ペグ・ハンマー・ポールなど

ペグの長さや選び方!テント・タープによって必要な長さの違い

ペグの長さ選び

キャンプにおいて、テントやタープを設営する時に欠かせないのがペグ。
付属されているものを使っておけば問題ないでしょ?と思われがちですが、地面やキャンプシーン、テントやタープの大きさなどにより使い方は変わるので、正しく選ぶことが大切です。

正しくペグを選んでいないと、強風でペグが抜けて、最悪テントやタープが倒れたり、飛ばされることも。
また飛ばされたペグで怪我をする危険性もあります。

そこでこちらの記事ではキャンプにおいて正しいペグの選び方を、それぞれのカテゴリーに別けてご紹介します。
最後にはおすすめのペグもご紹介しますので、合わせてチェックしてみてください。

ペグの長さによる使い分け

鍛造ペグ長さ

ペグ選びの最初の重要なポイントとして、長さによる使い分けがあります。
主な長さとしては短いものだと20cmぐらいから、長いものだと50cmぐらいのペグまであります。
以下は各長さごとの使い分け方を説明しています。

20cm前後の長さ軽量コンパクトで持ち運びがしやすい
しかし地面の刺さりも浅いので風に対する抵抗はやや弱い。
ソロやツーリング等、コンパクトなキャンプでの使用向き。
30cm前後の長さ最も平均的で使いやすい長さ
ソロから少人数までオールマイティに使える。ただし大型のテントやタープでは耐久性に不安が残ることも。
40cm〜50cm前後の長さ地面に深く刺さり込む長さなので、風に対する耐久力は非常に強い
ファミリーや多人数の大型テントやタープでも安心して使える。
ただしペグ本体が重くて長いので、持ち運びに不便。

長さが長ければ深く刺さり抜けにくくなるが重たくなります。その反面、長さが短ければ抜けやすくなるが軽量になるので使用するシーンで選ぶことになります。

地面によるペグの選び方

ペグの使用シーン

テントやタープを張る時、場所により様々な地面があります。
地面が安定した芝生のテントサイトばかりではなく、砂利や石の多い硬い地面、また砂浜や湿った柔らかい地面などもあります。
地面に合わないペグを使用するとうまく刺さらなかったり、簡単に抜けたりして危険です。
以下地面ごとにペグの選び方をまとめましたのでご参考ください。

砂利や小石の多い硬い地面

硬い地面 ペグ

硬い地面ではテントやタープを購入した時に付属している、アルミやスチールのペグでは曲がってしまうことがあり、地面打ち込むことが困難なことがあります。
おすすめは石を砕きながら打ち込むことができる、鍛造製のペグです。
曲がることもなく、重量もあるので固定力も抜群です。
硬い地面だと深く打ち込むことは難しいので、長さは30cm程度でよいでしょう。

整備されたキャンプ場などの安定した芝生サイト

芝生サイト ペグ 長さ

キャンプ場などの芝生サイトであれば、地面の状態も硬すぎず柔らかすぎず安定している場合が多いので、テントやタープ等に付属しているペグでもよいでしょう。
ただ鍛造ペグの方が、砂利混じりの地面が硬いテントサイトでも打ち込めたり、強風の時にも固定力があるのでおすすめです。
安定した地面であれば、長さ30cm前後のペグで機能するでしょう。

ビーチサイドの砂浜や雨で湿った柔らかい地面

ペグ 砂浜

柔らかい地面では、短いペグだと地面の表面にしか刺せないので、通常より長い30cm以上のペグがよいでしょう。
材質はアルミやスチール製で、抵抗力のあるV・X字やU字のものがおすすめです。
砂浜のようなテントサイトであれば面積が広いプラスチックペグなどもおすすめです。
鍛造ペグのような丸型で硬い材質のものは、柔らかい地面にうまく固定されず抜けやすいので注意しましょう。

キャンプシーン別によるペグの選び方

ファミリーキャンプなど多人数でのキャンプ

ファミリーや多人数でのキャンプになると、テントもタープも大型になるので、固定力が重要なポイントになります。
結論、強度も固定力もある鍛造ペグがおすすめになります。
重量がある鍛造ペグでも、ファミリーキャンプだと自動車での移動が前提になるので、重さも気にならないでしょう。
2ルームテントなど大型のテントは風の抵抗も大きくなるため、長さ30cm前後の鍛造ペグの使用がおすすめです。
またタープに関してもレクタタープやスクエアタープ等大型のものが多くなり、テントよりさらに風の抵抗も大きくなるので、長さ40cmから50cmあたりの鍛造ペグの使用がおすすめです。

ファミリーやグループキャンプにおいては、長さ30cmから50cmまでの鍛造ペグを揃えておくと便利でしょう。

ソロやツーリングキャンプ

●	ソロ ツーリングキャンプ ペグ 長さ

ソロやツーリングキャンプではテントも小型になり、風の抵抗も少なくなるので長さ20cm前後のペグでよいでしょう。
硬い地面も打ち込める鍛造ペグもおすすめですが、重量が増すので軽量のアルミ合金やチタン製のペグでもよいでしょう。
固定力のあるV字やX字形状のものがおすすめです。
タープの使用時はヘキサタープやウイングタープ等、面積が小さいものになるので長さ30cm前後あればよいでしょう。

登山や軽量系バックパックキャンプ

バックパックキャンプ ペグ 長さ

登山や軽量系のバックパックキャンプではタープは持たず、テントも小型で軽量のため長さ20cm前後のペグで十分でしょう。
材質も鋳造ペグは重量があるので不向きで、軽量のアルミ合金やチタン製などのペグがよいでしょう。
V字やX字形状のものを選べば固定力も高くなるのでおすすめです。
ただし硬い地面では曲がりやすくなるので注意が必要です。

おすすめキャンプペグ
キャンプのペグおすすめ10選【おしゃれ・安い・強固】キャンプ道具の中ではあまり目立たない存在のペグですがキャンプ初心者の方でもアウトドアの機会を重ねるごとに目立たない存在であったはずのペグ...

シーン別おすすめのペグのご紹介

最後にキャンプシーン別でおすすめのペグを8選ご紹介します。
キャンプで幅広く活躍する鍛造ペグからソロ・ツーリング・登山用や砂地向きのペグまでを一気にご紹介します。

キャンプサイトから硬い地面でも安心の固定力、おすすめ鍛造ペグ3選

鍛造ペグ

オールマイティーに使えるのが鍛造ペグです。
貫通力があるので硬い地面でも使えます。
重さとコスト面がデメリットとなります。

長さ選びのポイント

  • 小型のテントであれば20cm
  • 大型のテント 小型のタープであれば 30~40cm
  • 大型のタープ 40~50cm
  • 砂浜など地盤が緩い場合 50cm~

スノーピーク(snow peak) ペグ ソリッドステーク

金属加工品の産地として有名な新潟県の「燕三条」に伝わる鍛造製法で作られたベグです。
どんなに硬い地面でもしっかりと打ち込むことができ、テントやタープをしっかりと固定することができます。
万が一曲がってしまった時も、叩いて直すことができるので消耗品ではなく、長く愛用できるペグです。
フックには穴が空いており、専用のハンマーを引掛けると地面から抜きやすい設計になっています。

ソリットステークの長さのラインナップ
ソリッドステーク
R-102
ソリッドステーク
R-103
ソリッドステーク
R-104
ソリッドステーク
R-105
20cm30cm40cm50cm
75g180g330g540g
太さφ6mm太さφ8mm太さφ10mm太さφ12mm
amazonamazonamazonamazon

エリッゼ(ELLISSE)鍛造ペグ エリッゼステーク

金属加工品の産地として有名な新潟県の「燕三条」で作られたペグです。
丸い鋼材を約1100℃になるまで熱し、約1トンという強力な力で一気に断面を楕円形に潰した鍛造ペグです。
楕円にすることにより、砂利や石の硬い地面でも入り込みがよく、クルクルとペグが回らずに固定することができます。
またロープの引っ張り負荷がかかる方向に、強度が高い設計になっており、耐久性も抜群です。
1000時間以上の塩水噴射にも耐えるカオチン電着塗装が施されてあり、防錆性能にも優れています。

エリッゼステークの長さのラインナップ
エリッゼステーク
MK-180K
エリッゼステーク
MK-280K
エリッゼステーク
MK-380K
18cm28cm38cm
77g190g346g
太さ6×7mm太さ9×7mm太さ9.5×11mm
amazonamazonamazon

【 i-WANO 鍛造ペグ 日本製 】 岩野ペグ (30cm / 8本セット) 防錆塗装 ヘッドが大きく打ち込みやすい カチオン電着塗装

70年以上の歴史と実績がある日本の鍛造工場で、プロの職人が一本一本丁寧に生産したペグです。
和釘をモデルにした角柱タイプで、硬い地面でもグングン打ち込むことができます。
また丸柱タイプ違い、クルクルと回ってしまうことがないので、固定力も抜群です。
カオチン電着塗装が施されてあるので、河原や海辺、雨の日の使用でも優れた防錆性能を発揮します。
ペグ穴にもう一本のペグを差し込み、90°回すだけで簡単に抜けるので、撤収時もストレスフリーなペグです。

鍛造ペグほどではないが軽量でそれなりの貫通力・固定力

ユニフレーム ペグ

軽量で貫通力を求めるならユニフレームのステンレスペグやジュラパワーペグがおすすめです。

UNIFLAME ジュラパワーペグ 250

一本あたり39gと超軽量を実現しながらも、ジュラルミン素材を使用し高強度を実現。
直径8mm平打ち加工で強度をアップしているので、固定時にも折れ曲がらず、ペグが空転しにくくなっています。
ヘッドには独自の曲げ加工が施してあり、打ち込み時の力のロスを軽減することができる仕様になっています。
軽量かつ耐久性が気になるソロやツーリングキャンプにはぴったりのペグでしょう。

UNIFLAME パワーペグSUS 200

コンクリートブロックを打ち抜いても曲がらないほどの貫通力を持つ、ステンレス製のペグです。
ステンレス製なので扱いやすく、河原や雨の後の濡れた路面での使用でも錆びることがありません。
キャンプ場によっては硬い地面が心配、また鍛造ペグを持ち運ぶまでもないようなソロキャンプシーンにて、使いやすいペグでしょう。

ソロやツーリングキャンプ、登山等でおすすめの軽量チタンペグ

軽量・コンパクトなペグを必要ならアルミやチタンがおすすめです。
アルミは貫通力は劣りますが形状によって固定力を持たせています。比較的安いのも嬉しい点です。
チタンペグは貫通力も軽量性・固定力も備わった使いやすい素材です。
長さの種類も多く販売されていますので目的に合った長さを選び使用すると良いです。
最近では安いチタンペグが販売されているので是非チェックしてみてください。

Soomloom ペグ チタン製 固定ロープ付き テント用 タープ用20㎝ 3本/4本/8本/16本セット

チタン合金を採用しているため、軽量かつ高硬度で錆びにくいペグです。
一般的なアルミニウムやスチール製のペグに比べて、強度が倍以上になるため、打ち込み時にも折れ曲がりにくくなっています。
多少地面が硬い場所でもしっかりと打ち込むことができるでしょう。
チタンは耐食性にも優れているので、雨の日や河原、浜辺といったところでも安心して使用することができます。
打ちやすい円柱形のヘッド、抜き出しやすいU字型デザイン、夜光ゴムロープ付き等、細部までこだわったデザインになっています。

安い おすすめチタンペグ 中華
おすすめのチタンペグ4種類!長さ・重さ・安さを比較!デメリットはある?軽くて強固なチタンペグをおすすめ紹介! 注目のSoomloomやBoundless Voyageなど9種類のチタンペグの一本当たりの金額をコスパ計算して表にしています。デメリットもあるのでその点も紹介。...

登山等でおすすめの軽量アルミペグ

登山 アルミペグ

従来モデルよりもさらに軽量化、重量わずか13gを実現。強度の高い7075シリーズのアルミ素材を使用しているので、折れにくく扱いやすい仕様となっています。断面はY字なので地面との摩擦抵抗もよく、小型ながらしっかりと固定することができます。
少しでも荷物を軽量化したい登山やバックパックキャンプにはおすすめのペグです。

MSR  グラウンドホグ ステイク Y字型

従来モデルよりもさらに軽量化、重量わずか13gを実現。強度の高い7075シリーズのアルミ素材を使用しているので、折れにくく扱いやすい仕様となっています。断面はY字なので地面との摩擦抵抗もよく、小型ながらしっかりと固定することができます。
少しでも荷物を軽量化したい登山やバックパックキャンプにはおすすめのペグです。

TRIWONDER ペグ 10本 V字 Y字 軽量 ステーク18/25cm 3色 テント タープ部品 収納袋付き

高強度のアルミ合金を採用しているので、折れ曲がりにくく、軽量かつ耐久性に優れたペグです。
アルマイト加工が施されているので、耐食性にも優れ、雨の日や河原や海辺でも安心して使用することができます。
三角の断面が打ち込み時の空転を防ぎ、打ち込んだ時にもしっかりと固定されるようになっています。
ソロ、ツーリング、登山系の軽量キャンプにはおすすめのペグです。

Azarxis ペグ 18cm 25cm アルミ テントペグ ステーク

高強度の7001アルムニウムを採用しているので、軽量かつ丈夫で折れ曲がりにくいペグです。
断面がY字とV字の2モデルあり、土と接する面積を大きくしているので抜けにくく、柔らかい地面でも使用することができます。
ペグの頭の部分に反射材入りの紐がついており、夜の視認性と安全性を確保しています。
専用の収納袋にペグをまとめることができるので、持ち運びの多いツーリングや登山系のキャンプにおすすめです。

ビーチサイドなどの柔らかい砂地のキャンプサイトでも使えるペグ2選

プラペグ 長さ 砂浜

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ペグ 38cm テント・タープ部品 PC. サンドペグ プラスチックペグ

約38cmと長尺で、砂地での使用に最適なプラスチック製のペグです。
X字型の設計で接地面も広いので、柔らかい地面でも固定しやすくなっています。
浜辺でタープを張ったり、ビーチサイドでのキャンプ等には、錆びずに気軽に持ち運びができて便利です。
ただし硬い地面に打つことは難しいので、使用時には注意が必要です。

TRIWONDER ペグ U型 アルミ合金 軽量 ステーク ビーチ キャンプ 雪 バックパック旅行 ハイキング用

高硬度のアルミニウム合金を採用した、砂地や雪地でも使用することができるU字型のペグです。
約31cmと長尺、幅が広いU時型のペグで、間に穴が6つほど空いており、柔らかい地面でも接地面をしっかり確保して使うことができます。
表面は陽極酸化でコーティングしてあるため耐食性があり、浜辺などでも安心し使用できます。
約52gと軽量で重ねて収納することができるので、かさばらず持ち運びがしやすいペグとなっています。

ペグハンマー おすすめ
キャンプのペグハンマーおすすめ9選!コスパの良いハンマー選び!安いハンマーはどう?キャンプのペグハンマーはテントタープを設営するのにとても重要なアイテムの一つです。 優れたペグハンマーを使うと固い地面でもペグを打ち込...
関連記事