調理用品

ユニフレーム ライスクッカーfan5DXレビュー!炊き方・時間は?

ユニフレーム ライスクッカー ブログ

キャンプ初心者の方は外でご飯を炊くということにハードルの高さを感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方に是非ご紹介させて頂きたい商品が「ユニフレーム ライスクッカー」。
アウトドアショップの店員さんに「簡単に美味しいご飯が炊ける」とおすすめされたのですが、想像以上に簡単でした。
スペックや特長、そしてご飯の炊き方を紹介いたしますので、ご参考にして頂ければ嬉しいです。

ユニフレーム ライスクッカーのラインナップとスペック

ユニフレームのライスクッカーは1~3合炊きの「ライスクッカーミニDX」と2~5合炊きの「fanライスクッカーDX」の2サイズがラインナップされています。
それぞれのスペックは下記表の通りです。

ライスクッカーミニDXスペック

サイズ 約直径16.5×9.3㎝
材質 本体:アルミニウムフッ素加工(板厚1.5mm)
フタ、ハンドル:ステンレス鋼
ツマミ:天然木
重量 約415g
満水容量 約1.8L
適正炊飯量 1~3合

fanライスクッカーDXスペック

サイズ 約直径21×11.5㎝
材質 本体:アルミニウムフッ素加工(板厚2mm)
フタ:アルミニウム
ハンドル:ステンレス鋼
ツマミ:天然木
重量 約770g
満水容量 約3.2L
適正炊飯量 2~5合

また、ライスクッカーに加えて、鍋やフライパンなどキャンプに必要な調理器具一式がセットになった「fan5 duo」と「fan5 DX」も展開されており、こちらも「fan5 duo」が2~3人向け、「fan5 DX」が4~5人向けと人数に合わせて選べるようになっています。

fan5DX中身

ユニフレーム ライスクッカー レビュー

ライスクッカー、大小2つの鍋、フライパン、ザルがスタッキングされており、キャンプ初心者でもこれ一つあれば安心です。
また、商品一つ一つがきれいに収納できるため、とても気持ちいいです。
※「fan5 duo」と「fan5 DX」の商品構成は同じですが、それぞれのサイズが異なります。

ユニフレーム ライスクッカーの特長

ご飯が美味しく炊ける構造

熱伝導性が良いアルミニウムでできており、クッカー全体にムラなく熱が伝わります。
また、普通の鍋よりフチが大きく立っており、吹きこぼれそうになった水分を鍋に戻します。
この2点が美味しいご飯の炊けるポイントです。

便利な内側の目盛り

ユニフレーム ライスクッカー メモリ

内側にお米と水それぞれの目盛りがついています。
この目盛りを基にご飯が炊けるため、計量カップを忘れても安心です。
始めてキャンプに行った際、案の定計量カップを忘れたのですがこの目盛りに救われました。
さりげないですが、助かるポイントです。

ユニフレーム ライスクッカーの使い方

①お米を入れる

ユニフレーム ライスクッカー 使い方

左の目盛りに合わせてお米を入れます。(この場合は3合)

②お米を研ぐ

ライスクッカーの中でお米を研ぎます。
家庭用炊飯器の釜とサイズが近いため、特に違和感はありません。

③水を入れる

ユニフレーム ライスクッカー 炊飯

研いだ後に右の目盛りに合わせて水を入れます。
少しくらい多かったり少なかったりしても美味しく炊けるので大丈夫です。
これで準備完了です。

④火にかける

ユニフレーム ライスクッカー 炊飯時間

強めに火を起こしたら、火元にライスクッカーを乗せます。
この日は炭火で炊きましたが、もちろんガスコンロでもできます。
また、難しい火加減の調整もフタが勝手にカタカタ動いてタイミングを教えてくれます。
せっかくの機会なので、炊けるまでの時間を計ってみようと思います。

キャプテンスタッグの火起こし器

今回はキャプテンスタッグの火起こし器の上に五徳を被せたものを火元にしています。
隙間が空いているので火加減を調整するときに炭を減らすのも簡単です。

⑤弱火にする

ユニフレーム ライスクッカー 炊飯時間

開始から7分後にフタがカタカタ動き出しました。
写真ではわかりづらいですが、隙間から泡も出てきています。
炭を減らして弱火にし、湯気が出なくなるまで引き続き火にかけます。

⑥蒸らす

ユニフレーム ライスクッカー 炊飯時間

開始から12分後に湯気がおさまりました。
ここから5分ほど蒸らします。

⑦完成!!

ユニフレーム ライスクッカー 炊飯

見事に純白のご飯が炊けました。
完成までわずか17分、家庭用炊飯器の早炊きを超えるレベルです。

ユニフレーム ライスクッカー 焦げ

しゃもじで底の方のご飯をひっくりかえすと食欲をそそるおこげも出来ていました。

ちなみに一度強火から弱火への調整を忘れてしまったことがあったのですが、焦げずにおいしく炊けました。
火加減の調整はアバウトでも問題ないということですね。
この日は炊き立てご飯でキャンプの定番カレーを作ったのですが、味もばっちり!

ライスクッカーDXのフッ素加工

キャンプの時のご飯ものは時間が経つとこびりついて大変な思いをすることもあります。
その点、ライスクッカーDXは内面がフッ素加工されており、水で洗うだけで簡単に汚れが落ちます。
これまで使った後はいつも水洗いのみなのですが、とても綺麗です。

まとめ

今回も簡単に美味しいご飯が炊けました!
間違いなく美味しいご飯が炊けるという安心感はキャンプ初心者にとっては大きな価値があるものだと思います。
火加減をあまり意識せずに済むため、ちょっと手の込んだキャンプ飯に挑戦する等、より楽しい食卓を作ることができるのではないでしょうか。
新しくライスクッカーの購入や、買い替えを検討されている方に是非お勧めさせて頂きたい商品です。

レギュラーメスティンシーズニング
メスティンのシーズニングって必要?焦げ付かないか炊飯してみたメスティンのシーズニングとは? シーズニングとは簡単に言うとフライパンなどの慣らし運転の事なのですが、 メスティンの場合はコーテ...
ダイソーメスティン
ダイソーから【500円】メスティン登場!100均でこのクオリティ!炊飯レビュー年々進化を遂げている100均のアウトドア用品。なんと、ダイソーからついに『メスティン』が販売されました!その見た目は本家のメスティンとさ...