テント・タープ

SOLO HOMESTEAD TC(ソロホームステッド TC)をレビュー!薪ストーブも使えるソロ・デュオに最適なサイズのパップ風テント

SOLO HOMESTEAD TC レビュー

OneTigris(ワンティグリス)のSOLO HOMESTEAD TCテントは、パップテント風の無骨なデザインと機能性の高さから、コスパ抜群の万能テントとして、ソロキャンパーの間で人気が高まっています。

今回は「パップテントが欲しいけど、値段が高くてなかなか買えない」「人と被らないようなかっこいいソロキャンプ用テントが欲しい」とお悩みの方におすすめのOneTigris(ワンティグリス)のソロホームステッド TCテントを徹底レビューします。

基本スペックや実際に使って感じたメリット・デメリット、設営方法やサイズ感なども詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

ワンティグリスってどんなブランド?

ワンティグリスってどんなブランド?

OneTigris(ワンティグリス)は、2014年創業の中国発アウトドアブランドです。
トラをデザインしたブランドロゴから「ワンタイガー」と呼ばれることありますが、「ワンティグリス」が正式名称となります。
「Begin with Good Gear(良い装備から始めよう)」というコンセプトで、キャンプギアだけでなく、ミリタリー、ペット用ギアも販売している今注目のブランドです。
今回紹介するようなミリタリーテイストのアイテムが主力で、Amazonや楽天で購入可能ですが、徐々に人気が高まっているため入手困難なアイテムもあるでしょう。

価格帯は、比較的リーズナブルで、品質も安定しているため、コストパフォーマンス抜群の無骨でかっこいいキャンプギアを揃えたい方には、特におすすめのブランドだと言えますね!

SOLO HOMESTEAD TCの基本スペック

SOLO HOMESTEAD TCの基本スペック
本体サイズ 400cmx240cmx160cm
収納サイズ 59cm x 23cm x 23cm
耐水圧 350~400mm
重量 8.5KG
素材 本体 ポリコットン&ポリエステル
グランドシート ポリコットン
ポール 7075アルミニウム合金

SOLO HOMESTEAD TCのサイズ

SOLO HOMESTEAD TC サイズ

設営サイズは400cmx240cmx160cmとソロキャンプではゆったりと過ごせるサイズ感です。

SOLO HOMESTEAD TC コットを入れたサイズ感

テント内はコットを2つ並べても余裕があります。

SOLO HOMESTEAD TC ハイコット

ハイコットの場合は横向きがおすすめです。

SOLO HOMESTEAD TC ハイコット 縦置き

縦置きだとフルクローズにしたときに入口とギリギリになります。

SOLO HOMESTEAD TCの収納サイズ・重量

SOLO HOMESTEAD TC 収納サイズ 重量

8.5㎏とソロテントとしては重めですが、車でのキャンプなら問題ない収納サイズと重量です。

TC素材を使用しているため、多少重めになってしまうのは仕方がないですね。

SOLO HOMESTEAD TCの特長

SOLO HOMESTEAD TCは快適なキャンプをしたい方を満足させる6つの特長があります。

SOLO HOMESTEAD TCのの6つの特長
  1. オリジナリティの高い無骨なデザイン
  2. ソロキャンプにゆったりのサイズ感
  3. オールシーズン使える
  4. TC素材
  5. 煙突穴がついている
  6. グランドシート付でお座敷スタイルもOK

オリジナリティの高い無骨なデザイン

OneTigris SOLO HOMESTEAD TC

SOLO HOMESTEAD TCテントは、ミリタリー調の無骨でかっこいいデザインが人気です。
独自の六角形デザインは、安定感もあり、パップテントと比較しても空間が広々しているため、圧迫感がなく、快適に過ごせます。
2つの入り口とアークウィンドウのデザインで通気性も抜群!自然と一体化できる開放感溢れる設計も魅力です。
デザイン・機能性が非常に高い、進化版のバップテントだと言えるでしょう!

TC素材

SOLO HOMESTEAD TC TC素材

TC素材のSOLO HOMESTEAD TCテントは、遮光性が高く、通気性も良いため夏場のキャンプでも快適に過ごせます。
ポリエステルのテントと比較して、難燃性に優れ、火の粉にも強いため、焚き火を楽しみたい方にもおすすめです。
雨に弱い性質があるTC素材ですが、SOLO HOMESTEAD TCテントは、防水加工とカビ防止加工が施されているため、小雨や短時間の雨であれば問題なく使用できます。

ソロキャンプにゆったりのサイズ感

SOLO HOMESTEAD TC サイズ

SOLO HOMESTEAD TCテントは、独自の六角形デザインで圧迫感のない開放的な空間が魅力です!
デッドスペースがなく、レイアウトしやすいのも特徴だと言えます。
ソロでゆったりと快適なサイズ感ですが、コットを2つ置く十分な広さがあるため、ディオでも問題なく使用できるでしょう。
メインはソロで利用して、状況に応じてディオでも使用できる万能テントをお探しの方にぴったりですね。

オールシーズン使える

フルクローズ

フルオープン・フルメッシュ・フルクロースが可能なSOLO HOMESTEAD TCテントは、オールシーズンで使用できます。
TC素材を使用しているため遮光性に優れ、換気用の小窓もあって通気性が良く、夏場の暑さ厳しい環境下でも問題なく過ごせるでしょう。
冬場の利用を想定した内側スカートや煙突穴も標準装備で付いているため、安全に薪ストーブを設置できるのも嬉しいポイントですね。

煙突穴がついている

SOLO HOMESTEAD TC 煙突穴

SOLO HOMESTEAD TCテントは、煙突穴があり、冬場に薪ストーブを使用する際に便利です。
難燃性の煙突穴ガードが付いているため、薪ストーブを長時間利用する場合でも、安心して使用できるでしょう。
薪ストーブを使用しないシーズンは、蓋を被せられるため、外気や雨水の進入もしっかり防げます。
冬に薪ストーブの使用を考えている方には嬉しい仕様ですね!

グランドシート付でお座敷スタイルもOK

SOLO HOMESTEAD TC グランドシート

SOLO HOMESTEAD TCテントは、専用のTCグランドシート付きで、別途購入する必要がありません。
必要に応じて、グランドシートを使用することでお座敷スタイルのキャンプも楽しめます。
グランドシートは、テントと同様のTC素材が使用されているため、耐久性があり、厚みがあってしっかりしているのも魅力ですね。
取り外しも簡単なので、状況に応じてテント内を自由にカスタマイズできるでしょう!

SOLO HOMESTEAD TCをレビュー

SOLO HOMESTEAD TC レビュー

SOLO HOMESTEAD TC セット内容

SOLO HOMESTEAD TC セット内容
内容物
  • テント本体
  • グランドシート
  • ポール 8本
  • ペグ  14本
  • ロープ 10本
  • 収納バッグ

それぞれを細かくチェックしていきます。

テント本体

生地・縫製

SOLO HOMESTEAD TC テント材質

TC素材で厚みがしっかりとしています。
ごわつきが少なく良い触り心地の生地感です。

SOLO HOMESTEAD TC 生地 縫製

縫製もかなりキレイでほつれもありません。

縫製に関しては口コミで厳しい声が多少あったため期待はしていませんでしたが、改善されたのか、個体差があるのかは不明ですが全く問題ない状態でした。

防水性

SOLO HOMESTEAD TC 雨漏り

耐水圧350~400mmと TC素材なのでポリエステルと比べると劣りますが、ある程度の雨であれば大丈夫です。
小雨での使用でしたが撥水性の高さも感じました。
小雨や短時間の雨であれば、問題なく使用できるでしょう!

メッシュ部分

SOLO HOMESTEAD TC メッシュ 目が細かい

メッシュもしっかりとした生地で破れなどありません。

SOLO HOMESTEAD TC メッシュ部分

目が細かく虫の侵入の心配もないため、夏場も快適に過ごせます。

ファスナー

SOLO HOMESTEAD TC ファスナー

SBSのファスナー採用でとても動きが良いです。
出入口や小窓など開け閉めはストレスなく行えます!

ファスナーと言えばYKKですが、SBSは中国で打倒YKKを目指しているメーカーで世界シェアはYKKに次ぐ2位と急成長しているメーカーです。

フラップ

SOLO HOMESTEAD TC フラップ

両サイドにフラップがついており跳ね上げが可能です。
夏場は日陰ができるのでうれしいポイントですね。
ポールが短いという口コミもあるように出入りする際には少しかがむ必要がありますが、ローチェアなどで座っている感じでは圧迫感もなく、気になりません。

SOLO HOMESTEAD TC フラップデイジーチェーン

フラップの両サイドにデイジーチェーンがついておりランタンをかけて灯したり、調理器具や各種ツールを吊るしてちょっとした収納にもなります。

SOLO HOMESTEAD TC フルオープン

跳ね上げない場合はフラップを止めるコードストッパーが両サイドどちらもついています。
このコードストッパーが締めるタイプでとても使いやすく便利です。

SOLO HOMESTEAD TC コードストッパー

メッシュも同時に止めることができるので夏場はフルオープンで開放的な空間をつくることができます。

SOLO HOMESTEAD TC 開け閉め

出入りの時にファスナーの開け閉めがしずらい点はデメリットな部分です。

スカート

SOLO HOMESTEAD TC スカート

SOLO HOMESTEAD TCには外側のスカートはついてなく内側に織り込まれるようにテント全体に装備されています。

SOLO HOMESTEAD TC スカート部分

これにより冷気をシャットアウトするので冬キャンプも対応しています。

SOLO HOMESTEAD TC 内側スカート

内側スカート部分はポリエステル素材なので防水性があり、ちょっとした荷物を置くのにも便利です。

SOLO HOMESTEAD TC 入口 立ち上がり

入口部分には約10cmの立ち上がりがあり砂や冷気の侵入を防いでくれます。

煙突穴

SOLO HOMESTEAD TC 煙突穴

薪ストーブが使える煙突穴が装備されており熱に強い難燃性の素材が採用されています。

SOLO HOMESTEAD TC 薪ストーブ

煙突穴の直径は12cmでWinnerwell NomadView Mの煙突約6cmを設置すると生地にあたらず設置できます。

二重煙突

ただ、6cmの煙突だと隙間があき雨が入ってしまいますのでWinnerwell NomadViewの場合は二重煙突を使うことで対策ができます。

SOLO HOMESTEAD TC 煙突穴 雨漏り

使用しないときにはマジックテープでしっかりと固定できます。

小雨での確認ですが、雨漏りはありませんでした。

ベンチレーター兼小窓

SOLO HOMESTEAD TC ベンチレーター兼小窓

ベンチレーター兼小窓があり換気がしやすいです。
メッシュ仕様の小窓なので虫の侵入の心配はなく、快適に使用できますが、メッシュの開閉はできないところが若干のデメリットです。

グランドシート

SOLO HOMESTEAD TC グランドシート

グランドシートはテントと同じ素材のポリコットンでしっかりとした生地です。

SOLO HOMESTEAD TC グランドシート アタッチメント

4か所に調節可能なアタッチメントがついているので設置が簡単で、ズレにくいのがメリットだと言えます。

SOLO HOMESTEAD TC グランドシート

サイドのスカート部分との隙間ができないようにテント内全体にシートが敷かれますのでお座敷スタイルでくつろぐスタイルも快適ですね。

SOLO HOMESTEAD TC 素材

グランドシートはTC素材で肌触りが良いのは良いのですが、地面の状況によっては汚れやスレが気になるので念のためグリーンシートを敷いておくと安心です。

ポール

SOLO HOMESTEAD TC ポール

ポールは8組あります。
すべてアルミ製の軽量ポールです。

SOLO HOMESTEAD TC テントフレーム ポール

やや細めのシルバーのポールはテント支柱となるポールで、ショックコードで繋がっているため組み立てが簡単です。

SOLO HOMESTEAD TC メインポール

ブラックのポールはテントのメインポールとフラップの跳ね上げ用のキャノピーポールとなります。
こちらはショックコードが入っていないプッシュボタン式の連結ポールとなっています。

ポール 組み合わせ 注意

組み合わせを間違えると長さが合わなくなるので注意が必要です。
先端と中継ぎ部分はメインポール・キャノピーポールともに同じですが一番下は長さが違います。

  • 一番下が短いポールは4本連結でメインポールになります。
  • 一番下が長いポールは3本連結でキャノピーポールとなります。

間違えないように注意してください!

ペグ

SOLO HOMESTEAD TC ペグ

ペグは14本入りでテントの設営で必要な12本とキャノピーポールの跳ね上げで使用する2本と追加購入の必要はありません。

SOLO HOMESTEAD TC ペグ形状

ペグの形状はスチール製のネイルペグで太く丈夫なので問題なく使用できます。

ペグ 強度

何度か使用しましたが硬い地面のフィールドではやや不安があるので念の鍛造ペグを用意しておくと安心できます。

ロープ

SOLO HOMESTEAD TC ガイロープ

ガイロープは10本、テント用と6本とキャノピーポール用2本+予備が2本セットになっています。

SOLO HOMESTEAD TC ガイロープ 太さ

太く丈夫なロープなので問題なく使用できます。
長さや太さはすべて同じです。

SOLO HOMESTEAD TC 自在金具

長さ調節は三角の自在金具を使用します。
高い固定力でテンションをかけることができ、安定感もしっかりあります。

収納バッグ

SOLO HOMESTEAD TC 収納ケース

収納ケースはテントと同じポリコットン素材でロゴマークがプリントされています。

SOLO HOMESTEAD TC 収納ケース サイズ

ゆとりが少ないためキレイに畳まないと収納しづらいのがややデメリットです。
キレイに収まるたたみ方を後ほど紹介していますのでそちらを参考にしてみてください!

SOLO HOMESTEAD TCの設営方法

SOLO HOMESTEAD TCは設営が簡単で初めてでもキレイに張れるテントです。
しかし、説明書通りの手順だとテントのフレームとなるシルバーのポールがはめにくく力がいりましたので手順を変えて紹介します。
※説明書通りの正式な張り方ではないことをお理解いただき参考にしていただければと思います。

①テントを広げる

SOLO HOMESTEAD TC 設営方法 テントを広げる

横に長い6角形のテントなので長い辺が正面になります。
正面はどちらになっても大丈夫ですが薪ストーブを配置する場所や窓をどちらに向けるかでテントを広げる方向が決まります。
そのあたりを注意して広げる向きを決めて下さい。

②フレームポールを組む

説明書ではメインポール立ててからになっていますが個人的には先に組んだ方が設営しやすく感じましたのでそちらの手順で案内します。

SOLO HOMESTEAD TC 設営方法 ②	フレームポールを組む

フレームポールをテントのスリープに通します。

SOLO HOMESTEAD TC 設営方法 注意点

注意点としてフレームポールをはめるハトメを間違わないように注意してください。

SOLO HOMESTEAD TC 設営方法 ハトメの位置 ペグダウン 注意点

正面の出入口のフラップのハトメに組み込むとフラップを開けられなくなります。

③ペグダウン

SOLO HOMESTEAD TC 設営方法 ペグダウン

テント6か所をペグダウンします。
ペグの順番は、まず正方形の4か所から打ち込みそのあとサイドの2か所を打ち込みます。

④メインポールでテントを立ち上げる

SOLO HOMESTEAD TC 設営方法 テントを立ち上げる

出入口を開けてメインポール2本をテントに設置します。
メインポールとキャノピーポールは同じブラックなので間違えないように注意してください。
4本接続の方がメインポールとなります。

SOLO HOMESTEAD TC 設営方法 ポールキャップ

メインポール用の先端キャップも忘れずに取り付けてくださいね。

⑤ガイロープを張る

SOLO HOMESTEAD TC 設営方法 ガイロープを張って完成

最後にガイロープを6本張れば完成です。

SOLO HOMESTEAD TCのたたみ方

①ポールを外し半分に折りたたむ

SOLO HOMESTEAD TC たたみ方

メインポールやフレームポールを外しテントを半分にたたみます。

SOLO HOMESTEAD TC たたみ方 ポイント

この時にペグは片方のサイドの1本だけ残しておくとたたみやすいですよ。

②正方形に織り込む

SOLO HOMESTEAD TC たたみ方②

残りのペグを抜き両サイドを内側に折りたたみます。

③両サイドを折りたたむ

SOLO HOMESTEAD TC たたみ方③

更に両サイドを折りたたみます。

④半分に折りたたむ

SOLO HOMESTEAD TC たたみ方④

半分に折りたたむと収納ケースとほぼ同じ幅になります。

⑤ポールを芯にして丸める

SOLO HOMESTEAD TC たたみ方④

グランドシート・ポール・ペグなどを手前にセットします。

SOLO HOMESTEAD TC たたみ方⑤

あとは少しきつめに丸めていけば収納ケースにきれいに収めることができます。

SOLO HOMESTEAD TC たたみ方

SOLO HOMESTEAD TCのメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • ファスナーがスムーズ
  • 内側スカートが便利
  • 付属品の品質が◎
  • 思った以上に縫製がきれい
  • グランドシートがズレない
  • フラップのコードストッパーが使いやすい
  • フラップのデイジーチェーンが何気にうれしい
  • 設営時のテントポールがやや硬い
  • ランタンが吊るせない
  • 収納袋が小さい
  • キャノピーポールが短い(デイジーチェーンを使う場合はこのくらいでよい)
  • 内側から外側のファスナーがあけにくい

まとめ

今回は、SOLO HOMESTEAD TCテントの特徴や設営方法、実際に使用して感じたメリット・デメリットなどを詳しく紹介しました。
SOLO HOMESTEAD TCテントは、広々とした空間でソロキャンプにおすすめのテントです。
ポールやグランドシートが付いていて、コストパフォーマンスも抜群!オールシーズン使えるのもメリットですね。
SOLO HOMESTEAD TCテントが気になっていた方や、ミリタリーデザインでかっこいいソロキャンプ向けテントをお探しの方は、ぜひ記事を参考にして購入を検討してみてはいかかでしょうか?

パップテント おすすめ
おすすめのパップテント2022!コスパ最強の男前な軍幕風テント!安い・軽量・2人サイズ!キャンプは今やアウトドアを楽しむだけに止まらず、おしゃれなアイテムやかっこいいアイテムを揃える楽しみもあります。 特に、無骨な男前デザ...
ABOUT ME
nomad-camp
自然が大好きなアウトドア愛好家。 ライターさんの記事の管理やアウトドア関連の情報を発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。