キャンプ便利道具

コスパ最強の安いポータブル電源【2021】キャンプにおすすめの7選!

安いポータブル電源

キャンプや車中泊など需要が高まりに伴いポータブル電源の人気が年々増していいます。
金額が高いポータブル電源ですが安いポータブル電源には安い理由があります。
安心して使用するためにも購入ポイントを抑えておけばコスパ良く安いモノを選ぶことができます。
この記事では主要のポータブル電源の比較や安く購入するためのポイントをお伝えします!

安いポータブル電源であれば2万円代から購入できます。
是非、参考にしてください。

この記事では
  • 主要ポータブル電源の価格比較
  • 失敗しないポータブル電源の選び方
  • キャンプ・車中泊向きのポータブル電源の選び方
  • ポータブル電源のセール時の価格

を中心に安いポータブル電源を安く購入できるポイントをまとめています。

ポータブル電源が欲しいけど高いイメージ!安いモノはある?

ポータブル電源選び方

キャンプや車中泊などアウトドアを楽しむ方々にとってはポータブル電源でモバイル機器の充電を中心に調理や扇風機・冬の暖房機器が使えると快適なキャンプを楽しむことができます。

欲しいけど金額が高い

ポータブル電源は非常に便利なため金額がとても高いです。
スペックが良いモノになれば10万円を超すものも沢山あります。
しかし、キャンプや車中泊では必要のない機能が備わっているものもあります。
購入するうえでオーバースペックなものを購入する必要はありません。
また、あまり安いポータブル電源を選んでしまうと使いたい電化製品が使えないといったことにもなりかねません。
使う用途に合わせて安心して使える安いポータブル電源選びを心がけましょう!

異常に安いポータブル電源もある!

アマゾンを見ると非常に安いポータブル電源がありますが安いポータブル電源に飛びつくのは非常に危険です!
容量が非常に少なかったり、AC出力ポートが1つしかなかったり、日本の規格に合っていない場合もありますので購入前にはポータブル電源の仕様やスペックを確認して購入しましょう。

ポータブル電源の相場
  • 200~300wh クラス 2万円~4万円
  • 400~500wh クラス 4万円~7万円
  • 600~700wh クラス 6万円~8万円
  • 1000wh以上 クラス 12万円以上

単位のwhとは ポータブル電源の容量を意味します。
ポータブ電源の価格はこの容量(WH)が多くなると金額が高くります。
後ほど詳しく解説しています。

ポータブル電源を安く抑えるポイント!

ポータブル電源の価格は容量(Wh ワットアワー)の他にも価格が高くなる要素が沢山あります。

ポータブル電源の価格が決まる要素

ポータブル電源キャンプ

一般的な値段に関わる要素です。
これがすべてではないのであくまで購入の上の参考値としていただければと思います。

容量 WAワットアワー

数字が大きいと使える容量が多くなります。一般的には多い方が値段が高く、低い方が安くなります。

AC定格出力(最大出力)

数字が大きい方が扱える家電が多くなります。数字が大きい方が値段は高くなります。

ACポートの数

ACポートが多い方が価格が高い傾向があります。USB端子で充電できるものが増えてきていますがAC電源が必要な家電も多くありますので2~3つあると便利です。

USBポートの数

USBポートが多い方が価格が高い傾向があります。最近ではUSB-Cでの充電ができるものが増えてきています。USB-Cはスマホなどを高速で充電できるので必要な場合は少し高くなりますがUSB-C端子があるものを選びましょう。

DCポートの数(シガーソケット)

DCポートが多い方が高い傾向がありますが使い方によってはあまり必要としない場合もあるのではないかと思います。

ポータブル電源への充電時間

ポータブル電源への充電時間が早いモノのほうが値段が高い傾向にありますが1週間に1度のキャンプ程度であれば充電時間の早さよりも本体の安さを選んだ方が良いかもしれませんね。

この他にも様々な要素があります
バッテリーの種類や質や寿命・静音性・防水機能・LEDライトの装備・軽量性など細かく上げていくと様々な要素がありポータブル電源を選ぶのに迷ってしまいます。

初心者におすすめなポータブル電源選びの3つのポイント

ポータブル電源初心者の方がキャンプや車中泊で使うために購入する場合に抑えておきたいポイントが3つあります。

  1. 正弦波であること
  2. ポートの数が多いこと(必要な数+1)
  3. 液晶が見やすい

正弦波であること

ポータブル電源選びで比較的重要なポイントになります。
ポータブル電源からの流れている電流には正弦波・修正弦波・矩形波があります。
この波形によって使用する機器が故障する可能性につながるので必ず抑えておきたい点です。

それぞれ簡単に説明します。

正弦波 修正正弦波 ポータブル電源

正弦波・・・家庭用コンセント同様の安定したなめらかな電流の波です。パソコンなどの精密機器でも安心です。
矩形波・・・電流の波がブロック状でなめらかではないです。使えない家電があったり故障につながる恐れもあります。
修正弦波・・・矩形波のブロック状を細かくして正弦波に似せた波形でこちらも故障につながる場合があります。

矩形波や修正弦波のポータブル電源は一般的には安く購入するメリットはありますが初心者の方には正弦波をおすすめします。

ポータブル電源正弦波・矩形波・疑似正弦波
ポータブル電源おすすめは正弦波!修正正弦波・矩形波の違いは?わかりやすく解説!正弦波・修正正弦波・矩形波これらは、AC出力(交流電流)の波形です。 波形によって、ポータブル電源で家庭用の電化製品が使用可能かど...

ポート数が多い方が良い

ポート数が多い

キャンプや車中泊で使うシーンを想定してACコンセントやUSBポートがいくつ必要か?考えてみて+1つあるとイザというときに困りません。
例えば電気毛布を使用中にカメラの充電がしたい場合はACが2つあると同時に行えます。
スマホの充電などはUSBで行いますがLEDライトの充電も同時にしたいシーンもあると思います。
想定よりも1つくらい多い方が安心感があります。

液晶が見やすい

ポータブル電源液晶

ポータブル電源初心者の方はどれくらい充電が残っているか?今使っている電力の大きさはどれくらいなのか?など液晶画面でわかると電気の使い方を調節しながら使うことができます。
ポータブル電源自体が液晶によって電力を消費するデメリットもわずかにありますが電力量やあと何分使えるかなどの情報が一目でわかるととても便利ですしポータブル電源をつかうコツがつかめてきます!

キャンプにおすすめのポータブル電源
【2022】キャンプ・車中泊におすすめ!700whクラスのポータブル電源5機種徹底比較キャンプや車中泊用にポータブル電源を購入したいと考えている人は近年少しずつ増加傾向にあります。 キャンプブームの影響で幅広い層から...

キャンプや車中泊でポータブル電源が必要なシーンは?必要な容量は?

キャンプや車中泊ではどのようなシーンでポータブル電源が必要でしょうか?
一般的な例を参考にご自身にあうスペックを検討してみてください。

キャンプでのポータブル電源使用シーンに合ったポータブル電源の容量

夏キャンプ ポータブル電源

一般的な夏キャンプの場合は・扇風機・スマホ充電・カメラ充電・USB充電LEDライト・ゲーム機などあまり大きな電力を必要としないので300whクラスのポータブル電源でほぼ大丈夫です。(ポータブル冷蔵庫を長時間使用する場合は容量をアップする必要があります)

夏キャンプにおすすめのポータブル電源

EENOUR P302 294Wh

300WHクラスでAC電源の数が4つ搭載されており夏のキャンプであれば十分な電力で安心して使えます。

ECOFLOW RIVER

300WHクラスでAC電源の数が3つあり液晶画面で確認できるの情報量が豊富です。

冬キャンプポータブル電源

冬のキャンプで一番電力を使うのは電気毛布です。
1人であれば400whクラス、2人であれば700whクラスが必要です。

冬キャンプにおすすめのポータブル電源

EENOUR P703

容量が700whクラスでAC電源4つあり液晶に『現在の使用ワット数』や『後、何分使えるか』など情報量が多いので安心して使用することができます。

イーノウP703レビュー
EENOURのポータブル電源P703実機レビュー&SP403でソーラーパネル発電今回はキャンプや車中泊にあると便利なポータブル電源P703をしっかりとレビューしてみたいと思います。 EENOURのポータブル電源はま...
ECOFLOW RIVER Pro 708

700whクラスでAC電源3つあり液晶の情報量が多い機種です。

車中泊 ポータブル電源

車中泊では電気ケトル・炊飯器・スマホ充電・カメラ充電・USB充電LEDライト・ゲーム機などが想定されます。
電気ケトルなどの調理器具は定格出力が高いものを選ばないといけないので1000whクラスのスペックが必要となります。
(ティファールの電気ケトルの場合定格出力が1250w)なので定格出力をチェックする必要があります。

リモートワーク ポータブル電源

また、リモートワークなどでもポータブル電源があるととても便利です。
ノートパソコンなどは大きな電力はかからないので小さな300whクラスでも1日~2日は充電に困ることはありません。

キャンプで使う主な電化製品の使用時間の目安

キャンプで使う主な電化製品の使用時間の目安です。
厳密には待機電力やポータブル電源が動くための電力やACコンセントを使用する際の電力の変換によるロスも発生するので単純にWh÷消費電力の計算では誤差が出ます。
実際にはもう少し少ない時間となるのではないかと思います。

300Whクラス

消費電力 使用時間
扇風機 30Wh 約10時間
電気毛布 50Wh 6時間
スマホ充電 15wh 約17時間
ノートPC 50wh 約5回充電

500Whクラス

消費電力 使用時間
扇風機 30Wh 約15時間
電気毛布 50Wh 9時間
スマホ充電 15wh 約33時間
ノートPC 50wh 約8回充電

700Whクラス

消費電力 使用時間
扇風機 30Wh 約23時間
電気毛布 50Wh 12時間
スマホ充電 15wh 約46時間
ノートPC 50wh 約13回充電
ポータブル電源 変換ロス
ポータブル電源の電力ロス(損失)やDC-AC変換効率について!ポータブル電源を選ぶ際に、電気容量がどれくらいあるのか?は必ずチェックする項目です。 各メーカーのポータブル電源の電気容量は「Wh」と...

コスパ最強おすすめのポータブル電源(正弦波・液晶が見やすい・ポートが豊富)

総合的にコスパが良いおすすめのポータブルを紹介します。
正弦波で液晶の情報量やポートの数が豊富なポータブル電源が初心者の方におすすめの4機種です!

EENOUR P703

冬キャンプにおすすめなEENOURのP703はテスラ社の最新技術を用いた高性能なバッテリーを内蔵しています。
最大出力も他社と比べて1400Wと大きいので家電の使える幅が広がります。
冬キャンプの電気毛布は8~9時間使えるのでソロキャンプは勿論、ディオキャンプでも使えるくらいの容量となっています。
ポートの数はAC電源4口・USB6口(内2つUSB-C)と多いのはとても魅力でこのスペックでこの価格はかなりお得なポータブル電源と言えます!
電力消費量やバッテリーの残量などすべての情報を液晶パネルで確認できるので安心して使用することができます!

ECOFLOW RIVER

容量が小さいので夏キャンプ向きですがポートの数や液晶の見やすさが充実しています。
こちらのエコフローのリバーはバッテリーの追加がでるという他のポータブル電源にはない特徴があります。
夏キャンプ目的に購入して、冬キャンプようにも使いたいと思ったら後付けでバッテリーを追加できます。
夏は追加のバッテリーなしの状態で軽量で使い、冬はバッテリー追加で大容量で使うと言った使い分けができます。

参照元:ECOFLOW

Anker PowerHouse II 800

モバイルバッテリーで人気の高いアンカーのポータブル電源です。
ACコンセントは2つと少な目ですがUSBポートはUSB-Cが2つ搭載されておりスペックの割に安い機種となっています。
AC出力が110Vと日本仕様に合わせられていない点が若干気になるてんですが、液晶も見やすくコスパの良いポータブル電源です!

EENOUR EB50

価格は抑えたいけど容量は欲しいといった方にはコチラのEB50がおすすめです!
容量は500Whと使用用途によっては物足りなさがあるかもしれませんが
1WHあたりの金額が79.7円と断トツの安さとなっています。
(アマゾンでの通常価格39800円をベースに計算 公式のメーカー価格は68000円)
勿論、正弦波なので安心して使える点も◎

とにかく安いポータブル電源

容量や液晶パネルは妥協できる!とにかく安いポータブル電源が欲しい方におすすめの3機種です。
こちらもすべて正弦波の中から選出しています!

Jackery ポータブル電源 240

ジャクリは日本のポータブル電源市場でトップクラスの販売数があり人気が高い安心して使用できるメーカです。
こちらの機種【ポータブル電源240】はジャクリの中でも容量の小さな機種となり価格も一番安いモデルとなります。
他メーカーの機種と比べても1WHの金額が82.5円とコスパの良さはトップクラスです!
ポート数や液晶・容量は最低限となりますが、ポータブル電源の良さを知る最初の1台にはおすすめのポータブル電源です!

SmartTap PowerArQ mini 346Wh

日本で人気の高いSmartTapのPowerArQ miniです。
カラーが豊富でキャンプサイトの雰囲気にあうナチュラルなカラーも多く展開されています。
容量的には夏キャンプ用ですが扇風機やスマホの充電などではかなり活躍してくれます。
WH換算ではWh98.5円とかなり安い機種となっています。

EENOUR P302

2020年のポータブル電源市場に参入してきたEENOURですが日本のポータブル電源のニーズに応えた後発ならではの優れた製品を多く展開しています。こちらのP302は294Whとなっており容量が1Wh換算では135.3円と他と比べて高めではあるがAC電源4口、USBポート4口(内1つUSB-C)とこのクラスではありえないポートの数となっています。
急速充電対応なのもかなり嬉しいポイントとなります!

コスパが良いポータブル電源 1whあたりの金額とセール時の金額

それぞれの機種のアマゾンでの通常時の価格と容量で1whあたりの金額を算出しています。
また、2021年ブラックフライデー時のセール金額を記載しております。
セール前であれば購入のタイミングで安く購入できる可能性があります。
※次回以降のセールで安くなる保証はありません。過去のセール価格の参考値としていただければと思います。

200wh~300whクラス

容量(Wh) amazon参考価格 1WHあたりの金額 セール時の価格
Jackery ポータブル電源 240 240Wh 19800 82.5円 15840
EENOUR P201 200Wh 19980 99.9円 14985
ECOFLOW RIVER 288Wh 39600 137.5円 32725
EENOUR P302 294Wh 39800 135.3円 21990
SmartTap PowerArQmini2 300Wh 38500 128.3円 26950
SmartTap PowerArQ mini 346Wh 34100 98.5円 23870

400wh~500whクラス

容量(Wh) amazon参考価格 1WHあたりの金額 セール時の価格
Jackery ポータブル電源400 400Wh 44800 112円 34944
EENOUR EB50 500Wh 39880 79.7円 31880
SmartTap PowerArQ3 555Wh 79800 143.7円 59840
ECOFLOW RIVER Max 576Wh 63800 110.7円 49800

600wh~700whクラス

容量(Wh) amazon参考価格 1WHあたりの金額 セール時の価格
SmartTap PowerArQ 626Wh 66000 105.4円 46200
Jackery ポータブル電源708 708Wh 79800 112.7円 55860
EENOUR P703 710Wh 79980 112.6円 55000
ECOFLOW RIVER Pro 720Wh 79800 110.8円 59850
Anker PowerHouse II 800 778Wh 74800 96.1円 54800

※1whの金額はカタログ値のアマゾンでの価格を単純に割った参考値です。実際にはポートの数やバッテリーの品質など他の要素も金額にはかかわってきますのであらかじめご了承ください。

ポータブル電源 容量別のスペック比較

容量別にAC定格出力やポートの数などのスペックを比較しています。

200wh~300whクラス

容量(Wh) AC定格出力 ACポート数 USBポート数 DCポート数 シガーソケット数 波形 充電時間
Jackery ポータブル電源 240 240Wh 200W(400W) 1口 USB-A×2 1口 純正弦波 5.5時間
EENOUR P201 200Wh 200W(400W) 2口 USB-A×2 USB-A QC×1 USB-C×1 3口 変換アダプター付属 修正弦波 7~8時間
ECOFLOW RIVER 288Wh 600W(1200W) 3口 USB-A×2 USB-A QC×1 USB-C×1 2口 1口 純正弦波 1.6時間
EENOUR P302 294Wh 300W(600W) 4口 USB-A×3 USB-C×1(pd) 4口 1口 正弦波 8時間
SmartTap PowerArQmini2 300Wh 300W(800w) 2口 USB-A×2 USB-C×1 1口 正弦波 4時間
SmartTap PowerArQ mini 346Wh 200W(400W) 1口 USB-A×2 1口 正弦波 8時間
1000whクラスの大容量 ポータブル電源
【1000Whクラス】大容量のポータブル電源おすすめの7機種を徹底比較 !大容量化が進むポータブル電源ですがグループでのキャンプやイザというときの備えとしては容量が多いポータブル電源は重宝します。 今回は10...

400wh~500whクラス

容量(Wh) AC定格出力 ACポート数 USBポート数 DCポート数 シガーソケット数 波形 充電時間
Jackery ポータブル電源400 400Wh 200W(400W) 1口 USB-A×2 1口 正弦波 7.5時間
EENOUR EB50 500Wh 300W(600W) 2口 USB-A×4 USB-C×1 2口 1口 正弦波 4時間
SmartTap PowerArQ3 555Wh 300W(500W) 2口 USB-A×4 USB-C×1 3口 1口 純正弦波 4時間
ECOFLOW RIVER Max 576Wh 600W(1200W) 3口 USB-A×2 USB-A QC×1 USB-C×1 2口 1口 純正弦波 約1.6時間

600wh~700whクラス

容量(Wh) AC定格出力 ACポート数 USBポート数 DCポート数 シガーソケット数 波形 充電時間
SmartTap PowerArQ 626Wh 300W(500W) 1口 USB-A×3 2口 1口 純正弦波 8時間
Jackery ポータブル電源708 708Wh 500W(1000W) 2口 USB-A:1口 USB-QC:1口  USB-C:1口 1口 純正弦波 8.5時間
EENOUR P703 710Wh 700W(1400W) 4口 USB-A:4口 USB-C:2口 2口 2口 純正弦波 7時間
ECOFLOW RIVER Pro 720Wh 600W(1200W) 3口 USB-A×2 USB-A QC×1 USB-C×1 2口 1口 純正弦波 約1.6時間
Anker PowerHouse II 800 778Wh 500W(1000W) 2口 USB-A×4 USB-C×2 2口 1口 純正弦波 約5時間
日本製ポータブル電源
日本製で安心・最強のポータブル電源!キャンプ・車中泊におすすめ6選2022ポータブル電源で使用されているリチウムイオン電池は、EV車の車載電池の供給増とともに、中国製のシェアが増加し、安価なポータブル電源も多く...

まとめ

ポータブル電源は選ぶポイントが沢山ありすぎて迷ってしまいます。
ただ安いだけのポータブル電源は不安な要素も多くありますのでこの記事を参考に安心して長く使えるコスパのよい機種選びをしていただければと思います。

キャンプに最適!Jackery ポータブル電源400をレビュー!240との違いは?スマートフォンの充電や、冬場の電気毛布など、キャンプでも電気があるととても便利ですが、電源付きのサイトがあるキャンプ場ばかりではありませ...
エナーボックスsp ブログ レビュー
LUCITA エナーボックスSPを徹底レビュー!冬キャンプ・車中泊で大活躍!ワーケーションにも!近年アウトドア用品も便利なものが増えてきており、有効に活用することでより快適にキャンプを楽しむことができるようになりました。 あると便...
ABOUT ME
nomad-camp
自然が大好きなアウトドア愛好家。 ライターさんの記事の管理やアウトドア関連の情報を発信しています。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。