テント・タープ

バンドック ソロティピーTC は売り切れ続出!再販・定価は?

バンドック ソロティピー1TC ブログ

BUNDOK(バンドック)とは、スノーピークを始めとしたアウトドアギアメーカー本社が集まる新潟県三条市に本社がある株式会社カワセのキャンプギアブランドです。
安くて品質のいい商品を数多く販売しているため、「バンドック=コスパがいい」という定評があります。
そんなバンドックの商品の中でも人気なのが、おしゃれなソロティピー1TCです。
ソロティピー1TCは販売当初から非常に人気で売り切れが続出しており再販・入荷待ちの状態です。

ここでは基本スペックや特徴、買う前に知っておきたいポイントについて解説します。
これからテントを買おうと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

BUNDOK・ソロティピー1TCの基本スペックを紹介!

ソロティピー1TC サンドカラー
参照元:バンドック

ソロティピー1TCは、テント内部のポール1本で自立する設営が簡単なテントです。
カラーはサンドベージュのみですが、Amazon限定でカーキ色も販売されています。
どちらもシックでかっこいい色味なので、特に男性に人気の商品です。

品番BDK-75TCSB
本体サイズ(設営時)240×240×150cm
本体サイズ(インナーサイズ)220×100×135cm
本体サイズ(収納時)直径24×44cm
本体重量約4.8kg
材質(フライ)コットン混紡生地(ポリエステル65%・コットン35%)
材質(インナー)ポリエステルメッシュ
材質(ポール)アルミ合金
耐水圧5000mm
セット内容フライシート、インナーシート、メインポール、サブポール、ペグ(14本)、ロープ(5本)、収納ケース

ソロティピー1TCの値段・定価は?

ソロティピーTCの値段はバンドック公式では4万円と記載がありますが実際には定価24800円で販売されています。
アマゾンでは24800円 楽天でも24800円とありますのでこのあたりが購入するうえで妥当な金額なのではないでしょうか。
メルカリやヤフオクでは3万円台で販売されています。
売り切れ状態が続いていますので次の入荷が待ちきれない場合はチェックしても良いかもしれません。
以前のソロベースの場合はアマゾンで入荷待ち商品の購入(予約販売のような形)ができたのですがソロティピーの場合はできないようです。
当然バンドックでも予約販売は受け付けていないようですのでアマゾンや楽天をチェックするしかなさそうです。
(価格は2021,02,17)

↓サンドベージュは楽天で定価で販売していました。↓

アマゾンは割高です。
(価格は2021,02,17)

ソロティピー1TCは簡単に設営・片付けができるワンポールタイプ

ソロ ワンポールテント
参照元:バンドック

ワンポールテントは、天井が高い点や外観がおしゃれな点がメリットとして挙げられますが、もう一つのメリットは設営や撤収が簡単ということです。
フレームがなくポールの数も少ないため、コツさえつかめばあっという間に出来上がってしまいます。
ただし、ポールを立てなければ自立しないので、ペグの位置やポールの角度などに気をつけなくてはいけません。
何度か設営すれば、一人でも短時間で設営・撤収ができるようになります。

夏は涼しく冬は暖かいポリエステルとコットンの混紡生地

ソロティビー1TCのフライシートは、高耐久性で乾燥が早いポリエステルと通気性や保温性に優れたコットンの混紡生地からできています。
この素材は、様々なメーカーがテントやタープに採用しており、定番の素材です。
商品名・ソロティピー1TCの「TC」は、ポリコットンという素材を表していて、ポリエステルとコットンそれぞれの特徴を兼ね備えているため、過酷な環境下でも一年中室内を快適に保てます。
また、インナーシートはポリエステルメッシュ製なので、軽くて速乾性に優れています。

ソロティピー1TCはスカートで冷気をシャットダウン!

ソロティピー1TC スカート
参照元:amazon

ソロティピー1TCのフライシートには、スカートが付いています。それにより、テント下から入り込む冷気をシャットダウンでき、室内に入れば寒さが和らぎます。
また、フロントフラップはジッパーでフルクローズできるので、冬キャンプにおすすめです。
ただし、地面からの冷気を防ぐグランドシートはセットに含まれていないので、寒い時期には別途グランドシートを購入するか、コット(簡易ベッド)を用意しましょう。

ツーリングにもぴったりなコンパクトなソロティピー1TC

ツーリング ソロティピ
参照元:バンドック

インナーテントがポリエステルメッシュ素材で、なおかつ組み立てパーツが少ないため、収納するとかなりコンパクトになります。
収納袋に入れれば直径24×44cm程度になり、これは冬用寝袋の収納サイズと同等です。
軽くてコンパクトになるため、バイクや自転車に荷物を積むツーリングキャンプや、バックパックで荷物を運ぶソロキャンプにも適しています。

急な雨や雪でも安心!十分な耐水圧

ソロティピー1TCのフライシートは、耐水圧5000mm仕様となっているため、小雨や小雪は十分防げます。
ただし、使い続けていると耐水圧の数値は下がってくるので、必要であればレインウエア用の防水スプレーを適宜吹き付けましょう。
ただし、防水スプレーを使うと透湿性は下がってしまい、結露がひどくなる可能性もありますので、十分考慮しましょう。
また、コットン素材は濡れたままだとカビが発生するので、雨や雪に当たった際には、しっかりと乾燥させてから収納袋に入れてください。

専用二股ポール「フタマタ」を使えば室内広々【ソロティピーの二股化】

ソロティピー1TC 二股ポール
参照元:バンドック

ソロティピー1TCのおすすめオプションパーツは、専用二股ポール「フタマタ」です。
これを使えば、ワンポールテントの欠点である中央に立つポールが不要になります。
室内空間が広々とするので、クーラーボックスを置いたり自転車を入れたりすることもできるようになります。

インナーシートなしでワイルドに使える

ソロティピー1TC フライシート
参照元:バンドック

インナーシートをつけずにフライシートのみで使えます。
冬はインナーシートなしで楽しんでる人は多くいます。
蒸し暑い夏場などは、にすれば風が通りますし、フライシート下の涼しい影の中で休めるのでおすすめです。

ソロティピー1TCを買う前に知っておきたいポイント

コスパがよく、機能的でかっこいいソロティピー1TCですが、買う前に知っておいてほしいポイントがいくつかあります。
買った後に後悔することのないよう、これらのポイントをきちんと理解した上で購入してください。

焚き火とは離して設営しましょう!

公式サイトには「ポリエステルとコットンの混紡生地なので火の粉に強い」と明記されています。
たしかに、厚手の生地なので火の粉が一瞬当たった程度では穴が開くことはありません。
しかし、決して耐火性があるという訳ではないので、焚き火をする場合にはテントから距離を取り、風向きに注意しましょう。
万が一フライシートに火が燃え移ってしまうと、湿度によっては一気に燃え上がる可能性があります。

テント内でストーブを使うときは要注意!

ソロティピー1TCの中で薪ストーブや石油ストーブを使うユーザーの方もいらっしゃいますが、これはかなり危険です。
テント内でストーブを使う際に最も注意しなくてはいけないのが、一酸化中毒です。
しっかり換気を確保していないと、いつの間にか意識がなくなるなどの危険性があります。
一酸化炭素中毒を防ぐためには、煙突付きのストーブを用意し、一酸化炭素警報機を室内に設置しましょう。
また、ストーブを使っている間はストープ本体や煙突が高温になるので、荷物やテントに接触すると焦げたり溶けたりしてしまいます。
特に、ソロティピー1TCは1〜2人用のコンパクトテントなので、ストーブを使うと室内で身動きが取れなくなります。
どうしても寒さ対策をしたい際には、電気ブランケットや湯たんぽの方が安全で場所もとりません。

コットを使いたい場合にはサイズに注意!

ソロティピー1TCはグランドシートがセットに含まれないため、寒い時期に室内で就寝する際にはコット(簡易ベッド)がおすすめです。
もちろん、グランドシートでも地面からの冷気をある程度シャットダウンできますが、コットは下に空気層ができるため、より防寒性が高いです。
ただし、二股ポールを使わずに設営していると、ポールが邪魔になり置けるコットが限られてきます。
コットにはいくつかサイズがあるので、ソロティピー1TCのインナーサイズを参考に、室内におけるか、置けたとしても動線が確保できるかを十分に確認しましょう。

ソロティピー1やソロティピーとの違いは?

ソロティピー1やソロティピーとの違い
参照元:バンドック

バンドックのソロティピーシリーズには、ソロティピー1TCの他に「ソロティピー1」と「ソロティピー」という商品があります。
どれも一見同じように見えますが、少しずつ特徴が異なりますので、買う際には注意しましょう。

ソロティピー1TCソロティピー1ソロティピー
設営サイズ240×240×150cm240×240×150cm240×240×150cm
インナーサイズ220×100×135cm220×100×135cm220×100×135cm
収納サイズ直径24×44cm直径19×42cm直径24×44cm
本体重量約4.8kg約2.2kg約4.8kg
素材(フライ)コットン混紡生地ポリエステル210Tコットン混紡生地
耐水圧(フライ)5000mm3000mm5000mm
カラーサンドベージュサンドベージュカーキ
その他の違いスカート有りスカート無しスカート無し

※ビジュアル表示の場合は以下のようになるはずです。

大きな違いは、素材・耐水圧に伴う重量の違いと、スカートの有無です。
ソロキャンプで荷物を軽くしたい場合や、寒い冬にはあまり使わない場合には、ソロティピー1をおすすめします。
逆に、寒い冬にも使えて耐久性を求める場合には、ソロティピー1TCが適しています。
ご自分のキャンプスタイルと合った商品を選ぶことが重要です。

ソロキャンプで大活躍!ワンポールテントならソロティピー1TC

ソロティピー1TC
参照元:バンドック

ソロティピー1TCの特徴や抑えておきたいポイントについて解説してきました。
バンドックのソロティピーシリーズは、男前デザインでかっこよく、シンプルでスマートなキャンプを目指す方に人気の商品です。
また、ワンポールテントの中でも高品質で安価なので、初めてワンポールテントを使う方にもおすすめします。
ぜひ、ソロティピー1TCを持って大自然を感じながらキャンプを楽しんでみてください!