アウトドア寝具

サンドリ―のインナーマットはコスパが良くてファミリーキャンプに最適!

キャンプマット 安い

キャンプをするためにはテントや寝袋はもちろん、「インナーマット」が必須アイテムです。
ファミリーキャンプで全員のマットを揃えるとかなりコストがかかってしまいます。
そこでおすすめなのがサンドリーのインナーマット!
お手頃価格で尚且つ快適に過ごせるサンドリーインナーマットをご紹介します。

そもそもインナーマットは必要なの?

インナーマットは必要

結論から言うと、快適なキャンプライフを過ごすためにもインナーマットはあった方が良いでしょう。
では、インナーマットがあるのと無いのでは何がどう違うのでしょうか。

インナーマットが必要な理由は大きく分け二つあり、「防寒対策」と「クッション性」です。

防寒対策

昼間は暖かくても朝晩は冷え込むことがあり、寝ていても寒くて目が覚めてしまう…なんて事にもなり兼ねません。
インナーマットを敷く事により地面からの冷気を遮断でき、寒さを気にする事なく寝ることができます。
また、テント内部を守る役目もあります。

傷や汚れからテント底部を保護できるため、テントを長持ちさせることにもなります。

クッション性

インナーマットが無い状態だと、地面の硬さや凹凸がそのまま伝わって来るため快適な睡眠は得られません。
しっかり休息するためにもインナーマットは欠かせないものです。

クッション性を備えたインナーマットがあれば、翌日の身体の疲れ具合が全然違ってきます。

安価なサンドリーマットでも十分活用できます

安価なクッションマット

ここでご紹介するのはSUNDRY(サンドリー)のクッションマットです!
折り畳み式で持ち運びしやすく、保管場所にも困りません。
もちろん車載スペースもとらなく、荷物がかさむキャンプにはもってこいのクッションマットです。
テント内部のインナーマットとして代用できますよ。

シングルサイズとダブルサイズの二種類あり、用途に合わせて選ぶことができます。
今回はダブルサイズを購入しました。カラーも豊富でテント内を華やかにしてくれます。

コンパクト インナーマット

収納サイズは約70×40cmと、とってもコンパクト!
厚さはスマホよりも薄く約10cm、重さもわずか513gなので子供でもらくらく運べます。
さらに、Amazonならダブルサイズでも2千円前後で購入できるため、最強コスパのインナーマットです。
この機会にまとめ買いがおすすめですよ。

広げたサイズは200×140の大判サイズ!

広げたサイズは200×140の大判サイズ

二人分の寝袋がぴったり入ります。

2人分の寝袋がすっぽり

また、半分折り畳んだ状態で使用することもできるため、クッション力二倍です!

半分折り畳んだ状態

さらに好きな大きさや形に切ることもでき、必要な部分に必要な分だけ敷き詰めることもできるのも魅力の一つですね。

凹凸構造により高いクッション性

インナーマット 高いクッション性

凹凸部分の厚みは最大約1.5cmもあり、地面からの冷気や湿気をガードしてくれます。
一つ一つの凹凸がしっかりしていますよね。

一つ気になった点を挙げるとすると、クッション力の高い柔らかい性質でできているため、直接荷物などを置くと、引っかかり破けやすいかな…と感じました。

一般的に売られているアルミロールのように表面がコーティングされているわけでは無いため少し気をつけなくてはなりませんが、インナーマットとして使用するには十分問題なく使用できます。

キャンプ以外にも使え実用的

テントとセット販売している純正のインナーシートだと、中々キャンプ以外で使用することはありませんよね。重たかったり、大きすぎたり…。
これなら、折り畳み式で持ち運びも楽なので、キャンプ以外にもピクニックや運動会などにも活用でき便利ですよ。

まとめ

楽しいキャンプライフを過ごすためには、睡眠時の快適さが鍵になります。
たくさん遊び、美味しいものをたくさん食べ、ぐっすり眠る、これに尽きます。
もちろん高価なものには相応の価値がありますが、安価だからと言ってダメなわけではありません。
安価なものでも十分代用できるものがあり、快適な睡眠も得られます。
収納スペースをとらないものが良い、軽いものが良いなど条件はさまざまですが、まずはコスパ最強のSUNDRY(サンドリ―)クッションマットをぜひお試しください。