調理用品

イワタニのマーベラスを徹底レビュー!キャンプ初心者にもオススメ!

マーベラス2 ブログ

キャンプの必需品といっても過言ではないバーナー。
各社から様々なものが販売されており、キャンプを始めたばかりの方にとっては、何を購入すればいいのか悩んでしまうのではないでしょうか?

はじめの1台に、私は自信をもってイワタニのマーベラスをオススメします。
野外でも家庭でも使いやすく、デザイン性にも優れた人気の製品です。
その魅力を細かくお伝えしようと思います。

※このレビューは生産終了になっているマーベラスです。
写真は全てマーベラス2ではありません。
また塗装を自身で加え、色味が変わっております。
その点をご了承ください。

マーベラスはゴトク部が広く、安定感がある

マーベラス ゴトク

アウトドア用のバーナーとして販売されているものの中に、OD缶を使うタイプのシングルバーナーがあります。
シングルバーナーは軽量コンパクトですが、難点は鍋を乗せた時の安定感が悪いことです。
OD缶の底面が狭いので、設置する場所が不安定ですと、のせた鍋が倒れる恐れがあります。
ゴトクも小さく、あまり大きな鍋をのせることができません。

イワタニのマーベラスは設置する面積が広く、どっしりとしていて安定しています。
ゴトク部分もシングルバーナーより広くどんな鍋を乗せても安定感があります。

使い勝手が良く、丁度いいサイズ

マーベラス サイズ

アウトドア用のバーナーにはシングルバーナーのほかにツーバーナーがあります。
ツーバーナーは読んで字の通り、火口が2か所あるので、便利ですが、どうしてもサイズがかさばります。
コンパクトなものも販売されていますが、そのぶん値段が高額になりがちです。

マーベラスは家庭用のカセットコンロとほぼ同じサイズなので、かさばらず、使い方もカセットコンロと同じなので、キャンプ初心者でも感覚的に使うことができます。

OD缶使用でコスパに優れる

マーベラスの燃料には家庭用のカセットコンロと同じCB缶を使用します。CB缶はOD缶よりもコスパに優れています。
メーカーはイワタニ製のCB缶の使用を勧めていますが、CB缶には互換性があるので、100円程度の安値なCB缶を使うことができます。
また、CB缶はスーパーやコンビニなど、色々な場所で手に入るので使い勝手がいいです。

アウトドア仕様のマーベラス!普通のカセットコンロとどこが違うのか?

マーベラス 違い

W風防と多孔式バーナーで風に強い

マーベラス トップカバー

マーベラスのトップカバーは風の吹いてくる方向に立ち上げればそのまま風防になります。
内部には左右にステーがついているので、風のあおりを受けてトップカバーが倒れることもありません。

マーベラス バーナー

さらにバーナーの周りにはリング状の風防があり、W風防で風の影響を受けにくい造りをしています。

マーベラス バーナー

バーナー部にも工夫があります。バーナーの火が出る穴が282個の多孔式になっており、火口を小さく、細かく配置しています。
これにより風が当たっても全ての火口が消えることはないので、屋外での使用も安心です。

持ち運びしやすく、収納上手

マーベラス 持ち運び

マーベラスには取手がついており、家庭用のカセットコンロよりも持ち運びしやすいです。
トップカバーがあるので、移動の際にぶつけてしまった場合もバーナー部分を守ってくれます。

マーベラス 収納

また、縦においても自立するので、収納の幅が広がり、車の空きスペースにもフィットします。

手で回すネジでカンタンに分解できる。

マーベラス 分解

キャンプには定番の肉料理。カセットコンロで肉を焼いた場合、油が飛び散り、掃除に手間がかかってしまいます。
マーベラス2ならばネジを2カ所外すだけで、風防部分とバーナーの周りの基礎部分をカンタンに外せます。
取り外したのちに水洗いできるので、掃除に手間がかかりません。
写真中央にあるネジが反対側にもう1か所あります。

マーベラス 分解

2か所のネジを外すと、バーナーを覆っている周りのプレートと円形の風防が外れます。
裏返すとプレートと円形の風防をつないでいるピンがあります。

マーベラス プレート 取り外し

ピンを外せば、プレートと円形の風防も取り外しが可能です。

ヒートパネル

マーベラス カセットボンベ缶

カセットボンベ缶は使用しているうちに、気化熱で缶自体が冷えてしまい、ガスが気化しにくくなります。
ヒートパネルがあることで、カセットボンベを適度に温め、火力を維持してガスボンベを最後まで使い切ることが出来ます。

スタイリッシュなデザイン

2006年にgood design賞を受賞しています。
無駄が無いスタイリッシュなデザインなので、キャンプ道具の雰囲気を持ちながら、家庭用としても違和感なく使用できます。

マーベラスとマーベラス2の違い

## マーベラス マーベラス2
重さ 約3.0kg 約2.8kg
サイズ 収納時
幅321×奥行き377×高さ109mm
収納時
幅380×奥行き329×高さ110mm
カラー サンセットオレンジ
フレッシュグリーン
シャンパンゴールド
火力 3.5kW(3,000kcal/h) 3.5kW(3,000kcal/h)
連続燃焼時間 約70分 約70分
ガス消費量 約254g/h 約254g/h

火力や連続燃焼時間、1時間当たりのガスの消費量等、バーナーの基本的なスペックに違いはありません。
マーベラスに比べてマーベラス2は横幅が広くなり、奥行きは狭くなっています。また、若干軽量化されていますね。

点火つまみの位置と形状

マーベラス
参照元:amazon

大きく変わった部分は点火つまみの位置と形状です。
マーベラス2はサイドの後ろ側に点火つまみがあります。

マーベラス 点火つまみ

マーベラスはフロント右側に点火つまみがあります。

マーベラスのつまみ部分は作りが甘く、外れたり、破損したりするといった例をよく聞きます。
私の所持しているものも、使っているうちにつまみの爪が折れてしまい、交換しました。

マーベラス2の点火つまみは突起している部分が少なく、破損のリスクを解消しています。

個人的にはフロントにつまみがあるマーベラスのほうが火力調節の際は扱いやすいと思います。

マーベラス2のハンドルは固定式

マーベラス2のハンドルは固定されています。

点火つまみを回す際に、ハンドルが邪魔になるからだと思いますが、マーベラスは本体左側のストッパーを外すとハンドルが下がる仕組みでした。

マーベラス ストッパー

左サイドのストッパーを外せば

マーベラス

つまみをまわすのに邪魔だったハンドルが

マーベラス

下に動きます。

カラーがシャンパンゴールド1色になった

マーベラス2
参照元:amazon

マーベラスはサンセットオレンジとフレッシュグリーンの2色があり、ビビットなカラーでキャンプサイトのアクセントになる雰囲気でした。
マーベラス2のシャンパンゴールドは落ち着いた色目で、どんなキャンプサイトにもマッチする雰囲気になっています。

ちなみに、他にも限定で様々なカラーが販売されているので、気になる方は調べてみてください。
私のように自分で塗装してしまうユーザーも多くいます。

マーベラス2はアクセサリーが豊富

マーベラス ゴトク

マーベラス2には購入時よりゴトクが付属しています。
これは別売りのアクセサリーシリーズのアタッチメントになります。
「網焼きプレート」「鉄板焼きプレート」「焼肉プレート」「たこ焼きプレート」「焼肉グリル」「マルチプレート」等があり、それぞれの下側に溝があるので、マーベラスに付属のゴトクにフィットします。
これらのアクセサリーを使えば、マーベラス2を使ってお湯を沸かすだけでなく、料理のレパートリーがグンと広がりますね。

マーベラス 焼肉プレート
参照元:amazon

中でも焼肉プレートはAmazonでもベストセラーになっており、使い勝手が良く、非常に人気があります。

注意点

マーベラスは文句のつけどころがない良くできたバーナーですが、一つだけ注意点があります。
CB缶を燃料にするので、寒い時期の使用には向いていません。
10℃以下になるとガスが気化しにくくなり、炎が安定しない場合があります。
フォーシーズンの利用を考えているならば、OD缶を使用するバーナーやガソリンを使用するバーナーがオススメです。

まとめ

シングルバーナーのように使い方にコツがいらず、ツーバーナーよりコンパクト。
家庭用のカセットコンロのように気軽に扱うことができ、アウトドア仕様で風に強いマーベラス。
人気が高く、愛用者が多いのにも納得です!

トップカバーを外せば家庭用の大きな鍋を乗せて使うことが出来るのも、汎用性が高くて良いですね。
お気に入りのカラーにDIYで再塗装するのも面白いですよ。
バーナーのエントリーモデルとしてオススメの製品です!