テント・タープ

スノーピークのソロテント!1人用・2人用おすすめテント【2021新作】

スノーピーク ソロテント

スノーピークは言わずと知れたおしゃれキャンプギアブランドです。
スノーピークの商品に憧れているキャンパーも多いでしょう。
シンプルでカッコいいしギアを多く発表していますが、その中でも今回は、ソロやディオのキャンプに便利な小型テントにフォーカスして人気の定番商品から新作まで詳しく紹介します。

スノーピークのソロテントにはどんな特徴がある?

スノーピークは1958年新潟県で創業し、確かな品質と洗練されたデザインの商品が特徴のアウトドアギアブランドです。
テントや調理器具などのキャンプツールから、ウエア、アクセサリーなど多岐に渡った人気商品を生み出しています。
その中でも、テントは初心者向けから上級者向けまで種類が豊富で、形状も様々あります。
共通しているのはシンプルで無駄のないデザインと、耐久性を重視し永久保証サービスも付いている安心性です。他のブランドと比べると決して安い価格ではありませんが、買って後悔しないこと間違いなしです!

スノーピークのおすすめソロテント3選!

では具体的にスノーピークのおすすめソロテントを3つ紹介します。
どれも特徴が異なりますので、ぜひスペックを比較してみてください。

ファル Pro.air 2ミニッツドーム
Pro.air 1
ヘキサイーズ1
サイズ(cm)210×130×高さ100
(前室除く)
230×235×高さ116
(前室含む最大サイズ)
720×430×高さ130
(前室含む最大サイズ)
収納サイズ
(cm)
本体:直径17×33cm
フレーム:11×50cm
直径20×59cm62×19×23cm
重量1.71kg
(フレーム・本体のみ)
2.95kg5.2kg
最低耐水圧フライ:1500mm
ボトム:1500mm
フライ:1500mm
ボトム:1500mm
フライ:3000mm
ボトム:1800mm
amazonamazonamazon

ファル Pro.air 2

軽量なのが特徴のソロテントです。
二人用ですが、ソロテントとして使えば室内に荷物を置けるスペースも確保できて快適です。
インナーテントは取り外し可能なため、フライシートだけでシェルターとしても使用できるため、さらに重量を減らしたい場合に便利です。
設営・撤収は簡単なので、初心者から上級者まで満足できます。

ミニッツドーム Pro.air 1

雨の日や強風の日に便利な前室付きのテントです。
サイドにメッシュ仕様の窓が付いているため、蒸し暑い季節でも快適に過ごせます。
そして、重量は3kgと軽量ながら広い居室空間が確保でき、前室では靴の脱ぎ着がしやすいため、多くのキャンパーに人気です。
収納性の高さ故にツーリングキャンプやバックパックキャンプに持っていく人も多く、設営が簡単なのも魅力的です。

ヘキサイーズ 1

スノーピークのテントでも特徴的なフォルムのソロテントです。
フライシートのフロント部分がタープとして大きく広がる設計になっており、一本のポールで広い前室空間を作れます。
後方にも雨避けできる後室スペースが作れて出入りも可能なため、何かと身動きが取りづらいソロテントでも快適に使えます。
また、インナーテントはフルメッシュにもできるため、日差しが強く蒸し暑い日本の夏にはぴったりのテントです。
さらに、他の商品と比べても高い耐水圧が備わっているため、急な豪雨でも安心して使えます。
ただし、設置面積を広く確保しなくてはいけないため、キャンプサイトで設営する場合にはサイト面積をできるだけ事前に確認しておきましょう。

前室 広い ソロテント
前室が広いソロテント!日差しや雨が防げるおすすめテント!TC素材なら焚き火もできる!ソロテントというと身動きが取りづらく荷物が置けないというイメージを持っている方も多いでしょう。 そんな問題を軽減してくれるのが「前室」...

ゆったりソロでもディオでも使える!1人~2人テント2選!

ゆったり過ごしたい方には、デュオキャンプでも使える少し大きめなテントがおすすめです。荷物の容量にゆとりがある場合はぜひ合わせて検討してみてください。

アメニティドームSランドブリーズ2
サイズ(cm)355×230×高さ120
(前室含む最大サイズ)
225×165×高さ127
(前室除く)
収納サイズ(cm)58×18×2360×18×23
重量5kg5.5kg
最低耐水圧フライ:1800mm
ボトム:1800mm
フライ:1800mm
ボトム:1800mm
amazonamazon

アメニティドームS

定員3名用の少し大きめのテントです。
スノーピークのテントの中でも初心者が扱いやすくアレンジしやすいため、特に人気が高いです。
テーブルやチェアが置ける前室は、シートの一部をポールで立ち上げればさらに開放的になります。
天井高さは120cmと低めですが、それにより風を受けやすいドーム型テントのデメリットを軽減しています。
耐水圧はフライシート・ボトム共に強い雨にも耐えられる1800mmあるため、急な雨が降っても困りません。
ただし、フライシートを立ち上げるためのポールはオプションになるため、別途購入する必要があるため注意しましょう。

ランドブリーズ2

前室と後室が設けられる二人用テントです。
フライシートには泥や冷気の侵入を防げるスカートが付いているため、極寒期や豪雪地以外ならオールシーズンで使えます。
また、二方向から出入りができるので、天井高が低くスペースに限りがあるコンパクトテントでも煩わしさを感じません。
メッシュ部分が多く換気しやすいのも魅力で、全開にしておけば夏のキャンプでも紫外線を遮りつつ快適に過ごせます。
冬に使う場合には地面からの冷気をシャットアウトするグランドシートがあると便利でしょう。ただし、こちらはオプションアイテムなので、秋冬にも使いたい方は合わせて購入することをおすすめします。

おすすめの2人用テント!それぞれのサイズ感は?ソロでもデュオでも使える2人用テントアイキャッチ参照元:DOD アウトドアブームに伴って色々なスタイルでキャンプを楽しむ方が増えていますが、その中でも最近注目なのが1...

メイドインジャパンの品質!キャンパー憧れのスノーピークソロテントがおすすめ

スノーピークのおすすめソロテントを紹介しました。
軽量で素材にもこだわり抜いた機能的なテントばかりです。
テントをデザイン重視で選ぶ方もスペック重視で選ぶ方もきっと満足できるはず!
お値段はどれも高めですが、耐久性が高く永久保証などメンテナンスサービスも充実しているため、長く使い続けたい方はぜひスノーピークのテントを検討してみてください。

たねほおずき 使い方 レビュー
たねほおずき&ほおずき徹底解説【スノーピーク】明るさ比較・使い方おしゃれなキャンプギアで人気なスノーピーク(snow peak)のLEDランタンが、たねほおずきとほおずきです。 どちらも特徴的でおし...
安いソロテント
安いソロテント!コスパで選ぶ1万円台で買えるソロテント〈2021年版〉キャンプが楽しくなるシーズンがやってきますね。 最近は思い立った時に一人で気ままに楽しむソロキャンパーも増えてきています。 「今年の...
関連記事