テント・タープ

ツーリングドーム/ST【2021】はおすすめのソロテント!新色・限定カラーもカッコいい!

ツーリングドーム_ST 2021

1〜2人用テントとして長年愛され続けているColeman(コールマン)のツーリングドーム/STに新色であるナチュラルカラーが登場しました。
今回は新色の魅力とともに、ツーリングドーム/STの特徴を詳しくご紹介します。

ツーリングドーム/STのサイズや基本スペックを紹介

参照元:coleman

ツーリングドーム/STは収納サイズがコンパクトながら、大きな前室を備えたコンパクトテントです。
インナーテントの横幅は約210cmもあり、テント内に荷物をしまってもゆったりと過ごすことができます。
重量は約4.4kgとやや重めなので、登山用などに考えている場合は注意が必要です。

本体サイズ(設営時・外寸)約210×310×高さ100cm
本体インナーサイズ約210×120×高さ100cm
本体収納サイズ約23×54cm
定員1〜2人用
本体重量約4.4kg
材質フライ:ポリエステルタフタ(75D)
インナー:ポリエステルタフタ(68D)
フロア:ポリエステルタフタ(75D)
ポール:FRP
耐水圧約1500mm(フライ・フロア)

新色はナチュラルカラー

参照元:Coleman

2021年の新色であるナチュラルカラーは、自然に馴染むカーキとホワイトで落ち着いた雰囲気があります。
ツーリングドーム/STといえばグリーンとブラックが人気でしたが、他の人と被りたくないという人や派手でないものが好みの方におすすめです。

旧カラーとの比較

2021年新作のナチュラルカラーと旧カラーを比較してみましょう。
まずはグリーンです。

参照元:Coleman

グリーンとブラックのコントラストが特徴的で、キャンプ場などでもよく目にします。
カラーの切り替え部分にポールがくるので、設営もスムーズです。

続いてグレーです。

参照元:Coleman

シンプルな単色なので、他のキャンプ道具などとも合わせやすくなっています。

最後はAmazon限定カラーのオリーブです。

参照元:Coleman

新色と似ていますが、全体的にやや濃い色で、前室のフライシートもオリーブカラーとなっています。

遮光性の高いダークルーム(TM)テクノロジーを採用したツーリングドーム/ST+

ツーリングドーム/STには、ダークルーム(TM)テクノロジーという遮光性の高い生地を採用した上位モデルである、ツーリングドーム/ST+というモデルがあります。
カラーは全面ホワイトでスタイリッシュな見た目です。赤いColemanのロゴが映えますね。

参照元:Coleman

ツーリングドーム/ST+は遮光性が高いため、夏の熱い日差しをカットし、テント内でも過ごしやすくなります。
朝日で目が覚めてしまうこともなく、ゆっくりと休めますね。

ツーリングドーム/STの魅力

ここからは、ツーリングドーム/STの魅力をご紹介します。

収納サイズがコンパクト

「ツーリング」とは、主にバイクで移動する旅のことをいいます。
ツーリングドーム/STはその名の通り、バイクにも積める収納サイズが魅力です。

参照元:Coleman

直径約23×54cmという収納サイズは、ツーリングだけでなく車での移動においても省スペースとなり、他のキャンプ道具も余裕を持って積載できます。
持ち手やベルトなどもついているので持ち運びもしやすいです。

設営しやすい工夫がされている

テントを設営する際に苦労するのが、ポール部分です。
ツーリングドーム/STはポールの固定部分の片方が袋状になっており、一人でも設営しやすくなっています。

参照元:Coleman

また、前室を支えるポールのみグレーになっているのもわかりやすいです。

参照元:Coleman

広い前室

これだけコンパクトなサイズでありながらも、約150cmの奥行きのある前室を備えています。

参照元:Coleman

就寝時には、前室に椅子やテーブルなどを置くことができるので、盗難対策にもなります。

前室 広い ソロテント
前室が広いソロテント!日差しや雨が防げるおすすめテント!TC素材なら焚き火もできる!ソロテントというと身動きが取りづらく荷物が置けないというイメージを持っている方も多いでしょう。 そんな問題を軽減してくれるのが「前室」...

別売りのポールを使うことで、タープ代わりにすることもできます。

参照元:Coleman
伸縮自在タープポールおすすめ
安いタープポールおすすめ10選!伸縮・長さ(高さ)太さコスパで選ぶ!タープを張る時に重要なのが、タープポール。 タープを購入した時には、ポールが付属されていないものが多いので、ポールを別途購入しなければ...

高い通気性能

ツーリングドーム/STは夏でも快適に過ごせるように、通気性を良くするために様々な工夫がされています。

1つ目はメッシュドアです。

参照元:Coleman

ツーリングドーム/STは両側でメッシュドアにすることができるので、風通しがとても良くなっています。

2つ目はフライシートのベンチレーションです。
前室のドアは地面から30cm付近でフライシートを固定することで、通気性を確保できます。

参照元:Coleman

前室の反対側には開閉可能なベンチレーションがあり、先程の前室下部から入った空気が抜けるようになっています。

参照元:Coleman

タープと合わせることも可能

同色のタープヘキサライトⅡも販売されているので、ツーリングドーム/STと合わせることでおしゃれで統一感のある設営が可能です。

参照元:Coleman

人気ソロテントツーリングドーム/STに新しい選択肢

今まではグリーン(ブラック)がツーリングドーム/STの代名詞的なカラーでしたが、新しい選択肢としてナチュラルカラーもいかがでしょうか。
これからキャンプを始める人、ツーリングドーム/STが欲しかったけど他の人と被りたくない人にはおすすめですので、ぜひチェックしてみてください。

スノーピーク ソロテント
スノーピークのソロテント!1人用・2人用おすすめテント【2021新作】スノーピークは言わずと知れたおしゃれキャンプギアブランドです。 スノーピークの商品に憧れているキャンパーも多いでしょう。 シンプルで...
関連記事