テント・タープ

ソロキャンプにおすすめのソロタープ!サイズ選び・軽量・安いタープ

ソロキャンプタープ おすすめ

ソロキャンプ用のタープが欲しいけど、種類がたくさんあって選び方がよくわからない。
ソロキャンプでおすすめのタープがあれば知りたい。

またそもそもソロキャンプでタープって必要なの?必要であればメリットも知りたい。

そこでこちらの記事では、ソロキャンプ用タープの必要性やメリット、そして選び方や注意点、最後におすすめのソロキャンプ用タープをご紹介します。

ソロキャンプでもタープは必要?おすすめする理由

そもそもソロキャンプはテントだけで十分で、タープは不要なのでは?と思っている方も多いのではないでしょうか?
そこでこちらではソロキャンプでもタープをおすすめする理由やメリットをご紹介します。

雨対策になる

ソロキャンプ タープ 雨対策

キャンプで避けることができないのが、突然の雨。もしテントしかないと、雨が止むまでテントの中で過ごすしかありません。
そんな時にタープがあれば雨の中でも広いスペースを確保することができます。

ソロキャンプ タープ 雨

イスに座ってくつろいだり、焚き火したり、火を使って調理することもできるので、美味しい食事を楽しむことができます。
また木の下であれば虫や落ち葉、木の枝等の落下も防ぐことができます。

日除けになる

ソロキャンプ タープ サイズ

真夏のキャンプは日差しも強く、日中はとてもテントの中で過ごせるような環境ではありません。
そんな時もタープがあれば素早く日陰を作れ、風通しもよいので快適に過ごすことができます。
厚手のポリコットン素材やUVカット素材のものを使うと、日焼け対策にもなります。

広い前室が簡単に作れる

ソロキャンプ タープ 前室

ソロキャンプ用のコンパクトなテントの前室は狭いもの。
寝るだけなら問題ないものの、せっかくキャンプに来たのだからゆっくりとくつろぎたい。
そんな時でもテントの前にタープを張れば、あっという間に広い居住空間を作ることができます。
トレッキングやツーリングなど昼間の疲れを癒やしたり、火を使いながら、ゆっくり食事を楽しむこともできます。

ソロキャンプならタープ泊もできる

ソロキャンプ タープ泊

暖かい季節であれば、ハンモックやコットを使ってタープ泊をすることも可能です。

ソロキャンプ タープ ハンモック泊

テント泊に比べて身軽になるので、ソロキャンプとは相性の良い組み合わせです。
虫などの対策は必要になりますが、より自然を身近に感じることができるでしょう。

DDハンモック キャンプ
DDハンモックを詳しく解説!設営方法と購入前の注意点ソロキャンプの中でもハンモック泊は軽量で気軽にできるスタイルとして定着しつつあります。 特に、ヒロシさんが愛用していることで有名になっ...

ソロキャンプ用タープの選び方・注意点

こちらではソロキャンプ用タープの選び方や注意点をご紹介します。
バックパック一つでの軽量系、自転車やバイクのツーリング系、また少人数でのキャンプなど、自分にあったスタイルで最適なタープを選びましょう。

コンパクト・軽量

タープ 軽量コンパクト

ソロキャンプの場合やはり重視すべきポイントはタープの大きさや重量でしょう。
できるだけコンパクトで軽量なものがおすすめです。
目安としては3kg前後に。バックパック一つの軽量系であれば1kg前後のものもあるので、そちらを選ぶとよいでしょう。

設営のしやすさ・1人でも設営しやすい

ソロキャンプの場合、どうしてもタープを1人で設営することになります。
テントも設営したり、火おこしして食事の準備をしたり等、やることはたくさんある中、タープの設営もできるだけ素早く簡単にしたいものです。
一般的にはヘキサタープ(六角形)やウイングタープ(ひし形)のものが比較的設営が簡単でおすすめです。

タープの形状

タープには様々な形状があり、それぞれ特徴があります。
自分のキャンプスタイルに合った最適なモノを選ぶようにしましょう。

ソロタープ ヘキサタープ

ヘキサタープ(六角形)やウイングタープ(ひし形)は軽量で設営もしやすく、ソロキャンプ向きの形状です。
ただし面積は少し小さめになります。

ソロキャンプ スクエア

レクタタープ(長方形)やスクエアタープ(正方形)は面積が大きくなり、日陰は多く作れますが、
その分大きく設営がやや面倒でしょう。
ソロでもゆとりのスペースが欲しい方、複数人のキャンプにはおすすめです。
グロメットやループがたくさん付いているタープは、形も自由自在に変形させることができるので便利です。

サイズはどのくらい?

ソロキャンプでのタープのサイズを決める要素はスタイルや使用用途によって異なります。

大きめのサイズのタープを選ぶポイント

  • クローズできるタープ泊をしたい
  • 雨対策・日陰対策優先
  • テント全体を被せたい

ソロキャンプの寝室となるテントをタープ内に入れる場合などは4m前後の大きめのタープが良いです。

小さなサイズのタープを選ぶポイント

  • 軽量・取り扱い重視
  • デイキャンプメインでの使用
  • テントの前室として張る

デイキャンプやテントの前室としてであれば1人が入れる縦横3m前後の小さめのサイズのタープでも良いです。

耐水・耐火性

ソロキャンプ タープソロ 雨

雨対策にもなるタープなので、耐水性は重要なポイントです。
耐水圧1500mm以上のモノを選ぶようにしましょう。
それ以下でも撥水処理加工されているものは安心です。
またタープの下で焚き火をしたり、火を使った調理をする時は、耐火性も重要なポイントです。
一般的にはコットンやポリコットン素材が難燃性が高いと言われています。
ポリエステルやナイロン素材は燃えやすく、穴が空いたりすることがあるので注意しましょう。

バックパックキャンプでも使える軽量系タープの一覧とスペック

ブランド DDタープ DDタープ DDタープ Aqua Quest
Guide
Aqua Quest
Guide
Aqua Quest
Guide
商品名 3×3 3.5×3.5 4×4 3×3 3×2 3×4
形状 スクエア スクエア スクエア スクエア レクタ レクタ
サイズ 300×300cm 350×350cm 400×400cm 290×290cm 200×290cm 290×380cm
重量 790g 1,050g 1290g 520g 430g 750g
耐水圧 3,000mm 3,000mm 3,000mm 5,000mm 5,000mm 5,000mm
材質 ポリエステル ポリエステル ポリエステル ナイロン ナイロン ナイロン
ポール
amazon amazon amazon amazon amazon amazon

小型テントと相性がいい軽量タイプの一覧とスペック

ブランド フィールドア モンベル スノーピーク テンマクデザイン Soomloom
商品名 スクエアタープs ミニタープHX ペンタシールド ムササビウイング
13ft.TC
TCタープ
形状 スクエア ヘキサ ペンタ ウイング ウイング
サイズ 280×280cm 338×280cm 400×320cm 390×380cm 325×325cm
重量 2400g 640g 790g 2150g 2160g
耐水圧 428mm 1500mm 1800mm 350mm
材質 ポリコットン ポリエステル ポリエステル ポリコットン ポリコットン
ポール
amazon amazon amazon amazon amazon

ゆったりと大きめのソロでも使える少人数用のタープの一覧とスペック

ブランド DOD DOD DOD タトンカ バンドック コールマン Soomloom
商品名 ヘーキサタープ いつかのタープ チーズタープS 2 TC TARP バンドック ヘキサライトⅡ ヘキサタープ
形状 ヘキサ ヘキサ スクエア スクエア ヘキサ ヘキサ ヘキサ
サイズ 420×420cm 420×410cm 335×355cm 285×300cm 420×320cm 420×420cm 420×410cm
重量 3.0kg 5.4kg
(付属品含む)
3.6kg 1.35kg 2.2kg
(付属品含む)
4.7kg
(付属品含む)
3.8kg
耐水圧 350mm 2000mm 350mm 1000mm 1,200mm 350mm
材質 ポリコットン ポリエステル ポリコットン ポリコットン ポリエステル ポリエステル ポリコットン
ポール 付属 付属 付属
amazon amazon amazon amazon amazon amazon amazon

ソロキャンプでおすすめのタープ

以上の点をふまえ、こちらではソロキャンプでおすすめのタープを各スタイル別にご紹介します。

張り方アレンジバックができてタープ泊などパックキャンプでも使える軽量系タープ

DDタープ 3×3 3.5×3.5 4×4【スクエア】

ループが数多く設置されている正方形タイプのタープなので、様々なスタイルでの設営が可能。
3×3であれば1kgを下回る重量なのでソロキャンプに最適。
ソロキャンプでもより広いスペースが欲しい方は4×4がおすすめです。

DDタープ張り方
DDタープの張り方!風・雨に強い張り方は?アレンジ豊富で優秀なタープ工夫次第で様々な張り方を楽しめるアレンジ豊富なDDタープですが、張り方によって様々な長所が生まれます。大人数でデイキャンプを楽しむ場合や...

Aqua Quest 3×3 3×2 3×4

3×2タイプであれば、重量わずか540g。バックパックに入れてもかさばることがありません。
大きさにより15〜25箇所ループがついているので、様々なスタイルでの設営が可能です。
二重加工されたナイロン素材で耐水圧は5000mm。雨でも安心して使用できます。

小型テントと相性がいい軽量タイプ

フィールドドア スクエアタープs

コットンとポリエステル素材を使用しているので、難燃性と耐久性に優れています。
雨の日にタープ下で焚き火をする時でも安心して使用できます。
ループベルトが合計16箇所あるので、様々なスタイルでの設営が可能。
専用の収納バック付きでコンパクトに収まるサイズなので、ソロキャンプにもおすすめです。

 

モンベル  タープ ミニタープHX

ヘキサタイプの軽量・小型タープですが、居住空間にはゆとりがあり、快適なスペースを確保するできます。
難燃加工を施したり、グロメットを使用せず生地に負担のかからないステンレス金具を使用しているので、長く愛用できるタープです。

スノーピーク ライトタープ ペンタ シールド

センタートップにポールを一本立てるだけで自立する、ユニークな変形五角形のワンポールタープです。
遮光ピグメントPU加工をしているので、通常のタープに比べて強い日差しを防ぐことができます。真夏の暑い環境下の中でも快適に過ごせるタープでしょう。

テンマクデザイン ムササビウイング13ft.TC

タープ周辺でも安心して焚き火ができる、難燃性のあるポリエステル×コットンの混紡生地を使用。
火の粉の穴あきを防ぎます。カーブを描く独特な形状はテントサイトの雰囲気を上げてくれるので、デザインも楽しめるタープです。

Soomloomヘキサタープ 3.25mx3.25m

表面にカビ防止・撥水加工が施されたウイングタイプのタープです。
ポリエステル×コットンの混紡生地なので、雨の日や冬場などタープ下でも焚き火を楽しむことができます。
ウイングタイプなのでテントとの連結もしやすく、広く快適な前室も素早く設営することができるでしょう。

スームルームヘキサタープ レビュー
Soomloomタープはコスパ最強だった!20回以上使ったスームルーム のTCヘキサタープ徹底レビュースームルームのTCタープは、コスパ最強で使い勝手が良く、評判の高い人気のキャンプアイテムです。「スームルームTCタープのスペックを詳しく...

ゆったりと大きめのソロでも使える少人数用のタープ

DOD ヘーキサタープ

厚みのあるポリエステル×コットンの混紡生地を使用しているため、夏のキャンプでもしっかりと日差しを防ぐことができます。
また難燃性がある素材なので、焚き火の時でも安心して使用することができます。
6箇所全ての角にグロメットがついているので、ポールを取り付けることが可能。
様々な形に変形させることができるタープです。

DOD オーマイロンリナイイッツマイライフタープTC

サイドの部分を地面にペグで固定すると、ちょうどソロ用テントの半分を覆うような形状になっています。
取り外し可能なデイジーチェーンベルトが標準付属しており、ポールの位置を外側にずらしてタープを設営することができます。
これによりテントとタープを近づけて張ることができるので、ゆとりある前室空間が作れます。
ポリエステル×コットンの混紡生地なので難燃性があり、焚き火の時にも安心です。
デイジーチェーン付きテント後方のポールに接続できる

DOD いつかのタープ

ファミリーまでカバーできるバランスの良いヘキサタイプのタープです。
本体以外にもすべての付属品が買い足すことなく専用バックに収められているので、軽量でコンパクト。
ソロから少人数まで楽しむことができます。
付属の延長ベルトを使うと、ポールの位置をずらすことができるので、テントとタープを近づけて張ることが可能です。

DOD チーズタープS

全8箇所に、ポールとロープが取り付けられるループ&グロメット付き正方形のタープです。
これにより自由自在、状況に応じてタープを張ることができます。
厚みのあるポリエステル×コットンの混紡生地を使用。夏の日差しもしっかりと防ぐことができます。
また難燃性あるので焚き火の時も安心です。

タトンカタープ TC2

ポリエステル×コットンの混紡生地を使用したレクタタイプのタープです。
表面には撥水加工が施してあるため、雨の日でも安心です。
ポリコットン素材なので通気性や遮光性もよく夏も快適。
また難燃性があるので近くで焚き火をする時にも安心して使用できます。
ポールなし

SABBATICAL マリポサ

最大4人までが快適に使用できる、スクエアタイプのタープです。
四隅を落とし込める設計にしているため、面積を最大限確保しながらも、日差しや雨風の侵入も軽減させることができます。
高強度なポール差込金具と力布テープを使用しており、風の衝撃にも強く、安心して長く愛用できるタープです。

サバティカルタープ マリポサ
サバティカルのタープ【マリポサTC】の評判!特徴やメリット・注意点を徹底解説!これから夏・秋に向けてキャンプを計画する方も多いでしょう。しかし、やはり強い日差しが気になりますよね。 そんな時にはタープを設営してみ...

バンドック【ヘキサ】

最大3人から4人まで使用可能なヘキサタイプのタープです。
ソロキャンプでもゆったりとしたスペースを確保したい方、少人数でのキャンプにおすすめのサイズです。
UPF50プラスUV加工なので、強い紫外線をカット。日中でも快適に過ごすことができます。
付属品のポールが4本つなぎから5本つなぎに変更され、よりコンパクトで持ち運びがしやすいタープです。

コールマン ヘキサライトⅡ

風に強い約ø25mmの強度あるポールを使用しながらも、コンパクトになる6節ポール構造を実現。
ソロから少人数キャンプまで使用可能なヘキサタイプのタープです。UVPRO加工により紫外線を防ぎ、高い耐久性のある生地を使用。
PU防水・耐水圧1200mmなので雨の日でも安心して使用できます。ポール一本には便利なランタンフック付き。

Soomloomヘキサタープ

グロメットが各角に6箇所、間に布テープが6箇所、合計12箇所ループが付いており、形を自由自在に変えられるヘキサタイプのタープです。
ポリエステル×コットンの混紡生地なので、強い日差しも防ぎ、また難燃性にも優れています。
4mサイズなので、ゆとりのソロキャンプから少人数のキャンプまで快適に過ごすことができるタープです。

ペグの長さ選び
ペグの長さや種類の選び方&使い分け!テント・タープにおすすめのペグを厳選紹介!キャンプにおいて、テントやタープを設営する時に欠かせないのがペグ。 付属されているものを使っておけば問題ないでしょ?と思われがちですが...

ソロキャンプタープのまとめ

ソロキャンプでもタープがあるととても重宝します。
また、タープだけでキャンプするタープ泊は最大限にキャンプの軽量化が可能になります。
サイズや形状はスタイルに合わせて検討しましょう。

tc素材タープ おすすめ
ポリコットンタープのおすすめ28選!TC素材でコスパ最強の焚き火に強いタープ!キャンプでくつろぐ時にあると便利なのがタープです。 日陰を作ることができて、お肌に有害な紫外線をカットしてくれます。 お気に入りのア...
パスファインダーアイキャッチ
タープ泊におすすめ!パスファインダーの張り方【図解】DDタープのパスファインダー DDタープのパスファインダー張りはDDハンモック社ジャパンの公式ページにも簡単な設営方法が載っている...
伸縮自在タープポールおすすめ
安いタープポールおすすめ10選!伸縮・長さ(高さ)太さコスパで選ぶ!タープを張る時に重要なのが、タープポール。 タープを購入した時には、ポールが付属されていないものが多いので、ポールを別途購入しなければ...
いつかのタープ 張り方レビュー
DODいつかのタープを徹底レビュー!張り方・アレンジ・小川張りを詳しく解説!キャンプやピクニックで、夏の強い日差しや急な雨を遮るのに便利なのがタープです。 ただ、キャンプ初心者によっては組み立てが難しいという難...
ABOUT ME
nomad-camp
自然が大好きなアウトドア愛好家。 ライターさんの記事の管理やアウトドア関連の情報を発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。