焚き火アイテム

ソロストーブのサイズで迷ったらタイタンがおすすめ!3種類比較レビュー

ソロストーブ サイズ

大自然の中で開放感に包まれながら自分の時間を存分に楽しむことができるソロキャンプ。
近年ではソロ〜少人数用のキャンプギアの需要が高まり、コンパクトなアウトドア商品が数多く販売されています。
今回紹介するのは、ソロキャンプ時に大活躍間違いなしのコンパクトサイズの焚き火ギア『ソロストーブ』

ソロストーブ ライト

小型ながら十分な燃料効果で、手軽にお湯を沸かしてコーヒーを楽しんだり、暖を取ることができる万能なストーブです。
キャンプ初心者から愛好家まで幅広く愛されているだけでなく、登山や釣りなどアウトドアを愛する多くの人が手軽さ、機能性の良さなど魅力の詰まったソロストーブの虜になっています。
ソロストーブがなぜそこまで愛されているのか、その魅力をお伝えするとともにサイズで迷っている人のためにサイズ選びのポイントをご紹介します。

終盤ではソロストーブのお得な購入方法もお伝えしていますのでチェックしてください!

ソロストーブとは?

ソロストーブとは

ソロストーブ(solo stove)は、アメリカに住む1人のアウトドア愛好家が発明した焚き火ギアです。
なんでも、「コンパクトで環境に優しく且つよく燃える丈夫な焚き火台が欲しい!」という思いから誕生したんだとか。
自らの手で焚き火台を作ってしまうなんて、アウトドアに対する愛がハンパないですよね!
ソロストーブはその願い通り、“コンパクト”で“エコ”な“燃焼効率が良い”アウトドアに嬉しい魅力満載の機能が詰まっています。

ソロストーブの種類

ソロストーブの種類

「コンパクトなもの」と1つとっても、用途や使用人数によって欲しいと感じるサイズ感は異なります。
しかし、そこはさすがアウトドア愛好家!
ソロストーブは6サイズを展開しており、その人の希望に合った“コンパクトなサイズ”を選ぶことができます。
今回は、中でもソロキャンプなどの少人数キャンプにおすすめな3サイズ(ライト・タイタン・キャンプファイヤー)をご紹介します。

軽量コンパクトなシリーズ

LITE TITAN CAMPFIRE
ソロストーブ ライト タイタン キャンプファイヤー
高さ 約10cm(収納時)
約14.5cm(使用時)
約14cm(収納時)
約14.5cm(使用時)
約17cm(収納時)
約23.5cm(使用時)
直径 約10.8cm 約13cm 約17.8cm
重量 約255g 約467g 約998g
湯沸かしスピード 約950mlを8~10分 約950mlを4~6分 約950mlを2~4分

大人数で囲めるシリーズ

RENGER BONFIRE YUKON
ソロストーブ レンジャー ボンファイヤー ソロストーブ ソロストーブ ユーコン
高さ 約31.75cm 約35.6cm 約40.6cm
直径 約38.1cm 約48.3cm 約68.6cm
重量 約6.8kg 約9.1kg 約17.2kg

各サイズのソロストーブで共通した特徴

種類豊富なシリーズを展開しているソロストーブですが、性能や構造など基本的なスペックは共通しています。
スペックの他にもデザインはすべて同様で、スタイリッシュ且つ無駄のない洗礼された見た目は男女問わず幅広いキャンパーから愛される魅力のひとつです。
ソロストーブが愛される魅力をより理解して、自分にぴったりのサイズを選んでみましょう!

組み立て要らずの簡単デザイン

ソロストーブ 特徴

ソロストーブが愛される理由の一つはなんと言ってもシンプルな作り。
組み立て式の焚き火台が多く出回るなか、ソロストーブは本体の重量を軽量にした分、組み立て不要な作りを実現して
「コンパクトさ」を最大限に活かしています。
ソロストーブを購入した際のセット内容は下記の通り。本体に五徳をひっくり返して装着するだけの仕様になっています。

ソロストーブのセット内容

ソロストーブ 内容物
セット内容
  • 本体
  • 五徳
  • 専用ケース
  • 説明書

2次燃焼構造で燃焼効率◎

ソロストーブ ライト

コンパクトを重視するあまり、そんなに燃えないな〜と期待はずれの焚き火台って結構多いんですよね。
多くのアウトドア愛好者がソロストーブに太鼓判を押す理由に、2次燃焼構造を利用した燃焼効果の高さが挙げられます。

2次燃焼構造とは、外から取り込んだ空気を燃焼→その温められて上がった空気を使って燃やすことで燃焼効果を上げるというもの。
つまり、少ない力(燃料)で火力を上げることができるので、煙が少なく匂いを気にせず焚き火を楽しめることができるんです!

空気の流れを利用した高火力な焚き火ができる

ソロストーブ 2次燃焼

2次燃焼を起こすには空気の流れが最大の武器!

2段構造 ソロストーブ

ソロストーブの構造を見ると2重の壁と2段構造でできており、空気がうまく対流できる仕組みになっているのがわかります。

ソロストーブ 上昇気流

これが上昇気流を発生する仕組みとなり、高火力な焚き火が楽しめるようになっているんですよね。
まさに、アウトドア界のエジソン…(笑)

ソロストーブ 灰の量

上記はタイタンで300gのペレットを燃やした後の灰の量です。
炉内は高温になり燃え残りが少ないメリットがあります。

実は高い耐久性の持ち主!?

ライト ソロストーブ 耐久性

焚き火は用途にもよりますが、燃え続ける炎を眺めながらチルタイムを過ごすための相棒的存在。
そんな相棒に求めるのはやはり耐久性。

ソロストーブ 耐久性

ソロストーブはステンレスで作られているので、軽量で丈夫なところが魅力。
また、継ぎ目のない1ピース構造でできているので空気を逃さず長い時間焚き火を楽しむことができます。

ソロストーブのデメリット

サイズが大きい

ソロストーブサイズ

ソロストーブは、耐久性を上げるために1ピース構造のドラム缶のようなデザインとなっています。
そのため、折りたたみできる焚き火台と比べると少々大きさがめだちます。 
ですが、サイズ展開も幅広いのでそこは本体のサイズと持ち運びを考慮しながら商品を選ぶポイントとして考えていきましょう。

薪はカットが必要

ソロストーブ サイズ

木材や燃料材などさまざまなものを燃料として焚き火を楽しめるソロストーブ。
もちろん薪を使用できますが、燃料炉内が狭いので注意が必要です。
長めの薪や太めの薪はソロストーブのサイズに合わせてカットしましょう。

焚き火が忙しい

炉内 狭い

筒型のデザインがスマートで美しいソロストーブですが、炉内は少々狭めです。

焚き火が忙しい

そのため、薪をくべる回数も比例して多くなってしまいます。
通常の太い薪を使う焚き火台と比較すると手間がかかるように感じますが、そこは割り切ってこまめに燃焼状況を確認しながら焚き火の世話を楽しみましょう!

火力調節が難しい

ソロストーブ 火加減

燃焼効率が良いものの、火力調節は少しの「慣れ」と「コツ」が必要です。
燃料の量を調整しながら、必要であれば風避けなども使って火力調節のプロを目指しましょう!

掃除がしにくい

ソロストーブ 掃除 灰の掃除

ソロストーブは分解ができないので掃除がしにくいです。
炉内は細いニクロム線がはられており、基本的には外すことができません。

薪を組んだり炭いじりなどには不向き

形状が筒状なので、薪を組んで空気の通り道を作ったり、炭の量を調整して火力を変えるといったことには少し不向きな点もあります。
逆をつけば、薪を放り込むだけで十分な火力を生むので、純粋に火を眺めたい初心者キャンパーにはおすすめかもしれません!

4種類の燃料が使える!ソロストーブの使い方!

落ち木を燃料に!

①燃料集め
落ち木で焚き火

乾いた小枝(5~8cm)や火口を用意してします。
小枝・松ぼっくり・杉などが着火剤の代わりになります。

②着火
着火

クッキングリングを外して燃えやすい細い小枝などを炉内にいれ着火します。
メタルマッチなどで着火するのも楽しいですが安全で早いのは先が伸びるガストーチがおすすめです。

ソロストーブライト 着火

炉内は風の影響が受けずらいので比較的着火が簡単です。

ソロストーブ ライト 火力

少ない燃料でも十分な火力になります。

少ない燃料で湯沸かしなどをするならライトやタイタンがおすすめのサイズです。
キャンプファイヤーでは燃料を沢山集める必要があり手間がかかります。

市販の薪を燃料に!

①薪の長さ調節
ソロストーブ 薪 長さ

市販の薪をソロストーブで使用する際には長さを短くカットして使用します。

ソロストーブ 薪で焚き火

キャンプファイヤーなら15cm程度にカットするとすっぽりと炉内に入ります。
※太さにも注意が必要で太すぎる場合には薪割で細くしましょう。
カットする長さはそれぞれ直径より少し短いくらいがおすすめです!

炉の内寸

ライト 直径9.5cm×深さ4.8cm 炉の底から五徳までの高さ 9.9cm
タイタン 直径11.5cm×深さ7.8cm 炉の底から五徳までの高さ 11.5cm
キャンプファイヤー 直径16cm×11cm 炉の底から五徳までの高さ 16cm

②着火
ソロストーブ 着火

着火しやすいように小割の細い薪を先に入れます。
着火剤を入れて着火します。

ソロストーブ 薪

火が着いたら五徳リングを取り付けます。

長い薪 注意点

長い薪を上から突っ込む場合は5~10cmくらいは、はみ出ていても大丈夫ですが横に落ちる可能性があるので注意してください!

ペレットを燃料に!

ペレット ソロストーブ

ペレットを燃料にすると綺麗な二次燃焼が楽しめます。

①準備
ペレット ロストル

ペレットは6mm程度の小さな燃料なのでニクロム線の隙間から落ちてしまいます。
ソロストーブで使用する場合には別途ロストルを用意する必要があります。

それぞれのサイズのロストルがアマゾンで安く販売されていますのでそちらがおすすめです。
100均などで販売している台所の排水溝などををつぶして代用することもできますが専用で作られている製品がおすすめです!

②着火
タイタン ペレット 着火

手順はとても簡単でペレットを7分目~8分目(2次燃焼の穴よりも少し下)まで入れて100均などの着火剤を使い着火します。
着火剤の代わりにアルコールをかけて着火することもできます。
普段、使用しているモノを使うと良いでしょう。

ペレット 着火

沢山のペレットを入れると酸欠になり消えてしまうので注意しましょう。

アルコールを燃料に!

アルコールストーブ ソロストーブ

LITEとTITANはアルストのゴトク兼風防として活用できます。

ソロストーブ ライト アルスト

トランギアのアルコールストーブがすっぽりと収まります。
五徳を外してアルストを炉内にセットして着火するだけで使用できるのでとても簡単です。

ソロストーブのサイズの違いによる特徴!

ソロストーブ サイズ

ソロストーブのサイズ選びで迷う場合は何を重視するかを見極めてスタイルに合ったサイズを選んでください!

ライト タイタン キャンプ
ファイヤー
携帯性      
燃費      
暖かさ      
スタッキング性能      
薪での焚き火      
ペレットでの焚き火      
調理のしやすさ      

携帯性

ソロストーブ 携帯性

バックパックでのキャンプでソロストーブを使いたい場合にはライトかタイタンがおすすめです。

ライト バックパック

軽量コンパクトにこだわるならライト一択となります。

タイタン バックパック

タイタンでもバックパックの容量や持ち物の量によっては収まります。

燃費

燃費が良いのはライトとなります。
ライト・タイタン・キャンプファイヤーそれぞれ1時間でどれくらいの燃料を使用するか調べてみると以下の結果となりました。

薪での燃焼時間を検証

調査方法は1キロの薪を用意して1時間で使用した量を計測してみました。

キャンプファイヤー
キャンプファイヤー 燃費
1時間後
キャンプファイヤー 燃費

残った薪の重量は約100gでしたのでキャンプファイヤーは1時間で使用した薪の量は約900gとなりました。
通常の焚き火台と比べると少ない燃料で楽しめます。

タイタン
タイタン燃費
1時間後
タイタン 燃費2

残った薪の重量は約500gでしたのでタイタンは1時間で使用した薪の量は約500gとなりました。

ライト
ライト 燃費
1時間後
ライト燃費2

残った薪の重量は約630gでしたのでライトは1時間で使用した薪の量は約370gとなりました。

ペレットでの燃焼時間を検証

ソロストーブ ペレット 燃焼

次にペレットをそれぞれ7分目まで入れた燃焼時間を測ってみました。

キャンプファイヤー タイタン ライト
ペレットの量 852g 329g 100g
燃焼時間 37分44秒 27分30秒 15分40秒

こちらも100gで15分燃焼したライトが計算上、少ない量で長く燃焼する結果となりました。

というわけで結論は炉のサイズや火力に違いはありますが、少ない燃料で長時間焚き火ができるのはサイズの小さいライトとなります。

ただ、ライトは薪での焚き火は薪を小さくするのに苦労します。
薪での焚き火を重視する場合はタイタンかキャンプファイヤーがおすすめです。

スタッキング性能

スタッキング ソロストーブ

ソロストーブライトはスタッキング性能に優れていてシンデレラフィットするクッカーが沢山あります。

ソロストーブライト 外寸

外寸が10.8cmとなりOD缶とほぼ同じサイズです。

OD缶をスタッキングするクッカーは沢山ありますよね。

などがピッタリ収まります。

タイタン・キャンプファイヤーにスタッキングできるクッカー

タイタン スタッキング

タイタンやキャンプファイヤーでクッカーをスタッキングするなら純正品のソロストーブポットがおすすめです。
お得に購入できるセットもあるのでピッタリとスタッキングできるクッカーを持っていない人は要チェックです!

ソロストーブポットのラインナップ
キャンプファイヤーにスタッキングできる【ソロストーブ ポット4000】
高さ 約18.5cm
直径(幅) 約20cm
容量 4,000ml
重量 約830g
材質 ステンレススチール(SUS304)
価格 9,075円

キャンプファイヤーにスタッキングできるのはソロストーブ ポット4000です。

タイタンにスタッキングできる【ソロストーブ ポット1800】
高さ 約15.5cm
直径(幅) 約14cm
容量 1,800ml
重量 約354g
材質 ステンレススチール(SUS304)
価格 6,600円

タイタンにスタッキングできるこちらのソロストーブ ポット1800です。
まだタイタンを持っていない場合はセットで購入した方が1,100円お得に購入できます。

ライトにスタッキングできる【ソロストーブ ポット900】
高さ 約11.5cm
直径(幅) 約11.9cm
容量 900ml
重量 約220g
材質 ステンレススチール(SUS304)
価格 4,950円

ライトにも専用のクッカー【ソロストーブ ポット900】が販売されています。
こちらもタイタン同様にセットで購入する方が1,100円お得に購入できます。

ソロストーブポッドをレビュー

ライト・タイタン・キャンプファイヤーにピッタリとスタッキングできるソロストーブポットの特徴を紹介します。

ソロストーブポットの蓋には熱くなりにくいツマミがあります。
ツマミを立てて固定できるので火にかけた状態でもツマミを持って蓋をとることができます。

ソロストーブ ハンドル2

ハンドルは2つあり一つはぶら下げられるハンドルです。
ハンドルの付け根に溝があり3パターンで固定できるので火にかけた状態でも上向きに固定しておけば熱くならずに持つことができます。

また、トライポッドなどに吊るせるので火加減が調節しやすいです。

ソロストーブ ポット メモリ

内部には目盛りがついているのも使いやすい点です。

ソロストーブ 注ぎ口

横のハンドルを使用すればお湯を注ぐのに便利です。
注ぎ口がついているのでケトルとしても注ぎやすいクッカーです。

ソロストーブは暖かい?暖はとれる?

ソロストーブ 暖をとる

ソロストーブは構造上、熱が上昇するので横への熱はあまりありません。
なので暖をとるには向かない焚火台と言えます。

タイタン 焚き火リフレクター

ソロストーブで暖をとるなら少し大きめの焚き火リフレクターを使うことで少しは暖かさを感じることができます。

ライトを使用するバックパックキャンプなどではちょっと現実的ではないですが・・・

調理するなら五徳スタンドがあると便利

ソロストーブは五徳が狭く滑りやすいので安定性があまり良くないです。
クッカーとの相性もあると思いますがクッカースタンド五徳や焼き網を使用することで解決できます。

色々とクッカーを乗せてみましたので参考にしてください。

キャンプファイヤーで調理

大きな調理器具が使えるキャンプファイヤーです。

キャンプファイヤー 五徳サイズ

ゴトクリンクのサイズが約15.8CMでダッジオーブンや大きめのスキレットやフライパンも使用できます。

ロッジ スキレット

ダッジオーブンやスキレットは重さがあり滑ることはないですがフライパンやホットサンドメーカーは滑るので注意が必要です。

キャンプファイヤー 五徳

クッカースタンドを使うと調理がしやすくなります。

ソロストーブ キャンプファイヤー 調理

写真はソロストーブのゴトクを外してクッカースタンドを一番高い状態で使用しています。

タイタンで調理

タイタン 五徳サイズ

タイタンのゴトクリンクのサイズが約11.4CM

ダッジオーブン タイタン

底が大きなクッカーを使用する場合はクッカースタンドがあると安定して調理できます。

ソロストーブ タイタン 五徳

小さなサイズのクッカー類は問題なく使用できます。

ライトで調理

タイタン クッカー

ライトのゴトクリンクのサイズが約9CM

ライト 五徳サイズ

ライトを使用する場合は大きな調理器具は使わないと思います。

ミニパン

お湯を沸かしたりご飯を炊いたり簡単な調理がメインになるのではないかと思います。

ソロストーブの偽物?激安の類似品と比較

ソロストーブ 類似品

余談ですがソロストーブによく似た類似品の焚き火台がアマゾンなどで多く出回っています。
こちらの焚き火台はタイタンと同じくらいのサイズで2次燃焼のストーブです。

ソロストーブ類似品

ソロストーブよりもコンパクトになるので持ち運びは便利ですね。

ソロストーブ 偽物 二次燃焼

一応、二次燃焼もしてきれいに燃えます。

ソロストーブ偽物 品質

勿論、品質はかなり安っぽいのであまりおすすめはしないですが値段の安さはかなり魅力です。
とりあえず二次燃焼を楽しみたい方はチェックしてみてください!

ソロストーブのサイズで迷ったら!

ライトは超軽量キャンパー向き!

軽量コンパクトでミニマムなキャンプにメインで行う人には少ない燃料で楽しめるライトがおすすめです!
調理を楽しみたい場合は不向きなの湯沸かしや簡易的なものがメインならライトで良いです。
軽量系のバックパックキャンプや軽登山などコンパクトに持ち運びたい人は迷わずライトで良いでしょう!
ソロストーブライトをバックパックに詰込み自然の中でのコーヒーやカップラーメンなどには最高のストーブです!

タイタンは2つの良いとこどり

ライトとキャンプファイヤーのどちらの性能も併せ持つ万能タイプ悪く言うと中途半端なサイズですがサイズ選びで迷っているならおすすめのサイズです!
荷物が少なければバックパックにも入り燃費も良く火力がある程度安定するので調理・焚火鑑賞ともに使いやすいです。
アルストも使えますが五徳との距離があるので火力は弱くなります。
炉内のサイズはある程度あるので熾火もしっかりと作れます。
1人~2人程度のキャンプやお手軽なハイクなどに最適!鉄板やスキレットなどとも相性が良く焚き火料理も楽しめます!

キャンプファイヤーは車でのキャンプに!

キャンプファイヤーは大きな調理器具が使えたり鑑賞用として楽しめるサイズです!
公式ではファミリー向けと案内されていますがソロでも十分に楽しめるソロストーブです。
高火力料理やダイナミックな焚き火の鑑賞におすすめです。
薪をカットする手間が一番少ないサイズとなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ソロストーブの魅力を知れば知るほど奥深く、多くのアウトドア民に愛される理由がわかります。
魅力はもちろん、デメリットも理解しながら自分の求めるサイズを選ぶのが、ソロストーブを楽しめる最大の鍵なのではないでしょうか。
手のひらサイズのものからファミリーキャンプなどでも活躍できそうな大きさまで、幅広いキャンプシーンで楽しむことができるソロストーブ。
サイズ別に数台購入して、シーンによって使い分けてみるのもおすすめです。
いつも同じような焚き火になってしまう方も、ソロストーブで少し違った焚き火を楽しんでみてはいかがでしょうか。

焚き火 クッカー
焚き火におすすめのクッカー!直火に向きはステンレス?アルミ?【直火調理向きのキャンプ鍋】キャンプでの直火料理は、豪快かつ野性味があって魅力的ですよね。 数少ない荷物で寝泊まりするキャンプやブッシュクラフトにおいて、クッカー...
ABOUT ME
nomad-camp
自然が大好きなアウトドア愛好家。 ライターさんの記事の管理やアウトドア関連の情報を発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。