調理用品

【Petromax】ニューパーコマックスとエナメルマグ!ペトロマックスのおすすめ調理器具!

ペトロマックス ニューパーコマックス

Petromax(ペトロマックス)と聞くと、ランタンを思い浮かべる人が多いと思いますが、実は、ランタン以外にも様々なアウトドア用品を発売しています。
「大自然の中で、いれたての、美味しいコーヒーが飲みたいな。」
そう考え購入したのが、Petromaxのニューパーコマックスとエナメルマグでした。

今回は、Petromaxのニューパーコマックスとエナメルマグを使った感想や、パーコレーターの使い方や、Petromax(ペトロマックス)の他の商品について紹介します。

Petromaxのアウトドア商品は、こだわりのキャンプギアで、おしゃれなキャンプを楽しみたい人にもおすすめです。

Petromaxのニューパーコマックスとは?

ペトロマックスというブランドのパーコレーターです。
色は白と黒の2色。
容量1.5Lなので一度にたっぷりのお湯を沸かすことができます。
表面にロゴがプリントされており、とてもおしゃれなデザインです。

材質本体:ホーロー
ストレーナー:ステンレス
サイズ21.5cm×15cm×15cm
重量1kg

パーコレーターとは

ペトロマックス パーコレーター

コーヒーを抽出するための器具がついたポットのことを、パーコレーターといいます。
ポットの中に、コーヒーを抽出する為の、ストレーナーという器具が備え付けられているのが特徴です。
ストレーナーのうえのバスケット部分に、挽いたコーヒー豆をいれます。
沸騰して上がってきた熱湯が、中央の筒を通り、コーヒー豆にかかることで、コーヒーが抽出されます。
コーヒーは筒から下の熱湯に戻り、再度わきあげられてを繰り返します。
繰り返していくうちに、コーヒーが濃くなっていく仕組みです。
パーコレーターは、1827年にフランスで考案され、のちにアメリカに渡り普及しました。
パーコレーターさえあれば、直火でそのままコーヒーを沸かすことができるので、キャンプなどのアウトドアにも最適です。

ニューパーコマックスの使い方

今回は、コーヒーカップ5、6杯分を作る方法を説明します。

①ポットの中の、ストレーナーを取り出しポットの中に水を溜めます。

ニューパーコマックスの使い方

水が少なすぎると、うまく循環しない場合があります。
ストレーナーのバスケット部分に、水があたらないくらいの量を入れます。
注ぎ口の一番下の穴から、少し下ぐらいまでためましょう。

②ストレーナーのバスケット部分に、コーヒーの粉を入れます。

ニューパーコマックスの使い方②

コーヒーの粉の量は1カップにつき大盛りスプーンで2~3杯と、商品の箱に記載してありますが、私の場合は5,6杯分を作るときは、コーヒーの粉も大匙5,6杯くらいをバスケットに入れます。
コーヒーの粉の量は、好みで調節するとよいでしょう。
この時入れるコーヒーの粉は、細かいと穴から落ちて、お湯に溶け出してしまうので、粗挽きがおすすめです。

③ストレーナーをポットの中に戻します。

ニューパーコマックスの使い方

沸騰したお湯を、うまく循環させるには、ストレーナーの底の部分を、しっかりとポットの底に付けておくことが大切です。

④火にかけます。

火は強すぎず、なるべく弱めの火が好ましいです。
火が強すぎると、吹きこぼれてくることがあります。

⑤沸騰し始めてから8~12分そのまま火にかけ続けます。

ポットからグツグツ、カタカタと音がし始めたら、沸騰した合図です。
ポットの注ぎ口から見えるコーヒーの色で、濃さを確認できます。

⑥好みの濃さになったら、火からおろしましょう。

ニューパーコマックスの使い方

あまり煮詰めすぎると、コーヒーの香りが飛び、苦いだけのコーヒーになってしまうので注意しましょう。
火からおろした直後は、コーヒーの粉がコーヒーに浮かんでいる場合があるので、少し待ってから、静かにカップに注ぎましょう。

出来たコーヒーは、さっぱりとしていて飲みやすいです。
キャンプ場で飲むコーヒーとしては、充分においしいと感じます。
濃さや風味は、沸かす時間や、コーヒーの粉の量で調節しましょう。
何度か作っているうちに、好みの味に近づくでしょう。

実際に使ってみて良かった点

Petromax コーヒーを注ぐ

一度に5,6杯分くらいのコーヒーをいれることができるので、人数が多いときには、とても重宝します。
コーヒーを、手軽に楽しめることはもちろんですが、一度に大量のお湯を沸かすことができるので、カップラーメンや、インスタントスープなどを作るときにも、とても便利です。
コーヒー以外にも、紅茶や日本茶も、美味しく作ることができました。

実際に使ってみて気になった点

慣れるまでは、使い方が難しいと感じるかもしれません。
白色のニューパーコマックスは、たき火で使用すると、すす汚れがかなり目立ちます。

ホーローポット キャンプ

たき火でお湯を沸かす際に、取っ手部分も一緒に熱されるため、持つ際は軍手を使うなど、注意が必要です。
注ぎ口が、逆三角形になっており、少し洗いにくいです。

ニューパーコマックスと合わせて使いたいエナメルマグ

エナメルマグ ホーローマグ

ニューパーコマックスと合わせて購入した、エナメルマグを紹介します。
こちらも、色は白と黒の2色。

しっかりと容量があるので、スープを飲む時などにもおすすめです。
ニューパーコマックスとあわせて使うと、よりおしゃれな雰囲気を楽しめます。
ただし、熱湯を入れると、取っ手までかなり熱くなるので、気を付けなければなりません。

サイズ直径9cm×高さ8.2cm
重量150g
材質ホーロー

ペトロマックスのアウトドアグッズ

ペトロマックスはランタンや、今回紹介したニューパーコマックスやエナメルマグ以外にも、おしゃれで機能的なアウトドア商品を発売しています。
そのなかでも、人気のアウトドア商品をいくつか紹介します。

ダッチオーブン(7サイズ)

焼く・蒸す・煮るなど、様々な料理に使うことができるダッチオーブン。
小さいもので6インチまであるので、ソロキャンプや少人数用としても楽しめます。
蓋にはPetromax(ペトロマックス)のロゴが描かれており、とてもおしゃれです。

ファイヤースキレット

1ハンドルのタイプ(5サイズ)と、2ハンドルタイプ(4サイズ)のファイヤースキレットがあります。
1ハンドルのタイプのファイヤースキレットは、別売りのアラミドハンドルカバーとあわせてつかうと、とてもおしゃれです。
アヒージョやステーキなど、人気のキャンプ飯を作ることができます。

ファイヤーボウル(3サイズ)

シンプルで、魅力的なデザインの焚き火台です。
焚き火台として使ったり、食材を焼く鉄板として使ったり、1台で二通りの使い方ができます。
鉄板から脚部分を取り外すことができるので、収納する際は、コンパクトになり便利です。

ファイヤーブリッジ

焚き火で料理を作る際に、鍋などを焚き火の上に、吊り下げておくことのできるアイテムです。
チェーンの長さも調節できるので、様々な使い方ができます。
総耐荷重70kgなので、ダッチオーブンやスキレットなども、吊り下げることができます。

ウルトラパッシブクーラー(25L/50L)

氷や保冷剤などで、食材などを冷却し、保存できるクーラーボックスです。
ホワイトとベージュの2色があります。
4㎝以上の断熱壁を使用しており、耐久性がとても高いです。
座りやすいように、ふたの上部に滑り止めが付いています。

おすすめのおしゃれなスパイスボックス
おすすめのおしゃれなスパイスボックス9選!キャンプでの調味料入れの選び方キャンプ場に行っていざお料理をする時に、調味料をどこに入れたかわからない、うっかり持ってくるのを忘れた、という経験はありませんか。 ...

まとめ

大自然の中で飲むコーヒーは格別です。
インスタントコーヒーも、手軽でよいですが、おしゃれなパーコレーターを使ってコーヒーをいれるのも、味があって、なかなかよいものです。
パーコレーターは、慣れてしまえば、一度に沢山コーヒーをいれることができるので、とても便利なアイテムです。
さらに、豆とコーヒーミルをキャンプに持っていき、飲みたい時に豆を挽けば、挽きたての香り豊かなコーヒーを楽しむことができます。
おしゃれなキャンプギアを使うことで、キャンプの雰囲気を盛り上げてくれるでしょう。

【おすすめケトル10選】キャンプにケトルは必要?焚火・直火で使えるケトル!代用できるクッカーは?キャンプでの楽しみといえば、焚火を囲んで過ごす時間をあげるひとは多いのではないでしょうか? ソロでもグループでも、焚火を囲むとなぜかま...