テント・タープ

DODいつかのタープ魅力的な特徴や注意点を徹底解説!

DOD いつかのタープ ブログ

キャンプやピクニックで、夏の強い日差しや急な雨を遮るのに便利なのがタープです。
ただ、キャンプ初心者によっては組み立てが難しいという難点もあります。そんな時におすすめなのが、DODの「いつかのタープ」です。
いつかのタープについて、基本スペックや特徴、買う前に知っておきたい注意点について解説していきます。
同社の他のタープとの違いについても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

DODいつかのタープ基本スペックを紹介!

いつかのタープはDODが初心者向けに発表した、ベーシックなヘキサタープです。ヘキサタープとは、六角形の生地が特徴のタープスタイルです。
いつかのタープは1サイズ展開で、カラーは、ベージュ(タン)とカーキ、黒(ブラック)の3種類があります。
どれもシンプルでカッコよく、おしゃれキャンパーからも人気が高い商品です。

本体サイズ(設営時)420×410m×230cm(付属ポール使用時)
本体サイズ(収納時)直径14×67cm
本体重量5.4kg
材質(テント部)ポリエステル150D(PUコーティング)
耐水圧2000mm
遮光率90%
付属品ペグ8本、ロープ8本、ポール2本、延長ベルト、キャリーバッグ

発売と同時に売り切れ!?いつかのタープ特徴と注意点

いつかのタープアレンジ

いつかのタープは「いつかやろう」を今すぐ実現できる、シンプルで初心者でも使いこなせるタープです。
では、どのような特徴があるのでしょうか?特徴や買う前に知っておきたい注意点を紹介します。

必要なパーツが全てセットになっている!

タープの多くはポールやベグなどが別売りになっているものが多く、タープだけを購入しても使えないため、初心者の方は何をどのくらい揃えたらいいか悩んでしまいがちです。しかし、いつかのタープは設営に必要なものが全てセットになっています。
つまり、いつかのタープさえ買ってしまえば、すぐにでも使うことができるのです。

いつかのタープ ロープ

最初に開封した時にはロープが4本(黒の自在金具がついたもの)しか見当たりませんがタープを広げてみると残りの4本(白の自在金具がついたもの)はループに結び付けてありますので安心してください。

いつかのタープ ペグ

ペグに関してはスノーピークの鍛造ペグと比べると細く短いので少し不安がありましたが使ってみるとかなり硬い地面でも使えました。

おすすめキャンプペグ
キャンプのペグおすすめ10選【おしゃれ・安い・強固】キャンプ道具の中ではあまり目立たない存在のペグですがキャンプ初心者の方でもアウトドアの機会を重ねるごとに目立たない存在であったはずのペグ...

開放感を実現できる長めの専用ポール

タープ下に開放感のある空間を作り出すために、セットのポールは従来のポールより長めの2.3mに設計されています。
テントポールと同様のショックコード(ゴム紐)が内部に仕込まれているので、組み立てや折りたたみも簡単です。
収納時は1/4に折りたためて、収納袋にすっぽり収まります。

延長ベルトで小川張りなどのアレンジも可能!

いつかのタープには、取り外しが可能な延長コードが付属されています。
どうしても適切な場所にポールを立てられない場合に使うと、ポール位置をずらすことができます。
また、延長コードとテントを繋げば、ポール1本のみでテントと隙間なくタープを設置もできます。
タープとテントとの隙間をなくすことで、狭い区画でも設置範囲を狭くでき、雨が降ってもテントから濡れることなく出られるようになるのです。
この方法は、キャンパーの間では「小川張り」と呼ばれていて、実用的な張り方です。
さらにこの延長コードの長さ(最長)は、タープの全長とぴったり同じ長さなので、設営位置を探す時のガイドにもなります。

タープ ハンギングチェーン

小川張りで使わない時にはタープ内にハンギングチェーンとして使えるのはかなり便利です!

厚みのあるポリエステル生地で遮光性も抜群!

DOD従来のタープに採用されているD75(デニール)よりも分厚いD150(デニール)の糸が使われています。
そのため、紫外線をしっかりとブロックでき、UVカットはUPF50+、遮光率は90%以上です。
暑い日差しの強い日でも、タープ下では快適に過ごせます。
また、ポリエステルは軽くて耐水性が高いので、突然の雨にも対応でき、速乾性もあるので、雨で濡れてもすぐ乾きます。
つまり、カビや湿気に強いということです。

いつかのタープ 遮光性 影

いつかのタープは雨に強い?耐水性や撥水性を高める方法は?

いつかのタープは、最低耐水圧2000mmと高い防水性を持っています。
耐水圧とは耐水性能の数値で、2000mmだと大雨にも耐えられるレベルです。
ただし、あくまで多量の水量に耐えられるということで、台風のような強い風を伴う場合には使用できません。
強風を感じたら、速やかにタープは撤去しましょう。
いつかのタープのポリエステル生地には、表面にPU(ポリウレタン)コーティングが施されていて、水はけがいいのもメリットです。
ただし、コーティングが劣化すると水と反応して「加水分解」を起こし、表面がベタつくことがあります。
その場合は、重曹を溶かしたぬるま湯につけるとコーティングを除去できます。
耐水性や撥水生が落ちてきたと感じたら、シームシーリング剤や撥水スプレーを使うのもおすすめです。

黒色のタープは他のカラーより暑い?

レビューや口コミを見ると、「黒色のタープは暑い」と言っている方もいますが、結論から言うとそんなことはありません!
確かに黒色は太陽の光エネルギーを吸収しやすいので、表面の温度は上がります。
しかし、タープの場合は、人がくつろぐスペースとの間に大きな空気層があるので、他の色と比較しても、時間が経てば体感温度に差はありません。
暑さは心配せず、お好みのカラーを選びましょう!

ファミリーキャンプにもソロキャンプにも使える大きさ

生地の大きさは420×410なので、ファミリーキャンプでテーブルやチェアを置いてくつろぐには十分の広さがあります。
また、一人用のコンパクトテントであればタープ下に設営もできるので、ソロキャンプでも便利です。
タープ下にテントを設営すれば、テント内の暑さや寒さを軽減できるというメリットがあります。

初心者でも使いやすい優しい工夫

いつかのタープは、キャンプ初心者でも組み立てやすい設計になっています。
例えば、ロープの自在金具の色を変えることで、ひと目でメインロープかサイドロープかを見分けられるようになっています。
これなら、タープの設営に慣れていない方でも設置方向を間違えることがなくなります。
また、収納袋には組み立て方が書かれた手順書が縫い付けてあるため、うっかり外で組み立て方が分からなくなった時も安心です。
さらにタープ下中央に付属の延長ベルトを通せば、ランタンなどをカラビナで吊るせるハンギングチェーンとしても使えるように工夫されています。

いつかのタープ下での焚き火は禁物!

いつかのタープはポリエステル製で難燃素材ではなく、耐火性は高くありません。
タープ下でくつろぐのに、焚き火を起こしたりストーブを使いたくなったりしますが、タープ下や近くで火気を使用しないようにしましょう。
炭を使うバーベキュー台も同様にタープ下では使えません。万が一火の粉が当たると、すぐに穴が空いてしまいます。

tc素材タープ おすすめ
焚き火に強い!ポリコットンタープおすすめ28選!タープの下で焚火ならTC素材キャンプでくつろぐ時にあると便利なのがタープです。 日陰を作ることができて、お肌に有害な紫外線をカットしてくれます。 お気に入りのア...
キャンプ ペグハンマーケースおすすめ
ペグ・ハンマーケースおすすめ7選!ペグやハンマーの入物にぴったり専用ツールボックス皆さんはペグやハンマーを普段どのように収納していますでしょうか。 ソロキャンプを楽しまれる方は基本的に小型のテントを使われるので、ペグ...

いつかのタープをアレンジ

いつかのタープは前述したとおり小川張りなどアレンジが豊富にできます。
いくつかアレンジで張ってみました。

いつかのタープアレンジ

片方のポールを140cmにすることで風を少しかわせる張り方ができます。

いつかのタープ アレンジ

ポールを2本追加することで前方を開放的に後方はプライバシーを確保したアレンジができます。
ポールの長さは180cm。

いつかのタープ アレンジ

更にポールを増やせば空間を広く使うことができタープ内に入れる人数を増やすことができます。
ポールの長さは180cm。

いつかのタープ ソロキャンプ

ソロキャンプ用にアレンジも簡単にできます。後方のポールを短くして中に小型テントを入れれば前室を作ることもできます。

いつかのタープ ソロキャンプ

後方のポールは高さの微調整ができる伸縮性のものが便利です。

ソロキャンプタープ おすすめ
ソロキャンプにおすすめのソロタープ!サイズ選び・軽量・安いタープソロキャンプ用のタープが欲しいけど、種類がたくさんあって選び方がよくわからない。 ソロキャンプでおすすめのタープがあれば知りたい。 ...

いつかのタープ張り方は?一人で立てられる?

いつかのタープは基本的には二人以上で設営しなくてはいけません。
しかし、基本の張り方を覚えてしまえば、柱の位置やタープの角度を変えることで、色々とアレンジできます。
では、ソロキャンプの時にはどうすればいいのでしょうか?取扱説明書には書いてありませんが、一人でいつかのタープを立てる方法があります。
通常は、一人がポールを支えてバランスを見ながらもう一人がベグを打っていきますが、一人で設営する場合には、設営が決まったら先にペグを打っておきましょう。
そうすることで、速やかにロープをベグに引っ掛けられます。
一人でタープを上手に設営するにはコツが必要なので、事前に練習しておきましょう。

ペグの長さ選び
ペグの長さや選び方!テント・タープによって必要な長さの違いキャンプにおいて、テントやタープを設営する時に欠かせないのがペグ。 付属されているものを使っておけば問題ないでしょ?と思われがちですが...

DODの他タープとの違いは?

DODではいつかのタープ以外にも、色々なサイズや形状のタープを販売しています。
では、それぞれどのような違いがあるのでしょうか?

チーズタープとの違い

チーズタープは、いつかのタープとは異なりポリコットン製です。
そのため、耐火性があり、火の粉が飛んできてもすぐには穴があきません。
また正方形でシンプルな設計なので、誰でも扱いやすいタープです。
DODカマボコテントをチーズタープ下に設置する「チーカマスタイル」は、テント内と外気の気温差を軽減し、結露を防ぎます。

チーズタープ ブログ レビュー
【コスパ最強】DODチーズタープの特徴!張り方・アレンジ自在!SとMどっちがいいキャンプをより快適に楽しむためのアイテムがタープです。 日除けや一時的な雨除けとして活躍します。その中でも、かっこいいデザインが特徴な...

ヘーキサタープとの違い

こちらはいつかのタープと同じヘキサタープで、シチュエーションに応じて色々な張り方ができます。
ただし、素材はチーズタープと同じポリコットンなので、燃えにくいという特徴があります。
ただし、ポリコットンは耐水性・撥水性は低く、小雨程度しか防げないため、晴れの日差しが強い日に使うためのタープです。

dodヘーキサタープ ブログ
DODヘーキサタープの特徴!TC素材で張り方アレンジ自在皆さん、キャンプでタープは使っていますか?タープは、強い日差しや急な雨をしのぐのにとても便利なキャンプギアです。 テントの近くに設置す...

手軽に使えるいつかのタープは色々なシーンで活躍!

いつかのタープの特徴などについてお話してきました。いつかのタープは初心者でもシーンや用途に応じて色々な張り方ができます。
色々試してみて、あなたのキャンプスタイルに合った張り方を見つけてみましょう!
ぜひ便利ないつかのタープをゲットしてください。

DODアウトドアキャリーワゴン
DODアウトドアキャリーワゴン2種類比較!丈夫で大容量!キャンプ・BBQにおすすめ大量の荷物を運ぶのに重宝するキャリーワゴンは、今やキャンプはもちろんピクニックやお買い物など日常でも使う方が増えてきた便利アイテムです。...
関連記事