調理用品

エバニュー チタンマグポット500セットのスタッキング!底の形状!湯沸かし・炊飯レビュー

エバニュー チタンマグポット500ストーブセット

軽やかに山を歩きたい。重い荷物を背負い下を向いて登るよりも、ミニマムな装備で足取り軽く、顔を上げて景色を楽しみながら山を感じたい。

ウルトラライトトレッキングの流れで、登山装備の軽量化が進んでいます。ストーブも軽くしたい。

そうなったら、ガスカートリッジの不要な、アルコールストーブの出番です。

今回紹介するエバニューのチタンマグポット500ストーブセットは、なんと160g余り。燃料も、山で必要な分だけアルコールを持ち運べばOKです。

その実力を見てみましょう。

エバニュー チタンマグポット500ストーブセットのスタッキング

エバニュー チタンマグポット500ストーブセット スタッキング

クッカーとストーブが一体となっていて、クッカーの中にストーブが収まります。

ガスカートリッジ1個分くらいの大きさです。ライターと比べると、コンパクトさが分かるでしょう。

また、オレンジ色のウェスがクッションとなり、ガタつかず、ザックの中で音がしません。付属の袋は余裕があり、スプーンなども入ります。

重量を測定すると、163gでした。アルコール燃料は、30mlで1回400mlの湯が沸かせます。1泊2日の山行なら、クッカーと燃料を含めて220g余りで済みます。

これに対してガスストーブは、通常のガスカートリッジIP-250と合わせると、500g前後します。これにクッカーの重量が加わります。ストーブセットの軽さが分かるでしょう。

エバニュー チタンマグポット500ストーブセットの底の作り

エバニュー チタンマグポット500 底

まず、アルコール燃料を上側の目盛60mlまで入れます。

これ以上入れると、手前の小さい穴から溢れて、アルコールの大洪水となります。ご注意下さい。

次にクッカーをセットします。

クッカーの底部に段差が設けられており、ストーブの上部にぴったりはまり、ガタつきません。下のストーブが軽く、上のクッカーが重いという、ワイングラスのような状態になりますが、安定感があります。このあたり、上手く作られています。

そしてライターで点火口から点火を試みます。
しばらく火が着きませんが、待っていると、ライターの熱でアルコールが気化して着火します。

エバニュー チタンマグポット500ストーブセットで湯沸かし

エバニュー チタンマグポット500 湯沸かし

ここで、湯沸かしをテストします。クッカーに入れた水道水400mlを熱してみます。
火は1分ほどで安定化し、5分50秒で沸騰。燃料が無くなるまで、11分40秒燃焼しました。

このストーブセットには、パワープレートという部品があります。説明書によると、寒冷時の燃焼促進に有効とのことです。
パワープレートの効果を確認してみましょう。同じく400mlの水を熱します。最初は火が安定化するまでに1分30秒かかりましたが、5分20秒で沸騰しました。

1割早くなっています。燃料が無くなるまでの時間も、10分30秒と1割短くなっています。

パワープレートを入れることで、燃料を早く燃焼させ、単位時間あたりの熱量を増していることが分かります。

重さを測ると、パワープレート有りで170g、パワープレート無しで163gでした。

手早くお湯を沸かしたい方はパワープレート有りで、軽量化を優先する方は無しでよいでしょう。

エバニュー チタンマグポット500ストーブセットで炊飯にトライ

エバニュー チタンマグポット500ストーブセット 炊飯

次に、ストーブセットでご飯を炊けるか、トライしてみます。クッカーにお米1合と水200mlを入れ、火を着けます。

3分22秒で吹きこぼれ始めます。
ここで弱火にしたいところですが、火力調整ができません。赤子泣くともフタ取るな、の言葉通り我慢していると、6分半頃から焦げ臭くなってきます。

さすがにまずいと火から降ろしたところが、上の写真の状態です。表面に穴があいており、カニ穴と呼ばれる、ご飯が美味しく炊けた証だと言われています。

一見美味しそうですが、食べてみると、これが硬い。食べられなくはありませんが、確実に芯が残っています。昔、徳川家康は、米は水に浸して食え、と言ったそうです。戦国時代の足軽ならば、美味しいと言うのでしょうが、現代の我々にとっては硬い飯になります。

炊飯に使う方も居るそうですが、火力調整できず、大量に吹きこぼれ続ける時点で、かなり難しいと言えそうです。

途中で火から降ろしたり、燃え尽きた燃料を再補給したりすれば、使えないこともないかもしれません。

燃料を再補給する場合、ストーブを素手で触るには、2分半ほど冷ます必要があります。
軍手がある方がよいでしょう。

エバニュー チタンマグポット500まとめ

エバニュー チタンマグポット500

以上、エバニュー チタンマグポット500ストーブセット、いかがでしょうか。
60mlのアルコール燃料で、2回お湯が沸かせます。インスタントラーメンを作り、食後のコーヒーを一杯飲むこともできます。

火力調整機能は無いため、炊飯は上級者向きでしょう。作りは、シンプルに使いやすくなっています。

ストーブが軽いので不安定になるかもしれないところ、クッカーの底とぴったりはまり、安定感があります。

クッカーとセットでコンパクトに収まり、1食1回の湯沸かしなら、1泊2日で220g余りと軽量です。
なにより、このレビューの間、ストーブセットで沸かしたお湯で淹れたコーヒーと紅茶の美味しかったこと。

ゆらめく炎が雰囲気を醸し出します。アウトドア好きな方に、ぜひおすすめです。

sotoガストーチ
キャンプで使う定番のターボライター!SOTOのスライドガストーチ!簡単な充填方法キャンパーにはすでに馴染み深い存在であるSOTOのスライドガストーチ。 コンパクトなフォルムに反してその機能性は絶大ですよね。 今回...
ABOUT ME
sakura15
sakura15
海外トレッキング、自転車ツーリング、オートバイツーリングが趣味。 最近SUPボードで川下りに挑戦。国道沿いの川も、水面に降り立てば自然の只中。瑞々しい日本の良さを再発見中。 ネパールのグレート・ヒマラヤン・トレイルを歩くことが夢。