テーブル・チェア

DODジミニーテーブルはおしゃれで軽量!サイズ感もちょうど良い!

キャンプギア選びで重要なポイントが、簡単に使えるという点です。
いくら機能的に優れていても、組み立てや片付けが複雑だと、せっかくキャンプに来たのにストレスを感じてしまいます。
ストレスを感じずに、誰でも簡単に設置できるキャンプ用テーブルでおすすめなのが、DOD・ジミニーテーブルです。
ジミニーテーブルについて、基本スペックや特徴、買う前に知っておきたい注意点を紹介します。
これからキャンプギアを揃えようと検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

DODジミニーテーブルの基本スペックを紹介!

ジミニーテーブルは、一見普通の折りたたみテーブルのように見えますが、収納性に優れていて持ち運びもしやすく、細部まで計算された便利でおしゃれなテーブルです。
ソロキャンプやデュオキャンプ、サブテーブルにぴったりのSサイズと、3〜4人で使うのにちょうどいいMサイズがあります。

ジミニーテーブルS
本体サイズ(設営時)60×44×高さ41.5cm
本体サイズ(収納時)20×9×長さ45cm
本体重量3.2kg
材質天然木(ブナ)、アルミ合金(脚部)、ポリエステル(キャリーバッグ)
静止耐荷重10kg

ジミニーテーブルM
本体サイズ(設営時)95×60×高さ56cm
本体サイズ(収納時)27×9×長さ61cm
本体重量5.6kg
材質天然木(ブナ)、アルミ合金(脚部)、ポリエステル(キャリーバッグ)
静止耐荷重10kg

高級感のある天然木製の天板がおしゃれ!

ジミニーテーブルの天板は、キャンプ用折りたたみテーブルでは珍しい天然木製なので、高級感や重厚感が感じられます。
ブナ材から作られているため、使えば使うほど日焼けして時の流れを感じられます。
ずっと使い続けたくなる商品です。

キャンプギアとして重要ポイント!収納性の高さ

S・Mサイズ両方ともに、折りたたむと厚さ9cmと大変コンパクトになります。
何かと荷物が多くなりがちなキャンプにおいては、このスリムな収納サイズは大きなメリットです。
車のちょっとした隙間や、バイクの後ろにも積めるので、色々なスタイルのキャンプに持っていけます。
また、付属のキャリーバッグは口が広く開く設計になっているので、しまう時にも時間がかかりません。

脚パーツがアルミ合金製なので安定しているのに軽い!

ジミニーテーブルの脚パーツは、アルミ合金製なので軽量です。
そのため、お子さんや女性でも組み立てやすいというメリットがあります。
総重量が軽いテーブルは他にもありますが、軽いが故に風で簡単に倒れてしまいます。
しかし、ジミニーテーブルは、脚パーツは軽いのにしっかりと重量のある天板を上に置くため、比較的風で倒れにくく安定しやすいです。
これなら、テーブルの上に飲み物などを置いたままでも安心ですよね。
また、アルミは錆びにくいという特徴もあるため、大切に使えば長年愛用できます。

ショックコード内蔵で組み立ても片付けも楽々!

ショックコードとはテントフレームなどでよく使われるもので、パイプ内にゴムが通してあるのでパーツがバラバラにならず、パーツ同士の接続が簡単できます。
ジミニーテーブルの脚パーツにもこのショックコードが内蔵されているため、取扱説明書などを見なくても簡単にあっという間に組み立てや片付けができます。
ただし、使っているうちにショックコードは伸びてきてしまうため、伸縮力がなくなったと感じたらコードのみ取り替えましょう。
コードはAmazonや楽天などでも購入できます。購入の際は、太さに注意して商品を選んでください。

ジミニーテーブルを買う前に知っておきたい注意点

シンプルなのに細かな工夫が感じられるジミニーテーブルですが、買う前に知っておきたい注意点があります。
買ってから後悔することのないよう注意点をしっかり念頭に入れて、あなたのキャンプスタイルとズレがないか事前にイメージしてみてください。

静止耐荷重に注意!

しっかりとした重厚感のある天板なので、ついたくさん物を置きたくなりますが、静止耐荷重は10kgと決して大きくはありません。
料理の入ったダッチオーブンやスキレットを置くのは、転倒の恐れがあるので避けた方がいいです。
また、天板に体重をかけたり腰かけたりすると、簡単にひっくり返ってしまいます。天板の一部分に負荷をかけないように注意しましょう。
天板のバランスが崩れると倒れるだけではなく壊れてしまうので、ジミニーテーブルへは出来るだけ軽いものだけを置くように気をつけてください。

直射日光やカビに注意!

天然木は、直射日光に当てると反ったり変形したりするため、出来るだけタープ下や木陰など、直射日光の当たりにくい場所に置きましょう。
また、ブナ材は日焼けするので、天板の上に物を置いたまま長時間日光に当てると、日焼け痕が残ります。
長年使い込んでいくうちに痕は分かりにくくなりますが、買ったばかりで木材がまだ白っぽいうちは特に気をつけてください。
天然木は湿気にも弱いというデメリットがあります。万が一雨に濡れた際に、乾かさずに折りたたんでキャリーバッグに入れてしまうと、すぐに変色やカビが発生して腐食してしまいます。
使った後は、固く絞った布で表面の汚れを拭き取り、完全に乾かした後でしまいましょう。
また、濡れたコップなどを置くとコップの跡が残りますので、気になる方はテーブルクロスなどを用意するのもおすすめです。

ハイランダーウッドロールトップテーブル レビュー
ハイランダー ウッドロールトップテーブル2をレビュー!おしゃれでカッコいい!皆さんはアウトドア用にどのようなテーブルを用いておりますでしょうか。テーブルは安価なものから高価なものまで幅広く、素材に至ってもいくつか...

ベーシックでおしゃれなテーブルが欲しい方にはジミニーテーブルがおすすめ!

ジミニーテーブルの特徴などについてお話してきました。
ジミニーテーブルはシンプルなのに細かい工夫が盛り込まれている便利なキャンプギアです。
温かみがありおしゃれな天然木製の天板が、キャンプサイトを素敵に演出してくれます。
デザインと機能のバランスがいいジミニーテーブルを、ぜひあなたもゲットしてください!

dodテキーラテーブル ブログ
DODテキーラテーブルはアレンジ自在!耐火塗装で直火もOK快適なキャンプに欠かせないのが、便利なテーブルです。 くつろぐ時にドリンクを置いたり、調理の際に食材や道具を置いたり、一つテーブルがあ...
関連記事