テント・タープ

Soomloomタープはコスパ最強だった!20回以上使ったスームルーム のTCヘキサタープ徹底レビュー

スームルームヘキサタープ レビュー

スームルームのTCタープは、コスパ最強で使い勝手が良く、評判の高い人気のキャンプアイテムです。「スームルームTCタープのスペックを詳しく知りたい」「スームルームのタープは、種類豊富でどれを選んだらいいのか分からない」など、スームルームのTCタープの購入を検討している方やタープ選びでお悩みの方も多いのではないでしょうか?

Soomloomタープ

今回は、20回以上使用したSoomloomのTCタープについて、特徴やメリット・デメリット、をしっかりとレビューします。
また種類や選び方のポイントについて解説しますのでタープ選びにお悩みの方は、ぜひ参考にしてくださいね!

最後に一人で張れる張り方や状況の応じたアレンジ方法も紹介していますのでそちらも是非チェックしてください!

目次
  1. スームルームってどんなブランド?
  2. SoomloomTCタープのメリットデメリット
  3. Soomloomヘキサタープをレビュー
  4. スームルームのTCタープの購入前の注意点
  5. スームルームタープの形状やサイズを選ぶ際の目安
  6. Soomloomタープの種類!サイズや形の選ぶポイント
  7. Soomloomのタープにおすすめのポール
  8. 一人で張れる!スームルームヘキサタープの張り方を簡単に紹介
  9. スームルームヘキサタープのおすすめアレンジ
  10. スームルームヘキサタープのたたみ方
  11. まとめ

スームルームってどんなブランド?

Soomloomとは

スームルームは、中国発のアウトドアブランドで、他のブランドと比べてキャンプアイテムをリーズナブルな価格で販売しているのが特徴です。テントやタープなどが人気商品で、値段以上に品質が良いとキャンパーの間で話題となっている、今注目のアウトドアブランドだと言えるでしょう。

Soomloomタープ 取り扱い説明書

日本国内には埼玉県に支社があるため、返品交換など、カスタマーサービスも充実していて安心して利用できます。
キャンプ用品はなるべく費用を抑えて購入したい、品質が安定して、コストパフォーマンスが良いアイテムを揃えたい方におすすめのブランドですね。

SoomloomTCタープのメリットデメリット

話題のスームルームTCタープのメリット・デメリットをご紹介します。メリットが多く、口コミ評価が高いスームルームのTCタープですが、デメリットももちろんありますので、購入前には必ず確認しておきましょう!

スームルームTCタープのメリット

Soomloomタープ メリット

TC素材は価格が高い製品が多いですが、スームルームのTCタープは価格が安いのが最大のメリットです。
通気性や耐火性に優れ、丈夫で長持ちする特徴があります。

スームルーム タープ 遮光性

遮光性にも優れているため、夏の強い日差しをしっかりガードできます。
カラー展開が豊富で、自然に馴染むナチュラルな色合いやシンプルなデザインも人気の秘訣です。
値段以上に機能性・デザイン性ともに高いのがメリットですね。

Soomloomタープ 焚き火

TC素材なのでタープの下で焚き火もでき、火の粉に強く燃えにくいのは嬉しい点です。

スームルームタープタープはTC素材としての機能の品質を落とすこと低価格価格で販売されているコスパ最強のタープと言えます!

スームルームTCタープのデメリット

Soomloomタープ 体重

スームルームTCタープのデメリットは、TC素材でできているため、重いことです。
本体は3.8kgで専用バッグに入れて持ち運びしやすいように工夫されていますが、軽量・コンパクトサイズのタープをお探しの方は、スームルームタープの中でも軽量なポリエステル素材のタープを検討するとよいでしょう。

Soomloomヘキサタープをレビュー

Soomloomタープの中でもコスパが良いポールセットのヘキサタープをレビューしていきます。
20回以上張ってみて欠点なども見えてきましたのでそのあたりも詳しくお伝えします。

Soomloomヘキサタープのスペック

生地 コットン35%、ポリエステル65% TC素材(ポリコットン)
形状 ヘキサゴン
広げたサイズ 420cmx410cm
収納サイズ 約77x16cm
重量 約3.8kg
耐水圧 350mm

セット内容

Soomloomタープ セット内容

タープ本体とポール2本・ガイロープ・6本・ペグ8本のセットとなります。

タープの生地

Soomloomタープ 生地

ポリコットン素材で厚みがある素材です。
耐水圧が350mmと低く感じるかもしれませんがポリコットン素材は雨などで濡れると目が詰まり水を通しませんん。
よっぽどの豪雨でない限りは雨はしのげます。

Soomloomタープ 縫い目

縫製やハトメもしっかりとしていて20回以上使っていても目立ったほつれなどはありません。

ポール

Soomloomタープ ポール

4本節のポールがセットで入っています。

Soomloomタープ ポール厚み

太さは28mmと十分な太さがあり強度面では不安に感じることはありません。
アルミ製なので軽量で取扱いしやすい一般的なポールです。
長さ(高さ)の調節が3段階しかできない点は、微調節したいときには少し不便に感じることがありますが通常通り使用するなら特に問題はありません。

設定できるポールの高さ
  • 2節繋ぎ・・・120cm
  • 3節繋ぎ・・・180cm
  • 4節繋ぎ・・・140cm

ガイロープ

Soomloomタープ ガイロープ

ガイロープはメインポールに張るメインの2又ロープが2本とサブロープが付属しています。
ガイロープの太さは約4mm程度で若干硬めです。
しなやかさに欠けますが問題なく使用できています。

Soomloomタープ 自在金具

自在金具がそれぞれついているので長さ調節が簡単にできます。

三角の自在金具は使い方にコツが必要で初めての人は迷う可能性があるかもしれません。
不安な方はこちらの動画を参考にしてください。

Soomloomタープ ロープ耐久性

ロープの耐久性は使用しているうちに表面が固くなってきたのである程度回数もしくは期間で買い替えが必要だと思います。

ペグ

Soomloomタープ ペグ

スチール製のしっかりとしたペグが8本付属しています。
おまけでついてくるようなすぐに曲がるペグではありませんので地面に強く打ち込んでも曲がることはありません。

Soomloomタープ ペグヘッド

ただ、ペグのヘッドが曲線になっているので打ち込んだ時にハンマーの打撃部分が滑り、力が逃げてしまい少し打ちにくさを感じます。

鍛造ペグのソリステやエリステと比べると強度、食いつきともに劣りますが使えなくはないレベルといったところです。
地面の状況によってはペグが利かない可能性もあるのでおすすめは安心して使用できる30cmの鍛造ペグを用意しておくことをお勧めします。

スームルームヘキサタープのサイズ感

Soomloomタープ サイズ感

スームルームのヘキサタープ4.2m×4.1mサイズ感ですが後でも触れますが大きくなもなく小さくもないベーシックなサイズ感です。ギアを入れてみると大人が2人から3人くらいがちょうどいいサイズです。

機能面

ポールを接続できるハトメ6か所の他にも辺の真ん中にループがあるので張り方のアレンジが豊富にできます。

Soomloomタープ 張り方アレンジ

サブポールを2本追加して跳ね上げて片側を開放的に景色を見れるスタイルにできます。

Soomloomタープ 張り方アレンジ②

サブロープ間の真ん中にもループがついているのでガイロープを張ることが出来てポールを立てることが可能です。

おすすめのアレンジ用のポール
アレンジ用ポールのおすすめ

写真で使用しているサブポールはAmazonブランドのEono(イオーノ)テント・タープ用アルミポールです。
83cm~250cmと自由に長さを調節できるのでとても重宝します。
スームルームにも同じような伸縮ポールがあります。
Soomloomテント・タープ用 伸縮アルミポール
サブポールがあると状況に合わせたタープアレンジができるので持っておくことをお勧めします。

スームルームのTCタープの購入前の注意点

スームルームタープ注意点

「想像していたものと違った……」と購入後に後悔しないためにも、スームルームのTCタープ選びの注意点をご紹介します。自分に合ったTCタープを選択するために、購入前には、必ず確認して下さいね。

①サイズ

まず始めに確認するポイントは「サイズ」です。ソロキャンプで使用するのか、ファミリーキャンプで使用するのか、使用人数や環境によっても必要なタープサイズは異なります。スームルームのTCタープは、大型サイズもあり、サイズの選択肢も豊富なので、購入前に必ず確認しましょう!

②ポールのありなし

スームルームのTCタープは、ポールがセットなものとないものがあります。キャンプ用品を初めて揃える方にはポール付きがおすすめです。ポールは別売りもあるため、サブポールとして購入しても良いでしょう。ポールが付属しないタイプを選ぶ場合にはタープのサイズや重量にあったポールの太さや長さを選びましょう!

③張り方アレンジするならサブポール・ガイロープ・ペグが追加で必要

タープの張り方をアレンジする方は、サブポールやガイロープ、ペグが追加で必要な場合があります。全て付属品として含まれていますが、アレンジを楽しみたい方は追加購入も検討するといいでしょう。

スームルームタープの形状やサイズを選ぶ際の目安

Soomloomタープ サイズ形状比較

スームルームには形状やサイズの違うTCタープがあります。
サイズや形状選びで迷う場合は少し大きめのタープを選ぶことをおすすめします。
上記の写真はメーカーは違いますがsoomloomのヘキサタープと比較することで大きさや形状の目安になるのではと思いますので検討している人はチェックしてみてください!

タープのサイズ・形状の比較

今回レビューしているスームルームのヘキサタープ4.2m×4.1mとタトンカタープ1TCテンマクデザイン焚火タープコネクトヘキサを同じポールの高さ(スームルームに付属のポール240cm)で設営したサイズ感を比べてみました。

Soomloomヘキサタープ サイズ

まずはスームルームのヘキサタープ4.2m×4.1mです。
こちらを基準に他の2つのタープを見ていきます。

タトンカタープ1TC

次にタトンカタープ1TC 4.35m×4.25mです。
サイズの表記ではさほど変わりがないですがレクタ形状なので影の大きさが多くなります。
SoomloomであればTCレクタタープAdranus4.0mX4.9mが近いサイズ感となります。

テンマクデザイン焚火タープコネクトヘキサ

次にテンマクデザイン焚火タープコネクトヘキサ4.5m×5.8mです。
ポール感の距離は30cm広くなっただけですが両サイドが長いので地面に近くなり椅子やテーブルが見えなくなりました。
その分日陰も十分にあるので真夏には重宝します。
こちらはSoomloomTCヘキサタープAdranus4.2mx5.4mと形状・サイズが近いと思われます。

それぞれの横からと斜めからのアングル

スームルームのヘキサタープ4.2m×4.1m
Soomloomタープ 横からアングル
Soomloomタープ斜めからアングル
タトンカタープ1TC 4.35m×4.25m
タトンカタープ1TC 横からアングル
タトンカタープ1TC斜めアングル
テンマクデザイン焚火タープコネクトヘキサ4.5m×5.8m
テンマクデザイン焚火タープコネクトヘキサ横アングル
テンマクデザイン焚火タープコネクトヘキサ斜めアングル

Soomloomタープの種類!サイズや形の選ぶポイント

スームルームTCタープの魅力は、そのラインナップの多さでしょう!デザインや形、サイズなど、どれを選んだらいいのかお悩みの方に、選び方のポイントを踏まえながら、各アイテムの特徴を解説します。

Soomloomタープの種類

ヘキサタープ ペンタタープ ウィングタープウィングタープ レクタタープ
420cmx410cm 420cmx410cm 420cmx540cm 570cmx500cm 510cmx510cm 400cmx510cm 300x385cm 400x490cm
約3.6kg 約5.5kg 約4.2kg 約4.7kg 約4.7kg 約2.16kg 約3.9kg 約5.5kg
ポール付
8,790円 11,999円 10,900円 13,900円 12,990円 7,980円 8,990円 13,900円
amazon amazon amazon amazon amazon amazon amazon amazon
Soomloomヘキサタープ

スームルームのTCタープの中でも、ヘキサタープは不動の人気を誇ります。機能性はもちろん、デザイン性が優れたスームルームヘキサタープの特徴やその魅力をご紹介します。

Soomloom TCヘキサタープ4.2mx4.1m

タープの素材 コットン35%、ポリエステル65%、TC素材(ポリコットン)
広げたサイズ 420cmx410cm
収納サイズ 約36x16cm
重量 約3.6kg
耐水圧 350mm

Soomloom TCヘキサタープ4.2mx4.1m ポールなしは、1万円以下で購入できるリーズナブルな価格が魅力のヘキサタープです。すでにポールを持っている人にはお勧めです。どんなテントとも連結できるアレンジ自由なヘキサゴン形で、初心者でも設営しやすいです。タープを出来る限り費用を抑えて購入したい方におすすめできます。

Soomloom TCヘキサタープ4.2mx4.1m ポールセット

タープの素材 コットン35%、ポリエステル65%、TC素材(ポリコットン)
広げたサイズ 420cmx410cm
収納サイズ 約77x16cm
重量 約3.6kg
耐水圧 350mm
カラー展開 ベージュ・カーキ・グリーン・イエロー

「Soomloom TCヘキサタープ4.2mx4.1m ポール付き」ヘキサゴン形のTCタープで、ポールが付属する人気のタイプです。ポールなしと比べて多少値段は高くなりますが、ポリコットン製のタープセットが1万円前後で購入できるまさにコスパ最強のタープセットだと言えます。キャンプ初心者でも購入しやすい、おすすめアイテムですね。

Soomloom TCヘキサタープAdranus4.2mx5.4m

タープの素材 コットン35%、ポリエステル65%、TC素材(ポリコットン)
広げたサイズ 420cmx540cm
収納サイズ 約42x22cm
重量 約4.2kg
耐水圧 350mm
カラー展開 ベージュ・カーキ・グリーン・イエロー

Soomloom TCヘキサタープAdranus4.2mx5.4mは、レクタに近いヘキサタープで、片方の辺が長いので地面に打ち込むことができてしっかりと影を作れるのが魅力です。大きめサイズでファミリーキャンプでも活躍でき、混み合うキャンプ場でもプライバシーな空間を作りやすいでしょう。ファミリーキャンプ用のタープをお探しの方におすすめです。

おすすめのポール
Soomloom TCヘキサタープAdranus4.2mx5.4mはサイズが大きく重量があるので太い33mmのポールをお勧めします。
タープの幅が広いので高く設定できる長240cmのポールがおすすめです。
Soomloomアルミポール テント・タープ 外径33mm
Soomloomペンタタープ

テントと連結しやすく、タープを張った姿が美しい、デザイン性に優れた人気のタイプです。アレンジも豊富で、日陰の面積も広く、ソロキャンプ・ファミリーキャンプどちらにもおすすめできます。

Soomloom TCタープ Adranus5.7mX5.0mペンタ

タープの素材 コットン35%、ポリエステル65%、TC素材(ポリコットン)
広げたサイズ 570cmx500cm
収納サイズ 約35x20cm
重量 約4.70kg
耐水圧 350mm

「Soomloom TCタープ Adranus5.7mX5.0mペンタ」は、人気のアレンジ小川張りに向いている大型のタープです。日差しをしっかりガードしながらも開放的なスペースを確保でき、大型で大人数キャンプにも十分対応できるでしょう!小川張りに挑戦したい方、大型タープの購入を希望する方におすすめのTCタープですね。

おすすめのポール
SoomloomTCタープAdranus5.7mX5.0mはサイズが大きく重量があるので太い33mmのポールをお勧めします。
タープの幅が広いので高く設定できる長さ240cmのポールがおすすめです。
Soomloomアルミポール テント・タープ 外径33mm
Soomloomウィングタープ

一般的なウィングタープは、小型でコンパクトなサイズ感が魅力ですが、スームルームのウィングタープは、ウィング形の変形とも言える特殊な形とスペックが魅力です。大型タープ、小型タープの2種類が選択可能で、デザインが美しく、機能性が高いウィングタープもスームルームの人気アイテムだと言えるでしょう。

Soomloom TCウイングタープAdranus 5.1mX5.1m

タープの素材 コットン35%、ポリエステル65%、TC素材(ポリコットン)
広げたサイズ 510cmx510cm
収納サイズ 約35x18cm
重量 約4.70kg
耐水圧 350mm

「Soomloom TCウイングタープAdranus 5.1mX5.1m」は、ウイング形の変形で8角形に近い特殊なデザインが特徴です。大型で影が大きいため、ファミリーキャンプや夏場で日陰面積をより広く作りたいときに重宝するでしょう!張り姿が美しく、アレンジ方法も豊富なことも人気の秘訣だと言えます。

おすすめのポール
Soomloom TCウイングタープAdranus 5.1mX5.1mはサイズが大きく重量があるので太い33mmのポールをお勧めします。
タープの幅が広いので高く設定できる長さ240cmのポールがおすすめです。
Soomloomアルミポール テント・タープ 外径33mm

Soomloom TCタープ ポリコットン 3.25mx3.25m ウィング

タープの素材 コットン35%、ポリエステル65%、TC素材(ポリコットン)
広げたサイズ 400cmx510cm
収納サイズ 約32cmx16cm
重量 約2.16kg
耐水圧 350mm

Soomloom TCタープ ポリコットン 3.25mx3.25mウィングは、1万円以下のリーズナブルな価格で購入できる小さいサイズのウィングタープです。機能面は変わりませんが、小型でコンパクトに収納できるのも魅力で、小さなテントの前室やソロキャンプのタープ泊などにおすすめできます。

おすすめのポール
対角線の長さは大きいですがタープの辺の長さは3.25cmと小さめのタープなので180~200cm程度のポールの長さがおすすめです。
軽量で選ぶなら⇒Soomloomアルミポール  2本セット 4,970円
安さで選ぶなら⇒Soomloomスチールポール  2本セット 1,780円
Soomloomレクタタープ

設営方法がシンプルで、畳み方も簡単、初心者でも扱いやすいのが魅力のタープです。日陰面積も広く使えることから、夏場のキャンプや大人数・ファミリーキャンプにも重宝するでしょう!

Soomloom TCレクタタープAdranus 3.0mX3.85m

タープの素材 コットン35%、ポリエステル65%、TC素材(ポリコットン)
広げたサイズ 300x385cm
収納サイズ 約36x18cm
重量 約3.9kg
耐水圧 350mm

「Soomloom TCレクタタープ  Adranus 3.0mX3.85m」は、小さいサイズのレクタタープで、ソロ~3人のキャンプにおすすめのサイズ感です。リーズナブルな価格で購入でき、シンプルな形が特徴で16箇所のループを有効的に活用すれば、バリエーション豊富なアレンジにもチャレンジできるでしょう。張りやすさや片付けやすさもナンバーワン!シンプルで初めてのタープにもおすすめです。

おすすめのポール
タープのサイズは中型なので180~240cmで設営できるポールがあると状況に応じて設営できます。太さは28mm以上がおすすめです。
・価格を抑えるなら⇒Soomloomアルミポール
・高さを自在にアレンジできる⇒Soomloom多段階調節可能アルミポール外径33mm
・サブポールもあると便利⇒Soomloomテント・タープ用伸縮アルミポール

Soomloom TCレクタタープ Adranus4.0mX4.9m

タープの素材 コットン35%、ポリエステル65%、TC素材(ポリコットン)
広げたサイズ 400x490cm
収納サイズ 約44x20cm
重量 約5.5kg
耐水圧 350mm

「Soomloom TCレクタタープAdranus4.0mX4.9m」は、大きめサイズで3人~5人のファミリーキャンプでも使い勝手が良いレクタタープです。サイズは大きめですが、形がシンプルで張りやすく、どんなテントとも連結できます。
使い勝手も良く、大人数のキャンプに問題なく利用できるタープが必要な方におすすめのアイテムですね。

おすすめのポール
タープサイズが大きく重量があるのでメインで使用するポールは33mmのポールがおすすめです。
Soomloom多段階調節可能アルミポール外径33mm
設営方法によってはサブポールも同じ外径33mmの太いものがおすすめです。

Soomloomのタープにおすすめのポール

Soomloomアルミポール28mm

中型のタープにおすすめできるアルミポールです。
長さの調節は120cm・180cm・240cmの3段階が可能です。
2本入りで4970円のポールです。

Soomloomアルミポール33mm

大型のタープにおすすめできるアルミポールです。
68cmの長さの節を組み合わせます。トップは5cmごとに伸縮可能なので細かな高さ調節が可能です。
2本入りで6,370円

Soomloomスチールポール

小さなタープやサブポールにおすすめのスチールポールです。
アルミと比べ重くなりますが値段が安いのが魅力です。

Soomloom伸縮アルミポール

無段階で調整ができる伸縮式のアルミポールです。
サブポールに持っておくとタープのアレンジが行いやすいです!

一人で張れる!スームルームヘキサタープの張り方を簡単に紹介

スームルームのヘキサタープは一人でもきれいに張ることができます。
簡単に3ステップでお伝えします。

ステップ①タープを広げてペグダウン

Soomloomヘキサタープ張り方①

タープを広げてペグ打ちとガイロープを配置します。

Soomloomヘキサタープ張り方図解①

こちらがポールを立てる前の準備となります。

ステップ②ポールを立てる

メインポール2本を立てます。

Soomloomヘキサタープ張り方②

全てのガイロープの自在金具を緩めてポールを1本づつ順番に立てます。

Soomloomヘキサタープ張り方③

1本目はタープの重みでガイロープがピンと張る位置を探します。
少しタープ側にポールが傾くように立てるとタープの重みでポールが自立します。

Soomloomヘキサタープ張り方④

2本を立てたらタープがピンと張るように自在金具で調整します。

ステップ③サブロープを張る

Soomloomヘキサタープ張り方図解②

残りの4か所のロープを張ります。

Soomloomヘキサタープ張り方⑤

ロープはもやい結びでタープのループに結びます。

Soomloomヘキサタープ張り方⑦

タープの中心から引っ張るようにしてペグダウンします。

Soomloomヘキサタープ張り方⑦

ペグダウンする順番は対角線を先にペグダウンするとタープがシワになりにくく綺麗に張れます。

サブロープのワンポイント
Soomloomヘキサタープ張り方ポイント①

サブロープの先端はカラビナを使うと現地でも簡単に取り付けできます。

Soomloomヘキサタープ張り方ポイント②

また、サブロープは自宅で結んだりタープにつけっぱなしにしておいても良いです。
写真のチェーンノットでまとめておくと解くのも早いですよ!

チェーンノットなどロープのまとめ方はコチラを参考にしてください!

スームルームヘキサタープのおすすめアレンジ

前方を跳ね上げ

Soomloomヘキサタープアレンジ①

前方を跳ね上げて景色を楽しめるスタイルです。
ポールは伸縮ポールを使用しています。

Soomloomヘキサタープアレンジ②

前方に高さが出るので焚き火にもおすすめです。

ロースタイル

Soomloomヘキサタープアレンジ③

ポールの節を一本抜いて180cmの高さにしたロースタイルです。

Soomloomヘキサタープアレンジ③

全体を低くすることで影が多くなります。

Soomloomヘキサタープアレンジ⑤

また、雨などにも強く横からの吹込みを軽減できます。

小川張り

Soomloomヘキサタープアレンジ小川張り

小川張り用のベルトがあればテントの前室を作ることができます。

Soomloomヘキサタープアレンジ小川張り

後方のポールはテントに合わせて節を外し高さを変更します。

タトンカ風

Soomloomヘキサタープアレンジ⑥

4か所の同じくらいのポールを立てれるとタープの大きさを最大限に活用できます。
広く開放感のある張り方になります。
ガイロープとポールの追加購入が必要です。

スームルームヘキサタープのたたみ方

Soomloomタープたたみ方①

点線で折りたたみます。
タープ本体にも縫い目のラインがありますのでわかりやすくきれいに折りたたみできます。

Soomloomタープたたみ方②

半分に折りたたみます。①で折りたたんだ方を持って折りたたみます。

Soomloomタープたたみ方③

端の三角部分を中に折り込み長方形にします。

Soomloomタープたたみ方④

点線部分で折りたたみ半分にします。

Soomloomタープたたみ方⑤

ポール・ペグ・ロープを芯にして巻いていきます。

Soomloomタープたたみ方⑥

収納ケースとほぼ同じ幅になりますので収納袋に収めて完成です。

まとめ

今回は、コスパ最強で話題となっているスームルームのTCタープについて、その特徴や失敗しない選び方、張り方やおすすめのポールについてご紹介しました。耐久性・耐火性・撥水性に優れ、種類も豊富なスームルームのTCテントは、ソロキャンプからファミリーキャンプ、キャンプ初心者からタープの買い替えを検討している方まで幅広くおすすめできます。
スームルームTCタープが気になっている方や購入を検討している方は、記事を参考に、自分のキャンプスタイルに合ったタープを選択しましょう!

ABOUT ME
nomad-camp
自然が大好きなアウトドア愛好家。 ライターさんの記事の管理やアウトドア関連の情報を発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。