ウェア

キャンプも街着も!レインウェア–使ってみて分かるモンベル「レインダンサー」の魅力

自然の中に身をおき、日常を忘れて楽しみ、年齢を問わずワクワクできるキャンプですが、天気や気温の急な変化はつきもの。突然の雨や、朝晩の冷え込身にもしっかり対応できるアイテムは必須と言えます。そこで、長期休みの度に数泊のキャンプへ出かける私が自信を持ってオススメできる、モンベルのレインダンサーの魅力を語ります!

キャンプのレインジャケットとしてイチオシ、レインダンサー

モンベルレインダンサー

値段や品質に至るまで、幅広い商品がある中、どれにしようか迷ってしまいますよね。「手頃な値段が良いが、せっかくなら耐久性に優れた商品が良い。でも普段使いもできるようなデザインも譲れない…」なんていう欲張りな私の願いをしっかり叶えてくれたのが、モンベルのレインダンサーです。

これ、キャンプ用としてはもちろん、アウトドア、自転車通勤、ちょっとした散歩、旅行時…とあらゆるシーンで使えてしまう、優れモノ。蒸れず濡れず、軽量で動きやすく…ひと言で言えば、「万能」です!

一番の魅力は性能-とにかく濡れません!

キャンプ中に突然バケツをひっくり返したかのような雨に降られたり、雨の中でテントを撤収したりした経験が一度ならずともありますが、レインダンサーさえ着ていれば濡れることがありません。

高性能のヒミツは世界最高水準の防水透湿素材、ゴアテックス

モンベルレインダンサー

その秘密は、「世界最高水準の防水透湿性」を誇るゴアテックスにあります。厳しいテスト基準をクリアした製品だけが「ゴアテックスプロダクト」として売り出されるので、その品質は信頼性が高いものと言えるでしょう。

ただ、「ゴアテックスってよく聞くけれど、結局何がいいの?」と思う方もいるのではないでしょうか。
少しご説明すると、ゴアテックスプロダクトには「ゴアテックスメンブレン」というフィルム素材が使用されています。これ、無数の小さな穴が空いており、水滴・雨はシャットアウトするけれども水蒸気はしっかり逃してくれる、非常に優秀な性能を持っているのです。

嵐のザーザー降りの大雨にも耐えられる耐水圧

ゴアテックスファブリクス3レイヤーを使用しているレインダンサーは、モンベル公式サイトによると、耐水圧が50,000以上、透湿性25,000g /㎡/24hrs(JIS L-1099b-1法)です。
耐水圧とは、生地にしみこもうとする水の力を抑える性能を表す数値のことですが、嵐に耐えられる耐水圧が「20,000mm」と言われていますので、レインダンサーがいかに雨に強いが分かるかと思います。
また、透湿性とは生地1㎡あたり24時間で何gの水分を放出するかを表す数値です。透湿性が高い製品では、蒸れる不快感がないだけではなく、汗をかき、脱いだ後に冷えてしまうなんて心配もありません。

コンパクトに収納し、どこへでも持ち歩けるスタッフバッグつき

モンベルレインダンサー

また、キャンプ用の雨具は急な雨に備え、サッと取り出せる事が大切。リュックの奥の方にしまって中々見つからない…なんていう手間は避けたいものですが、レインダンサーはクルクルっとコンパクトに収納できるスタッフバッグがついてきます。コレ、買った時には正直特に何とも思わなかったのですが、キャンプを重ねるごとにこの小さな袋の優秀さをひしひしと感じています。車のサイドポケットや小さなバッグ、もしくはテントのポケット…など目につきやすい場所に入れておけば急な雨天候でも慌てる事なく対応できちゃうのです。

レインダンサーはコスパ最高!

この高性能で1万円台は買いです♪
モンベル製品の魅力の一つは、そのコストパフォーマンスの高さにありますが、レインダンサーも例外ではありません。上記のような高性能を兼ね備えているレインジャケットは、2〜3万台はザラで、中には5〜6万するものもありますが、その中でモンベルのレインダンサーは16,800円と手が届きやすい値段設定です。キャンプ初心者で、まずは手頃な値段で必要最低限のものを揃えたい、という方にもピッタリと言えます。この値段で、ヘビロテしていてもしっかり長持ちしてくれるので、4年以上経った今でもつくづくいい買い物だったと思っています。

モンベルレインダンサー

動きやすくタウンユースでも使えるデザイン

シーンや季節を問わずに使えるのでヘビロテ

いくら性能が高くてもモッサリしたデザインであったりいかにも「雨具」という感じのデザインだったりすると気持ちもイマイチ上がりませんよね。
レインダンサーは、キャンプやアウトドアといった特別なシーンだけではなくタウンユースにも使えるのが嬉しいところ。風よけになる為、特に私は自転車通勤時に重宝していますし、旅行時は必ず携行しています。

モンベルレインダンサー

また、春秋のちょっと肌寒い季節に上に羽織る一枚としても使えるだけではなく冬はフリースやパーカー、薄手のダウンの上に着られ、季節を選びません。実際に私はインナーで調整し、ほぼ年中使用しています。
(こんな風に裏起毛パーカーを着ても、もたつきません)

長く愛用するにはお手入れが大切です!

知れば知るほどに、よく考え抜かれて作られた製品である事がわかるレインダンサー。このような優れものを長く愛用する為にお手入れが大事ってご存知でしたか?
自然乾燥、もしくは日陰干しで乾かし、そのままクローゼットへ…なんてしていませんか?これではレインウェアについた目に見えない汚れがそのまま残ってしまい、本来の性能が低下してしまいます。

買った時のままの性能を保つためには、「洗濯」がキーとなります。きちんと洗濯をし手入れをする事で撥水性能や防水透湿性能を回復・持続できるのです。詳しくはモンベルの公式サイトにも載っています。

レインウエアのお手入れ方法(洗濯・撥水処理とリペアについて): モンベル公式ページ

キャンプライフだけでなく日常生活でも幅広く使えるレインダンサー。その魅力を少しでもお伝えできたなら幸いです。こだわりのあるウェアを選び、快適なキャンプを楽しみましょう!

ABOUT ME
yulip
yulip
海外在住の30代。 元々のアウトドア好きに加え、なかなか里帰りが出来ないので夫とキャンプへ出かけるうち、すっかりキャンプの虜に。ゴキブリに悲鳴あげたりしつつ、キャンプライフを満喫しています!