焚き火アイテム

おすすめのチタン焚き火台11選!デメリットは?口コミ評判をチェック!

チタン 焚き火台

キャンプにはさまざまなギア(キャンプ用品)がありますが、キャンプの醍醐味である“焚き火”をせっかくやるなら「おしゃれなもの」「機能性の良いもの」「軽量なもの」など購入するにあたり、どの商品にしようか悩むところ……。
最近では軽量かつ高性能なチタン性の焚き火台が注目されており、多種多様な商品が店頭に並ぶようになりました。
 今回はそんな“焚き火”に欠かせない「チタン焚き火台」を11商品紹介します。それぞれの特徴を踏まえながら是非購入の参考にしていただければ嬉しいです。

チタン焚火台の特徴

チタン焚き火台

耐久性最強!?衝撃に強く壊れにくいチタンの魅力とは?

チタンとは、金属の一種で鉄・銅・アルミニウムといった金属よりも優れた金属と言われています。強度は鉄のおよそ2倍、アルミの3倍もあります。耐熱性にも優れており、約1600度の高熱にも耐えられるほどです。焚き火は火力が命!耐熱性が優れているチタン焚き火台であれば、長時間の焚き火でも安心です。

また、強度もさることながら何より軽量なのが大きな特徴の一つ。鉄の3分の5、銅の2分の1の軽さとか。身近なものでいうと、日々身に着ける腕時計などにもチタンが使われています。「焚き火台を購入したけど思っていた以上に重かった……」なんて方も多いのではないでしょうか。ステンレス製などの焚き火台と比べてみてもチタン焚き火台の軽さには驚きます。一度、店頭で実際に持って比べてみると重さの違いが明らかなので試してみてください!

軽量なのに変形しずらい!チタンのバネ特性

軽量なのに変形しずらい
チタンには特有の「バネ特性」があります。強く押し曲げても、しなって元の形に戻ろうとする力が加わります。そのため、しなり易く、ちょっとやそっとの衝撃で簡単に割れたり曲がったりする心配はありません。チタンの加工は難しい、と言われるほどバネ性に優れています。
天候や環境に左右されがちなキャンプ時は道具の扱いも慎重になりがちですよね。軽くて薄い、なおかつしなやかなチタン製の焚き火台なら変形の心配も大幅に軽減されること間違いなしです。「薪をたくさん燃やしたい」「今日は1日中焚き火しちゃおう」なんて日にはもってこいです。

手入れ簡単!錆びにくく長く使える

手入れが簡単
強度が高かく、変形耐性もあるチタンですが、キャンプ時には嬉しい「錆びにくさ」も備わっています。錆びにくいと言われているステンレスをも上回る耐食性を持つため、長く使い込むことができるのもチタンの魅力です。錆びによる腐食を抑えられることで、破損しない限り何年も使うことができます。あまり安価でないキャンプギアだからこそ、長くずっと使い続けられるのは嬉しいものです。
また、チタンは高温化にさらすと独特な青い焼き色が付く特徴があります。この焼き色がきれいで美しく、チタン焚き火台を使えば使うほど味が出てくるのも人気の理由です。このきれいな焼き色を楽しみながら長く使えるのはチタンならでは。チタン焚き火台を愛用するキャンパーが多いのは納得です。

チタン焚き火台おすすめ11選!

ベルモント 焚き火台TABI

  • 安定感がある
  • 軽量
  • 風通りが悪い

こちらのベルモントの焚き火台は本体の重量が423gとかなり軽量。
薪受けと側板がチタンでできています。
軽量ながら本体には3組の足があるため、小柄ながらかなり足場はしっかりとしていて安定感があります。付属のアミはサイドの足に上から組み込むため、アミの安定感も抜群です。側板もあり安定感がありますが、その分風通しが少し悪くなってしまうのが難点。

テンマクデザイン 男前ファイアグリル

  • 折り畳み式で持ち運びが楽
  • 組み立てが簡単
  • 薪を短く調整する必要がある

デザイン性も高く見た目がかっこいいテンマクシリーズ。男前ファイアグリルはデザインがかなりシンプル!どんなキャンプギアにも馴染むこと間違いなし。折り畳み式なのでかなりコンパクトに携帯でき、ソロキャンプにもおすすめです◎。組み立ては、本体を開き、付属のアミを本体溝に差し込むだけで簡単に焚き火台が完成します。コンパクトが故、長い薪だと本体からはみ出てしまうため、短く切るなどの調整が必要です。

VARGO チタニウムファイヤー ボックスグリルT-433

  • ソロキャンに最適!お手頃サイズ
  • 小枝でも手軽に焚き火ができる
  • アミが取り外せない

Theソロキャン用のサイズ感。かなりコンパクトなので持ち運びも楽ちん。卓上にも設置できるサイズなので手頃に焚き火が楽しめます。小枝や枯れ葉、割り箸などで焚き火ができる反面、薪などはかなり細かくしないと入らないなんてことも……。本格的に焚き火を楽しみたい方には少し不完全燃焼かも。

OneTigris ROCUBOID

  • デザイン性◎
  • 風防としても活用できる
  • 組み立てにコツがいる

OneTigrisの焚き火台の特徴は表情があるところ。顔部分から見える炎の色でさまざまな表情が楽しめます。薪は本体に上から入れていくだけなので、長時間焚き火するなら扱いも楽ちんです。4つの側板からできているため、焚き火だけでなくアルコールストーブや固形燃料などの風防にも役立ちます。コンパクトな折りたたみ式になっており、付属のケースもついてるのが嬉しいポイント。側面4枚の板を爪3ヶ所に同時にはめ込まないといけないため、組み立てには少しコツと慣れが必要かもしれません。

TITAN MANIA(チタンマニア) 焚火台

  • 五徳付きで調理に最適
  • アルコールストーブや固形燃料を使用できる
  • 小さすぎる

202gと軽量なコンパクト焚き火台。そのコンパクトさから、アルコールストーブや固形燃料を設置して活用する人も多いです。五徳がついているため、メスティンを置いて調理したり、コーヒーを飲みたい時にさっとお湯を沸かせたりと、1台あればかなり活用的。小さすぎて薪などが入りずらく、小枝などを使う方が最適かも。

MONORAL ワイヤフレームフェザー MT-0111

  • デザイン性があり周りと被らない
  • チタンメッシュで片付け楽々
  • 防火シートは必須

焚き火台には珍しいメッシュチタンで焚き火するワイヤーフレームタイプ。三角形の形状がなんとも個性的です。焚き火後にめんどうな灰の片付けもメッシュチタンなのでそのまま持ち上げて灰を捨てることができるので片付けのストレスも感じづらいのではないでしょうか。チタンメッシュに灰受け皿などが付いていないため、防火シートは必ず準備しましょう。

Bushcraft Essentials ブッシュボックス XL チタン

  • ワンタッチで組み立て可能
  • 燃焼効率◎
  • 傷が目立つ

数ある組み立て式の焚き火台の中でも人気のある商品。ワンタッチで組み立てられるのが魅力です。本体は筒状になっているため火の通りが良く、薪を入れるとすぐに燃え上がり燃焼効率もかなり良さげ。ただ、傷が付くと少々目立ってしまうという口コミもちらほら見られるため、繊細な方には扱いに注意が必要かもしれません。

VARGO チタニウム ヘキサゴン ウッドストーブ

  • コンパクトに収納
  • 六角形のオシャレデザイン
  • 少し歪むと組み立てづらい

周りと被りずらい珍しいヘキサゴン(6角形)型の焚き火台。
かなりコンパクトなのに加え、組み立ても6つの側板が一つにくっついているため
底面の2ヶ所の爪にはめ込むだけで簡単にできます。側板がくっついているため、すこし歪むと爪に引っかかりにくくなってしまうため、少し扱いに注意が必要ですが、収納具合には感動を覚えるほどです。

FIREBOX GEN2 ナノストーブ チタン 3インチ

  • 150g弱のコンパクト手のひらサイズ
  • 小さいのに安定感抜群
  • 足場が悪いところには不向き

こんなに小さい焚き火台があるの?と思うほどのコンパクトサイズ。本体の重量は150g弱とかなり軽量です。五徳の形がユニークなのが特徴で、大きめのフライパンなども問題なく置くことができます。五徳と同様に足部分が4本ありますが、地面が不安定なところでは少し不安定なところが欠点。

TOAKS チタニウム コンパクトストーブ B.P ウッドバーニング ストーブ STV-11

  • 二重構造による燃焼効率◎
  • 小枝で焚き火が楽しめる
  • 本格的な焚き火には物足りない……

こちらの商品は筒状の焚き火台。下部の筒部分に上部の筒をはめ込む形状になっており、下部は二重構造となります。そのため、熱も逃げずらくコンパクトなのに燃焼効率はかなり良いです。小枝などを使って簡単に焚き火を楽しむことができる反面、薪を使って本格的に焚き火を楽しみたい方には不向きかも…。飲み物を温める、お湯を沸かす、など用途によっては手軽に使うことができるので使い道を考えてから購入することをおすすめします。

笑’s・B-6君オールチタニウム・グリルプレートセット II /SHO-0059B

  • 1台あれば大満足の焚き火ができる
  • メッシュ網付きで調理も可能
  • メッシュ網が軽すぎる!?

B-6君といえばアニメ「ゆるキャン△」でも登場した有名な焚き火台。畳まれている本体を起こし、背面板をはめ込み、メッシュ網を取り付けるだけで簡単に組み立てができる優れもの。中心部に小窓があるので、薪だけでなく炭も燃やしやすい使用になっています。上部のメッシュ網が付属されているので、直接食材を乗せて調理も可能です。網もチタンでできているため軽量な反面、食材にくっついてしまうところは少し注意が必要です。

まとめ

いががでしたでしょうか?紹介したチタン焚き火台だけでもそれぞれ多種多様なデザインや機能性がありましたね。少しでも参考にしていただければ幸いです。自分の用途に合わせて長く愛用できる焚き火台でキャンプを楽しみましょう!

ソロキャンプタープ おすすめ
ソロキャンプにおすすめのソロタープ!サイズ選び・軽量・安いタープソロキャンプ用のタープが欲しいけど、種類がたくさんあって選び方がよくわからない。 ソロキャンプでおすすめのタープがあれば知りたい。 ...
焚き火陣幕おすすめ
焚き火陣幕おすすめ11選!キャンプの風防に必要!ソロ・ファミリーのサイズ選びキャンプで人気の焚き火陣幕が気になるけど、本当に必要なの? コンパクトで持ち運びが楽な焚き火陣幕は?など、焚き火陣幕の購入を検討してい...
ABOUT ME
nomad-camp
自然が大好きなアウトドア愛好家。 ライターさんの記事の管理やアウトドア関連の情報を発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。