テント・タープ

カンガルースタイルにおすすめの安いインナーテント【2022】夏・冬用やソロやファミリーまで

カンガルースタイルインナーテント

カンガルースタイルのキャンプは、色々なキャンプスタイルに合わせることができ、季節を問わず快適なキャンプができる魅力があります。

カンガルースタイルのキャンプで重要になるのが、インナーテント選び

今回はキャンプスタイルにはどんなインナーテントが良いのか?
選ぶポイントをカンガルースタイルのメリット・デメリットとともに解説しています。

記事後半では、カンガルースタイルにおすすめのインナーテントを紹介しています。
あなたのキャンプスタイルの参考にしてみて下さい。

カンガルースタイルのメリット

夏キャンプ カンガルースタイル

カンガルースタイルは季節や人数、キャンプ地のロケーションに合わせてレイアウトが可能ですので、快適なキャンプをすることができます。

カンガルースタイルのメリットは5つ
  • 夏は涼しい・虫対策になる
  • 冬は暖かい!
  • 設営が簡単
  • 自由度の高いレイアウトで快適
  • 人数に合わせて追加できる

詳しく解説していきます。

夏キャンプのメリットは涼しく過ごせる!

夏キャンプ カンガルースタイル

暑い時期のメリットは、フルメッシュのインナーテントを使用することで、就寝中に風通しがよく、蚊やアブなどから身を守ることができます。
外側はシェルター・親テントで外部からの視線を遮ることができるので、フルメッシュのインナーテントでもプライバシーが守れます。
暑さで寝苦しい夜でも快適な環境で眠ることができるので、夏場のキャンプにもカンガルータイルを取り入れるメリットは大きいです。

冬キャンプでのメリットは暖かく過ごせる!

冬キャンプ カンガルースタイル

カンガルースタイルでは親テントやシェルターが外気を遮り、フライシートの役割を果たします。
テントの中にテントがあるので、幕内の空気が断熱材としての機能を果たし外が寒くても、インナーテントの中では暖かく過ごせます。
また、インナーテント内と幕内の温度差が少ないので、冬場の結露が抑えられ、寝袋がびしょびしょに濡れてしまうこともありません。
冬キャンプの寒さ対策にお悩みでしたら、カンガルースタイルをぜひ取り入れてみてください。

設営や撤収が楽になる

カンガルーテント 設営

カンガルースタイルでは、シェルターや親テント内にインナーテントを設置するので、雨風の影響を受けずに設置と撤収ができるメリットがあります。
専用のインナーテントですと、テントを設置した後にインナーテントを取り付けますが、カンガルースタイルでは、インナーテントと親テントを同時に組み立て、設営時間を短縮することができます。

また、カンガルースタイル用のインナーテントはワンタッチ式のものが多く、少ない手間で設営ができますので、インナーテントを選ぶ時の参考にしてみてください。
雨天時の撤収では、シェルター・親テント内で撤収作業ができるので、荷物がずぶ濡れになることが無く、帰宅してからの後片付けも楽になります。

ワンタッチ設営でおすすめのカンガルースタイルテント

自由度の高いレイアウトで快適な空間を作れる

レイアウトが自在 カンガルースタイル

カンガルースタイルでは、インナーテントが自立式なので、好きな場所にインナーテントを配置できます。
寝室の位置を自由に設置できるので、テーブルや椅子などサイト全体のレイアウトの幅が広がり、快適に過ごせる空間を作り出せます。
カンガルースタイルでは、ある程度配置が決まってしまう2ルームテントと比べるとレイアウトの自由度が高いのが特徴です。
手持ちのギアに合わせてサイトのレイアウトを考えられるので、ソロやファミリーキャンプ、グループキャンプと様々なキャンプシーンで使えるメリットがあります。

人数に合わせて追加できる

カンガルースタイルではキャンプをする人数に合ったインナーテントを用意すれば、ソロからファミリーキャンプまで対応できます。
2ルームテントですと「子供が成長したから・家族が増えたから」と付属のインナーテントだと狭くなり、買い替えしないといけない。
そんな場合でもカンガルースタイルなら、インナーテントを人数分用意できれば、長年使った愛着のあるテントもこれまで通り使用できます。
カンガルースタイルでは、手持ちのギアを有効に使うことができるというメリットもあります。

カンガルースタイルのデメリット

カンガルースタイルは「季節や人数を問わずに快適に過ごせる」というメリットと以下の3つのデメリットがあります。

カンガルースタイルのデメリットは3つ
  • インナーテントの配置次第でデッドスペースができる
  • 専用のインナーテントより高さが無いので、就寝時に圧迫感を感じる
  • 結露の多い時期はメッシュのインナーテントだとシェラフが濡れてしまう

インナーテントの配置次第でデッドスペースができる

カンガルースタイル デメリット

インナーテントのサイズや形状によって配置する場所によっては、リビングスペースを圧迫したり、シェルター・親テントの形状と合わずにデッドスペースができる場合もあります。
カンガルースタイルでキャンプをする前には、設置するインナーテントとシェルター・親テントのサイズ感をあらかじめ確かめておきましょう。

就寝時に圧迫感を感じる

カンガルースタイルでのインナーテントは、小型で軽量のテントを使用するため、インナーテントの高さが130cmと低いテントがほとんどです。
2ルームの専用インナーですと、就寝スペースの高さはテントサイズのギリギリまで使用でき、180cmを超える高さを確保でき、広々と寝ることが出来るテントがほとんどです。
一方で、カンガルースタイルのインナーテントでは、天井が低く圧迫感を感じ、快適に寝ることが出来ないという場合もあります。
自分のキャンプスタイルに合わせて、専用インナーテントとカンガルースタイルを使い分けるようにしましょう。

メッシュのインナーテントは結露の多い時期は注意が必要

朝夜の寒暖差が大きい時期では、結露が多くなり、メッシュのインナーテントでは水滴でびしょぬれになることもあります。
シェルター・親テントをフルクローズで閉め切る場合には、インナーテントは幕から少し離して設置することで、ずぶ濡れを回避できます。
結露の多い時期は、朝露で濡れることを前提にフライシートをかける、スクリーンタイプのインナーテントを使用するなど、結露対策をしてください。

カンガルースタイルのインナーテント選びのポイント!

カンガルースタイル おすすめインナーテント

カンガルースタイルで使用するインナーテントを選ぶ時のポイントは

カンガルースタイルのインナーテント選びの3つのポイント
  • 人数に合わせてフロアサイズを決める
  • 使用する季節に合わせた構造・素材のテントを選ぶ
  • シェルター・親テントに収まるサイズを事前に確認する

それぞれ解説していきます。

選ぶポイント1:フロアサイズ

フロアサイズに対してどのくらいの人数まで寝ることができるのか、目安となる人数とサイズはこちらです。
大人(60×200cm)を基本に算出しました。

210×130(cm) 1~2人 ソロキャンプにちょうど良い大きさ
210×150(cm) 1~2人 デュオにちょうど良い大きさ
210×180(cm) 2~3人 2人なら余裕、大人2人・子供1人のファミリーキャンプ向け
270×270(cm) 4~5人 ファミリーキャンプ向け、荷物を置くスペースも十分取れます

メーカーで表記している人数-1人が余裕をもって過ごせるサイズです。

カンガルースタイル ワンタッチテント サイズ

こちらのDODカンガルーテントSでは1人であれば余裕をもって過ごせるサイズ感で2人でも使えるサイズです。
2人用(220×150×高さ128cm)

モノポールインナーテント

また、こちらのテンマクデザインのモノポールインナーテントメッシュはコットがぴったり入るサイズ感で荷物などを置く余裕はなく寝るだけのスペースとなります。

モノポールインナーテント カンガルー

1人用(210×70×高さ97cm)

サイズ選びの参考にしてみてください。

選ぶポイント2:生地・構造

カンガルースタイルテント 生地

カンガルースタイルで快適に過ごすためには、インナーテントの生地と構造の特徴を押さえておきましょう。

暑い時期には、風通しが良い「フルメッシュ」、軽くて持ち運びが便利な「ポリエステル素材」のインナーテントが適しています。

寒い時期には、外気を遮り結露しにくいポリコットン(TC)素材のインナーテントがおすすめです。

インナーテントを選ぶ時に押さえておきたいポイントとして、出入口が複数あると、寝ている相手を跨がずに出入りできますし、レイアウト時の自由度が高まります。

また、メッシュパネルがあり開け閉めできるインナーテントですと、一年を通して使用できるので、インナーテント選びに迷ったら、サイドパネルがあるDODカンガルーテントのようなテントを選んでみてください。

選ぶポイント2:シェルター・親テントサイズ

カンガルースタイル 夏はタープ泊もできる

キャンプ場で困らないために、インナーテントがシェルター・親テントの中に収まるかどうかは試し張りしておきましょう。

おおよそのサイズは、メーカーのHPで確認できます。

サイズを確認する際には、フロアサイズだけでなくポールの位置や設置場所の高さをチェックしてください。

カンガルースタイルのキャンパーが増え、カンガルースタイル専用のテントが各メーカーから販売されていますので、インナーテント選びの参考にしてみてください。

使用する季節や人数を考慮してインナーテントを選ぶようにしましょう。

フライ付テントのインナーテントもカンガルースタイルで使えます!

MSRインナーテント
参照元:モチヅキ

インナーテントには、フライシートがあるMSRエリクサー2やコールマンツーリングドームも使用することができます。
手持ちの小型テントで、シェルター・親テント内に収まるサイズをお持ちであれば、新規でカンガルースタイル専用のインナーテントを購入しなくても大丈夫です。
カンガルースタイル専用のインナーテントが販売される前は、小さくて軽い山岳テントのインナーテントがよく流用されていました。
また、MSRのエリクサー2のようにフライシートとインナーテントのWウォールタイプのテントは季節を問わず使用でき汎用性が高いのでおすすめです。
暑い季節にはインナーテントだけで風通しよく使用し、寒い時期はフライシートと一緒に使用し、断熱効果を高め暖かく過ごすことができます。

カンガルースタイルに最適なおすすめのインナーテントを紹介

カンガルースタイルのキャンプにピッタリなカンガルースタイル専用のテントと、カンガルースタイルに流用できるテントを紹介していきます。

テンマクデザイン モノポールインナーテント

テントサイズ 1人用(210×70×高さ97cm)
生地 ポリエステル

寝るためだけに特化したコンパクトなインナーテント。
余計な機能がないので手頃な値段で購入できます。
コンパクトでコットの上に乗せて使用もできます。
前面がメッシュになり通気性も確保できます。

テンマクデザイン モノポールインナーテントメッシュ

テントサイズ 1人用(210×70×高さ97cm)
生地 ポリエステル

テンマクデザインのモノポールインナーテントのフルメッシュタイプです。
夏場の暑い時期には風抜けよく涼しく快適に眠れます。
冬場の寒い時期は、フルスクリーンタイプですと保温性があり快適です。
フルスクリーンタイプとメッシュタイプの2タイプ揃えるとオールシーズン対応できます。

DODカンガルーテントS

テントサイズ 2人用(220×150×高さ128cm)
生地 コットン

カンガルースタイル専用に作られたテント。
専用のグランドシートを本体に付けたまま、簡単にワンタッチで設営ができる。フルクローズでも4面メッシュでも使用でき1年を通して使用できます。

DODカンガルーテントM

テントサイズ 3人用(210×210×高さ128cm)
生地 コットン

DODカンガルースタイルテントSより一回り大きいサイズ210×210×高さ128cm(3人用)。
Sサイズと共通の仕様となっており、夏場はオールメッシュで通気性よく、フルクローズにすれば冬場の保温効果も高まります。
生地はコットン100%で結露しにくい仕様。

Hilander自立式インナーテント

遮光タイプ

テントサイズ 2人用(220×120×高さ130cm)
3人用(220×180×高さ130cm)
生地 遮光コーティング済みポリエステル

TC素材タイプ

テントサイズ 2人用(220×120×高さ130cm)
生地 ポリコットン素材

素材はポリコットン素材と内側に遮蔽コーティングされた2種類。
サイズは2人用・3人用の2種類あり、季節や人数に合わせて、どんなキャンプシーンでも適したインナーテントを選択できます。

FIELDOORカンガルーテント100

テントサイズ 1人用(210×105×高さ110cm)
生地 ポリエステル

コンパクトに収納でき軽量な組み立て式と設営が簡単なワンタッチタイプの2種類があります。
積載や持ち運びを重視するなら組み立て式、設営の手間を省くならワンタッチタイプがおすすめです。

LOGOS2ドアルームテント

テントサイズ 4人用(270×210×高さ130cm)
生地 ポリタフタ

4人用のインナーテント。出入口が正面とサイドにあり、他の人の邪魔にならず出入りできます。
撥水加工してあり、単体でも使用することができ、多少雨が吹き込むタープ下での使用も可能です。

ビジョンピークスTCルーテント

テントサイズ 3人用(220×180×高さ130cm)
生地 TC素材

ポリコットン素材で結露しにくく遮光性が高いインナーテント。
前後入口がフルメッシュになるので風通しもよく、フルクローズすると保温性も高いので、オールシーズン対応できます。

Coleman ツーリングドームST

インナーテントサイズ 1〜2人用(210×120×高さ100cm)
生地 ポリエステル

ソロやツーリングのキャンプに最適な1人用のコンパクトテント。
インナーテントだけで自立するのでカンガルースタイルとしても流用できます。

snow peak アメニティドームS

インナーテントサイズ 2人用(220×150×高さ110cm)
生地 ポリエステルタフタ

アメニティドームSのインナーテントはソロからデュオに最適なサイズ。
サーカスTCとの相性がよくサイズ感もピッタリ収まります。

snow peak アメニティドームM

インナーテントサイズ 4人用(265×265×高さ130cm)
生地 ポリエステルタフタ

ファミリーキャンプなど大人数でのキャンプに最適なサイズ。
ランドステーションなど大型シェルターとの組合せがおすすめです。

MSR エリクサー2

インナーテントサイズ 2人用(213×127×高さ102cm)
生地 ナイロン

山岳テントのMSRは軽くてコンパクトなテント。
夏場はインナーのみで涼しく、冬場はフライシートを掛けて保温性を高めて使えるので、季節を問わずカンガルースタイルを楽しめます。
2人用(213×279×高さ102cm)フライシート使用時

DODワンタッチテント レビュー
DODワンタッチテントをレビュー!ソロ・ディオにおすすめ!高評価テントDODのワンタッチテントは『組み立てが簡単』『おしゃれな見た目』『値段もお手頃』と高評価のテントです! 使用人数は2人用となっています...

まとめ

カンガルースタイルのキャンプではレイアウトの自由度、シーズンを問わず快適に過ごせる機能性があり、自分のキャンプスタイルに合わせてキャンプサイトを作り出せます。
カンガルースタイルで快適に過ごすには、インナーテントの選び方がポイントです。
カンガルースタイル専用のインナーテントを活用すれば、自分のキャンプスタイルにあったインナーテントを簡単に見つけることができます。
手持ちのテントも流用でき、今までと違ったレイアウトでキャンプを楽しむこともできます。
カンガルースタイルで、より快適にキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか。

アルパカストーブ
ひと冬使ったアルパカストーブをレビュー!ゴトクや反射板のカスタムで最強ストーブに!冬キャンプを始めようと思った時にまず必要になるのが暖房器具です。 中でも石油ストーブは電源も必要なく、しっかり暖かくなるのでキャンプに...
フィールドラック比較
コスパ最強のフィールドラック!3種類を比較!HIBARI・キャンピングムーン・ユニフレームキャンプ用品を“見せる収納”するために活躍する「フィールドラック」。 フィールドラックはギアや道具を並べて収納できるので、ごちゃごたしが...
ABOUT ME
nomad-camp
自然が大好きなアウトドア愛好家。 ライターさんの記事の管理やアウトドア関連の情報を発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。