クーラーボックス

スタンレークーラーボックスの保冷力は?開かない?6.6Lか15.5L!

アウトドアの食品運搬に欠かせないクーラーボックス。
真夏はもちろん、食品の鮮度を落とさずに安心して運べる高機能なクーラーボックスは、一年中大活躍ですよね。
多くのメーカーからたくさんの種類のクーラーボックスが販売されていますが、スペックも金額もピンキリでどれを選べば良いのか悩んでしまいますよね。
実際、悩んだ挙句に使う当日に間に合わずホームセンターに飛び込んでなんとなく購入したクーラーボックスを使っていたり、家に元々あるノーブランドのクーラーボックスを使っていたりしませんか?
そこで今回は、アウトドアグッズ界の優等生スタンレーのクーラーボックスをご紹介します!
クーラーボックス初購入、買い替え、二個目購入などで悩んでいる人も必見です。

スタンレーとは?

スタンレーとは

スタンレーで最もポピュラーなの商品は真空ボトル。
キャンプだけでなくピクニックや運動会などでも活躍するため、見かけることも多いのではないでしょうか?
丈夫なスチールと、真空断熱技術を融合したスタンレーのボトルは軽くてタフ、保温効果が高く、米軍でも採用された実績を持つ確かな商品です。
その技術はクーラーボックスでも余すことなく発揮されています。
スタンレーのクーラーボックスは保温効果が高く軽量でコンパクト、キャンプなどでラフに扱っても壊れにくいことから人気商品となっています。
ブランド自体にも100年の歴史があり、品質は折り紙付きです!

スタンレーのクーラーボックスの使用感・レビュー

では実際にスタンレーのクーラーボックスの使用感をお伝えしていきます!

軽さ

実際にスタンレーのクーラーボックスを使用してみて、一番メリットとして感じたのはその軽さ。

スタンレー クーラーボックス 15.1

15.5Lのタイプで、本体自体の重量は3kg。

スタンレー クーラーボックス 6.6

6.6Lのタイプで、本体自体の重量は1.9kg。
グリーンを購入したので見た目がいかつく、もっと重さがあるのかと思っていたため、そのギャップに驚きました。

持ちやすさ

スタンレークーラーボックス ハンドル

スタンレーのクーラーボックスは運搬時に本体が左右に揺れないように、ハンドルと本体部分がロックできるようになっています。
飲み物や氷をたくさん詰め込むとかなりの重量になるため、移動時に左右に揺れるとよけいに重さを感じてしまいますよね。
グリップも程よい太さで握りやすく、女性でも比較的持ち運びしやすいと感じました。

高い保冷力

スタンレー クーラーボックス 保冷力

保冷力も保温力も抜群で、真夏でも氷を保冷剤替わりに入れておけばペットボトルの飲み物や翌朝の食材までしっかり冷えた状態で使えます。
停電で冷蔵庫が効かなくなった時も、とりあえず腐ると困るものだけスタンレーのクーラーボックスに詰め替えておくことで、復旧まで24時間乗り切ることができました。
災害時にも頼りになるアイテムです!

収納力

スタンレー 2Lペットボトル4本入る

コンパクトな造りですが収納スペースはしっかり確保されていて、2Lのペットボトルを横向きに収納できるのはもちろんのこと、35ml缶なら21缶程度収納が可能です!
大人数でのお花見やバーベキューの飲み物の保存にも、しっかり活躍してくれます。

丈夫さ

しっかりした造りで、大人が椅子として使ってもびくともしません!
家族キャンプやピクニックなどで、実際に椅子として使う場面は少ないかもしれませんが、ソロキャンなどでは少しでも荷物を軽くするために、椅子替わりにするのもアリですね。
蓋に取り付けてあるゴムロープにブランケットなどを挟んでおけば座る時に敷けるのでおすすめです!

スタンレークーラーボックスの良い点

実際使ってみて良かった点をご紹介します。

蓋部分にも収納できる!

スタンレー 蓋 収納

スタンレーのクーラーボックスの蓋上部にはくぼみがあり、そこに取り外し可能なゴムロープが張ってあります。
レジャーシートやごみ袋、ボトル・まな板などを挟んで持ち運ぶのに便利です!
取り外せばくぼみがちょうどトレー代わりになって飲み物や皿を置くのにも使えます。

軽いのに保温効果がすごい!

スタンレー クーラーボックス パッキン

ボックス部分だけでなく、フタにも断熱材が使用されていて、パッキン部分も密着度が高いため保温効果は抜群!
真夏の海など、あまり日陰が無い場所に置いてもキンキンに冷えた飲み物が楽しめます。

とにかく丈夫!国内正規代理店なら保証もすごい

大人が椅子代わりに座っても問題無いほどタフな造りですが、正しい使用のもとで万が一のことがあった場合も生涯保証がついています。
商品に対する自信の表れですね。
ただしその保証は、日本正規輸入代理店による品質保証シールがあるものに限定されています。

デザインがシンプルでかっこいい!

グリーンとグレーというシンプルカラーですが、一目でスタンレーとわかるほどスタンレーの認知度は高いですね!
他にもホワイトやネイビーなど好みに合わせてカラーを選べます。
使い勝手を最優先したシンプルなデザインで、100年愛されるアウトドアブランドなのも納得です!

価格がちょうど良い!

クーラーボックスに限らずアウトドアグッズは価格がピンキリで、悩ましいですよね。
日本の気候での1泊、2泊のキャンプグッズとして考えると、スタンレーのスペックでこの価格は高すぎず安すぎず、ちょうど良いと思います!
生涯保証がついているのであればまさに一生ものなので、むしろかなり高コスパなクーラーボックスとも言えそうです。

スタンレークーラーボックスの悪い点

残念ながらスタンレーのクーラーボックスにも残念な点があります。

ペットボトルによっては縦に収納できない

スタンレースタンレーデメリット 500mlペットボトル

15Lのクーラーボックスで断熱材もしっかり入っているわりには、コンパクトな造りのスタンレー。
500mlのペットボトルでも背の高いものは収納ができない場合があります。
500mlのペットボトルを縦に収納できたらかなり省スペースが叶いますが、そのために買う物の高さを見て選ばないといけないのは少々不便ですね。

スタンレー ペットボトル

ファンタは干渉はしますが軽く押さえれば蓋を閉めることがでます。
その点カルピスウォーターと天然水は軽く押さえても蓋を閉めるのは不可能です。
(横向きは問題なく入ります。)

蓋が開けづらい

スタンレー クーラーボックス 開かない

温度差と密閉力で蓋が固くなり開けづらいです。
指を掛ける部分が少ないので力が入れづらいので苦労することが多々あります。

ただ、直近のスタンレークラーボックスでは改善されているので今後購入する場合は心配なさそうです。
念のため購入の際には改良後のモデルか確認して購入をすることをおすすめします。

2020年仕様変更で保冷力アップ?!3つの新旧の違い!

スタンレー クーラーボックス 新旧 違い

スタンレークーラーボックスは2020年にマイナーチェンジされおり、本体の形やサイズは同じですが以下の3点で使いやすく改良された点があります。

【仕様変更】新旧の違い① カラーラインナップの違い

2019年モデルでは 白、グリーン、赤のラインナップでしたが
2020年からは白、グリーン、ネイビーのラインナップに変更されました。
赤が廃盤になり新たにネイビーが加わりました。

【仕様変更】新旧の違い② ラッチ部分の改良

スタンレー クーラーボックス ラッチ部分

硬かったラッチ部分の開け閉めが柔らかくなり快適になりました。
形状も少し変わりフラットですっきりとした形状になり少しですが雰囲気が変わっています。

【仕様変更】新旧の違い② パッキンの改良

スタンレークーラーボックス パッキン

蓋部分のパッキンが改良されて吸いつくように密閉されて保冷力がアップしているかは公式にはアナウンスはされていませんが2019年モデルのように温度差で
密閉されて蓋が開かなくなる点も改良されているようです。

サイズ別スタンレークーラーボックス紹介

スタンレーのクーラーボックスは3サイズ展開で、そのサイズごとに使いやすさを考えて設計されています。
どのサイズも保冷効果は高いため、自分が使用するシーンをイメージして選ぶのが重要です。

STANLEY(スタンレー)クーラーボックス 6.6L

スタンレーのクーラーボックスの中でも一番コンパクトなサイズです。
ソロキャンプなら十分な容量6.6L。
カラーはグリーン、ネイビー、ホワイトの3色展開となっています。
汚れが気になるなら、グリーンかネイビーですが、シンプルにホワイトもおしゃれですよね。
コンパクトで軽く、350ml缶なら9本程度の収納が可能。
ソロキャンはもちろん、家族でのピクニックやスポーツ観戦、運動会などでも飲み物専用として持って行くのもおすすめです。
今持っているクーラーボックスの収納力に不満なら、大きいサイズへの買い替えではなく、ミニサイズスタンレーの買い足しもアリですね!

サイズ(外寸) 幅33.8×高さ21.8×奥行28.2cm
サイズ(内寸) 幅24.9×高さ15×奥行18.2cm
重量 1.9kg
保冷効力 24時間(3度以下)27時間(10度以下)

STANLEY(スタンレー)クーラーボックス 15.1L

オールマイティに使えるサイズ感で人気の15.1L。
家族キャンプも1泊ならこれひとつで食材と飲み物まで運搬できます。
カラーはこちらもグリーン、ネイビー、ホワイトの3色展開。
350ml缶なら21本、2Lのペットボトルは横向きで収納が可能です。
ソロ、家族での使用がメインならこれをひとつ持っておくとシーンを選ばず便利に使えます。
大人数でのキャンプになっても、1泊なら15.1Lのスタンレーにキンキンに冷やしておきたい飲み物を、ソフトタイプのクーラーバッグにその日に使う食材を、と用途別で分けて運搬すれば十分対応可能です!
真夏に大型スーパーで買い物をする場合も、このサイズのスタンレーがあれば持ち運びの時間を考えずに冷凍食品などを購入できますよ!

サイズ(外寸) 幅42×高さ28.5×奥行31cm
サイズ(内寸) 幅32.4×高さ20.8×奥行22.4cm
重量 3kg
保冷効力 24時間(2度以下)36時間(10度以下)

STANLEY(スタンレー)クーラーボックス 28.3L

スタンレーのクーラーボックスの中で最大サイズの28.3L。
最大サイズでも幅は外寸で54cmとスリムなのが特徴的ですね。
その代わり高さは47cmと高く、2Lのペットボトルを縦に入れることが可能。
ハンドルは無く、他の2タイプとは違ってゴムベルトは付いていません。
持ち運びは両サイドについている取っ手で行います。
収納力が高く、大量の氷で庫内を冷やすことができるため、1度以下を24時間キープできます。
本体には水抜きの栓があり、保冷用に入れた氷が解けた後の水抜きも簡単。
もちろん釣りにもおすすめです。
350ml缶を40本収納可能。
部活やスポーツの試合などでも大人数の飲み物をしっかり保冷して運べ、幅広い用途に使えるサイズです。

サイズ(外寸) 幅54×高さ47×奥行40cm
重量 6kg
保冷効力 24時間(1度以下)96時間(10度以下)

スタンレーのアウトドアグッズには、クーラーボックスの他にも2サイズ展開でウォータージャグも販売されています。
こちらも保冷効果が高く、6度以下を6時間程度キープできる優れものです。
ウォータージャグは水場が遠いキャンプ場や、部活、海水浴などにも重宝しますね。

イエティ スタンレー
イエティクーラーボックスとスタンレーを比較!キャンプで使うならどっちが良い?キャンプで食材の運搬に欠かせないのがクーラーボックス! 一泊のキャンプでも夏場の使用を考えると、しっかり保冷効果のあるボックスタイプの...

まとめ

スタンレーのクーラーボックスについてご紹介しました。
筆者がクーラーボックスのおすすめを聞かれた時に、一番に思い浮かぶのがスタンレーです。
コンパクトで軽量、保冷能力が高く丈夫なのにお値段が高すぎない、まさにクーラーボックスの優等生!
アウトドアをより快適にしてくれる、一生もののクーラーボックスとして検討してみませんか?

コールマンスチールベルト
保冷力は?憧れのスチベル!コールマン、スチールベルトの使い心地の口コミレビュー nstagramなどでもよく目にするようになったコールマンのスチールベルト。今までは生活感の溢れる見た目のクーラーボックスが当たり前...