調理用品

スノーピークのIGTフラットバーナー【GS-450】の使い方・口コミレビュー!ダッチオーブンも使える?

snowpeakフラットバーナー

これからキャンプを始めたいけどバーナーは何を買おう、ツーバーナーよりもコンパクトで使えるバーナーが欲しいといった次なるキャンプアイテムをお探しの方、キャンプブームの昨今、そんな思いの方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか。それぞれのキャンプライフにフィットするアイテムと出会えるよう、私がフラットバーナーを実際に使用してみての感想をレビューします。

snow peakなのにこの価格!?コスパ良し

フラットバーナー設置

snow peakの製品って、デザインがシンプルでカッコよく、そして機能性が良くて、高品質。キャンプアイテムをsnow peakで揃えるのは憧れるけど、ちょっと高いんだよな。というイメージないですか?欲しいなと思ったアイテムも値段を見てびっくり、他メーカーの商品と比較して諦めてしまう経験はキャンパーあるあるではないでしょうか。ですが、このフラットバーナーは、なんと9.800円(税抜)(定価)!
snow peak製でこの値段設定はうれしいです。手の届きやすいこの値段なら、これからキャンプを始める方にはもちろんオススメですし、キャンプ上級者の方でも満足することと思います。 フラットバーナーは単体で使えるだけでなく、snow peakのIGT(アイアングリルテーブル)とセットできますので、ツーバーナーを買わずに、フラットバーナーを2台持ちという使い方もありだと思います。IGTにフラットバーナーと雪峰苑をセットして料理するなんて憧れのキャンプシーンです。むしろ本領を発揮するのは単体で使用するよりもIGTにセットしたときかもしれません。

人気アイテムなので、キャンプハイシーズンになると販売店や、オンラインショップでも、しばしば売り切れになっているところを見かけます。いろいろ悩んで欲しいと思った時には、すでに売り切れということもありますので購入タイミングにはご注意を!

ユニフレームミニバーナーUS-700
無骨で男前なユニフレームのミニバーナーUS-700レビュー皆さんはキャンプで使用するバーナーはどのようなものを使用していますか? ファミリーキャンパーさんは複数の調理が同時に可能なツーバーナー...

フラットバーナーの使い方!組み立てやすくて軽量でタフなバーナー!

snowpeakフラットバーナーGS-450付属品

フラットバーナーは写真のような部品で分かれています。(左から脚2本、五徳、トッププレート、器具栓ホルダー、バーナー本体)これらの部品をまとめる結束バンドと収納ケースが付いてきます。

フラットバーナーGS-450収納

特に説明書を読まなくても、直感的に組み立てができるという、簡単さも魅力です。
トッププレート中央に丸くあいた穴にバーナー部分をはめて、五徳をはめるだけの簡単セッティングです。特に力も必要ありません。(IGTにセッテングする場合は脚は不要ですが単体で使用するときには、トッププレートの左右に脚を取り付けます。)

フラットバーナーGS-450収納

コンパクトに持ち運び可能なのも嬉しいポイントです。細かくパーツを分解できる利点は収納性を高めファミリーキャンプだけでなくソロキャンプにも使えます。パーツが分解できるのでバーナーの下の部分についた汚れもサッと拭き取りが可能ですし、汚れやすいトッププレートや五徳はつけおき洗いもできて、清掃の負担も軽減できます。
収納ケースに入れたサイズは36センチ×25センチ×8センチ程度、重さは約2kgです。

フラットバーナーGS-450五徳

五徳も太くて、カチッと穴に入れて固定するので安定しています。
五徳が調理中などにはずれてしまうという心配はありません。
フラットバーナーという名の通り、面がフラットになっています。このバーナーヘッドが外部に出ていない構造により、耐風性にも優れています。脚の部分にもゴムが付いていてこれも良いポイントです。どうしてもキャンプで使用するテーブルは表面がツルツルしていたり、スペースが狭くて、体が少し当たってバーナーがつるっと動いて落ちてしまったりなんてしたらとても危険です。ですがこの脚のゴムがあることでそれが解消できます。

フラットバーナー 脚のゴム

フラットバーナーの火力は?調理道具との相性は?

フラットバーナー ホットサンド

フラットバーナーの出力は3000kcal/hです。これは一般的な家庭用ガスコンロ(高火力で3610kcal/h)より少し低いくらいです。焼き、煮る、蒸すといった調理は一通りできます。ただし、強火でチャーハンを作りたいなど強火調理にこだわられる方には火力は物足りないかもしれません。
火力の調整は弱火、中火、強火と調整することも可能です。燃料のOD缶を取り付ける部分に火力を調節するつまみがありますので、プラス(強火)・マイナス(弱火)で調整します。

snow peakフラットバーナーGS-450つまみ

着火時もつまみをプラスに回して、灰色の着火スタートボタンをカチッと押すだけなので、ライターなどの着火道具を使うことなく安心して着火できます。消火もつまみをガスがでなくなるまでマイナスに回せば消火できます。操作も簡単で、女性でも簡単に扱えるのは嬉しいポイントです。

フラットバーナー五徳サイズ

直径20〜26センチ程度の一般的なサイズのフライパンや、ケトルは全く問題なく使えますし、少しサイズの小さい調理器具のスキレットや缶詰との相性も良いです。(メーカー推奨は対応鍋径23センチ以下)
弱火でも消えてしまうことなく安定していますので、スキレットでアヒージョを作ったりと様々な料理シーンにお使いいただけると思います。

フラットバーナースキレット

フラットバーナーでダッチオーブンは使える?

フラットバーナー料理

ダッチオーブンの使用はメーカー側としては不可としているようです。耐荷重や、耐熱性のことがあるのでしょうか。それでも私は12インチのダッチオーブンをフラットバーナーで使用しています。このサイズまでのダッチオーブンでしたらギリギリ使用できます。(写真で使用しているダッチオーブンはUNIFLAME ダッチオーブン12インチハーフ)

フラットバーナーダッジオーブン

重いダッチオーブンにたくさんの具材を入れても、頑丈なフラットバーナーでしたら上に乗せても安定しています。ただし火力に限界があるので、フラットバーナーでダッチオーブンを使用するとしてもカレーやシチュー、アクアパッツァなど煮込み料理がおすすめです。ダッチオーブンを使って簡単に餃子を焼いたり、パンを焼いたりということくらいはできますが、ピザを焼いたり、ひな鶏を丸ごと焼いたりという強火料理には不向きです。そういった料理は炭火料理のほうが美味しくできます。

燃料は何を使う?どれくらいもつ?

フラットバーナー OD缶

フラットバーナーに使用できる燃料はsnow peakの
●GP-500GR/ギガパワーガス500プロイソ
●GP-250GR/ギガパワーガス250プロイソ
●GP-500SR/ギガパワーガス500イソ
●GP-250SR/ギガパワーガス250イソです。
燃焼時間はGP-500GRで210分、GP-250GRで110分です。
公式ページ情報

調理する料理や使用火力、使用時間によって違ってくると思いますが、私はGP-500SR/ギガパワーガス500イソ1本で、2泊分というイメージです。燃費は決して良いというわけではありませんので、ストックは常に2本は持っておくようにしています。またフラットバーナーの性能を最大限に引き出すのであれば、ゴールドカラーベース(通称snow peak 金缶)のプロイソシリーズがおすすめです。

ただし、金缶は銀缶に比べて値段が高いため、気温の低い季節や雨の日などでなければ、銀缶でも問題なく使用できます。(気温が低い時に銀缶を使用すると火力が安定しなくなります。)snow peakのOD缶は値段が他ブランドと比べても少し高いですが、フラットバーナーにはsnow peak専用のOD缶を使用するようにしてください。フラットバーナーに限らず、OD缶は基本的に使用する器具と同じブランドのものを使用しないと故障の原因にもなりますし、もし故障した場合に保証対象外になってしまうこともあるので、ご使用の際はご注意ください。

フラットバーナーIGTセッティング

IGTにセッティングするときなど脚を使用しない場合には、写真の様に器具栓ホルダーをトッププレートに差し込み、そこにOD缶を取り付けたつまみ部分を引っ掛けるとOD缶を固定できます。

フラットバーナーOD缶
フラットバーナーOD缶取付

まとめ

いろいろとフラットバーナーへの思いや使い勝手を述べさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。いろんなシーンに合わせてお使いいただけるフラットバーナーはきっとキャンプライフを彩ってくれるアイテムになってくれるのではないでしょうか。フラットバーナーもIGTとセッティングしたりと他の商品と組み合わせて使えたりと、snow peakの商品は単体だけでなく、どんどん応用して、組み合わせて使えるのも長く使える良いポイントですよね。色々欲しくなってしまいます。

ABOUT ME
hase_camp
hase_camp
岐阜、三重、静岡、滋賀などの東海地方を中心にキャンプやってます。まだまだ歴は浅いですが、ファミリーキャンプ、ソロキャンプなど年間10から20泊くらい楽しんでます。これからも色んなアイテム試してキャンプライフを楽しみます。