テーブル・チェア

【Snow Peak】スノーピーク ローチェア30はライフスタイルのエッセンス

アイキャッチ画像出典 snowpeak

ここ数年、キャンプ熱の勢いはどんどん増しています。

老舗メーカー以外にも新たなアウトドアブランドやガレージブランドの参入も相まって、キャンプギアの充実度は目を見張るものがあります。
キャンパーにとっては選び放題という事にもなるのですが、逆に選択肢が増えて迷うことにもなります。

そのギアの中でも、キャンプ中に一番活用度が高いとおもわれるのがチェアです。

食事や焚火の時に使ったり、リラックスしたい時に使ったり、様々なシーンで活躍してくれるギアと言えるでしょう。

だからこそ、自分に合ったチェアを慎重に選びたくなるところですが、色々な形や座り心地、お値段などがある中で、どんな基準で選べば良いのでしょうか?

アウトドアショップやネットで見ていても、なかなか決め手というものがない中、キャンプ場で、ふと周りのサイトを見回してみると、手慣れたキャンパーさん達のサイトに同じようなチェアがある事に気が付きます。

そのチェアが、スノーピークのローチェア30(16,000円、税別)です。

かなりの頻度で見かけるのですが、実は、それなりの理由があるのです。

少し高価ではありますが、万能で座り心地が良く、アフターもしっかりしている、さらに腰痛持ちの筆者にも優しいチェアなのです。

チェア選びで悩んでいる方に、魅力がいっぱいのスノーピークローチェア30を、ご紹介させていただきます。

万人受けする座り心地

画像出典 snowpeak

座面がポリエステル製で帆布のようなしっかりした生地のため、お尻の沈み込みが少なく腰への負担がありません。
キャンプを始めた当時、腰痛が酷かった筆者が唯一座れるチェアが、Snow Peakローチェア30でした。また、座面の地上高が30cmなのでロースタイルも合い、子供も座りやすい高さになっています。

機能性+リラックス = 脱日常

キャンプ場で立ったり座ったりする動作を繰り返す事が多い中で、安定感がありグラツキがないのでストレスフリーで活動できます。
また、ハイバック(背当てが高い)であるため、体をゆっくりと後ろに委ねると、包まれているような感じでリラックスできるのです。同時に、足を前方へ伸ばすことになり、腹筋や背筋も自然と弛緩され心の充足に繋がるのです。

スノーピークTakeチェアロング
スノーピークのTake!チェアロングのレビュー【評判】深めの座面で座り心地抜群!修理にも対応!本日は私がいつもリビングやキャンプで使っているスノーピークのTake!チェアロングのレビューしたいと思います! キャンプ用品は値段が高...

キャンプだけじゃモッタイない!

ローチェア30

家でも活躍します

座り心地が良いスノーピークローチェア30だからこそ、キャンプの時だけではなく普段使いにもオススメです。

リビングで映画やTV鑑賞する時に使ったり、庭のデッキやベランダでBBQや外ご飯を楽しんだり子供さんと遊んだりする時にも活躍する事でしょう。

また、ソファに比べたら気軽に移動が出来るので、1人になって読書したい時に家族から離れ1人の時間を作ることも出来ます。

ハイバックで頭をもたれる事も出来るので、そのままお昼寝するのも良いですね。

SNOWPEAKとは

Snow Peakは、日本の新潟県三条市に本社があるアウトドア総合メーカーになります。

「自らもユーザーである」という立場から、「自分達が本当に欲しい製品を作る」というコンセプトを掲げ、ユーザーの立場に立った製品作りに精通しています。

また、日本の気候や嗜好なども吟味され反映されている事から、日本人にとって使いやすい製品が多い事も特徴です。

スノーピークのアフターフォローが嬉しい

Snow Peakでは、自社の製品の品質に責任を持つのは当然であるという考えから、購入した製品の機能が損なわれた場合、製造上の欠陥が原因の場合には、無料で修理を行ってくれるのです。

また、その他にもシェラフクリーニングや、テントやタープの乾燥サービスなどもあり、ユーザー目線に立った嬉しいサービスと言えますね。

収納と値段には目をつぶっても後悔はしない

コンパクトとは言えない収納

キャンプギアが充実している今の時代、収納時のコンパクト性も選択の基準の一つになってきましたが、SNOWPEAKローチェア30の収納時サイズは、16×18×101(h)cm で3.6kgと、コンパクトとは相反するところがあります。

スノーピークローチェア30大きさ

1mの定規を置いて、コンパクトチェアの代表、Helinoxチェアワン(960g、収納袋含む)と比べみました。重さ、大きさ共に大きな違いがありますね。
しかし、座り心地を優先したハイバックであるがゆえの生地の多さや安定感を考えた時に、収納サイズだけで判断できないのも事実です。

逆に、色々なギアがコンパクトになるという事は、車載時にスペースが出来るという事であり、その出来たスペースをスノーピークローチェア30のために使うという考え方もあるのではないでしょうか。

高価だけど長い目で考えてみよう

ホームセンターなどに行けば、千~2千円位前後のアウトドアチェアが売られています。

金額だけで比べたら、スノーピークローチェア30より遥かにお安い金額で購入できるので、お財布には優しいですね。

しかし、座り心地や耐久性を考えた時に、果たしてどうなのでしょうか。

ここで、スノーピークローチェア30愛用中の筆者の経験談になります。

画像出典 snowpeak

キャンプ以外の日常生活でも使用しながら6年目になりますが、何の不具合もありません。

リビングに置いてあるソファよりも座り心地が良いため、必ず家族の誰かが座っています。

まさに、年中無休で活躍しているのです。

購入時の16,000円(税抜)という価格は大きいですが、長期にわたって使用できることを考えたら、スノーピークローチェア30はオススメのチェアと言えます。

まとめ

座り心地が申し分のないスノーピークローチェア30。

高価ではありますが、安心できるアフターフォローもあり、キャンプ場でも自宅でも使える万能さは魅力的ですよね。

スノーピークローチェア30が、あなたのライフスタイルのエッセンスとなってくれるでしょう。