テント・タープ

DODヘーキサタープの特徴!TC素材で張り方アレンジ自在

dodヘーキサタープ ブログ

皆さん、キャンプでタープは使っていますか?タープは、強い日差しや急な雨をしのぐのにとても便利なキャンプギアです。
テントの近くに設置すれば、リビング的なスペースが広がり、テントに出入りする時の靴の脱ぎ着も楽になります。
そんな便利なタープには色々な種類がありますが、その中でもおすすめなのがDODの「ヘーキサタープ」です。

ヘーキサタープについて、基本スペックや特徴、買う前に知っておきたい注意点について解説していきます。
同社の他のタープとの違いについても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

DODヘーキサタープ基本スペックを紹介!

ヘーキサタープはポリコットン生地を採用したベーシックな六角形のヘキサタープです。
ヘーキサタープは1サイズ展開で、カラーは、ベージュ、薄茶色(タン)と黒(ブラック)の3種類があります。
シンプルなデザインと色合いなので、キャンプサイト全体のコーディネートもしやすく、おしゃれキャンパーに人気の商品です。

本体サイズ(設営時)420×420m
本体サイズ(収納時)直径14×55cm
本体重量3.0kg
材質(テント部)ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
耐水圧350mm
付属品ロープ、キャリーバッグ
ソロキャンプタープ おすすめ
ソロキャンプにおすすめのソロタープ!サイズ選び・軽量・安いタープソロキャンプ用のタープが欲しいけど、種類がたくさんあって選び方がよくわからない。 ソロキャンプでおすすめのタープがあれば知りたい。 ...

売り切れ続出!?ヘーキサタープ特徴と注意点

「強い日差しでも、火の粉が少し当たっても平気さ。」をメインコンセプトにした、ベーシックなタープです。
六角形のテントなので、角度を調整すればしっかりと陽の光を遮ってくれます。では、どのような特徴があるのでしょうか?
特徴や買う前に知っておきたい注意点を紹介します。

アレンジ次第で色々な張り方が可能!

ヘーキサタープ楽天

ヘーキサタープのテントは六角形の形をしていて、その全ての角にグロメットと呼ばれるポールを引っかけるための穴があります。
また、ポールを2〜4本と設置本数を変えることで、多種多様な張り方ができます。
日差しの向きや風向きなどを読みながら、試行錯誤しながらシーンに合った張り方を見つけるのも楽しいです。

テントと連結して使える!流行りの小川張りは?

タープは単体でも便利ですが、テントと連結して張ればさらに空間のバリエーションが増えます。
キャノピー(テントに設けるひさしのような幕)や前室の役割も果たし、テントにリビング的半屋外空間がプラスされます。
特に、暑い夏場には木陰のような涼しくてホッとするスペースを作れて便利です。
最近では、テントにタープを直接張ってお互いが重なり合うように設置する「小川張り」もトレンドです。
狭いキャンプ区画でもテントとタープの両方が設置できたり、雨が降っても濡れないというメリットがあります。小川張りをしたい方は、延長ロープなどを合わせて購入しましょう。また、DODチマキテントのようなシェアハウススタイルの場合には、複数のテントの中央にヘーキサタープを張るのがおすすめです。

ファミリーでもソロでも使いやすい大きさ

テント生地の大きさは420×420なので、ポールを6本立ててタープを張れば家族がチェアに座ってくつろぐスペースを確保できます。
また、ポールの本数を減らして切妻屋根のように張ればソロキャンプでも落ち着く半屋外空間が作れます。
1〜2人用のコンパクトなテントであれば、タープ下にテントを設営でき、テント内の暑さや寒さを軽減できます。

厚みのあるポリコットン生地で遮光性も抜群!

ポリコットン ヘーキサタープ

ヘーキサタープのテントは、超人気のtent-Mark DESIGNS・サーカスTCと同じポリコットン素材を使用しています。
ポリコットンとは、紫外線に強いというポリエステルの特徴と、断熱性や保温性が高いコットンの特徴を併せ持った布地で、しっかりと日差しによる暑さをブロックしてくれます。

ヘーキサタープの下での火気使用はNG!

ポリコットンには、燃えにくく火の粉が飛んできても穴が開きにくい特徴があります。
なので、公式サイトにも「少し火の粉が当たっても平気」という点が強調されています。
しかし「燃えない」という訳ではありません。
また、タープ下の空間は開放的なスペースのようですが、風向きによっては火を起こすと発生する一酸化炭素が溜まる可能性もあります。
取扱説明書にも、タープの下や近くで火気を使用しないようにとの記載があります。
焚き火の火が上がって燃え移る危険性や一酸化炭素中毒のリスクがあるので、焚き火やストーブはタープから離れた場所で楽しみましょう。

ヘーキサタープは雨漏りする

ポリコットンは、水が生地へ浸み込んで繊維が膨張することで雨漏りを防ぐ仕組みになっているため、表面に撥水加工や防水加工は施されていません。
また、生地の耐水圧は350mmと低めで小雨を防げる程度です。
つまり、霧雨や小雨であればかろうじて防げますが、それ以上の雨の場合には雨漏りしてしまいます。
しかも、濡れてしまうと乾燥時間がかかりカビの原因にもなるので、雨が降りそうな天気には使わないことをおすすめします。

ポールやペグは別売り

ヘーキサタープには、設営に必要なポールやペグはセットになっていません。つまり、必要な分だけ別途ポールやペグを購入しなくてはいけないのです。
タープの張り方によって必要なポールやペグの本数が変わるので、あらかじめどのような張り方をするのかイメージしてから、必要本数を揃えましょう。

ヘーキサタープ張り方は?一人で立てられる?

ヘーキサタープ張り方

ヘーキサタープは、テントに固定したポールを立てながらバランスを見てロープを張りベグで押さえるという方法で設営します。
つまり、基本的には二人以上で作業をしなくてはいけません。しかし、一人でヘーキサタープを立てる方法があります。
一人で設営する場合には、設営場所が決まったら先にペグを打っておきましょう。
そして、ペグにあらかじめメインロープをひっかけてポールと一緒に立ち上げます。そうすることで、ポールが安定するのです。
一人でタープを上手に設営するにはコツが必要なので、事前に練習しておきましょう。

DODの他タープとの違いは?

DODではヘーキサタープ以外にも、色々なサイズや形状のタープを販売しています。
では、それぞれどのような違いがあるのでしょうか?

チーズタープとの違い

チーズタープもヘーキサタープと同じポリコットン製です。テント形状は正方形でシンプルなので、比較的扱いやすいタープです。
また、DODカマボコテントをチーズタープ下に設置する「チーカマスタイル」は、テント内と外気の気温差を軽減し、結露を防ぎます。
ただし、四角形なので微妙な角度調整が難しく、風を受けやすいというデメリットもあります。

いつかのタープとの違い

こちらも六角形のヘキサタープです。大きさはヘーキサタープとほぼ同じですが、耐水圧2000mmと防水性に優れています。
また、ポールやペグなどタープの設営に必要なアイテムが全てセットになっているので、初心者に特におすすめの商品です。

オクラタープとの違い

オクラタープとの違い
参照元:DODオクラタープ

引用:DODオクラタープhttps://www.dod.camp/product/tt8_583_tn/
オクラタープはテントが八角形の形をしたオクタゴンタープです。
全ての角にポールを取り付けることもでき、角度を調整すれば流線型で風を受け流すこともできます。
サイズは5.1m×5.1mと超大型なので、大人数キャンプの時に便利です。
ただし、重量は4.2kgと重めで、ソロキャンプには大きすぎるので、ファミリー向きのタープです。

ベーシックなのにアイデア次第で使い方は色々!キャンプで大活躍するヘーキサタープ

ヘーキサタープの特徴などについてお話してきました。
ヘーキサタープは厚みのあり帆布のようなテント生地がしっかりと日差しをブロックしてくれるだけではなく、おしゃれで温かみのある雰囲気を演出してくれます。
張り方はアレンジ次第でレパートリーを増やせますので、色々試してみてあなたのキャンプスタイルに合った張り方を見つけてみましょう!
ぜひ便利なヘーキサタープをゲットしてください。

tc素材タープ おすすめ
焚き火に強い!ポリコットンタープおすすめ28選!タープの下で焚火ならTC素材キャンプでくつろぐ時にあると便利なのがタープです。 日陰を作ることができて、お肌に有害な紫外線をカットしてくれます。 お気に入りのア...