キャンプ便利道具

パラフィンオイルに最適な容器!持ち運びは?ランタンのオイル抜きは?

パラフィンオイル 容器

オイルランタンを使用されている方はキャンプの際どのようにして燃料のパラフィンオイルを持ち運んでいますでしょうか。
購入時の容器のまま持ち運ばれる方、あるいは荷物を減らすためにオイルランタンへ満タンの状態にして持ち運ばれる方もいるかもしれません。
パラフィンオイルは引火点が高いため比較的安全性の高い燃料ではありますが、オイルランタンへ入れたままだと運搬時の揺れや衝撃などにより燃料が漏れてしまうリスクも考えられます。
安全性や携帯性などを考慮して、パラフィンオイルは機能性の高い携行ボトルなどに移し替えて持ち運びたいものですよね。
今回はパラフィンオイルに最適な容器についてご紹介させていただきます。

パラフィン持ち運びにはコンパクトな容器がおすすめ

パラフィンオイル 持ち運び

パラフィンオイルは1L、2Lと大容量で販売されているものも多くあります。
大容量のほうが割安で購入できるケースも多いため、消耗品のパラフィンオイルはなるべく大容量で購入したいですよね。
しかし、大容量で購入するということはそのぶん容器も大きくなってしまいます。
1泊、2泊のキャンプではそれほど多くのパラフィンオイルを必要としないため、道具を減らす意味も兼ねて必要最低限の携帯性の高いボトルへ移し替えるのが望ましいでしょう。

オイルランタンにおすすめのパラフィンオイル!【コスト比較】虫除け・アロマ効果があるのは?火の揺らぎを感じながら雰囲気の良い明かりで空間を照らしてくれるオイルランタン。 メインとしては不十分な明るさですがその癒し効果が大変人...

安さならホームセンターの容器

ホームセンター 容器

ホームセンターに安くて使いやすい容器があります。
どちらも100円以内で購入できるので値段重視ならホームセンターのこちらの商品がおすすめです。
オイルを入れて圧迫してみても漏れないので使えそうです。

ホームセンター ランタンオイル

フリー容器の方は中蓋を付けていれば漏れないですが外した状態で圧迫すると漏れるので持ち運び時は中蓋が必須です。

ナルゲンボトルに入れても問題ない?

ナルゲンボトルはパラフィンオイルの容器と同じくプラスチック素材ですが、純度の高い厚みのあるプラスチックボディで密閉性も大変高いためパラフィンオイルの持ち運びとして活用できます。
ナルゲンボトルは漏れがないのでオイルの持ち運びには良いですが様々なサイズがありおおきな口のものはオイルランタンへオイルを入れる際に注ぎにくくなるのであまりおすすめしません。
その反面、ランタンに残ったオイルを再度ナルゲンボトルへ戻す際には広口の形状がうまく生かされスムーズに戻すことができます。
ナルゲンボトルはキャップだけでも様々な形状のものが販売されているのでオイル容器用に使いやすいキャップに交換して使用すると良いでしょう。
ナルゲンボトルでお勧めのサイズは250mlくらいのものがおすすめです。

100均にもナルゲンボトルに似た容器がある

100均 セリア オイル容器

セリアにもナルゲンボトル風の容器があります。
調味料を入れる容器なので漏れも心配ありません。

ナルゲンボトル 100均 漏れ

圧迫してみても漏れはないです。

容器に移す場合はジョウゴがあると便利

オイルランタン ジョウゴ

パラフィンオイルをオイルランタンへ直接燃料を注ぎにくい形状の携行ボトルの場合はジョウゴがあると大変便利です。
ジョウゴは百円均一でも購入することができ、道具としてそれほどかさばるものでもないので一つ用意しておくと大変便利でしょう。

安心して使えてコスパ最強のバーゴのフューエルボトル

バーゴフェーエルボルト

バーゴのフェーエルボトルの定価440円でサイズ感・使い勝手は抜群です。
バックパックキャンプにもコンパクトでおすすめです。

バーゴフェーエルボルト 開け方

片手で注ぎ口を出せるのも良いです。

バーゴフェーエルボルト 注ぎ口

本来はアルコール用の容器ですが注ぎ口が小さいのでオイルランタンの燃料口にも問題なく注ぐことができます。

バーゴ フェーエルボルト

LINDEN(リンデン) パウチ容器 100mLはコンパクトでスタッキング

リンデンのパウチ容器はコンパクト軽量を求めるなら一番良いです。

リンデン メスティン スタッキング

メスティンにも収まるほどの小さなサイズですのでバックパックのパッキング時に空いた隙間に入れれるので重宝します。

ランタンに残ったオイルは抜いておこう

オイルランタン使用後本体に燃料が残っている場合はオイル漏れの心配がありますのでオイルを抜いておきましょう。
ある程度はランタンから直接容器に戻すことで持ち運び時のオイルの漏れはある程度防げると思います。

オイルランタン 使い切り

オイルを完全に抜くならスポイトやおもちゃの注射器などで吸い取り抜きますがそこまでする必要なありません。

どうしても少量の残っているのを空にしたい場合はいっそのこと自宅で使い切ってしまったほうが楽な場合もあります。
オイル抜きはタンクの内部を拭き取ったりなどそこまで神経質になる必要はありません。
燃料が漏れてしまうのを回避することが大きな目的となりますので、取り除ける範囲で取り除き使用するたびにオイルを注ぎ足すのが望ましいです。

ランタンカバー
おすすめのオイルランタンケース6選ご紹介!デイツ・フュアーハンド優しい灯りで癒し効果も期待できるオイルランタン。 コスパも優れており多くのキャンパーが1台は持っているのではないでしょうか。 そんな...

おすすめのパラフィンオイル燃料容器5選

これまでご紹介した情報を踏まえておすすめのパラフィンオイル燃料容器を厳選して5つご紹介いたします。

おすすめ①VARGO(バーゴ) アルコールフューエルボトル 240ml

容量240mlで程よいサイズ感のボトルです。ちなみに人気オイルランタンのデイツ78やフュアーハンド はどちらも約340mlのオイルが入りますが、一晩のキャンプでは100mlほどあれば十分です。
VARGOアルコールフューエルボトルは背面にメモリがついているため、オイルランタンにどのくらい注いだのか確認しやすい点も魅力です。
シンプルデザインなのでキャンプだけでなく様々なシーンに馴染みやすいデザインのボトルです。

おすすめ②(ヘイズ ツーリング アンド プラスチック)HAYESTOOLING 4Oz Oil Bottle Olive Drab 3224OL

ミリタリー感が強めのボトルです。定番のオリーブカラーの他に中身を確認しやすい半透明カラーが選べます。
内容量は約118mlと先ほど紹介したVARGOのボトルよりコンパクトサイズです。
注ぎ口の先端が細くなっているためジョウゴなどを用意しなくても直接オイルランタンへ燃料を注ぎやすいのが特徴です。
注ぎ口が細い形状を生かしてパラフィンオイル以外にもシャンプーやトリートメントを入れても大変扱いやすいボトルです。

おすすめ③trangia(トランギア) トランギア フューエルボトル 0.3L

メスティンやアルコールバーナーでお馴染みのトランギアより販売されている燃料ボトルです。
もとはアルコールバーナー用のアルコールを持ち運ぶためのボトルとなっているため、フタがセーフティバルブになっていたりと安全性もバッチリです。
ツマミを回して押し上げることで弁が開き中の燃料を注ぐことができます。
もちろんパラフィンオイルを入れても問題なく使用できます。

おすすめ④LINDEN(リンデン) パウチ容器 100mL 3個セット

水を携帯する際に用いられるイメージのパウチ容器ですがパラフィンオイルを入れることも可能です。
中味を使い切った後は畳んでコップに収まるほど小さくまとめることができます。透明なので中味を確認しやすいのもポイントです。
こちらは100mlとコンパクトなサイズの3個セットのためパラフィンオイルの他にも水を凍らせて保冷剤がわりに使用したりと工夫しながら使用できます。
コンパクトな携帯性を追求する方にはパウチ容器が最もおすすめです。

おすすめ⑤nalgene(ナルゲン) 広口丸形ボトル 250ml

上記でナルゲンボトルについて触れましたがパラフィンオイルを入れる容器としてはこちらの250mlボトルがおすすめです。
調味料ケースなどにもよく使われているサイズですね。広口ですがボトル自体がそれほど大きくないため直接オイルランタンへ注ぐ際にもそれほど不便に感じません。
しっかりと気密性を保持しながらパラフィンオイルをコンパクトに運ぶことができます。

パラフィンオイルの容器は移し替えたほうがいい?

パラフィンオイルの容器はメーカーによって少しずつ異なる点はあるものの、多くの製品はプラスチックで作られています。
ガソリンや灯油のように揮発性の高い燃料はさすがにプラスチック容器には入れられませんが、パラフィンオイルは揮発性の低い燃料ですのでプラスチック容器に入れても大きな問題はありません。
ただし、容器のキャップがワンタッチ式のものはふとした拍子に空いてしまうことも考えられますので注意が必要です。
ペットボトルキャップのようにしっかりと密閉できる形状の容器であればそのようなリスクは回避できるでしょう。

デイツ フュアーハンドランタン 違い
デイツハリケーンランタンとフュアーハンドの違い!オイルランタン選びキャンパーの方なら1度は目にしたことがあるであろうデイツのランタン。 その機能性と見た目のおしゃれなデザインから幅広い世代に愛されてい...