燃料関連

ガス缶(ガスカートリッジ)OD缶・CB缶はどっちがいい?

OD缶 CB缶 どっち

アウトドアで使用するバーナーやランタンのガスカードリッジに種類があることはご存じですか?

写真の右はCB缶(カセットボンベ缶)です。
「シービー缶」とも呼びます。
家庭で使う卓上コンロに使用するので、どなたでも目にしたことがありますよね?

写真の左はOD缶(アウトドアー缶)です。
「オーディ缶」と呼びます。
アウトドア仕様のコンパクトなシングルバーナーは、ほとんどがOD缶を使います。

2種類とも形や特徴が異なるので、使い勝手も違います。

「結局のところ、どちらのほうがいいの?」という悩みを解決できればと思い、まとめてみました。

OD缶・CB缶の特徴を比較

OD缶 CB缶
価格 400~500円程 安いものは100円~
互換性 ×
火力 高い 低い
長時間使用した
炎の安定感
安定 不安定
寒冷地での使用 安定 外気温10度以下で不安定
使用できる道具の種類 多い まだまだ少ない
購入しやすさ スーパーやコンビ二等、
どこでも見かける
主にアウトドア
ショップ

上記の比較は使用する道具やガスカードリッジの種類によって異なる場合があります理由はメリットやデメリットをふまえて細かく説明いたします。

CB缶のメリット

何よりもコストがかからない

安い CB缶

CB缶は基本、3本セットで販売されています。
とにかく安いのが特徴です。
最も安いものは1本あたり100円台です。
安売りを利用すれば、1本あたり80円程で購入できることもあります。
同じガス容量のOD缶の最安値が400円程なので、その価格差は4~5倍にもなります!

いろいろな場所で購入できる

キャンプ場に到着し、料理をしようとしたら、ガスカートリッジを忘れていた!
なんて時にも慌てることがありません。ちょっと街にでれば、ホームセンターやスーパー、コンビニや100均でも手に入ります。
出先でも安心感がありますね。

ガスカードリッジに互換性がある

CB缶 互換性

CB缶は様々なメーカーから販売されていますが、JIS規格(日本工業規格)によりボンベの大きさ、切り欠きの形状まで細かくサイズが定義されています。
どんなCB缶でも形が同じなので互換性があります。
つまり、ボンベとバーナーのメーカーが違っても使用に問題はないということです。

CB缶のデメリット

缶の作りが貧弱!ガス漏れのリスクが高い

CB缶 容器

CB缶はアウトドア用に作られたものではなく、もともとは家庭用に作られたものです。
CB缶はOD缶に比べて容器に厚みがありません。落としたり、ぶつけたりすると破損してガス漏れするリスクが高いので注意が必要です。

また、ガスが出てくるノズル部分が飛び出ており、細いパーツなので変形のリスクがあります。
しっかりとキャップをはめて持ち運ぶことをオススメします。

寒い場所や連続使用に弱い

CB缶の中には寒い時期でも使うことができる製品もあります。
しかし、100円程度のコスパの良いCB缶は10度以下になると、燃料の液化ガスが気化できなくなり、火力が極端に弱くなります。
最悪の場合はバーナーの火が全くつかないこともあります。

また、ガスカードリッジを連続して長時間使用すると、気化熱によりCB缶自体の温度が下がってしまいます。
缶が冷えてしまうと炎が安定しない原因になります。

ただ、最近ではCB缶を使ったシングルバーナーの中に、マイクロレギュレーター機能を搭載したものがあります。
この機能がある製品ならば、寒い場所や連続使用にもある程度は対応できるでしょう。

OD缶のメリット

缶に厚みがあり破損が少ない

OD缶 メリット

OD缶はもともとアウトドア用に作られたガスカードリッジです。
ガス缶自体に厚みがあります。

バーナーとガスの接続部はねじ込み式になっており、CB缶のように突起していません。
絶対的な安心感はありませんが、OD缶は穴あきや、ゆがみに対して強いと言えるでしょう。

火力が強く安定!寒い場所でも平気!

OD缶 プロパンガス 注入

OD缶には設計上、プロパンガスを注入することができます。
プロパンガスが入ったガスカードリッジは寒い場所にも強く、10度以下の環境でも使用できます。

また、OD缶はCB缶よりも厚みがあるので、内部の圧力にムラがでにくく、炎が安定しています。

使用できる道具の種類が豊富

OD缶 ギア

アウトドアで使用するバーナーやランタンはほとんどがOD缶を使用する製品です。
ガスカードリッジを使う製品を購入するときは、OD缶を使用するものを視野に入れたほうが、選択肢の幅がグンと広がります。また、見た目からしても、OD缶のほうがアウトドア気分を盛り上げてくれますね。

OD缶のデメリット

コストが高い

OD缶は安いものでも400円程なのでCB缶よりもコストが割高になりがちです。
冬用のOD缶は、通常の物より100円~200円高いので、冬場は更にコストが割高になります。

ガスカードリッジに互換性がない

OD缶 互換性

OD缶のガスカードリッジには互換性がありません
つまり、プリムスのバーナーにはプリムスのOD缶、SOTOのランタンにはSOTOのOD缶と、使用するメーカーをそろえる必要があります。

どのメーカーも「他社製品との使用は絶対に行わないで下さい」と主張しています。
理由はガスの接続部がうまくかみ合わなかった場合、ガス漏れが起こるからです。

では実際に使用するバーナーと違うメーカーのOD缶は使えないのでしょうか?

OD缶 ノズル

実は、ほとんどのOD缶のノズルは似たような形状をしているので使用はできます。

私も日本で発売されていないシングルバーナーを個人輸入して、プリムスのOD缶で使用したことがあります。
問題なく使用できました。

ただ、メーカーが推奨していないということは、事故を起こした場合の保証はもちろん受けることができません。

また、メーカー側もバーナーのテストを行う際に、同じメーカーのガスカードリッジを使用しています。
道具のスペックなども、そのテストをもとに公表されているので、他社のOD缶を使用した場合、その製品の本来の力を発揮できないことがあります。

使用はできますが、オススメはできません。

どこにでも売っていない

近年のアウトドアブームでOD缶はホームセンターでも扱うようになりました。
しかし、使用するバーナーやランタンと同じメーカーの、互換性のあるOD缶を探そうと思った場合、アウトドアショップかECサイトでの購入がスムーズです。
CB缶のようにどこででも手に入るものではないので、まとめ買いをオススメします。

OD缶はこんな使い方がオススメ

OD缶 使い方

冬にもキャンプへ出かける方や標高2000M以上の登山をする方にはOD缶がオススメです。
なぜならOD缶は炎が安定しており、気温が10度以下の環境でも問題なく使用できるからです。

衣食住を背負ったバックパッキングをしたい方にもOD缶をオススメします。
OD缶仕様のシングルバーナーのほうが種類も多く、サイズもコンパクトです。
ガスカードリッジ自体も耐久性があり、CB缶よりも持ち運びに適しています。

CB缶はこんな使い方がオススメ

マーベラス イワタニ

コスパ重視の方にはCB缶の使用がオススメです。
燃料費を気にせずに、燻製などの時間がかかる料理を楽しむことが出来ますね。

キャンプには春の終わり~秋の終わりまでしか出かけない方にもCB缶をオススメします。

また、キャンプ初心者の方にもCB缶は頼れる相棒です。CB缶を使用する家庭用の卓上コンロはゴトクが大きく、鍋を乗せた時に安定感があります。
逆に、OD缶を使用するコンパクトなバーナーは鍋の安定感が悪く、鍋が落ちてしまわないかハラハラすることがあります。

おわりに

OD缶・CB缶はどちらかが優れているわけではなく、使い方によって一長一短があることはご理解いただけましたでしょうか?

ガスカードリッジを使用する道具を購入する際には、それぞれの特徴をよく理解しておくことをオススメします。

おきまりですが、ガスカードリッジの使用は十分に注意して、アウトドアを満喫してくださいね。

ジェットボイル
ウルトラライトなジェットボイルZIP(ジップ)のレビュー!使い方と収納のコツとにかくコンパクトなバーナーとコッヘルが欲しい。 私が装備を選ぶ時に意識している事は機能がシンプルで軽量コンパクトな事。 特に登...
イワタニジュニアコンパクトバーナー
イワタニのシングルバーナー【ジュニアコンパクトバーナーCB-JCB】のレビュー!イワタニのジュニアコンパクトバーナーって聞いたことがあるけど、他の機種と比べてなにがどういいの? 詳しいスペックや実際に使った人の感想...
ガス缶 事故
キャンプでOD缶・CD缶(ガスカードリッジ)を使用する際の注意点!事故はなぜ起こる? アウトドアで便利に使えるシングルバーナー等の火器、キャンプに出かける方なら1台は所有している道具だと思います。 焚火とちがって、...