焚火台

おすすめのメッシュ焚火台【直火感覚】不安な耐久性は?メリット・デメリット!

メッシュ焚火台

最近話題のメッシュタイプの焚火台。
コンパクトに収納できて軽量、シンプルでおしゃれなデザイン、ソロキャン、グルキャン両方OKと超ハイスペックのため、キャンプ場でもよく見かけるようになりましたね。
風防が無いため視界を遮らず、直火で焚火をしているような楽しさが味わえます。
使ってみたいけれど、安全性やメッシュの耐久性、使い勝手などが気になる…という人もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、メッシュタイプの焚火台のメリットやデメリット、選び方についてわかりやすく解説。
メリットデメリットを踏まえた上で、おすすめの商品もご紹介していきます!

メッシュの焚火台とは?

メッシュ 焚火台
参照元:amazon

メッシュタイプの焚火台は、薪や炭を置く火床が極細かい編み目の、ステンレスメッシュ素材になっています。
編み目が細かいのでその間から炭や火が落ちることはありません。
焚火台のパーツの中で一番重量がある火床が一番軽い素材で作られているため、総重量も1Kg未満のものが多く、持ち運びが便利です。ソロキャンやハイキング、バイクキャンプなどにも重宝します。
使用後のメッシュシートは、布のようにクルクル巻いてスタンドと一緒に収納が可能。
サイズにもよりますが、少し長い折り畳み傘くらいまでコンパクトになります。
荷物を少しでも軽く、コンパクトにしたい人にはおすすめの焚火台です。

メッシュの焚火台の耐久性は?

参照元:amazon

がっちりと四方を囲んだステンレス素材のものを使っていた人にとって、焚火台がメッシュだと耐久性が気になりますよね。
基本的にメッシュの火床は消耗品なので、交換が必要です。
耐久性も商品によって違いがあるので、購入前に使用できる回数の目安もチェックしておきましょう。
購入時に焚火台と予備のメッシュシートを同時に頼んでおくと交換時期を気にせずに使用できますね。
サイズとスタンドとの相性が良ければ、他メーカーのメッシュシートでもOK。
また、ホームセンターなどで購入できるシートとハトメで、焚火台のメッシュシートを自作する人も増えています。
シンプルな造りの焚火台だからこその楽しみ方ですね!

メッシュの焚火台のメリットは?

火床の素材が軽くコンパクト収納ができる以外にも、メッシュタイプの焚火台にはメリットがたくさんあります。
まず火床がメッシュで空気循環がすこぶる良いので、燃焼効率も良く火起こしが簡単です。
焚火台がメッシュなら炭の火付けも楽に行えますよ。バーナーであぶった炭をメッシュシートの上に乗せておくだけでそよ風があれば短時間で火起こしが完了します。
また、使用後の炭も冷えるのが早く、灰の処理もメッシュの四隅をまとめて持ち運べるので、後片付けもスピーディーに行えます。

メッシュの焚火台のデメリットはある?

では焚火台がメッシュでデメリットは無いのでしょうか?
どの焚火台にもメリットデメリットが存在するのですが、メッシュであることで生じるデメリットがあるとすれば、「風に弱い」「調理がしづらい」「メッシュの消耗」といったところでしょう。
消耗については交換用のメッシュを用意すれば済むのですが、廃棄する手間や注文などに面倒くささを感じる人もいるかもしれません。
その場合はメッシュタイプより定番の焚火台が向いていると言えそうですね。
風防が無いメッシュ素材は風を上手に利用して燃焼効率が良いという反面、急な突風などで火の粉や灰が舞いやすいデメリットがあります。小さい子どもがいる場所で使用する際は少し注意が必要。
また、テントの素材によっては火の粉で穴が開く可能性も。テントとの距離間も考えて設置しましょう。
グリルタイプの焚火台とは違って網を乗せられないので、調理にも工夫が必要です。
耐重量によってはフライパンやスキレット、ダッチグリルなどを直接乗せて調理もできますが、五徳を別で用意するともっと便利に使えます。最近ではトライポッドと組み合わせて調理をする人も増えていますね。

メッシュの焚火台で調理をするなら

参照元:amazon

焚火台がメッシュだけど調理もできるのか不安…と言う人もいますよね。
メッシュタイプの焚火台でも工夫次第で本格的な調理が可能です。
サイズやシーンに合ったトライポッドと組み合わせれば、重いダッチグリルの調理も可能になります。
トライポッドは火と調理器具に空間ができ、火力の調節や薪や炭の追加も簡単になるため、メッシュタイプの焚火台以外の人にも人気です。
トライポッドの重量が気になる…という人には焚火台はメッシュで、五徳や焼き網セットになったタイプがおすすめです。

メッシュの焚火台の選び方

メッシュの焚火台にも様々な種類がありますよね。
いろいろなアウトドアグッズの有名メーカー、ブランドから様々な種類が販売されていたり、後発商品も多数。
基本は重量、サイズ、価格など、バランスを見ながら決めるのがおすすめ。
収納時のコンパクトさ重視なら収納時スタンドが分割できるものを選びましょう。
2分割が主流ですがさらにコンパクトになる3分割の商品も!
また、五徳がセットになっているメッシュの焚火台もあるので、調理も気軽に楽しみたいならそちらもおすすめです。
焚火台に求めるものや使用シーンをイメージした後で、自分に本当に必要なスペックを確認しながら選べば失敗せずに済みますよ。

おすすめ焚火台2020
激安焚き火台8選!2020年コスパ最強のおすすめ焚火台焚火ブームが根付きつつある今、焚火台はもっとコンパクトでもっと安いものがあってもいいはず! でも安過ぎる焚火台はちょっと不安…。 そ...

おすすめのメッシュの焚火台をご紹介

メッシュ焚火台比較

有名メーカーのメッシュ焚火台を6つを紹介いたします。

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2

参照元:amazon

金物の加工技術が高い新潟県燕三条の会社のアウトドア部門のユニフレーム。
メッシュシートの素材は特殊耐火網FCHW2と明記されていて、耐久性、耐熱性に優れていることはお墨付き。
しっかりした素材で造られているのに重量は490gと軽量です。
メッシュ部分の面積は40cm×40cmとしっかり広さもあるのでソロから少人数の使用に最適。
薪5Kg以下での使用を推奨されているので、逆にそれ以下であれば調理器具も乗せられます。

サイズ(使用時) 400×400×300mm
サイズ(収納時) 径60×570mm
重量 490g
素材 メッシュシート:特殊耐熱鋼FCHW2
スタンド:18-8ステンレス

ロゴス(LOGOS) ROSY メッシュファイヤーピット

ロゴスメッシュ焚火台

アウトドアメーカーとして有名なロゴスのメッシュ焚火台です。ロゴスは「ピラミッドグリル」も人気ですが、「メッシュファイヤーピット」もピラミッドグリル同様組み立てやすさと安定感が魅力です。五徳も乗せやすく、炭火での調理もしやすいタイプ。
スタンドのデザインは独特で、他の人とかぶりたくない人にはおすすめです。

サイズ(使用時) 43×43×25.5cm
サイズ(収納時) 63×10×10cm
重量 700g
素材 スチール、ステンレス、アルミニウム

BUNDOK(バンドック) 焚火 スタンド ハンディ

BUNDOK焚火スタンドハンディ

ユニフレームと同じく燕三条に本社のある株式会社カワセのアウトドアブランドであるバンドックは確かな品質と実用性の高さ、リーズナブルな価格で人気。
高品質な焚火台で収納ケースもついて3,000円以下はかなりの高コスパ商品と言えます。
また、スタンドは2分割が可能なので収納のコンパクトさも評価され、バイクキャンプ、ハイキングで焚火台を使用する人からも支持されています。

サイズ(使用時) W41xD41xH34.5cm
サイズ(収納時) W44xD7xH7cm
重量 1.0kg
素材 ステンレス

DOD(ディーオーディー) 秘密のグリルさん

DOD秘密のグリルさん

メッシュの焚火台でも炭火調理をもっと手軽に楽しみたい!という人には専用の五徳がセットになった「秘密のグリルさん」がおすすめ。
ウサギのアイコンでご存じの方も多いDODは、ユニークなアイデアでアウトドアをもっと楽しくするギアを提案しているブランドです。
組立が簡単でお手入れも楽。3分割の焼き網と五徳もセットでキャリーバッグもついています。
焼き網が3分割されているのがポイントで、広い火床の上で自由にアレンジがきくのが楽しいですね。
調理もできるグリルと考えれば重さもネックになりません。

サイズ(使用時) W47×D47×H25cm
サイズ(収納時) W42×D13×H7.5cm
重量 2.2kg
素材 ステンレス

「秘密のグリルさん」の重さがネック、サイズが大きすぎると思う人には、コンパクトタイプの「秘密のグリルちゃん」も人気商品です。

収納時のコンパクトさが魅力で、ケースに入れればポケットに入れて持ち運べるほど小さくなります!
ソロで使うには十分ですが、市販の薪はそのまま置けないので小さくする必要がありますね。
重量も590gと超軽量。重さも収納サイズも折り畳み傘とほぼ変わらないくらい。
付属は五徳のみですが、耐荷重は5kgなのでミニサイズのスキレットやダッチオーブンでの調理も可能です。

サイズ(使用時) W240×D240mm
サイズ(収納時) W300×D70×H50mm
重量 590g
素材 ステンレス
秘密のグリルちゃん 口コミ
秘密のグリルちゃんレビュー!手頃な価格ながら高機能のコンパクトグリル!ソロキャンプ人口が増え、コンパクト焚火台が注目されている昨今、キャンプメーカー各社がこぞって おひとりさま用のグリルや焚火台を販売して...

DOD(ディーオーディー) ライダーズファイアクレードル

DOD(ディーオーディー)-ライダーズファイアクレードル-焚火三脚-トライポッド

同じくDODから、焚火台というよりもメッシュシートを取り付けられるトライポッド「ライダーズファイアクレードル(RIDER’S FIRE CRADLE)」もおすすめです。
トライポッドはクッカーを吊るして焚火台とは別で用意するのが基本ですが、「ライダーズファイアクレードル」は焚火台としての機能も備えたアイテムです。
3脚なのでメッシュシートも三角形となり多少安定性に欠けるのがネックですが、薪が落ちたりしないか、状態を確認しながらであれば問題なく焚火を楽しめます。
焚火ができるトライポッドが重量わずか715gなのは驚きです!
バイクキャンプやソロキャンプ、ハイキングなどにも重宝するアイテムですね。

サイズ(使用時) W680×D550×H1080mm
サイズ(収納時) 直径60×長さ290mm
重量 715g
素材 メッシュ:ステンレス
ポール:アルミ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) クアッド ファイアスタンド

キャプテンスタッグ(CAPTAIN-STAG)-焚火台-クアッド-ファイアスタンド-メッシュタイプ

キャンプグッズの定番ブランドであるキャプテンスタッグの「クアッド ファイアスタンド」は、四脚のトライポッドとメッシュシートで安定感は抜群。
市販の薪をそのまま乗せてもしっかり受け止めてくれます。
薪を乗せてのんびりと焚火を楽しみたい人におすすめの商品ですね。

サイズ(使用時) 幅500×奥行500×高さ950mm
サイズ(収納時) 70×70×長さ600mm
メッシュサイズ 420×420mm
重量 1.2kg
素材 メッシュ・ポール:ステンレス鋼
チェーン

他にも格安の中国系の商品がアマゾンでは沢山売られています。

Amazonの激安メッシュ焚火台

ピコグリル比較
ピコグリルの偽物?おすすめのピコグリルもどき【類似品でも使える!】正規品の定価は?ベテランソロキャンパーに愛される焚火台として有名なピコグリル。 芸人のヒロシさんが自身のYouTubeチャンネル「ヒロシチャンネル」で...

まとめ

メッシュタイプの焚火台についてご紹介しました。
視界を遮らないメッシュタイプならダイナミックな焚火を楽しめます。
直火の焚火が一番楽しいけれど、最近は直火NGの場所がほとんどですね。
直火に近い感覚で焚火を楽しむならメッシュタイプが一番!
ただし、スタンドが低く地面に熱が伝わり過ぎる場合は、防火シートやプレートなどでカバーするのも忘れずに。
自分に必要なスペックを満たしたシンプルなメッシュの焚火台で、もっと身軽にアウトドアを楽しんでみませんか?

焚火台
ソロキャンプで使えるおすすめの焚き火台!芸人が使っているの個性的な焚火台特集キャンプ道具の中でも特に大きな存在感を放つ焚き火台。調理に使用し、そのまま夜が深くなるまで焚き火を楽しんだりと、出番の多い道具でもありま...
ゆるキャン△ 焚火台
ゆるキャン△にでてくる焚火台!安くて丈夫!使いやすい焚火台はコレ!いきなりキャンプはハードルが高いので焚火から始めてみたい、という人も多いのではないでしょうか。 実は私も焚火からキャンプにハマったキャ...