ポータブル電源

エコフローEFDELTAレビュー!大容量・高速充電・高出力

EFDELTA ポータブル電源

ポータブル電源はキャンプや災害時に役立つ便利なアイテムです。
その中でも大容量で多機能な「EcoFlow(エコフロー)」の「EFDELTA」は2020年の発売以来、根強い人気があります。

「EFDELTAが気になるけど、特徴を詳しく知りたい」「利用する上でのメリットやデメリットが気になる」など、EFDELTAが気になっている・購入を検討しているという方も多いのではないでしょうか?

今回は、「EcoFlow(エコフロー)」の「EFDELTA」について、その特徴や基本スペック、メリット・デメリットなど徹底解説するとともに実際に使用してみて感じたことをお伝えます。

ぜひ最後まで読んで、ポータブル電源選びの参考にしてくださいね。

「EcoFlow(エコフロー)」の「EFDELTA」の特徴は?

EFDELTA 特徴

EFDELTAは、1260Whの超大容量バッテリーと合計最大1600Wの高出力・ハイパワーが魅力のポータブル電源です。
また、ACコンセントを利用した場合に、1時間で約80%の充電が完了し、2時間以内でフル充電ができるハイスピード充電もEFDELTAの特徴でしょう。
キャンプや災害時にマルチに活用できるハイパワーで多機能なポータブル電源だということは公式のスペックでも確認できます。

まずは、基本スペックと共におすすめのポータブル電源「EFDELTA」の魅力をたっぷりお伝えします。

セット内容

EFDELTA内容物

まずは、「EFDELTA」のセット内容をご紹介します。

EFDELTAセット内容
  • EFDELTA本体
  • EFDELTA専用カバー
  • MC4 to XT60ケーブル
  • ACケーブル
  • シガーソケットケーブル
  • ユーザーマニュアル

以上6点がセットになっています。

EFDELTA カバー

専用カバーが付属するため、保管にも便利です。

サイズ・重量

「EFDELTA」のサイズは約400mm×210mm×270mmです。
大容量バッテリーですが本体はコンパクトで保管に場所を取りません。

EFDELTA 重量

重量は約14kgと少し重め。
大容量バッテリーを搭載しているため、多少の重量は仕方ありませんが、女性でも持ち上げれる重さです。

長い距離を持ち運ぶならキャリーワゴンなどあった方が良いですね。

デザイン・カラー

カラーはブラックの一色のみ。
ブラックとシルバーのシンプルなカラー・デザインが特徴です。

efデルタ キャンプ

落ち着いた色味とシンプルなデザインは、どんなキャンプサイトにも馴染むでしょう。

正面に集約したポータブル電源が多い中EFDELTAは入出力のポートは3面にそれぞれ分かれています。

液晶ディスプレイ EFDELTA

正面のバッテリー残量が確認できる大きな液晶ディスプレイも特徴です。

液晶ディスプレイでは、バッテリー残量の他に想定利用時間や出入力数・周波数の確認ができ、とても見やすくて非常に便利です。

価格

公式の税込価格は139,500円です。
1000WHクラスのポータブル電源としては容量や機能面も充実しているため、総合的に考えてコストパフォーマンスはいいでしょう。
Amazonや公式では、期間によって割引価格での購入が可能です。

スペック

EFDELTA スペック

「EFDELTA」の基本スペックをご紹介します。

容量 1260Wh
定格出力 1600W
バッテリータイプ リチウムイオン
充電温度 動作温度:-20℃~45℃
充電温度:0℃~45℃
入力電圧 AC充電:100V AC(最大1200W)
ソーラーパネル充電:10-65V DC 10A(最大400W)
カー充電:10-65V DC 10A(最大400W)
対応周波数 50/60Hz
充電回数 800サイクル(残存容量80%想定)
製品サイズ 400×210×270mm
製品単体重量 14.0kg

給電ポート

出力

最大13口の同時給電が可能です。

出力ポート
  • AC出力→6口
  • USB-A→4口
  • USB-C→2口
  • シガーソケット→1口
  • DCプラグ→0口

計13口

給電ポートに関しては十分すぎる種類と数ではないかと思います。

しいて言えば「EFDELTA」はDCプラグがないため、どうしても必要であれば少し容量が落ちますがDCプラグ付きの「DELTA mini」も合わせて検討することをおすすめします。

また、「EFDELTA」はスピード充電も魅力のひとつ。
ACコンセントを利用した場合、1時間で80%、2時間内でフル充電が完了するため、使い勝手は非常にいいでしょう。

キャンプの当日にあわてて充電をしても十分に間に合います。

頻繁にキャンプや車中泊など行く人にはかなりおすすめの性能です!

ソーラーパネルでの充電機能も!

ソーラーパネルを利用した場合は、日照条件や設置条件にもよりますが4~8時間(110Wソーラーパネル4枚利用)カー充電の場合は、10~12時間で充電ができます。
利用場所や条件に合わせて充電方法を選択しましょう。

キャンプにおすすめのポータブル電源
【2022】キャンプ・車中泊におすすめ!700whクラスのポータブル電源5機種徹底比較キャンプや車中泊用にポータブル電源を購入したいと考えている人は近年少しずつ増加傾向にあります。 キャンプブームの影響で幅広い層から...

「EFDELTA」を利用する4つのメリット

「EFDELTA」の特徴や基本スペックについて解説しましたが、利用する上でどのようなメリットがあるのでしょうか。
具体的な利用方法と合わせて、メリットを4つご紹介します。

メリット①1260Whの大容量バッテリー搭載

大容量バッテリー デルタ

「EFDELTA」の最大の魅力は、なんといっても1260Whの大容量バッテリーです。
1000Whクラスのポータブル電源をお探しで「とにかくバッテリー容量が大きいものが欲しい」という方におすすめ!
スマホ充電は100回以上、LEDランプ(10Wh)は36時間、ノートPC(60W)においては16時間利用が可能です。
キャンプで電化製品を長時間利用でき、災害時にも役立つ、頼もしい一台です。

EFDELTA 電気毛布

キャンプで電力量が必要とされる電気毛布であれば設定温度【強】の電気毛布2枚を11時間使用することができました。
(室内平均温度15℃)

EFDELTA 電気毛布温度推移

屋外での検証

ポータブル電源 電気毛布
電気毛布が一晩使えるポータブル電源!容量や消費電力・使用時間を検証数年前までは、寒い時期のキャンプで電気毛布を使いたい時には電源サイトが必須でした。 しかし、最近ではポータブル電源の性能向上と容量が大...

メリット②定格出力1600Wの高出力・ハイパワーモデル

高出力 EFDELTA

定格出力1600Wのハイパワーも「EFDELTA」のメリットです。
家庭のさまざまな電化製品が利用でき、同時利用も可能になります。
自宅にある使い慣れた家電をキャンプでも問題なく利用できるため、キャンプがより便利に快適になるでしょう。
災害時など、もしもの時に家電がいつも通り使える安心感もありますね。

家庭内にある高出力家電の例

電子レンジ 1000W
ホットプレート 1300W
ドライヤー  1200W

EFDELTA ホットプレート

ホットプレートが使えるので庭やベランダに持ち出してお好み焼きや鉄板焼きが楽しめますね。

ドライヤー EFDERTA

キャンプや車中泊でのドライヤーも余裕で使えます。

DIY EFDELTA

また、DIY系の電気工具も動かすことが可能です!

メリット③2時間でフル充電可能!驚きのハイスピード充電

充電が早い

先ほどもご紹介しましたが「EcoFlow(エコフロー)」の独自技術「X-Streamテクノロジー」が搭載された「EFDELTA」のハイスピード充電はかなり便利な機能です。
ACコンセント充電の場合、1時間で80%、2時間以内にフル充電が完了します。
「充電がとにかく早くて助かる」「あっという間に充電が終わる手軽さが嬉しい」など口コミ評価も高く、ユーザーの満足度も高い機能です。

上の図でもあるように一般的なポータブル電源の多くは大きなアダプター付の充電器で充電を行いますがEFDELTAはご覧のようにアダプターがなく配線一本で充電できます。

充電 アダプター

アダプターがあると配線の収納がかさばってしまいますが配線のみなのでコンパクトに収納できる点も嬉しい点ではないでしょうか。

メリット④充電方法が選べる

走行充電 EFDELTA

「EFDELTA」には3つの充電方法があります。
ACアダプタ、シガーソケット、ソーラーの3種類で、利用状況などによって使い分けることもできるため、さまざまな場所で多目的に利用したい場合には非常に便利です。
災害時でACコンセントを利用した充電ができないときでもソーラーパネルを利用した充電があれば、問題なく充電ができる安心感もあるでしょう。

「EFDELTA」を利用する3つのデメリット

大容量で多機能な「EFDELTA」は利便性が高い人気のポータブル電源ですが、もちろんデメリットもあります。
利用方法によっては、不便に感じることもあるため、購入前にはメリットと合わせて必ず確認して下さいね。
ここでは、大きく分けて3つのデメリットをご紹介します。

スマホアプリ対応機種ではない

efdelta アプリ

最近のエコフロー製品は専用アプリに対応していますが「EFDELTA」は残念ながら専用アプリに対応していません。
とは言えポータブル電源本来の使用方法としては問題なく使用できますし簡単な操作は各種のボタンで行えます。
スマホを利用して、より便利に快適に利用したい方にはスマホ対応のおすすめします。

入出力ポートが分散している

「EFDELTA」は、入出力ポートが3面にあります。
設置場所や利用方法によっては非常に便利ですが、入出力ポートが1面に集約したタイプをお探しの方や配線をすっきりまとめたい方にとっては使い勝手が悪い可能性があります。

EFDELTA 出力ポートが分散している

キャンプサイトに設置した後にAC電源に抜き差しする際は少し不便に感じます。
正面のUSB系は問題なくスムーズに使えますが裏側のAC電源は本体を少し移動して抜き差しを行うひと手間がかかってしまいます。

EFDELTAを購入検討の場合は使用シーンでの入出力ポートの配置が使用上問題ないか、事前に確認しておくといいでしょう。

使い方によってはコードがごちゃつかないので使用シーンによっては逆にメリットになる場合もあります。

重くて持ち運びは大変

大容量バッテリーを搭載している分、問題なのが重量です。
14kgある「EFDELTA」本体は女性にとっては持ち運びが大変です。
片手でラクラク運びたい、キャンプ用品の荷物はとにかく小型・軽量化と思っている方は、他のモデルも合わせて検討するといいでしょう。

EFDELTAはこんな人におすすめ!

是非検討してほしい人
  • 1000Wh以上の大容量ポータブル電源を探している方
  • 高出力のポータブル電源が必要な方
  • 充電時間が短い、充電方法が選べるポータブル電源をお探しの方
  • 防災用ポータブル電源として購入したい方
  • スマホアプリ機能・DCプラグは利用しない方
1000whクラスの大容量 ポータブル電源
【1000Whクラス】大容量のポータブル電源おすすめの7機種を徹底比較 !大容量化が進むポータブル電源ですがグループでのキャンプやイザというときの備えとしては容量が多いポータブル電源は重宝します。 今回は10...

まとめ

今回は、大容量の人気ポータブル電源「EFDELTA」についてその特徴やメリット・デメリットをお伝えしました。
大容量、高出力で充電機能に優れた「EFDELTA」は、アウトドアや災害時の備えとして役立つアイテムです。
高機能でメリットが多い「EFDELTA」ですが、重量や機能面で同シリーズの「DELTA mini」が使いやすい、用途に合っている場合もあります。
「EFDELTA」が気になっている方や購入お検討している方、ポータブル電源の比較をしている方は、記事を参考に自分に合ったポータブル電源を見つけて、アウトドアライフを更に充実させてくださいね!

ポータブル電源 充電時間
急速充電対応!充電時間が早いポータブル電源!充電方法について解説ポータブル電源を使用するには、ポータブル電源本体の中のバッテリーへの充電が必要不可欠です。 充電時間はメーカーや機種により違いがありま...
1000whクラスの大容量 ポータブル電源
【1000Whクラス】大容量のポータブル電源おすすめの7機種を徹底比較 !大容量化が進むポータブル電源ですがグループでのキャンプやイザというときの備えとしては容量が多いポータブル電源は重宝します。 今回は10...
ABOUT ME
nomad-camp
自然が大好きなアウトドア愛好家。 ライターさんの記事の管理やアウトドア関連の情報を発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。