太い薪を割る。
  • 広葉樹や節のある、硬い薪を割る。

斧のメリット

  • ヘッドの重さ・遠心力で、薪を割るパワーが生まれやすい。
  • 太い薪、硬い樹種の薪が、容易に割れる。

斧のデメリット

  • 振り下ろす動作は、的を狙いづらい。
  • 重量がある為、持ち運びが大変。

キャンプの薪割で鉈の役割は?使う場面 メリット・デメリット

鉈(なた)とは、山林で働く猟師や林業従事者の方達が、野山の枝を払ったり、
木を削る等の用途で使う、大型の刃物です。

鉈で薪を割るには、斧のように振り下ろして使います。
ただし斧のような重量は無く、比較的軽い為、硬い樹種の薪を割るのは苦手です。
柔らかい針葉樹の薪を割る場面で、活躍するでしょう。

しかし斧と比べると軽く、そして刃渡りが長い為、的を外しにくいのが特徴です。
パワーこそ斧に劣りますが、扱いやすさの点では鉈に軍配が上がるでしょう。

更にバトニングも可能で、鉈の背を叩けば、ある程度の太さの薪は割ることが出来ます。
そしてナイフに比べて刃渡りが長いという点も、太めの薪を割るにあたって有利になります。

鉈の役割

  • 小割~中割程度の太さの薪を割る。
  • 柔らかい樹種の薪を割る。

鉈のメリット

  • 比較的軽いので、扱いやすい。
  • ナイフと同様に、バトニングが出来る。

鉈のデメリット

  • 重量が軽い為、硬い樹種の薪を割るのが難しい。

キャンプの薪割でナイフの役割は?使う場面 メリット・デメリット

フェザースティック

ナイフは斧や鉈に比べ、細かな作業が出来る点が特徴です。
その代表的なものが「フェザースティック」づくりです。

薪を鳥の羽根(フェザー)のように薄く削ったもので、焚火の火起こしに使うアイテムです。
フェザースティックを作るには繊細な力加減が必要で、この作業にはナイフが一番適しています。

フェザースティック
【初心者向け】フェザースティックを上手に作る3つのコツみなさんはキャンプで火を起こす時何を使いますか?ライター・マッチ・ファイヤースターターなど火を起こす方法はいろいろあります。 でも...

他にも「ブッシュクラフト」という、自然のものを生かしたサバイバル術にも、ナイフは欠かせません。
木の枝の先を尖らせペグのようにしたり、ロープを木に掛ける為の「くぼみ」を作ったりなど、
ナイフは細かい作業をする場面で活躍します。

バトニングをすれば小割の薪を割ることが出来、木を削ることも出来る為、ナイフはアウトドアの必須道具と言えます。

薪 小割

薪を小割にするには、斧や鉈よりも、ナイフを使う方が向いています。
薪はある程度の細さになると、自立しなくなります。
自立しない薪は、振り下ろす動作の斧や鉈では狙いが定まらず、割るのが難しいです。
そのような場面では、ナイフでバトニングをして割るのが最適。

バトニングにはシースナイフという、鞘(さや、シース)に刃を収めるタイプのナイフを使うのが一般的です。
折り畳みナイフ場合、ナイフの背を叩くバトニングは、ナイフ自体が壊れる恐れがある為向いていません。

ちなみにバトニングに用いるナイフは、ある程度刃に厚みがあるものを選んだ方が良いです。
刃が薄いナイフの場合、バトニングの最中に刃が折れる恐れがある為です。

バトニングナイフ
バトニング初心者が選ぶべきナイフは?安いナイフは折れる?鉈でもできる!ブッシュクラフトをするうえで必要最低限の道具(ギア)でキャンプをするこのスタイルに欠かせないのがナイフです。フェザースティックの記事にも...

刃が薄いナイフは、野菜を切るなどの調理道具に向いています。
バトニングをするナイフと、調理用のナイフは、別に用意することをおすすめします。

バトニング ナイフ 折れる

太い薪・硬い樹種の薪は、ナイフの刃が入りません。
全く歯が立たないので、バトニングはやめた方が良いでしょう。

このような薪を割るにはやはり、パワーのある斧、もしくは刃渡りが長い鉈が向いています。
無理にナイフでバトニングをして、怪我等をしないように気を付けましょう。

ナイフの役割

  • フェザースティックづくりなどの細かい作業。
  • 小割の薪を割る。

ナイフのメリット

  • 繊細な力加減が必要な作業が可能。
  • バトニングで細い薪が割れる。

ナイフのデメリット

  • 刃渡りが短いゆえに、太い薪が割れない。
  • 振り下ろして割ることが出来ない為、硬い樹種の薪が割れない。

キャンプで薪割りをするなら、適材適所の道具を使おう

斧・鉈・ナイフの、それぞれの役割とメリット・デメリットを紹介しました。
道具にはそれぞれ役割があり、「その道具を使うのに適した場面」があります。

太い薪・硬い樹種の薪は、斧を使った薪割が最適。
中割程度の太い薪は、鉈を使えば割ることが出来る。
軟らかい樹種の薪・小割の薪は、ナイフのバトニングで割れる。
ナイフの中でも、刃の厚いものはバトニング用、刃の薄いものは調理用。

このように「適した場面で適した道具を使う」という理由から、
冒頭で挙げた「キャンプの薪割に、斧はいらないのでは?」という疑問は、
「キャンプで焚火をするなら、斧はあった方が良い」と言えるでしょう。

適材適所に道具を使い分けることが、上手にキャンプをするコツです。
適さない場面で誤った道具を使うと、道具が使いづらいだけでなく、怪我をする恐れがあります。
そしてキャンプは、刃物や火を扱う場面が多い為、怪我の程度も大きくなります。

せっかくの楽しいキャンプで思わぬ事故に遭わないように、
道具を正しく使って、安全にキャンプを楽しみましょう。

キャンプ 手斧 おすすめ
キャンプの薪割りにおすすめの人気の手斧!最適なサイズ!正しい使い方焚火はキャンプにおいて重要な役割を持っています。楽しむための「アクティビティ」以外にも、暖を取るための焚火、あるいは調理をするための焚火...
関連記事