テント・タープ

サーカスTCのタープ連結におすすめ【焚火タープTCコネクトヘキサ】の特徴・張り方・アレンジ

焚火タープtcコネクトヘキサ

大人気の「サーカスTC」、「サーカスコットン」に連結可能なテンマクデザインの「焚火タープTCコネクトヘキサ」のご紹介です。
一般的にワンポールテントは雨が降るとその入口から内部に吹き込んできてしまいますが、地面に直接設置されたタープを連結しておけば、雨風をシャットアウトすることができます。
「焚火タープTCコネクトヘキサ」は「サーカスTC」、「サーカスコットン」を既にお持ちの方、その他のワンポールテントをお持ちの方に特におすすめです。
また、もちろん単体でも使用可能なので、テントとは連結せずにタープだけでの利用を検討中の方にもぜひチェック頂きたい製品です。

焚火タープTCコネクトヘキサの基本情報

素材本体:コットン混紡生地(TC)撥水加工済み、ポリエステル65%、コットン35%
縁部:ナイロン
サイズ580×450×H280cm(推奨高さ)
重量本体:4,686g
張り綱:280g
収納袋:378g
付属品収納ケース、張り綱
価格26,800円(税抜)

※ポール・ペグは別売り、ポールは280cmを推奨

ペグの長さ選び
正しいペグの長さ選び!テント・タープによって必要な長さの違いキャンプにおいて、テントやタープを設営する時に欠かせないのがペグ。 付属されているものを使っておけば問題ないでしょ?と思われがちですが...
焚き火タープ ポール長さ

おすすめのポールは軽くて長さ調節が可能なフィールドアのポールが安くてお勧めです。
連結の場合は1本でも足りますが少し離して張りたい場合には2本必要ですので2本持っておいた方が良いと思います。

焚火タープコネクトヘキサ タープポール

焚火タープTCコネクトヘキサの収納袋はかなり大きめになってますので280cmのポール2本分が入るのでポールケースはなくても良いです。

伸縮自在タープポールおすすめ
安いタープポールおすすめ10選!伸縮・長さ(高さ)太さコスパで選ぶ!タープを張る時に重要なのが、タープポール。 タープを購入した時には、ポールが付属されていないものが多いので、ポールを別途購入しなければ...

焚火タープTCコネクトヘキサの特徴

テンマクデザインの商品は「今のニーズを具現化するもの」「これからのニーズを生み出すもの」をベースに開発されています。
テンマクデザインにはテントを始めとした様々なプロダクトがありますが、その中でも代表格と言えるのが「サーカスTC」ですね。
撥水加工済みのコットン混紡生地で作られた、サンドベージュ色のクラシックな風合いのテントです。
また、「サーカスコットン」は「サーカスTC」の100%コットンバージョンで白く優しいコットンの風合いが目を引きます。
それら「サーカスTC」、「サーカスコットン」と連結できるように作られたのが「焚火タープTCコネクトヘキサ」です。

サーカスtc タープ連結

素材は「サーカスTC」と全く同じ撥水加工済みのコットン混紡生地でできており、色合いも同様のサンドベージュ色です。
「サーカスTC」と連結すると写真のように一体感が生まれますね。

「サーカスTC」「サーカスコットン」と連結すると、テントの頂点とタープのポールから両サイドの地面に向けて生地が張られるような形になります。
単独で張ると2本のポールが必要な所を、1本はテントのポールを使用することで連結ができるということです。

タープのもう片方を立ち上げるポールは別売りとなりますが、取扱説明書にはその推奨の長さは280mmと記載があります。

焚火タープTCコネクトヘキサ取扱説明書

280mmのポールを使用して「焚火タープTCコネクトヘキサ」を張ってみると、写真のようにテントと同じ高さとなり、見た目も美しく設置することができるようになっています。

また、タープ生地の縁をダークブラウンのナイロンテープがぐるりと囲んでいて、見た目をグッと引き締めてくれています。

サーカスTCインナーテントカンガルーテントおすすめ
サーカスTCにインナーは必要?代用できるカンガルースタイルに最適なテントみなさんは「カンガルースタイル」という言葉を聞いたことがありますか? 今やキャンパー達の間では常識になりつつあるキーワードです。 色...

「焚火タープTCコネクトヘキサ」のおすすめポイント

焚火タープtcコネクトヘキサ サイズ

「焚火タープTCコネクトヘキサ」は、サイズ表を見て頂くとわかるように580×450×H280cmととても大きく作られています。
実際に使用してみると、その大きさ自体がいくつかのメリットを生み出していることがわかりました。

大きいためにある程度の角度の調整が可能で、足元あたりまで人目を遮断することができる。

大きいのでタープ内は雨・風の吹込みが入りにくく、内部にいれば雨にも濡れにくい。

また、コットン混紡地で作られているので、製品名にもある通りタープの中で雨を気にせずに焚き火ができるのも特徴です。
さらに、「サーカスTC」、「サーカスコットン」と同様に遮光性にも優れているのもにはうれしいポイント。
夏場など当たる光が強ければ強いほど、濃く暗い影が作られます。

張り方の詳細は後述しますが、4本のガイロープをペグダウンし地面に直接設置するタイプなので、設営作業が簡単な上に強度もしっかりと保つことができます。

tc素材タープ おすすめ
焚き火に強い!ポリコットンタープおすすめ28選!タープの下で焚火ならTC素材キャンプでくつろぐ時にあると便利なのがタープです。 日陰を作ることができて、お肌に有害な紫外線をカットしてくれます。 お気に入りのア...

「焚火タープTCコネクトヘキサ」の少し残念なポイント

焚火タープtcコネクトヘキサ デメリット

多くのテントやタープに使われているポリエステル地と比べて、混紡コットン地を使用している「焚火タープTCコネクトヘキサ」の重量は約4.6㎏とどうしても重くなってしまいます。
また、撥水加工済みの生地とは言え、強い雨が降った場合には吸水してしまうために乾きにくく、しっかりと乾燥させてから収納しないと、カビや臭いの発生、色移り、生地の劣化を早めてしまうなどの原因にもなります。
このあたりは「サーカスTC」、「サーカスコットン」と同じなので、既にお持ちの皆さんは既にご存知のポイントですね。

もし水分を吸ってしまった場合には、晴れるのを待ってタオルなどで水分をふき取り、日光や風で自然に乾くのを待ちます。
また、本体生地が乾いていても、ガイロープやベルトは乾きにくく、これらの付属品が濡れていると本体全体をカビさせてしまうので注意が必要です。

雨に降られなくても朝露で生地が水分を吸っていることもあるので、家に帰った後は最低限収納袋から出すなど、なるべく乾燥させるようお手入れをすることが肝心です。
テンマクデザインには同サイズでポリエステル地の「サーカスST コネクトヘキサ」という製品もありますので、コットン地の重さ・吸水性にデメリットを感じる方はそちらをチェックしてもいいかもしれません。

また、その大きさから設置するサイトの広さを選びます。
キャンプ場へ行かれる場合には、サイトの広さをあらかじめ確認しておく必要がありそうです。

「焚火タープTCコネクトヘキサ」の張り方

「焚火タープTCコネクトヘキサ」は、タープ本体の両サイドにテントとの連結用コネクトキャップが1つずつ取り付けられているのが特徴です。
このうちの片側1つをテント本体の頂点に被せ、張り網2本で固定すると連結できる仕組みです。

焚火タープ コネクト

1つのタープをテントに連結する場合に使用するコネクトキャップは1つだけとなります。
コネクトキャップが両サイドに1つずつ付いていることは、テント+タープ+テントの連結が可能ということですね。

コネクトキャップ 固定

コネクトキャップは取り外しができない仕様になっています。

コネクトキャップ ポール取付

ポールに取り付ける場合はポールに被せて使うようになります。

コネクトキャップはロープを引っ張ると絞れるようになっておりテントの頂点にしっかりと固定できる仕組みになっています。

ワンポールテントと連結して「焚火タープTCコネクトヘキサ」を張る

焚火タープTCコネクトヘキサ 張り方

それでは「焚火タープTCコネクトヘキサ」を1つのワンポールテントと連結して設営する方法をご説明します。

1. 設営前の準備

コネクトキャップ タープロープ

1つのコネクトキャップに、付属のガイロープ(10m)を二股になるようにしっかりと結び付けておきます。

サーカス タープ連結 準備

テントもポールの立ち上げ前までのペグ打ちなど済ませます。

2. テントへの設置

焚火タープtcコネクトヘキサ サーカス連結

テントのポールの頂点部分にコネクトキャップを被せます。

サーカス タープ連結 張り方

テント内部からポールを差し入れ、コネクトキャップの内側にテントの頂点がぴったりと重なるようにポールを立ち上げます。

3. タープの立ち上げ

焚火タープコネクトヘキサガイロープ

テントが立ち上がったら、テント頂点にあるコネクトキャップから伸びたガイロープ2本をペグダウンします。
ガイロープとガイロープの間は90度になるように張ってください。

コネクトキャップ ポール取付

タープ反対側のコネクトキャップにはポールの先端を差し込み、タープ本体のグロメットに下から通します。
コネクトキャップ上部から出たポールの先端に、二股にしたガイロープ(10m)を結びつけます。

ガイロープ 長さ

ガイロープの長さはポールの長さに自在金具で調整しておきます。
2本のガイロープの先は、一旦軽めにペグダウンしておきます。

ペグダウンする場所

大まかなペグを打つ場所はポールを立てる位置を目安に90度に分けて2か所に打ちます。

ポール立ち上げ

自在金具でロープを調整してポールを立ち上げます。
地面から垂直に立つようにしましょう。

ペグの位置が問題なければペグを深く打ち込み固定します。

4角ペグダウン

最後にサイドの4隅に付いているテープを最大限に伸ばしてペグダウンし、全体のテンションを整えて完成です。

サーカス タープ連結

単体で「焚火タープTCコネクトヘキサ」を張る

焚き火タープ 連結しない

「焚火タープTCコネクトヘキサ」を単体で設置する場合には、別途ポールが2本必要となります。

1. 設営前の準備

タープを地面に広げておき、配置が決まったら風が強い時は飛ばされないように1箇所ペグで止めておきましょう。
この時点でガイロープの向き、大体のペグ打ちのポイントの目途を付けておきます。
ガイロープとガイロープの間は90度になるように張ることになります。

2. タープの立ち上げ

コネクトキャップから伸びた2本のガイロープの先にペグを打ちます。
ここでは一旦軽めに打っておきます。
ポールの頂点部分にコネクトキャップを被せてタープ本体のグロメットに下から通します。
ポールをゆっくり立てて、ポールに合わせてロープの長さを調整します。
この時ポールの下部を傾けて内側に入れるとより安定した状態になります。反対側のガイロープ、ポールも同様に設置します。
ロープの長さが調整できたら、ペグを深く打ち込みましょう。
最後に4隅のテープを最大限まで伸ばし、全体のテンションを整えて完成です。

焚火タープ
スタンレージャグ ブログ
スタンレーウォータージャグ7.5Lと 3.5L 比較!蛇口交換カスタムスタンレーのウォータージャグ7.5と3.5のサイズ比較や保の検証をしてみました。 サイズ選びで迷っている方は参考にしてみてください。 また、スタンレーのジャグを購入したら行いたいのが蛇口カスタム! 蛇口の購入やカスタム方法も簡単にまとめてますのでそちらも参考にどうぞ。...

「焚火タープTCコネクトヘキサ」のアレンジ

上記でご説明したのは基本的な張り方となりますが、「焚火タープTCコネクトヘキサ」は他のヘキサタープ同様自由にアレンジすることができます。
ここでは代表的なアレンジ方法をご紹介します。

1. タープ片側を跳ね上げる

焚火タープ 跳ね上げ

タープの片側にポールを2本追加し、側面の生地をアップすることで開放感抜群の空間を作ることができます。
ポールの長さは特に決まりはありません。※写真は180cmです。

タープ 水の流れ

タープ側面中央部分にも1つグロメットがありますので、ここを張り網で引き落とすことで雨の流れを良くし、風のバタつきを抑えることができます。
さらに、お好みにより全体的に低くセットすることにより片側を壁のように使うことも可能です。

2. ポール6本を追加し大きな屋根を作る

焚火タープ アレンジ

1. の地面にペグダウンしている2箇所もポールを使用して跳ね上げると、六角形の大きな屋根を作ることができます。
この場合もグロメットから張り網を引き落とすか、1本のポールを低めに設置することで、雨が降った場合に水の流れを作ることができます。

他にもアレンジ自在!焚火タープ

タトンカ張り 焚火タープ

タトンカ張りのようにポール4本で空間を広く張ることができます。
ポール 280cm×2本 240×2本

焚火タープ冬

冬はポールの長さを短することで風の影響を軽減

焚火タープアレンジ

ポールを2本追加でプライバシーを保ちつつ居住空間を広げる。

サーカスTC グランドシート
サーカスTCのグランドシートにピッタリ!iBeamed 五角形シート徹底レビュー!テンマクデザインのサーカスTCといえば、キャンプ場で見かけることが多い、キャンパーから人気のあるテントです。 五角錐の見た目が特徴的で...

サーカスTCに合うテンマクデザインのタープ

ムササビウイング13ft.TC“焚き火”バージョン

素材コットン混紡生地(TC)
サイズ(約)390×380cm
本体重量1.9kg

サーカスST コネクトヘキサ

素材ポリエステルリップストップ150D
サイズ(約)580×450cm
本体重量(約)2.89kg

焚火タープコットンヘキサM

素材コットン
サイズ(約)460×435cm
本体重量4.46kg

サーカスTCコネクトヘキサとのスペック比較

焚火タープTC
コネクトヘキサ
ムササビウイング13ft
TC焚き火バージョン
サーカスST
コネクトヘキサ
焚火タープ
コットンヘキサM
素材ポリコットンポリコットンポリエステルコットン
サイズ580×450cm390×380cm580×450cm460×435cm
重量4.68kg1.9kg2.89kg4.46kg
価格26,800円16,800円18,000円29,800円
amazonamazonamazonamazon

まとめ

いかがでしたでしょうか?「焚火タープTCコネクトヘキサ」は「サーカスTC」とセットともいえる製品です。
ワンポールテントをお持ちであれば、本製品と連結することでより広い居住空間を生み出すことができるでしょう。
「タープとテントを連結して張る」というとちょっと難しそうな印象がありますが、上記でご説明している通り、単体で張るよりも工数が少なく一人でも設営ができます。
また、アレンジ次第で色々な張り方ができ、ワンポールテントに開放感を加えることができます。
この記事がみなさんのタープ選びのお役に立てますと幸いです。
それぞれのキャンプスタイルにぴったりあったタープが見つかりますように!

タトンカタープ ブログ
タトンカタープを詳しく解説!種類や張り方をレビューキャンプに行った際、テントと共に必須になってくるのがタープです。 なくてもキャンプをすることはできますが、タープがないと夏は日差しを防...