キャンプ便利道具

ストーブファン収納ケース選び!おすすめ5選!専用&代用品ご紹介

ストーブファンケース

ストーブファンはストーブの熱を利用して効率よくあたりを暖めてくれる冬のキャンプには欠かせないアイテムですよね。
しかし、ストーブファンは羽がむき出しになっているものも多く、デリケートなものなのでそのまま持ち運びするのはちょっと気を使います。
かといって買った時の箱にそのまま入れて持ち運ぶのも持ち手などがついてないので不便ですよね。
そこで今回はストーブファンを持ち運びするのにピッタリな収納ケースの選び方やおすすめのケースをご紹介します。
ストーブファン専用のケースと、代用となりそうなギア収納ケースもご紹介していきます。

ストーブファンの収納ケース選びのポイント

 
ストーブファン収納ケース

サイズ

ストーブファンがぴったりと収まるものを選びましょう。
ストーブファンは羽が命です。もしケースが大きい場合は中で仕切りやベルトなどで固定できるものを選ぶと持ち運びの際にケースの中でストーブファンが動くことが少なくなり安心して持ち運ぶことができますよ。

素材

防水素材や撥水加工などがされていると、テントの外に持ち出すときに汚れなどを気にしなくて使いやすいですね特に底面が防水や撥水加工されているとそのまま地面などに置いた時も気にならないので気軽に扱うことができます。

クッション性

ストーブファンは羽がむき出しのものが多いので羽が折り曲がったりしないように持ち運び、保管する必要がありますよね。
ケースにクッション性がある素材を使用していれば持ち運びの際の衝撃からストーブファンを守ってくれるので安心です。

持ちやすさ

持ち手などがついていると片手で持ち運べ、落とす心配もないので便利です。持ち手は側面についているものや上部ついているものがあるので自分の持ちやすいものを選びましょう。

ケースに入れるときの注意点
ストーブファンはストーブの上に直接置いて使用します。そのため使用直後はストーブ接地面がかなり熱くなっています。ケースの素材は塩化ビニールやポリエステルなど熱に弱いです。熱いまま入れてケースが溶けてしまわないように必ずストーブファンが冷めたことを確認してからケースに入れるようにしましょう。

おすすめのストーブファン専用ケース

C.P.H.キャンバス エコファンケース

サイズ約縦12×横12×マチ16cm
重さ約175g
素材本 体:綿100%
底部分:塩化ビニール

開口部が大きく開くので取り出しの際に取り出しやすいです。生地はしっかりしたキャンバス地ですがやわらかな触り心地の生地感です。

C.P.H.キャンバス エコファンケース サイズ

内部にはワンタッチバックルがついているのでエコファンをしっかり固定して持ち運ぶことができます。

底部分は汚れにくく防水性のあるターポリン製なので汚れがついても落としやすく気軽に使用できます。

C.P.H.キャンバス エコファンケース ポケット

フタの裏面には道具や小物を収納できるメッシュポケットがついています。
こちらも開口部のようにファスナーがついているためしっかり小物を収納することができます。

C.P.H.キャンバス エコファンケース 持ち手

側面に持ち手がついているので持ち運びも楽にできます。

ストーブファンケース代用品おすすめ3選

WHATNOTマルチ収納ケース

サイズ24.5×20×20cm
重さ約435g
素材600Dポリエステル(撥水)
WHATNOTマルチ収納ケース

サイズはぴったりサイズではないですが上部についたファスナー開口部が大きく開くのでストーブファンの出し入れも簡単にできます。

WHATNOTマルチ収納ケース ストーブファン

内部についた仕切りは取り外して使用可能でストーブファン以外も収納できる余裕があります。

WHATNOTマルチ収納ケース ファスナー

フタ裏面にメッシュのポケット付き。ポケットにはファスナーがついているので中でバラバラになることなく小物が収納できます。

また外側側面にもポケットやモールシステムがついているためいろいろなものが収納できます。モールシステムはカラビナなど使って物をかけることも可能ですし、カトラリーなどを通して収納することも可能です。その際に落下防止のために下部にポケットがついています。

また、使わない時は薄くたためるため邪魔になりません。持ち手は上部についており、頑丈な生地で出来ているので持ち運びも安心です。

Oregonian Camperセミハードギアバッグ Mサイズ

サイズ300×150×140cm
素材TP-700 POLYESTER(ポリエステル)
Oregonian Camperセミハードギアバッグ ストーブファン収納

ストーブファンの横幅18cm 、ケースの幅が15cmとスペック通りのサイズだと入らないのですが入れてみると少し窮屈ですが意外とフィットします。
一酸化炭素チェッカーや温度計なども同時に収納できるサイズ感です。

Oregonian Camperセミハードギアバッグ 扇風機

夏おキャンプでは小型の扇風機もすっぽりと収まります。

Oregonian Camperセミハードギアバッグ 仕切り

中の仕切りは自由にベルクロで自由に位置を変更できるので臨機応変に使用できる便利さがあります。

セミハードタイプでクッションの厚みもあり衝撃にも強いので安心ですね。

蓋の裏には小物を収納できるメッシュのポケットがあったり持ち手が2か所ついていたりと使い勝手が良いセミハードタイプのギアバッグです。

V600/V600+ 専用収納ポーチ

サイズ約21×16×23.5cm
重さ140g
素材ポリエステル

上部の内側にはメッシュポケットがついているので小物が散らばらず、何を入れたのか確認できるので小物を整理しやすいです。
上部の開口部が大きく開くのでストーブファンの出し入れがしやすいよ。
上部にしっかりとした持ち手もついているので持ち運びにも困りません。ゴムバンド付きで小物を束ねるのに便利です。

Oregonian Camper モールドキューブ

サイズ30×24×31cm
素材600D POLYESTER(ポリエステル)

中に取り外し可能な仕切りがついています。
この仕切りは、マジックテープで好きなようにカスタマイズできるので、ストーブファンの大きさに合わせて調整することが可能です。
しっかりとストーブファンを固定することができますね。持ち運びに便利な持ち手は上部についています。
外側にはDカンとネビュラチェーンがついているので収納が増えます。
天面がセミハード仕様なので、中に入れたものをしっかり守ってくれます。

まとめ

ストーブファンケースはストーブファンを持ち運びするなら必須のアイテムです。
ストーブファンを入れた時に窮屈だったりしては羽が折れ曲がってしまったり軸がゆがんでしまうこともあるのでしっかりとお手持ちのストーブファンのサイズを確かめたうえで購入するようにして下さいね。
冬キャンプは何かと荷物も多いのでこのようにケースを使ってすっきり収納できると場所も無駄に取らずにすみますね。
この記事を参考にあなたのストーブファンに合ったケースをぜひ選んでみてくださいね。

ABOUT ME
nomad-camp
自然が大好きなアウトドア愛好家。 ライターさんの記事の管理やアウトドア関連の情報を発信しています。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。