調理用品

キャンプにもオススメ!ビアレッティのレビュー! マキネッタの 使い方・選び方のポイント

ビアレッティレビュー

朝の目覚めの一杯に美味しいコーヒーは欠かせないという方、多いのではないでしょうか。
コーヒーの味わいそのものだけではなく、香り、コーヒーを淹れる工程、ゆっくり味わう時間まで含めて「豊かなひととき」を演出してくれますよね。

それは場所を変え、キャンプであろうと同じです。むしろキャンプ中こそ、新鮮な空気の中で鳥のさえずりを聞きながら、“とっておきのコーヒー”を飲みたくありませんか。

今回は、キャンプでも美味しいコーヒーを妥協したくない方にぴったりの直火式エスプレッソメーカー「ビアレッティ」のレビューを行います。
キャンプ好きの私たち夫婦にとってビアレッティは絶対に外せない一品。キャンプの度に「絶対ビアレッティ忘れないようにしないとね!」とお互い確認し合う位です。

そんなビアレッティの魅力をたっぷり語りつつ、「直火式エスプレッソメーカー」「ビアレッティ」という言葉を聞いたことがない方でも使い方・選び方が分かるようにご説明していきたいと思います!

マキネッタ比較
マキネッタの比較レビュー!使いやすい&美味しいのはどれ?材質・サイズ・メーカーの違いは?マキネッタの使いやすさ、味に惚れこんだわが家は、何と4台ものマキネッタを持っています。その中から、日常的に使用しているのは結局ビアレッテ...

直火式エスプレッソメーカー(マキネッタ)とは?

直火式エスプレッソメーカー・マキネッタはエスプレッソの本場、イタリア生まれです。発売から90年ほど経っており、イタリアでは「一家に一台」と言われるほど生活に深く浸透しています。

様々なメーカーが製造しているマキネッタの中でも、世界中で長く愛され続けているのが老舗ビアレッティ社の製品です。
後ほどご説明しますが、このエスプレッソメーカーで淹れるコーヒー、本当に美味しいですし、エスプレッソ愛好者だけではなく、カフェラテやアメリカンが好きな方にもオススメです。

ビアレッティモカエキスプレス

(本体写真)

ビアレッティの仕組み

マキネッタ 使い方

スッキリした見た目!パーツは3つ構成されています

クルクルっと回すとこのように3パーツに分解できます。
(左)コーヒーの粉を入れるフィルターバスケット
(中)抽出されたエスプレッソが入る部分
(右)水を入れるタンク、です。

ビアレッティの仕組み

水と粉をセットし直火にかけると内部で蒸気圧が生み出されるのですが、その圧力によってお湯が押し上げられ、コーヒーの粉が入ったフィルターバスケットを通り、エスプレッソが抽出されるのです。
初めて見た時には、空だった上部になぜエスプレッソが湧き上がってくるのか不思議で魅了されましたし、何よりもその味に感動しました。

コーヒーの淹れ方

セットして火にかけるだけ!とっても簡単です

いよいよ淹れ方を写真と共にご紹介しますが、いたって簡単・シンプルです。

マキネッタ 使い方

①タンクに水を入れる

少し分かりづらいかれませんが、タンク内部にラインまで水を入れます。(シリーズによってはラインではなくポチッと突起した安全弁である場合もあります)

フィルターに粉を入れる

②フィルターに粉を入れる

ふわっと山盛り程度に入れます。
「濃いめが好きだから」とギュウギュウに粉を押さえつけて入れてしまうと目詰まりの原因になりますし、逆に「半量で作りたい」と粉を少ししか入れていないと、圧力がきちんとかからず薄いコーヒーになってしまうので適量を入れるようにしてください。
ちなみに粉は、細挽きを使用します。電動のエスプレッソマシンに使用するような超細挽きの粉では細かすぎて、これもまた目詰まりの原因となるので使わないようにしてくださいね。

マキネッタ 使い方

③タンクにフィルターをセット

マキネッタ 使い方

④上部をはめ込み、クルクル回してセット

マキネッタ 使い方

⑤ガス台にセットし弱火にかけて数分おく

蓋を閉め、火にかけます。
☆強火でかけないようにしてください。弱火にかけることが美味しいコーヒーを淹れるポイントです。

マキネッタ 使い方

⑥ポコポコの音が聞こえてきたら、もうすぐ出来上がりのサイン
(分かりやすくする為に蓋を開けていますが、普段は閉めっぱなしで淹れます)
数分経つと真ん中にある穴からコーヒーが上がってきて、最後の方は「ポコポコ…」と何とも心地よい音が聞こえてきます。それがおさまったらコーヒーの出来上がり!

いかがですか?難しいことは何一つないですよね。

ビアレッティ淹れ方

ビアレッティの魅力

ビアレッティキャンプ

①とにかく簡単に誰でも美味しいコーヒーが淹れられる

後ほど、写真を交えて使い方のご紹介をさせていただきますが、何も難しい事はありません。粉と水をセットし、直火にかけるだけで、手軽に深みのある美味しいコーヒーが作れます。

②どこへでも連れていけるコンパクトさ

ビアレッティは片手でラクラク持てる軽さ・サイズなのでアウトドアにもピッタリです。できる限り荷物を減らしたいキャンプシーンにも適していると言えます。
以前はフレンチプレスをキャンプに持っていった事もありましたが、ガラス製なので車で移動時などに気を使い、結局、味の面でも携帯のしやすさの面でもビアレッティが1番、という事で落ち着きました。

④他に道具を揃える必要がないのでお金もスペースも節約!

美味しいコーヒーを淹れるのに色々なこだわりの道具を揃える必要があると、初心者にはハードルが高くなりますよね。でも、ビアレッティなら、本体とコーヒーの粉、そして水さえあればOK!と、いたってシンプルです。
キッチンの空いたスペースにちょこんと置いておけばいいだけなので置き場に困らず、インテリアの一部としても馴染みます。コーヒーマシン等を購入するよりも経済的で、スペースも取らないのは魅力です。

④エコフレンドリー

 キャンプを愛する人たちは、自然環境に対しての関心や意識も高いですよね。
「コーヒーを淹れるのに使い捨てのフィルターを使うのはもったいない」という方や、「一つのものを長く使いたい」という方にもビアレッティはオススメです。
 ペーパーフィルターなどを使う必要がない為、海外ではZero Waste(ゴミゼロ)のエコフレンドリーな商品としても評価されていますし、大切にお手入れすれば長く愛用できます。

わが家では、使用済みのコーヒーの粉をゴミにせず、コンポスト(微生物の力で生ゴミなどを堆肥に変えること)の容器に入れ、家庭菜園に再利用しています。
環境に出来るだけ負荷をかけない方法で美味しいコーヒーを楽しめたら最高ですね。

ビアレッティ種類
マキネッタ比較
マキネッタの比較レビュー!使いやすい&美味しいのはどれ?材質・サイズ・メーカーの違いは?マキネッタの使いやすさ、味に惚れこんだわが家は、何と4台ものマキネッタを持っています。その中から、日常的に使用しているのは結局ビアレッテ...

どのビアレッティがオススメ?

ビアレッティから出しているマキネッタは、様々な種類があります。豊富なバリエーションの中から選べるのは嬉しいですが、迷ってしまいますね。

今回は、数あるビアレッティを

  1. 定番の「モカエキスプレス」
  2. クレマを愛する方へ「ブリッカ」
  3. ツヤ感のあるデザインを好む方へ「ヴィーナス」「クラス」
  4. IH対応の「モカインダクション」
  5. 遊び心あるユニークな商品・限定商品

の5種類に分け、それぞれ簡単にご紹介していきます

①ビアレッティといえば、コレ!なモカエキスプレス 初めの一台にぴったりです

迷ったらまずはコレ!なのが、定番中の定番、モカエキスプレスです。1933年の発売から長く愛され、シェア率No.1。なんとイタリア家庭の90%以上がこのモカエキスプレスを持っていると言われ、使いやすく、かつ飽きのこないデザインで長く愛されています。
ニューヨークの「MOMA」美術館に永久展品にも選ばれており、その機能美は折り紙つきです。

②こだわり派の方に、クレマの作れる「ブリッカ」

エスプレッソの表面にきめ細かく滑らかな泡のような層が出来るのを見たことがありますか?これは「クレマ」と呼ばれ、きれいなクレマは美味しいエスプレッソが抽出できた証です。
ビアレッティ製品の中で唯一「ブリッカ」は特殊バルブの内蔵により、このクレマが作れますのでこだわり派の方にオススメです。

③他のビアレッティ製品とは一線を画す「ヴィーナス」「クラス」

他製品がアルミ製なのに対し、ステンレス製の「ヴィーナス」と「クラス」。艶やかで洗練された印象のデザインだけではなく、汚れや錆びにも強く実用的です。肝心の味ですが、アルミ製との味の差は殆どないようです。

④IH対応のモカ・インダクション

ビアレッティの直火式エスプレッソメーカー は基本的にはIHに対応していません。③の「ヴィーナス」「クラス」はステンレス製ですが、IHに反応するためには有磁性ステンレスでなければならないのです。

それでもやっぱりビアレッティでコーヒーを淹れたい、というユーザーの期待に応えるべく発売されたのがIH対応の「モカ・インダクション」。上部がアルミ製、タンクがステンレス製になっています。
ただし日本のIH調理器は、器具のサイズが小さすぎると反応しないようになっている関係もあり、サイズは6カップ用のみです。

⑤他、遊び心のあるデザイン

ベーシックでシンプルなデザインだけではなく、ビビッドなカラーを使用している「レインボーシリーズ」であったり、イタリアンカラーを使いポップな仕上がりのモカエキスプレス…など、遊び心のあるデザインのものもあります。

中でもなんともイタリアらしくユニークなのが、モカメロディシリーズ。
コーヒー抽出時に音楽が流れるのですが、それがサッカーチームの応援歌なのです。インテル、ローマ、ミラン、などのチームから選べます。こんなコーヒーメーカーで淹れたら楽しい気分になれそうですね。

マキネッタのベストなサイズは?

サイズのバリエーションは1〜18cup(大体1カップが50ccです)と豊富なのですが、ビアレッティは構造上、量の調節ができません。例えば4カップ用の物を購入した場合、毎回4カップ分淹れる必要があり、「今日は少なめでいいので2カップ分淹れよう」なんていう事ができないのです。

ビアレッティ種類

1人用、2人用に人気のサイズは?

一般的には1人でしたら1〜3カップ用、2人でしたら3〜4カップ用を選ぶ方が多いようですが、まずは自分(たち)が1回にどのくらいコーヒーを飲むのかを考え、それぞれに合ったサイズ選ぶことをオススメします。
ちなみに2人暮らしの私たちの場合は…というと、何台かマキネッタを持っているのですが中でも毎日使っているのが6カップ用(おおよそ300cc)です。

ビアレッティサイズ

6カップを淹れた際、写真のようにマグカップ2個に入れると半分以下くらい抽出されます。

アメリカンやカフェオレとしても楽しめる

ビアレッティモカ エキスプレス

私たちはエスプレッソとして味わう事は殆どなく、同量程度のお湯か牛乳を入れ、アメリカンやカフェオレとして楽しんでいます。このカフェオレがまた、濃くて美味しいですし、アメリカンも私にとってはちょうど良い濃さ・味わいです。

マキネッタのお手入れは?

ビアレッティ手入れ

洗剤で洗わずにサッと水洗いをします。洗剤を使ってしまうとコーヒーの風味が損なわれてしまうようです。メーカーの取扱説明書でも「水だけで洗ってください」と書かれています。
使用を重ねるにつれコーヒーの香り・油がついていき、より味わい深いエスプレッソを淹れられると言われています。

ビアレッティのパッキン交換と日ごろのお手入れについてはこちらを参考にしてください。

ビアレッティメンテナンス
ビアレッティのパッキン交換・日々のお手入れ方法ビアレッティ前回こちらの記事にて、「簡単に美味しいコーヒーが淹れられ、しかも持ち運びに便利なのでキャンプにオススメ」とご紹介したビアレッ...

まとめ

いかがでしたでしょうか。簡単に深い味わいの美味しいコーヒーが淹れられるビアレッティ。
その魅力や、デイリーユースだけではなく、アウトドア・キャンプにもピッタリな理由が伝わったでしょうか。
「手軽・カンタン」「美味しい」「コンパクト」…と、心からオススメできる商品です。美味しいコーヒーを淹れて、心地よい時間を楽しみましょう!

ABOUT ME
yulip
yulip
海外在住の30代。 元々のアウトドア好きに加え、なかなか里帰りが出来ないので夫とキャンプへ出かけるうち、すっかりキャンプの虜に。ゴキブリに悲鳴あげたりしつつ、キャンプライフを満喫しています!