ブッシュクラフト

安いおすすめのチタンペグ!中華製でも使える!曲がる?長さは?

安い おすすめチタンペグ 中華

ペグは、キャンプをする際に必ず必要になるギアの1つです。
テントやタープを購入した際、付属品としてついてくることも多いですが、付属のペグは品質が低いことが多く

「ペグを打ってみたけど、地面が固くて入らなかった」
「まだ1回しか使っていないのに、曲がってしまった」

ということはめずらしくありません。
そのような場合、しっかりとしたペグを購入する必要がありますが、ペグはとても多くの種類があります。

その中でも注目されているペグが、チタン合金製のペグ。
そこで、今回はそれぞれの素材のペグの特徴やチタンペグのメリット・デメリットや軽くて頑丈な、おすすめチタンペグをご紹介します。

ペグの必要性

チタンペグ ブログ

ペグとは、キャンプや登山などのアウトドアで使用する、杭のことでテントはそれだけで自立するものも多いですが、風の強い海辺や山間部では、荷物を置くだけでは飛ばされてしまいます。

そのために固定するものが「ペグ」です。
ペグが刺さらなかった場合は、テントやタープを立てられない場合もあるため、ペグは非常に重要なアウトドアギアです。

砂利や砂地、岩が多い場所など、地面のコンディションは様々です。
ペグも地面のコンディションによって使い分けるため、素材や形状、長さが異なる様々なペグがあります。

それでは、それぞれのペグの素材や形状の特徴を解説していきます。

チタンペグの長さと太さはどうやって選ぶ?

チタンペグ 
長さ

チタンペグも他の素材のペグと同じように、様々な長さ、太さのペグがあります。
ここではペグを購入する際に考える、ペグの長さと太さについて解説します。

チタンペグのペグの太さ

ペグの太さを考えた場合、地面の状況が重要になってきます。
岩が多いような場所では、太いペグを使用すると岩に当たってしまうために打ちにくいです。
そのため、そのような場所では細いペグを岩の間を縫うように打ち込むといいでしょう。

一方、地面が砂地だったり、ぬかるんだ場所はペグがとても抜けやすい地面です。
そのような場所では、太めのペグが役に立ちます。
設置面積が多いため、太いペグを打ち込むと安定します。
全てのペグを太いペグにせずとも、何本かを太いペグにするだけでも安定します。

チタンペグのペグの長さ

ペグは長ければ長いほど、地面との接地部分が増えるので、抜けにくいペグとなります。
しかしもちろん、その分保管の際に場所を取ることになりますし、重量も重くなり、設営時に地中に埋める部分が長くなるので、手間もかかります。
そのため、必要以上に長いペグを購入する必要はありません。

テントとタープを比べた場合、タープの方が風に煽られることが多いので、テントよりもタープに長いペグを使うことが一般的です。

ペグの形状や地面の固さにもよりますが、テントに使用するペグは20cm~30cm。
タープに使用するペグは、30cm~40cmという長さで大丈夫です。

ただし、大きなタープを使う場合は、その分風を受ける力が強くなりますので、長いペグを使用する必要があります。

また、地面が砂地だったり柔らかい土の場合は、ペグも抜けやすくなるので、それぞれ10〜20cmほど長いペグ(テント30〜40cm、タープ40〜50cm)を使いましょう。

比較的地面が固いオートキャンプなどにしか行かないという場合は、40〜50cmのペグは使うことは少ないのではないかと思います。

チタンペグの素材、チタン合金について

チタンペグ

チタンの特徴は「軽くて硬い」です。
お店に行った際に、実際に手にとっていただけるとわかりますが、他の金属に比べるととても軽いです。
そしてチタンのいいところは、軽いのにとても頑丈だということです。
チタンはその頑丈さから、航空機や自動車のエンジンなどにも使用されるほどです。

そしてさらに、チタンはとても錆びにくい素材です。
ステンレスが錆びにくい素材とされていますが、ステンレスよりも圧倒的に錆びにくいです。

そんな3拍子揃ったチタンの唯一のデメリットは、値段が高いことです。
チタンはとても頑丈なため加工が難しく、値段は高めになってしまいます。

しかし、チタンペグがあれば、固い地面でも問題なくペグを打ち込むことができます。
普段は他の素材のペグを使い、地面が固かった時に備えて、チタンペグを持って置くことをおすすめします。

チタンペグは重さが軽く、荷物にならない上に、錆びないため、普段は車に積みっぱなしでも問題ありません。

チタンペグのデメリット

チタンペグ デメリット

チタンペグは軽くて強度があり錆びにくいと良い面が多いですが値段が高いのがネック感じる人が多いと思います。
値段は唯一のデメリットと言えるかもしれません。

チタンペグの重さ・太さ・コスパを比較

  • 鋳造ペグ【エリッゼステーク】
  • 日本製チタンペグ【エリステ64チタン】
  • 中華製チタンペグ【Boundless Voyage】のフック付きとフックなし
  • 中華製チタンペグ【Soomloom ペグ チタン】

の重さや太さを比較してみました。
金額に関しては変動がありますので参考程度にお願いします。

  長さ 太さ 重さ 1本あたり
エリッゼステーク 鍛造ペグ 18cm 6×7mm 75g 330円
エリッゼステーク 64チタン 20cm 6.8×8mm 40g 990円
Boundless Voyage チタンペグフックなし 16.8cm 直径5mm 15g 325円
Boundless Voyage チタンペグフックなし 20cm 直径5mm 18g 344円
Boundless Voyage チタンペグ フックあり 20cm 直経7mm 38.5g 487円
Soomloom チタン製ペグ 20cm 直経7mm 40g 371円
Boundless Voyage チタンペグ フックあり 30cm 直経8mm 71.5g 650円
Soomloom チタン製ペグ 30cm 直経8mm 70g 692円
エリッゼステーク 鍛造ペグ 28cm 9×7mm 192g 363円

金額はそれぞれAmazonもしくは公式ページのセット価格の値段を目安に算出しております。
また、アマゾンでは値段の変動がありますので参考値としてお考え下さい。

チタンペグは曲がるのではないか?

チタンペグ 曲がる

短いチタンペグは軽量を求めるとかなり細くなるので打ち込み時に大きくて硬い石にぶつかると曲がる可能性もありますので不安な場合は太さを重視して選んだ方が良いです。

太さ5mmの細いチタンペグでも流石に素手では曲げることができませんでした。

チタンペグはバックパックキャンプや登山におすすめ

チタンペグ 登山

バックキャンプや登山などでソロキャンプをする場合はこのチタンペグがとてもお勧めです。
ソロサイズのテントやタープでは長いペグは不要なのでかなりの軽量化になるのは間違いないです。

中華のチタンペグBoundless Voyageを使ってみた

中華製のチタンペグの中でも人気の高いBoundless Voyageのフックがある24cmのタイプとフックがない16.8cmの2種類を試しに使ってみました。

チタンペグ 24cm

打ち込だ感じはそれぞれエリステよりも細いためかエリステよりもスムーズに入っていく感じで非常に打ち込みやすさを感じます。

中華チタンペグ

当然、テンションをかけてもで抜けることはありません。

チタンペグ 抜ける

エリステよりも細いペグではありますが、先端の方にある3ヶ所の溝が地面との摩擦

チタンペグ テント

フックがないタイプは、ロープやループが滑って外れる心配がありましたが、テントであれば問題なく使えます。

ただし、登山などの風が強い場所で想定する場合は、強い風にテントが煽られることによりペグが回ってしまうかもしれません。
フックがあるタイプであれば、フックが地面に刺さることによりペグが回ることを防いでくれますので、登山使用の場合は、フックありの方がいいでしょう。

チタンぺグ タープ

一応、くぼみとペグに結ばれているロープで引っ掛かってはいますが、少し不安はあります。

チタンペグ 長さ

使えなくはないですが、安全に関わることなので、タープのメインポールでのペグで使用するのはやめておいた方が良さそうです。

チタンペグ ロープ

細いロープの方が、窪みにしっかりハマる感じがするので、ズレにくそうです。

チタンペグ 曲がる

フックがない場合、抜く際にテンションをかけづらく心配でしたが、ロープを引っ張ればすんなりと抜くことができるので、心配はいりません。

おすすめチタンペグ4選

軽くて頑丈で錆びない。とにかくペグとしての性能が高いチタンペグ。
そんなチタンペグのおすすめ商品をご紹介します。

  • Boundless Voyage チタンペグソリッド
  • Soomloom チタンペグ
  • エリッゼ(ELLISSE) 鍛造 64チタンペグ エリッゼステーク 200mm MK-200TI
  • テンマクデザイン チタンペグ

Boundless Voyage チタンペグソリッド

最初にご紹介するのは、中国メーカーのBoundless Voyageのチタンペグです。
チタン製品に強みを持っており、様々なチタン製品を販売しているメーカーです。

長さは20cm、24cm、30cm、35cm、40cmの5種類となっています。
Boundless Voyageのペグはとてもシンプルな作りになっているため、1本の長い棒に少しフックが付いているという形状です。
そのため、とても軽く、重さは20cmのもので38.5gしかありません。

また、フックにはロープが付いているため、抜く際に簡単です。
このロープには反射材が入っており、暗い中でもペグの場所を把握することができるので、ペグにつまずいてしまうこともありません。

Soomloom チタン製ペグ

アマゾンで大人気のチタンペグとなっているのが、中華メーカーSoomloomのチタンペグです。
こちらのチタンペグは、前述したBoundless Voyageのペグよりも少し太くなっているため、さらに強度が高くなっています。
失くしたりしなければ、半永久的に使える商品となっています。
この商品もロープには反射材が入っているため、夜間でも見つけやすい商品となっています。

エリッゼ(ELLISSE) 鍛造 64チタンペグ エリッゼステーク 200mm MK-200TI

村の鍛冶屋は、エリッゼステークという、スノーピークのソリッドステークとペグ人気を争っているペグを販売している日本のメーカーです。
そんな村の鍛冶屋が、医療用として広く普及している64チタンを使い、作ったペグです。
従来のエリッゼステークと同じ強度を保ちながら、45%の軽量化に成功しました。

このペグはフック部分がないので、あらかじめペグに紐を通しておくか、別売りの引き抜き工具が必要になるので、ご注意ください。

テンマクデザイン チタンペグ

アウトドアショップ、WILDー1の自社ブランドである、テンマクデザインからも、チタンペグが販売されています。
16.5cmのものと30cmの2種類を販売しています。30cmのチタンペグでは、テンマクデザインから販売されている、」大型タープにも耐えることができる強度です。

また、ウッドストーブなどの脚の固定用としても使用できます。

チタンペグ以外の素材の特徴

ペグには、アルミ、スチール、チタン、プラスチックなど、さまざまな種類の素材を使ったペグがあります。
それぞれの素材により、メリット・デメリットがあるので、長所と短所を理解し、自分のキャンプスタイルに合ったペグを選びましょう。

プラスチック

プラスチックのペグのメリットは、安くて軽いことです。テントを買った際に、付属のペグとして、プラスチックのペグがついてくることも多いです。

地面が芝生や、湿った柔らかい土の場合には、プラスチックペグの使用が最適です。しかし、プラスチックでできているので、強度は高くありません。

したがって、固い地面や岩がある地面では、全く役に立たないこともあります。
また、ペグをハンマーで打ち込む際も壊れやすいので、ハンマーは金属製のものではなく、プラスチックやゴム製を使いましょう。

アルミ

アルミペグの特徴も、軽いことです。プラスチックほどではないですが、金属のペグの中では、価格も安いペグになります。

アルミペグも、柔らかい地面に適していますが、固い地面では曲がってしまうので、固い地面では使わないようにしましょう。

ペグを地面によって使い分けるために、いくつかの書類のペグを持っている方もいます。
プラスチックペグとアルミペグは特徴が被ってしまっているため、購入する場合はどれか一方のみにしましょう。

スチール

スチールペグの特徴としては、ずっしり重くてそれなりの強度があることでしょう。前述したプラスチックやアルミのペグよりも、強度は高いです。

スチールのペグは重いです。車でオートキャンプに行く際は問題ではありませんが、公共交通機関を使って行く場合や、車からテント場まで距離があるキャンプ場などでは、不便に感じるかもしれません。

ステンレス

続いてご紹介するのは、ステンレスのペグです。ステンレスペグの特徴は、強度が高いことです。オートキャンプ場や野営に適している場所であれば、ステンレスペグがあれば十分です。

また、ステンレスペグの特徴として、サビにくいという特徴があります。
ペグは雨で濡れたり、泥を落とすために洗ったりします。そのため、しっかりメンテナンスを行わないと、錆びてしまうことも多いので、メンテナンスがめんどくさいという方は、ステンレスペグを選ぶといいでしょう。

エリステアルティメットゴールド
個性的でタフな最強ペグ!エリッゼステークアルティメットゴールド28センチアウトドアギアの中ではあまり目立たない存在のペグ。私自身は最近までプラスチック製のものや、テントを購入した際に付属してきた簡易的なものを...

まとめ

ペグはテントやタープを固定するために、必要となってくるアイテムです。
テントやタープがしっかりと固定されていないと、「突風の際に、焚き火をしているところにタープが倒れてくる」ということも起こりかねません。

安全に楽しくキャンプを過ごすために、ペグはしっかりとしたものを選びましょう。

おすすめキャンプペグ
キャンプのペグ選び【おしゃれ・安い・強固】オススメのペグ10選!キャンプ道具の中ではあまり目立たない存在のペグですがキャンプ初心者の方でもアウトドアの機会を重ねるごとに目立たない存在であったはずのペグ...
キャンプ ペグハンマーケースおすすめ
ペグ・ハンマーケースおすすめ7選!ペグやハンマーの入物にぴったり専用ツールボックス皆さんはペグやハンマーを普段どのように収納していますでしょうか。 ソロキャンプを楽しまれる方は基本的に小型のテントを使われるので、ペグ...
関連記事