テント・タープ

薪ストーブにおすすめのソロテント【冬キャンプ】テント内で使う注意点は?

薪ストーブ テント

キャンプは秋&冬シーズンが魅力的ですよね。
汗をかくことはないですし、虫もいない、人も少なめ、空気もきれい…ただ、心配なのは自然の中の寒さに耐えられるか。
そこでぜひ欲しいのが薪ストーブ。
薪ストーブがあれば、寒いシーズンでもアウトドアで暖かく過ごすことができます。
でも、薪ストーブをテントの中で使うのってちょっと不安がありませんか?自分の持っているテントで薪ストーブは使える?何に注意すれば安全に過ごせる?そんな疑問を解消すべく、この記事では薪ストーブの使用する際の注意点や、薪ストーブを使用できるおすすめソロテントについてご紹介していきます。

※テント内でストーブを使用することは販売元やメーカではすすめられていないものが多いです。すべて自己責任で行ってください。

テント内にキャンプ用薪ストーブを導入するメリット

キャンプ 薪ストーブ テント

1. 圧倒的な暖かさ

アウトドア暖房器具の中でも薪ストーブの熱効率は非常に高く、群を抜いています。
薪ストーブは、薪が燃焼した時に発生する熱エネルギーによって、ストーブ本体や煙突周囲の空気を暖めることにより室内の温度を上げてくれます。
薪ストーブには大きく分けて「開放式」・「対流式」・「輻射式」の3種類があり、その中でも「輻射式」が定番のタイプとなっています。
ストーブ本体が高温になると強い赤外線が放出されますが、この放出を「輻射」といい、人を暖めることはもちろん、「輻射」には自然素材やガラスなどに吸収されてその熱が溜まる性質があります。
そのため、ストーブの火を消した後も穏やかに放熱され続けるので、部屋全体が心地よく、優しい暖かさを保ちます。

2. ストーブで料理もできる

薪ストーブの熱を利用しての調理も可能です。
また、やかんを置いておけば温かいお湯を常備することができます。
寒い時期にこれは心強いですね。
また、やかんから出る湯気によりテント内の湿度を上げることもでき一石二鳥です。

薪ストーブが使えるソロテントとは?

薪ストーブが使えるソロテント

薪ストーブを中に入れて使用することができるテントは、下記の3つのポイントがクリアできているかどうかで選ぶと良いでしょう。

1. ある程度の大きさがある

普段テント内に置いている物に加えて、薪ストーブを置くスペース、さらに薪ストーブ周辺にある程度の空間が必要になります。
インナーが付いているテントの場合は、インナーの上に薪ストーブを置くことはできないため取り外して設置します。
前室が付いているテントの場合は、前室に薪ストーブを置けそうか検討してみてください。

2. スカートが付いている

テント内を暖めたい場合には、テントの裾にスカートが付いていないと地面と幕の間に隙間ができてしまい、せっかくストーブで温めた空気が外に逃げてしまいます。
スカートが付いていて初めて、冷気が入ることなくテント内部の温度を上げることができるのです。

3. コットン素材またはポリエステル混紡コットン素材である

コットン素材(もしくはポリエステル混紡コットン素材)は火の粉に強く、ポリエステル素材のように穴が空いてしまうことはありません。
また、ポリエステル素材のテントで薪ストーブを使用すると、幕の内部に結露が発生してしまいます。
一方、コットン素材(もしくはポリエステル混紡コットン素材)は室内の湿度が上がると、素材そのものの吸水性の高さから、生地が吸水しその難燃性を増すという面もあります。

テントから薪ストーブの煙突を出す方法~煙突ガードとは?

サーカスtc 薪ストーブ 煙突 ファスナー

薪ストーブの煙突はどのようにしてテントの外に出せばいいのでしょうか?方法は大きく分けて下記の3つがあります。

1. 煙突用の穴が開いているテントを選ぶ

テントには上部に煙突用の穴が空いているタイプがあるので、それを購入するという方法です。
煙突用の穴が開いているのは主にティピー型のテントとなります。

2. 煙突用の穴を自作する

テントの幕をくり抜き、その穴に市販の断熱用製品をはめてストーブの煙突を通す方法です。
例えば「フラッシングキット」は2つのパーツに分かれており、2つのパーツで幕を挟みこんで装着します。

フラッシングキットを装着することにより、熱による幕の損傷を防ぎ、薪ストーブの煙突を支えることができるようになっています。
また、上記の布版ともいえる「煙突口布」という製品もあります。
「煙突口布」は耐火性の布でできており、テントの穴に直接ベルクロで取り付けて、穴の周囲をカバーします。

3. 穴を空けず、ひと工夫して煙突を出す

お気に入りのテントに煙突の穴を開けたくない…そんな場合はファスナーや出入口から煙突を出す人が多いです。
但し、ファスナーや出入口から直接煙突を出すと、その熱で幕の素材に火が付いてしまったり、生地にダメージを与えるなどの可能性があります。
そこで、ファスナーや出入口から煙突を出したい場合には煙突ガードなどで断熱する必要があります。
要は熱を持っている煙突がテントの生地に直接当たらないように、断熱し、かつ固定できる何かしらの工夫をするということです。
例を挙げると以下の方法があります。

煙突ガード

煙突ガードは各ストーブメーカーから販売されています。
煙突ガードはステンレスなどの素材で、円柱形となっており、煙突側に取り付けて使用するものです。
但し、各ストーブの煙突サイズに合わせたいわゆる専用商品としての扱いになるため、互換性を確認して購入する必要があります。

自作する

上記の煙突ガードは比較的単純な造りなので、自分で作ってしまうキャンパーさんも多くいるようです。
また、木や断熱材、市販品(傘立てなど)を加工してオリジナルの「幕除け」を作るという方法もあります。

また、出入口がダブルジッパーのテントであれば、出入口から煙突を外に出し、その上下を閉めることでストーブの使用が可能になります。
いずれの場合も、煙突のある程度の長さをテント内に置いておくことで暖房効率を上げることができます。

※ただし煙突ガードだけでは幕やファスナーを溶かす危険性があるので慎重に対策をする必要があります。

テント内で薪ストーブを使う危険性~火事にはならない?

テント内でストーブを不用意に使用すると、最悪どのような事態が発生するのか、実際に使用する前に基本的な知識をあらかじめ頭に入れておくことが大切です。

1. 火事

ストーブの火が周囲の物に引火したり、周囲の物が熱せられ温度が上がるなどで火事を引き起こす可能性があります。
火事の発生を防ぐためには、ストーブの周囲に物を置かないこと、煙突が外に出る部分の断熱・固定をすることが重要です。
また、薪ストーブは平らで安定している場所を選んで置いてください。
さらに、煙突は長く重心が高くなってしまうため、ストーブが転倒しないように配慮することが大切です。
ストーブを直接地面に置くことは暖房効率を下げるどころか、火災の原因となる可能性にもなりえます。
ストーブの下にはレンガやアウトドア用のテーブルを置き、足場を作って設置します。万が一に備え、薪ストーブ使用時には携帯用の消化器を用意しておくと安心です。

2. 一酸化炭素中毒

ストーブなどの暖房器具は、酸素を取り込み燃焼し、排気ガスを出す仕組みになっています。
換気をせずにストーブを使用し続けると、室内に排気ガスが増えるだけでなく、酸素濃度が低下していきます。
酸素濃度が低下することで不完全燃焼が進むと、室内に一酸化炭素が急激に増加し中毒を引き起こす原因となります。
一酸化炭素中毒が怖いのは、一酸化炭素自体に色や臭いが無く、毒性が強い点です。
ほんの少しでも吸い込んでしまうと気づかないうちに中毒になる危険があります。
一酸化炭素中毒の症状はなかなか気づきにくく、次第に頭痛、吐き気、手足のしびれが起こり、気が付いた頃には意識不明になって死にいたる…ということも。キャンプ地では家の中と異なり、風や雨、雪などの気象条件により不完全燃焼が発生したり、地面の傾斜による換気不足などのリスクがあるということもお忘れなく。
常に外気が入るよう空気の通り道を作っておくか、1時間に1回程度定期的に換気をして室内と室外の空気をこまめに入れ替えることが大切です。
また、煙突掃除を怠るとススの詰まりが不完全燃焼の原因となります。
使用する前、2泊以上のキャンプでは使用した翌朝に必ず煙突掃除を行うことを忘れないでください。

薪ストーブ 一酸化炭素探知機

さらなる安心として「一酸化炭素チェッカー」を薪ストーブとセットで購入されることをおすすめします。
「一酸化炭素チェッカー」は一酸化炭素濃度が一定以上になるとアラームやライトで中毒の危険性があることを教えてくれます。

3. やけど

薪ストーブの使用中、炉内や煙突は非常に高温になるため、特に小さなお子さまがいる場合にはストーブガードを設置するなどの対策が必要です。
また、強風時には煙突の外れ・落下によるやけどの可能性もありますので、強風時には薪ストーブの使用を控えましょう。

薪ストーブが使えるおすすめのテント5選(ソロ~ディオ)

初心者におすすめの薪ストーブが使用可能なテント

ここでは薪ストーブを導入しやすいテント3種をご紹介します。

製品名組立後サイズ(約)重量素材形状
テンマクデザインサーカスTCW420×D442×H280cm10.8kgコットン混紡生地(TC)ティピー型
テンマクデザインパンダTC+W270×D270×H170cm6.3kgコットン混紡生地(TC)ティピー型
DODレンコンテント2LW500×D500×H350cm16.9kgポリコットンティピー型

テンマクデザイン サーカスTC、パンダTC+

素材は共に撥水加工済みのコットン混紡生地で、火の粉が飛んでも生地に穴が空きにくくなっています。
パンダTC+の方がサーカスTCより一回り小さく、ソロ向きと言えるでしょう。
共にスカートが付いているため、暖かい空気が逃げない構造になっているのがポイント。
また、出入口は前後に1箇所ずつあり、ダブルジッパー仕様となっているため、出入口から煙突を出して上下を閉めることにより薪ストーブの設置が可能です。頂点部分にベンチレーターが2箇所付いていますので、薪ストーブ導入時には必ずベンチレーターをしっかり空けた状態にセットして設営します。

サーカス薪ストーブインストール
サーカスTCに薪ストーブをインストール!幕・ファスナーを守る対策!寒い季節のキャンプといえば、暖房器具は欠かせません。 特に昨今は、冬キャンプに石油ストーブや薪ストーブを活用する方法も注目されており、...

DOD レンコンテント2L

参照元:DOD

中で焚き火ができる冬仕様ワンポールテント RENKON TENT 2
DOD レンコンテント2LもサーカスTC、パンダTC+同様、焚き火に耐えうる素材。
本製品の特徴は、テント上部360度に開いた8つの大きな窓により焚き火の煙を排出し、暖かい空気は逃げにくいという構造です。
ドアは前後に2箇所ずつあり、開放感のある居住空間を作ることができます。焚き火を使用する場合でも5人程度が寝ることができる大きめのサイズです。
開閉可能な8つの窓の他、頂点部から内部に吊るされた紐で開閉可能なベンチレーターが付いており、効率的にテント内の空気を外に逃がすことができます。
さらに足元にも4箇所の開閉可能なウィンドウがあり、下から空気を取り込むことで換気性を高めることができます。足元のウィンドウの下部にはスカート生地が付いています。

希少性高めパップテント(軍用テント)

パップテント 薪ストーブ

ストーブの使用にはコットン製が向いているということはお分かりいただけたかと思いますが、最近ソロキャンパーから注目を受けているパップテント、いわゆる軍用テントも同じくコットン製なのでストーブの使用に耐えうるということになります。

パップとはPuppy(子犬)のPupで、パップテントはつまり犬小屋と言ったところでしょうか。
主にパップテントは1960-70年代を中心に使用されていましたが、戦争の仕方も時代に合わせて変わってきていることから、現在は生産がされていないため希少性の高いものとなっています。

オークションなどでUS、ベルギー、ドイツ、ポーランド軍製など、かなりリアルな使用感のある各国の中古品を入手することができます。
パップテントは2枚の幕からなっており、つなぎ目はボタンを留めて連結します。
左右にポールを1本ずつ入れて立ち上げ、ポールから垂らしたガイロープの先をペグダウンして設営するので、一人でも簡単に組み立てることができます。

ポーランドテントも薪ストーブとは相性が良く非常にカッコいい男前なソロ向きのテントです。

ポーランド軍幕 薪ストーブ

また、軍幕の人気からかバンドックから出ている軍幕風テントに薪ストーブを入れている人も多くいます。

軍幕風で使いやすい!バンドックソロテント

ココからは入手しやすい製品として、バンドック社のパップテントを再現したモデル「ソロベース」「ソロティピー」の2種類をご紹介します。

製品名組立後サイズ(約)重量素材形状
バンドックソロベースW360xD190xH110cm4.4kgコットン混紡生地(TC)パップ型
バンドックソロティピーTCW240xD240xH150cm4.8kgコットン混紡生地(TC)ティピー型

バンドック ソロベース

こちらはUSのパップテントをかなり忠実に再現して作られており、本物と比較しても遜色のない製品となっています。
素材の色はUSパップテント同様のカーキ色。パップ型のテントは全面をアップし出入口を開放することができます。
また、ポールを使用すれば前室を作れるので、そこにストーブを置くことが可能です。
跳ね上げ用のポールも付属しているのもうれしいポイント。
サイド部分もジッパーで開閉できるよう本物にはないカスタムがされており、様々な形を作ることができます。
インナーを使用しても190cmあるので、男性が横になっても充分なサイズです。

バンドック ソロティピー

こちらも同じバンドックから発売されているティピー型のソロテントです。ワンポールなので設営は簡単。サーカスTC、パンダTC+同様に頂点部分にベンチレーターがあり、裾にはスカートも付いています。カラーはカーキとサンドカラーの2種類。出入口は前後にあり、出入りや荷物の出し入れも余裕です。
ストーブを置く場合は、ドアを開放して幕を大きく跳ね上げて作った前室に置くと良いでしょう。
価格はいずれも参考上代となっており、現在オンライン上ではこの値段よりも安く販売されています。
在庫量により、タイミングによって大きく変動があるのでチェックしてみてください。

Winnerwell Nomadma M レビュー
Winnerwell NomadView Mをレビュー【薪ストーブ ウィンナーウェル】寒さが日を追うごとに深まり、キャンプスタイルも少しずつ秋冬仕様に移行し始めるシーズンとなりました。 これからのシーズンは夏場のように虫...

まとめ

いかがでしたでしょうか?薪ストーブを導入するというと、難易度が高く危険な印象がありますが、前もって知識をつけておけば不安も解消できます。
正しい使用法で、薪ストーブと共に暖かな冬キャンプを実現してみてください。

ストーブファン キャンプ 効果
冬キャンプにおすすめストーブファン5選!仕組み(原理)は?効果はある?「ストーブファン」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。 冬にキャンプをやる方にはお馴染みですが、冬キャンをしない方には、あまり馴染...