調理用品

ユニフレームのコーヒーバネットの淹れ方!たたみ方

コーヒーバネット使い方

淹れたてのドリップコーヒーって、美味しいですよね。
それが外で飲むならより一層美味しい!
都会から離れて自然に囲まれ、夕日を眺めたりしながらぼーーーっと美味しいコーヒーを飲む。至福の時間!

でも家庭用のドリッパーって荷物になるし持ち運びには不向きですよね。

アウトドアやキャンプの時に私が愛用しているのがユニフレームのコーヒーバネット。
おわかりとは思いますが「コーヒーバネット」とは、ユニフレームから販売されているコーヒードリッパーのこと。

コーヒーバネットの種類

コーヒーバネットには「grande」「cute」「sierra」の3種類あります。
それぞれの違いを説明していきます。

大きく分けると
4人用のものが「grande」
2人用が「cute」と「sierra」です。

形状の違いは「grande」と「cute」は足部が3本ですが、「sierra」は足部が2本で、口が広いカップにも使用できるように台座が広くなっています。
普通のコップのみに使用する予定であれば、「grande」と「cute」が収納面ではコンパクトで良いかと思います。

ユニフレームのコーヒーバネットの気になるお値段は?

grande が¥2,200(税込)
cute が¥2,000(税込)
sierra が¥1,600(税込)

コーヒーバネット各特徴一覧表

grande cute sierra
人数 4人用 2人用 2人用
サイズ 使用時:約130×90mm
収納時:約130×25mm
使用時:約110×70mm
収納時:約110×20mm
使用時:約145×100×70mm
収納時:約145×100×20mm
質量 約105g 約46g 約47g
値段 ¥2,200(税込) ¥2,000(税込) ¥1,600(税込)

私はは「sierra」を購入しました。
「sierra」を選んだ理由は、夫と2人で使用することが多いので2人用ということと、
最も手の出しやすい値段という理由で選びました。

ユニフレームコーヒーバネットの形状

愛用している「sierra」をご紹介したいと思います。
1本のステンレスワイヤーをぐるぐる巻いたような見た目でとてもシンプルな構造。

コーヒーバネット

上から押えるとこんなに薄くコンパクトになります。

コーヒーバネット

収納ケースが付属でついていて、収納して持ち運ぶことができます!

コーヒーバネットケース

ペーパーフィルターも10枚付いています。

コーヒーバネットフィルター-

ステンレスワイヤーの構造は、見た目がスタイリッシュなだけではなく、コーヒーの美味しさにも影響します。
ユニフレームの公式ページによるとペーパーとドリッパーの接点が少なく、すき間から余分なガスを逃すことで雑味のないすっきりとしたコーヒーに仕上がるようです。
確かに美味しい…!!!

ちなみに他社のアウトドアメーカーからも持ち運びできるドリッパーは販売されていますがその中からこのユニフレームのコーヒーバネットを選んだ理由は、このお値段で、利便性も、美味しさへのこだわりまでも網羅されたものはなかなかないと思ったからです。

コーヒーバネットの使用方法

コーヒーバネットは、ペーパードリップにおけるドリッパーになります。
円錐型のペーパーフィルターを使用してドリップします。
ペーパーフィルターは円錐型であれば市販のもので大丈夫です。
ちなみに私がよく使用しているのはカナエ紙工株式会社の無漂白コーヒーフィルターです。
(特にこれといった理由はなく、どのメーカーでも使用できます)

コップの上にコーヒーバネットを置いて、ペーパーフィルターをセット。

コーヒーバネット使い方

粉を入れてお湯を注ぎます。

コーヒーバネット粉
コーヒーバネット淹れる

余分なガスが逃がされているからか、気泡の発生が少ないように思います。
これが美味しさの秘訣か…

コーヒーバネットカフェラテ

使用後の手入れもとっても簡単。
使用済みのペーパーフィルターをポイっと捨てて、

パパッと洗って干すだけです!!!
もちろん全くサビません。

コーヒーバネット洗い方

「sierra」はマグカップではバランスが悪く使いづらいといった口コミもあったのですが、
私的には問題なく使用できているので全く気になりませんでした。
試してみたところ、直径12㎝程度の大きさの容器までは安定した使い心地で、
それ以上の大きさの容器では使用できませんでした。

コーヒーバネット「sierra」まとめ

最後にもう一度オススメポイントをまとめたいと思います。

コンパクトさ

使いたい時にサッと取り出せて
持ち運ぶときは折りたたんでコンパクトに。
収納ケースが付属で付いているのも嬉しいポイント。
収納ケースにペーパーフィルターも入れて持ち運べます。
家でも場所を取らずに収納できます。

手入れのしやすさ

シンプルな構造なので使用後はサッと洗えて
水切れも良く速乾性にも優れています。
手が滑って落としてしまっても、割れる恐れがないので安心。

なんといっても美味しさ

側面のないコーヒーバネットにより、お湯を注いだ際に発生する炭酸ガスを効率よく逃すことができ、ガスが抜けると、抽出率が高くなるので雑味のない豆本来の味を引き立てたコーヒーを淹れることができます。コーヒー専門店でも使用されているそうです。(公式ページ参照)