テント・タープ

DODカンガルーテントはサーカスTCにもピッタリ!ワンタッチで簡単設営

dodカンガルーテント レビュー

皆さん、カンガルースタイルというキャンプスタイルをご存知ですか?
カンガルーがお腹に子供を入れるように、大きなテントやタープの中に小さいテントを設置する方法のことです。
外気温と室温の差を小さくできるメリットがあり、特に冬キャンプを楽しむキャンパーに人気です。
カンガルースタイルで使えるインナーテントでおすすめなのが、DOD・カンガルーテントです。
カンガルーテントについて、基本スペックや特徴、買う前に知っておきたい注意点を紹介します。
結露対策にも役立つので、快適な室内空間を作りたい方にもおすすめです。
ぜひ参考にしてください。

DODカンガルーテントの基本スペックを紹介!

カンガルーテントはカンガルースタイル専用のインナーテントです。
サイズはS・Mと二種類あり、カラーは薄茶色(タン)の一種類のみです。
透湿性の高い素材で作られているため、インナーテントとしてとても優秀なアイテムです。
インナーテントをシェルター内に設置することで、インナーテント内が外気温の影響を受けにくくなります。
また、グループキャンプやファミリーキャンプでは、寝室を分けられてプライバシーを確保できるというメリットもあります。
ただし、最小限の広さと高さなので着替えなどはしづらいという点がデメリットです。

カンガルーテントS

本体サイズ(設営時)220×150×高さ128cm
本体サイズ(収納時)直径21×70cm
本体重量4.3kg(付属品含む)
収容可能人数大人2名
材質コットン(壁面)、210D
ポリエステル(フロア)
耐水圧5000mm(フロアのみ)
付属品グランドシート、ペグ、キャリーバッグ

カンガルーテントM

本体サイズ(設営時)210×210×高さ140cm
本体サイズ(収納時)直径21×77cm
本体重量4.9kg(付属品含む)
収容可能人数大人3名
材質コットン(壁面)、210D
ポリエステル(フロア)
耐水圧5000mm(フロアのみ)
付属品グランドシート、ペグ、キャリーバッグ

キャンパーからの評判上々!人気のカンガルーテント特徴と注意点

カンガルーテントの使い方はとてもシンプルなので、テントの扱いに慣れていない初心者の方でも簡単に設営できます。
では、具体的にはどのような特徴があるのでしょうか?特徴や買う前に知っておきたい注意点を紹介します。

ワンタッチ構造で設営も撤収も簡単!

カンガルーテントは、傘を広げるような要領で設営できるワンタッチ構造のポップアップテントです。
テントは何かと設営や撤収に時間かかってしまいがちですが、これならあっという間にできてしまいます。
フレームはアルミ製で軽量なので、女性でも楽々と組み立てられます。
女子会キャンプやファミリーキャンプ、自宅のお庭でのお手軽キャンプにもおすすめします。

コットン生地とメッシュで室内は快適に!

フロアは防水性の高いPU(ポリウレタン)コーティングされたポリエステル生地で、壁面には透質性の高いコットン生地が使われています。
厚手のコットン生地によりに外気温の影響を受けにくく、結露防止にもなります。
また、全方向に大きなメッシュ部分があるため、夏場は蚊帳としても使えます。
暑い夏にはメッシュ使用にして心地よい風を感じられ、寒い冬にはメッシュ部分も締め切ってフルクローズ使用にすれば、室内の寒さを軽減できます。

カンガルーテントは単体でも使える?雨の日には?

カンガルーテントはタープや大きなシェルターの中に設置するインナーテントなので、防水性はありません。
しかし、専用のフライシートを準備しておけば、単体でテントとしても使えます。
フライシートは耐水圧2000mmなので豪雨でなければ防げますし、UVカット加工もされているので、夏場に使うテントとしてもおすすめです。
また、フライシートを付ければ前室もできるので、靴の脱ぎ着もしやすくなります。

くつろぐ人数によって適したサイズを選ぼう!

カンガルーテントの室内は、Sサイズは大人2名、Mサイズは大人三名が寝られる広さです。
カンガルーテントを設置するシェルターの大きさや、使用人数によって、どちらのサイズが便利か検討しましょう。
ちなみに、SサイズにはDODのキャンプ用マット・ソトネノキワミMサイズが入り、MサイズにはソトネノキワミLサイズが入ります。
また、コット(キャンプ用簡易ベッド)も収まる広さなので、しっかり休めます。

どんなテントと組み合わせられる?

カンガルーテントはコンパクトな設計なので、床面積さえ広ければ大抵のテント内に設営できます。
特にDOD・カマボコテントのような広々としたトンネルテントであれば、カンガルーテントを置いた場所を寝室に、その他の空間をリビングスペースとして使えます。
また、DOD・ソロソウルウォウウォウのようなフロアシートがないタイプのテントや、DOD・ヌノイチのようなタープテントとも相性もいいです。

カンガルーテントの片付け方やたたみ方は?

ワンタッチ式のテントは、設営は簡単ですが片付けやたたみ方には少しコツがあります。
まずは、フレームのロックをひっぱりながら外して折りたたみ傘をたたむようにフレームを中央にまとめます。
そして、折りたたんだフレームを包み込むように折りたたんでいくと、うまくたためます。

カンガルーテントのキャリーバッグ(収納袋)は余裕を持った大きさになっているので、無理矢理にコンパクトにたためなくても、ストレスなく収納できるようになっているのも特徴です。

DODザ・ワンタッチテントとの違いは?

カンガルーテントもザ・ワンタッチテントも、同じようなワンタッチ構造なので、使い方に大きな違いはありません。
ただし、ザ・ワンタッチテントは単体で使うテントとして作られた商品なので、フライシートが広い前室を設けられるような形状になっています。
また、カンガルーテントは室内の高さが128cmに対して、ザ・ワンタッチテントは180cmと高いため、着替えなどがしやすいという差があります。

快適さを追求するキャンパーにおすすめのカンガルーテント

カンガルーテントの特徴などについてお話ししてきました。カンガルーテントは、今話題のカンガルースタイルのために開発されたテントです。
暑い夏でも寒い冬でも室内で快適に過ごせるようになるため、一年中キャンプを楽しみたい方におすすめの商品です。
また、使い方はとても簡単なので、お子さん連れのキャンプでお子さん用のテントとして使ってみてもいいですね。
すぐに設営片付けができるカンガルーテントを、ぜひゲットしてみてください!