メンテナンス・DIY

UCOキャンドルランタンの傘型のフラットリフレクターなどを自作!

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 完成

キャンドルランタンの定番であるUCOのランタンはコンパクトさとシンプルなデザインで、アウトドアを楽しむ初心者からベテランまで、幅広い層に人気の製品です。

キャンプでのランタンにキャンドルを選ぶ理由は「明るさ」ではなく「ゆらめく灯りの雰囲気」を重視しているからだと思います。

UCOのキャンドルランタンは夜間に調理をし、作業をする程の明るさはないので、メインランタンにはなりません。
私もバックパッキングの際はLEDのヘッドライトを主に使い、UCOは道楽用のサブランタンとして持っていきます。

UCOのオプションパーツにはリフレクターがあります。
元々UCOには明るさを求めていなかったのですが、リフレクターのデザインに惹かれ、本当に明るくなるのか気になってきました。

つくりを調べると、手持ちの材料で自作できそうだったので作ってみました!

UCOキャンドルランタンのリフレクター2種類を自作

フラットリフレクター

出典:Industrial Revolution

UCOのランタンにセットすれば、山小屋で見かけるようなレトロランタンに早変わり!
中央の穴の左右にある溝はキャンドルランタンの「つる」の幅と同じです。
上からはめ込めば、ランタン上部にピッチリと固定ができます。

UCOのランタンを使用すると、どうしても真下にランタン本体の影ができてしまいます。
このリフレクターを使えば光が下に集まりますので、真下のスペースを明るくするのに役立ちそうですね。

出典:Industrial Revolution

このように2分割になります。まとめてコンパクトに収納できます。
使用時は穴にビスを入れ込めば、素材が湾曲して傘型になります。
このつくりを参考に自作してみますね。

キャンドリアー用リフレクター

こちらは灯りを前方に集めるタイプです。
本体と火屋の間に差し込んで使用します。
UCOからはキャンドルランタンより大きめのキャンドリアー専用として販売されています。

このリフレクターを
キャンドルランタンのサイズにして自作します。

UCOキャンドルランタンのリフレクター自作の手順

フラットリフレクターの自作

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 道具
UCOキャンドルランタンリフレクター自作 ねじ

材料と道具

  • ステンレスロールシート 厚さ0.1mm 縦15cm×横15cm以上の幅が取れるもの
  • ボルトM3×6 4本 (写真右)
  • ワッシャー M3×8
  • 六角ナット M3
  • カッティングマット
  • 円カッター
  • 金切りバサミ
  • 穴あけパンチ
  • 金属用ハンドドリル 3㎜
  • 作業マット
  • セロハンテープ

※ダイソーで手に入る縦横20cm、厚さ0.3mmのアルミ板がステンレスロールシートの代わりになるかもしれません。
使用できればコストがグッと安くなります。

UCOキャンドルランタンの径は5cmなので、リフレクターの内径も同じ5cmで作成します。

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程

円カッターを5cmの幅に合わせます。

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程

何度もグルグル回し、ステンレスシートに刻みをいれます。
根気がいる作業です。
上から力を加えながら行ってください。

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程

裏側からでも跡が確認できるほどに刻みが入った段階で、外径の刻みを入れます。
円カッターを15cmの幅に合わせ、再度根気よく回します。

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程

上の写真のように外径の端を指で押さえながら、もう片方の手でいらない部分の端をつかんで上に折り曲げます。
力を入れすぎると、歪みが出てしまうので様子を見つつ慎重に行ってください。
裏返してから同じ手順で逆側に折り曲げます。

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程

これを何回か繰り返すと、金属疲労で刻みに亀裂が入り、きれいに取り外すことができます。

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程

外径を外した時と同じ手順で、内径のいらない部分を取り外します。

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程

多少ゆがみが出たものの、きれいに取り外すことができました。

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程

カッティングマットが方眼になっているので、内径を中心がわかる位置に合わせます

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程

円が半分になる場所に定規と油性ペンで線を引きます。

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程

線に沿って金切りバサミでカットします。

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程

綺麗に半分になりました。

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程

ランタンの「つる」が入る溝を作ります。
写真のように方眼を利用して中央に線を引いてください。
線の長さは8㎜です。

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程

線の左右に金切りバサミで刻みを入れ、不要な部分を手で上下して取り外します。

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程

次に穴を開ける場所を説明します。
ステンレスシート上では解りにくいので、型紙を用意しました。
上の2か所は穴あけパンチで穴を開けます。
下の2か所にはボルトを固定します。

左側の型紙に1cmの□と5㎜の□が書き込まれているのがわかりますか?
一番上と一番下は1cmの□、上から二番目と三番目は5㎜の□です。
□の角のマーキングが穴を開ける場所になります。

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程

マーキングが穴あけパンチの中央に来るように穴を開けてください。

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程

下の2つの穴に3㎜のハンドドリルを使って下穴をあけます。

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程

ボルトを回しながらねじ込みます。

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程

ワッシャーを入れ、ボルトを締めて固定します。

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程

出来上がりです!

UCOキャンドルランタン傘型リフレクター自作 完成
UCOキャンドルランタンリフレクター自作 完成

組み上げると傘状になります。
なかなか色気がありますよね?

全体のサイズは同じですが、UCO純正のものは厚みが3mmです。
自作の厚みは1mmですが、作ってみた感じは意外としっかりしています。
乱暴に扱わなければ壊れないと思います。

前方に光を集めるリフレクターの自作

道具と材料

  • ステンレスシート15cm×6cm程
  • 型紙用の紙
  • 定規
  • 油性ペン
  • 金切りバサミ
UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程
UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程

サイズを測ってみると、リフレクターをはめ込む部分の高さが5.7cm、
円周が15cmでした。
このサイズで作成してみます。
縦5.7㎜、横15cmの長方形になりますね。

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程

型紙を作成して、セロハンテープでステンレスシートに貼り付けます。

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程

型紙に沿ってカットします。

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程

4隅の角を丸くします。フリーハンドで下書きしました。

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程

カットします。

UCOキャンドルランタンリフレクター自作 行程

あっという間に出来上がり!

型紙を使用せずに、直接ステンレスシートに線を引き、切り出しを行っても大丈夫です。
油性マーカーの跡はアルコールで拭けば綺麗になりますよ。

UCOキャンドルランタンリフレクター自作

どれぐらい光を集めてくれるのか楽しみです。

uco キャンドルランタン
UCOのキャンドルランタンの種類と使い方!ホヤ・キャンドル・リフレクター・メンテナンスここ数年のLEDライトの進歩は目を見張るものがあり、中にはキャンプサイトを真昼のように変えてくれる製品もあります。 明るければ便利には...

明るさが変わるのか確認してみましょう

リフレクター無し

ランタンのまわりに円形の影があり、ランタンの真下は明るくありません。

フラットリフレクターのみ使用

UCOキャンドルランタンリフレクター自作

円形の影がほぼ消えて真下は明るくなりました。
灯りが照らしている空間全体はやや暗くなりました。

前方に光を集めるリフレクターのみ使用

UCOキャンドルランタンリフレクター自作

ランタンの後ろ側はほぼ真っ暗になりました。
灯りを前面に集めることに成功しています。

2つのリフレクターを使用

UCOキャンドルランタンリフレクター自作

ランタンの後ろは真っ暗になりますが、真下と前方に全ての灯りを集めているので
最も明るく感じました。

まとめ

実際に自作のリフレクターを使用してみて、正直なところ劇的な変化は感じられませんでした。
ただ、リフレクターをつけたキャンドルランタンは雰囲気がアップしますね。
道具としての愛着がますます湧きました!

このフラットリフレクターの作り方を応用すれば、円筒型のLEDランタンのリフレクターも自作出来ます。LEDランタンは光量があるので、より効果を実感できるハズですよ!
是非トライしてみて下さいね!