キャンプ便利道具

ウォータージャグスタンドおすすめ10選!キャンプに必須

ウォータージャグスタンド おすすめ

キャンプでウォータージャグやウォータータンクは近くに水場がない場所でキャンプやピクニックをする時にとても便利です。
使いやすい場所にテーブルやベンチがないと置き場所に困ってしまうことが多々あります。

そんな時に役立つのがウォータージャグスタンド!
そこで、ウォータージャグスタンドについてメリットやデメリット、代用アイデアやDIYアイデア、おすすめ商品を紹介します。
ぜひ、キャンプをより快適にするために、ウォータージャグスタンドの購入を検討してみてください。

ウォータージャグスタンドってどんなもの?メリットは?

ジャグスタンド 脚立

ウォータージャグスタンドは別名ウォータータンクスタンドとも呼ばれ、メリットは主に4つあります。

  • 注ぎやすくなり足腰への負担が軽減できる。
  • 地面に直接置くよりも衛生的。
  • ウォータージャグ自体が汚れにくくなる。
  • テーブル上に置くよりもスペースを有効に使える。
  • 空間がおしゃれになる。

まず、ウォータージャグは通常下部にコック付きの注ぎ口があり、その下にコップやポットを設置して水を注ぎます。
地面に直接タンクを置くとコップなどを下に入れるスペースが確保できなくなり、結局ウォータージャグを片手で傾けたり持ち上げたりするなどの工夫が必要になります。

また、スタンドに載せればウォータージャグを泥ハネなどから守り衛生的に保つことができます。
テーブルの上に置けばこれらの問題は全て解消できますが、大きいウォータージャグをテーブル上に置いてしまうと食事のときなど邪魔で不便です。

機能的メリット以外にも、空間をおしゃれにできるというメリットもあります。
最近ではおしゃれなウォータージャグも増え、コーディネートされたスタンドに載せれば写真映えする空間に早変わり!
おしゃれキャンパーにおすすめです。

ウォータージャグスタンドって本当に必要?デメリットはない?

ジャグスタンド ブログ

メリットがたくさんあるウォータージャグスタンドですが、もちろんデメリットもあります。
それは荷物が増えるという点です。
つまり車移動でない場合やソロキャンプなどにはあまり向いていません。
持っていける荷物に余裕がある際に装備しておくととても便利なアイテムです。

ウォータージャグスタンドを選ぶ時のポイントは?

ウォータージャグスタンド 木製

ウォータージャグスタンドを選ぶ時に注意するポイントは主に3つです。

  • 持っているウォータージャグが置けるサイズか。
  • 折りたたみできるか、重すぎないか。
  • 汚れにくい素材かどうか。

まず、ウォータージャグが置けるどうかが一番重要なポイントです。
ウォータージャグはサイズや容量は様々なので、お気に入りのスタンドが見つかっても安定して置けなければ意味がありません。
特にジャグを置く部分が板状でなくフレームタイプの場合には慎重に選びましょう。

また、キャンプなどに持っていく場合も折りたたみができるか、重すぎないかは重要なポイントです。
かさばったり重かったりすればいずれ使わなくなってしまいます。

おしゃれなスタンドが欲しい方は、表面が汚れの付きにくい素材かどうかもチェックポイントです。
塗装がされていない木製などだとすぐに泥シミや水ジミが付いてしまいます。

これらのポイントに着目して、お好みに合うデザインのスタンドを見つけてみましょう。

脚立やスツールでもOK!?ウォータージャグスタンドの代用アイデア

ウォータージャグスタンド 代用

ウォータージャグスタンドは専用商品も数多く販売されていますが、実は色々なもので代用できます。
ロースタイルのスツールや低めの脚立が代表的です。

ジャグスタンド 脚立 diy

重要なのは、ウォータージャグを置けるだけの十分な耐荷重と安定性です。
この2点を兼ね備えているものであれば、どんなものでもウォータージャグスタンドとして使えます。

ただし、ウォータージャグスタンド専用の商品にはコップがかけられるなどのディテールにこだわりがある商品もあるので、ぜひチェックしてみましょう。

DIY好きのあなたは自作ウォータージャグスタンドを作ってみよう!

ジャグスタンド diy

DIY好きの方たちはおしゃれで機能的なウォータージャグスタンド作りにチャレンジしています!
主に木製で作っている方が多いですが、DIY上級者の方は配管パイプや鉄筋を使って本格的なものを作っている方もいます。

ウォータージャグスタンド DIY

どうしても好みの商品が見つからない場合には、空いた時間を利用して手作りしてみるのも素敵ですね。
ただし、ウォータージャグを置いた時に転倒しないか十分試してみてから使うようにしましょう。

GORDON MILLERのステップラダーに木製の板を乗せるだけでも少し雰囲気が良くなります。

木製の板に100均のタオル掛けを取り付ければ利便性がアップします。

今人気のAmazonで買えるおすすめウォータージャグスタンド10選

持っているアイテムを工夫して代用したり自作したりするのも楽しいですが、もっと手軽にウォータージャグスタンドを使いたい方のために手軽に買えるおすすめスタンドを紹介します。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)・ウォータータンク用スタンド(ベルト・フック付き)

サイズ使用時:30×31.5×高さ36.5cm
収納時:約31.5×46×5.5cm
本体材質鉄(メラミン樹脂塗装)
重量約1.4kg
耐荷重

お値段も安くシンプルな作りで使いやすいスタンダードタイプのウォータージャグスタンドです。
ウォータージャグを固定するためのベルトとコップなどを引っ掛けられるフック付きで、機能的にも充実しています。また、自然にも溶け込む落ち着いたグリーンカラーも魅力的です。ただし、表面の塗装に傷がつくと錆びてしまうので気をつけましょう。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)・アルミクーラースタンド

サイズ使用時:50×50×高さ32.5cm /39×50×高さ44cm ※二段階調整可能
収納時:67×12×9cm
本体材質アルミニウム
重量約3kg
耐荷重120kg

こちらは大型クーラーボックス用スタンドとして販売されている商品です。
そのため、耐荷重が大きく安定性が高いのが特徴です。
アルミ製なので水にも強く足には滑り止め付きのキャップが付いているので、多少凸凹の場所でも設置できます。
収納バック付きなので持ち運びにも便利!
ただし、小さいウォータージャグは置けない可能性もあるので、載せるウォータージャグのサイズを確認してから購入しましょう。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)・CSクラシックスFDマルチスツール

サイズ使用時:35×30×高さ41cm
収納時:35×50×5.5cm
本体材質鋼、天然木(オイルステイン仕上げ)
重量約2.5kg
耐荷重80kg

天然木製の天板がクラシカルでおしゃれなマルチスツールです。耐荷重80kgなので、腰かけて使うこともできます。
また、天板タイプなので色々なサイズのウォータージャグが置けるのもメリットです。
木製ですがオイルステイン塗装が施されているため、ナチュラルな印象なのに水や汚れにも強い!アウトドアをしゃれに盛り上げたい時に使いたくなる商品です。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)・折りたためるステップL

サイズ使用時:39×32×高さ39cm
収納時:39×50.5×4.6cm
本体材質ポリプロピレン
重量約1.6kg
耐荷重80kg

こちらはウォータージャグスタンドとして以外にも踏み台や簡易椅子としても使えるマルチなステップです。
折りたためばちょっとした隙間にしまえて丸洗いもできるため、アウトドアで使わない時には自宅で使う方も多いです。
サイズはS・M・L、それぞれ3色展開(ブルー・グリーン・レッド)なので、お好みに合わせてセレクトできます。

LOGOS(ロゴス)・フラットクーラースタンド

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B083WQ4HV3

サイズ使用時:49.5×34×高さ42cm
収納時:64×34.5×2.5cm
本体材質アルミニウム
重量約1.0kg
耐荷重50kg

軽量アルミニウム製のスタンドです。
重量1kgと軽いのに耐荷重は50kgと大きいため、クーラーボックスはもちろん大きめのウォータージャグも安心して置けます。
また収納性も抜群なので、車などに積み込む際にも便利です。
ただし、天板タイプではなくベルトが張ってあるタイプなので、小さめのウォータージャグは安定して置けないので注意しましょう。

YAMAGEN(ヤマゲン)・木製ジャグスタンド

サイズ使用時:直径23×高さ26.5cm
収納時:直径23cm・26.5×約30cm(足パーツ2枚)
本体材質MDF
重量約1.0kg
耐荷重80kg

こちらは木製チップに樹脂を加えて形成したMDF製のスツールです。
温かみのあるデザインで汚れもつきにくいのが特徴になります。
腰かけて使うこともできますが、天板が小さめなのでウォータージャグスタンドとして使いやすい商品です。
天板と脚パーツを工具なしで分けられるため、収納性もよくアウトドアに持っていくにもおすすめ!
ただし天板がツルツルしているので、ウォータージャグによっては滑り止めを用意するなど工夫してください。

NATURE TONES(ネイチャートーンズ)・ジャグスタンドⅡ

サイズ使用時:直30×30×高さ29cm
収納時:33×44×5.5cm
本体材質鉄(PE樹脂コーティング)
重量約3.1kg
耐荷重20kg

こちらは今大人気の商品です。
お値段は高めですが、カップを置くための下段やカップをかけられるサイドフックが付いているなど、ディテールにこだわった設計になっています。
ただし、本体は重めなので注意しましょう。
カラーはブライドレッド・ブラック・テョコレートブラウンの3色あるので、ウォータージャグとのコーディネートも楽しめます。
大変人気でただいま受注生産(発注から納品まで3ヶ月以上)なので、ゲットしたい方は早めに注文しましょう!

Hilander(ハイランダー)・ウッドクーラースタンド

サイズ使用時:37×49.5×高さ38cm
収納時:約49.5×11×8.5cm
本体材質天然木
重量約2.5kg
耐荷重約100kg

こちらは温かみのある木製のクーラースタンドです。
大きめのウォータージャグなら置くことができます。
収納ケース付きなので持ち運びにも便利でキャンプなどにもぴったり!
ハイランダーの刻印もおしゃれです。
ナチュラルデザインが好きな方におすすめの商品になります。

アイリスプラザ 踏み台

脚立をジャグスタンドの代わりに使えばキャンプ以外の普段使いでも便利です。
アイリスプラザの脚立は値段も安くおすすめです。

GORDON MILLERステップラダー

GORDON MILLERのカッコいいステップラダーです。
耐荷重100kgと強固な作りで抜群の安定感が非常に魅力です。
無骨なマットカラーが揃っておりキャンプギアとしてだけでなくガレージにあると洗車などにも役立ちます。

ウォータージャグスタンドは快適なアウトドアシーンにおすすめ

ウォータージャグスタンドについて、特徴やおすすめ商品について詳しく解説してきました。
ウォータージャグスタンドはアウトドアシーンにおいてマストアイテムではありませんが、あれば便利になること間違いなし!
また、キャンプサイトやピクニックシーンをおしゃれに演出もできます。
ぜひ、より快適にウォータージャグを使うために、ウォータージャグスタンドも合わせて購入してみましょう。

スタンレージャグ ブログ
スタンレーウォータージャグ7.5Lと 3.5L 比較!蛇口交換カスタムスタンレーのウォータージャグ7.5と3.5のサイズ比較や保の検証をしてみました。 サイズ選びで迷っている方は参考にしてみてください。 また、スタンレーのジャグを購入したら行いたいのが蛇口カスタム! 蛇口の購入やカスタム方法も簡単にまとめてますのでそちらも参考にどうぞ。...