テント・タープ

DODヌノイチはアレンジ豊富で魅力的なタープテント

ヌノイチ レビュー

キャンプ好きの皆さんは、タープ泊にチャレンジしてみたことはありますか?自然を肌で感じられるので、キャンプ上級者に人気です。
特に、夏場は風が通るので朝晩は涼しく快適です。
そんなタープ泊にぴったりのタープテントがDODのヌノイチです。
ヌノイチについて、基本スペックや特徴、買う前に知っておきたい注意点を紹介します。
タープにもテントにもなる優秀なキャンプアイテムなので、ぜひ参考にしてください。

DODヌノイチ基本スペックを紹介!

DODヌノイチ
参照元:DODヌノイチ

ヌノイチは付属のロープやポールの位置を変えることでタープにもテントにもなる優れたキャンプギアです。
S・Mの2サイズ展開、カラーはカーキの1種類で、シンプル見た目なのに緻密に計算されたディテールが人気になっています。
ちなみに、薄茶色(タン)は既に販売終了となっているので、手に入れたい人は中古品などを探してみましょう。

ヌノイチS

本体サイズ(設営時)340×210×高さ150cm ※ベーシックスタイル
本体サイズ(収納時)直径16×62cm
本体重量5.9kg(付属品含む)
耐水圧350mm
材質(テント部)ポリコットン(ポリエステル65%・綿35%)
付属品ポール、ロープ、ペグ、キャリーバッグ

ヌノイチM

本体サイズ(設営時)510×315×高さ225cm ※ベーシックスタイル
本体サイズ(収納時)直径20×80cm
本体重量11.3kg(付属品含む)
耐水圧350mm
材質(テント部)ポリコットン(ポリエステル65%・綿35%)
付属品ポール、ロープ、ペグ、キャリーバッグ
ソロキャンプタープ おすすめ
ソロキャンプにおすすめのソロタープ!サイズ選び・軽量・安いタープソロキャンプ用のタープが欲しいけど、種類がたくさんあって選び方がよくわからない。 ソロキャンプでおすすめのタープがあれば知りたい。 ...

創意工夫次第で使い方は無限!?ヌノイチの特徴と注意点

ヌノイチは、大人気のtent-mark DESIGN(テンマク)・炎幕と同じタイプのタープテントです。
「切れ目が入った布一枚」がデザインコンセプトになっていて、自然を身近に感じつつも創意工夫をすることで色々な使い方ができます。
では、具体的にはどのような特徴があるのでしょうか?特徴や買う前に知っておきたい注意点を紹介します。

アレンジ次第でタープにもテントにも変身!タープ泊も可能

ヌノイチ アレンジ
参照元:DODヌノイチ

ヌノイチのSサイズには26箇所、Mサイズには30箇所のグロメット(ポールを差し込んで固定するための穴)が付いています。
また、グロメットとセットでロープを結びつけるためのループがあり、これらがバリエーション豊富な張り方を実現させます。
ただし、本体とセットになっているポールは4本(大2本・小2本)のみなので、色々な張り方に挑戦したい場合には、ポールを追加購入する必要があります。

サブ生地を使えばさらにバリエーションが豊富に!

ヌノイチ サブ生地
参照元:DODヌノイチ

ヌノイチの特徴の一つとして、サブ生地が付いてくるというポイントがあります。
本体テントと繋げて使うこともできますし、切り離してサブ生地単体で使うこともできます。
また、このサブ生地で正面を隠せば、タープ泊でも安心なフルクローズ仕様にもなります。
つまり、このサブ生地があることで張り方のバリエーションがさらに豊かになるのです!

ポリコットン生地で遮光性抜群!蚊帳と合わせればさらに快適

ポリコットン ヌノイチ
参照元:DODヌノイチ

ヌノイチには、DODの多くの商品で採用されているポリコットン生地が使われています。
ポリコットンとは、紫外線に強いというポリエステルの特徴と、断熱性や保温性が高いコットンの特徴を併せ持った布地で、しっかりと日差しによる暑さをブロックしてくれます。
分厚いので、タープ下にしっかりとした影ができ、日除けとして大活躍します。
別途吊り下げ式の蚊帳や蚊帳付きハンモックを用意すれば、蒸し暑い夏でもタープ下で快適に過ごせます。
また、ポリエステルのような加水分解も起こさないので、劣化してテントがベタつくこともありません。

インナーテントを設置可能

ヌノイチ インナーテント
参照元:DODヌノイチ

ヌノイチをテント状に設営すれば、周りからの視界を遮ることができます。
しかし、やはりプライバシーは完全には守れません。どうしても気になる場合には、DOD・ワラビーテントをインナーテントとして設置することをおすすめします。
ワラビーテントはポールに吊るすタイプのテントです。
ヌノイチを支えているポールに合わせて吊るせば、タープとの隙間もなくなり、小川張りのような状態になります。
インナーテントを使うメリットは、プライバシーが確保できるという点だけではありません。
冬キャンプなど寒い季節のキャンプでは、インナーテントを設置することで寒さを軽減できます。

Sサイズはソロキャンプ!Mサイズは少人数キャンプに!

ヌノイチ Sサイズ
参照元:DODヌノイチ

ヌノイチのSサイズは1〜2人用、Mサイズは2〜3人用に設計されています。
ソロキャンプの場合には荷物は最小限に抑えたいので、このヌノイチはぴったりです。
通常テントとタープの両方を持って行こうとすると荷物がかさばりますが、ヌノイチならその心配もありません。
コンパクトに収納できるので、ツーリングキャンプなどにも使えます。

ヌノイチの下での焚き火はダメ!

ポリコットンには、燃えにくく火の粉が飛んできても穴が開きにくい特徴があります。
なので、公式サイトにも「火の粉が当たっても穴が開きにくい」という表記がされています。
しかし「燃えない」という訳ではありません。
また、タープ下の空間は開放的なスペースのようですが、風向きによっては火を起こすと発生する一酸化炭素が溜まる可能性もあります。
取扱説明書にも、タープの下や近くで火気を使用しないようにとの記載があります。
焚き火の火が上がって燃え移る危険性や一酸化炭素中毒のリスクがあるので、焚き火や薪ストーブはタープ下ではなく少し離れた場所で楽しみましょう。

ヌノイチは雨漏りする

ポリコットンは、水が生地へ浸み込んで繊維が膨張することで雨漏りを防ぐ仕組みになっているため、表面に撥水加工や防水加工は施されていません。
また、生地の耐水圧は350mmと低めで小雨を防げる程度です。
つまり、霧雨や小雨であればかろうじて防げますが、それ以上の雨の場合には雨漏りしてしまいます。
しかも、濡れてしまうと乾燥時間がかかりカビの原因にもなるので、雨が降りそうな天気には使わないことをおすすめします。

dodレンコンテント
DODレンコン テント 2を徹底解説!インナー・雨漏り・二股・評判は?おしゃれなテントの代表格が、ワンポールテントです。 その中でも、機能性に優れた商品がDODのレンコンテントで、多くのキャンパーから高い...

ヌノイチの張り方は?設営時間は?

ヌノイチ 張り方
参照元:DODヌノイチ

ヌノイチには色々な張り方がありますが、どれも共通するのが、設営場所が決まったらまずループにロープを全て結びつけるということです。
最初にロープを結んでおけば一人での設営も可能です。口コミやレビューの多くでは、一人でも10分程度で設営可能とあります。
ただし、ロープを結びつける場所やポールを立てる場所が少々複雑なので、慣れるまでは取扱説明書も必ず合わせて持ち歩くようにしましょう。

DODパップフーテント2との違いは?

DODではヌノイチと同じような形をしているテントが販売されています。
それが、パップフーテント2です。見た目は見ていますが、構造は全く違います。
ヌノイチは一枚の布を立体的に張ることでテントのようなスペースを作り出しますが、パップフーテントはテントとタープが一体化している商品です。
設営が簡単で、タープ下がテントの前室の役割を果たしソロキャンプでもゆったりくつろげます。
ただし、ヌノイチSサイズと比べると重量が重いです。

dodソロテント おすすめ
DODのおすすめのソロテント!キャンツーやソロ・ディオ向きのドッペルギャンガーのテントを紹介大人数でのキャンプも楽しいですが、やはり気ままなソロキャンプはのんびり過ごせて楽しいですよね。 しかし、ソロテントは様々なタイプがあっ...

自然を身近に感じたい人におすすめのヌノイチ!

ヌノイチ バリエーション
参照元:DODヌノイチ

ヌノイチの特徴などについてお話してきました。
ヌノイチはシンプルな作りのように感じられますが、実は緻密な設計のもとに出来上がった商品です。
張る時に試行錯誤できるのもこの商品の魅力です。
テント設営の作業を楽しめるようなキャンプ中級者以上に特におすすめです。
色々な張り方にチャレンジしてみて、あなたのキャンプスタイルに合った張り方を見つけてみましょう!
ぜひ便利なヌノイチをゲットしてください。

ペグの長さ選び
正しいペグの長さ選び!テント・タープによって必要な長さの違いキャンプにおいて、テントやタープを設営する時に欠かせないのがペグ。 付属されているものを使っておけば問題ないでしょ?と思われがちですが...